ヨドバシで契約したWiMAXの解約方法と違約金まとめ

ワイヤレスゲート

引用:ワイヤレスゲート

ヨドバシカメラではWi-FiスポットとWiMAX2+をセットにした「ワイヤレスゲートWi-Fi + WiMAX2+」を提供しており、解約は専用の会員ページから行うことができます。

なお2年毎に1度の契約更新月以外に解約をすると、最大で19,000円の契約解除料が発生するので注意しましょう。

ただし契約更新月が先の場合は、月額料金を支払い続けるとかえって負担が増える場合があります。

もし契約更新月前に解約が必要な際は、契約から2年以内なら更新月が5ヶ月以上、契約から2年以上経過している人は3ヶ月以上先なら解約したほうがトータルで安くなりますので一つの目安にしてください。

ヨドバシカメラのWiMAX2+サービスとは

大手家電量販店の「ヨドバシカメラ」では、駅や空港、ファストフード、カフェ、商業施設など全国40,000カ所のWi-Fiスポットを提供する「ワイヤレスゲートWi-Fi」と通信速度下り最大558Mbpsの高速インターネット通信が行えるWiMAX2+をセットにした「ワイヤレスゲートWi-Fi + WiMAX2+」の申し込みを受け付けています。

通信速度や通信エリア、通信速度制限の内容などWiMAXサービス自体は本家UQ WiMAXと変わらないので安心して使用することが可能です。

料金プランは、月額4,380円で月間データ通信量に上限のない「Wi-Fi+ WIMAXツープラス ギガ放題auスマホ割(2年/3年)」(最大3ヶ月間は3,696円)と、月額3,696円で月間データ通信量7GB上限の「Wi-Fi+ WIMAXツープラスauスマホ割(2年/3年/4年)」の2種類となっています。

なおヨドバシカメラでは、WiMAX2+を申し込むと店頭で使用できる5万円分の商品券をもらえるキャンペーンを実施しています。

ただし商品券をもらうには月額1,547円(24回)のオプション料金が発生する「WiMAXまとめてプランL8」へ加入しなければならないので、月額利用料金が割高になることに気をつけなければなりません。

ヨドバシカメラのWiMAXキャンペーンは、他社プロバイダの高額キャッシュバックや月額料金割引と比較するとお得感はありませんが、購入したい商品がある場合は少しでも安くするために利用するのもいいですね。

ヨドバシカメラのWiMAX2+サービスの解約方法

ヨドバシカメラのワイヤレスゲートWi-Fi + WiMAX2+の解約(退会)手続きは、ヨドバシカメラ店頭では受け付けておらず、ワイヤレスゲート会員ページにて行います。

なお会員ページのログインには、WiMAX2+機器を受け取った際に同封されているユーザーIDとパスワードが必要となり、ログイン後は「退会」を選択して手続きを進めてください。

手続きが完了したら即日解約となり、月の途中に解約した際の月額料金は日割り計算となります。

ヨドバシカメラWiMAXの違約金

WiMAX2+は2年間の長期契約を条件とすることで、月額料金を抑えています。

そのため契約更新月以外に解約をする場合には以下の違約金(契約解除料)が発生します。

解約までの期間契約解除料
1~13ヶ月19,000円
14~25ヶ月14,000円
26ヶ月(契約更新月)0円
27ヶ月以降9,500円
50ヶ月(契約更新月)0円

表にある通り、最初の25ヶ月間の契約解除料は高額となっており、それ以降の更新月以外に解約した場合は一律9,500円となっています。

なお契約解除料はヨドバシカメラに限らず他社プロバイダでも定められているので、WiMAX2+を契約する場合は最低でも2年間利用するつもりで申し込むようにしましょう。

まとめてプランを利用していた場合

WiMAXのまとめてプランは24ヶ月で契約期間終了となるオプションサービスです。

そのためWiMAXまとめてプランに加入してパソコン等の購入割り引きを受けたにも関わらず24ヶ月以内にWiMAX2+を解約した場合は、契約解除料とは別に「まとめてプラン解除料(月額料金×残存月数)」が発生します。

たとえば、月額1,547円の「WiMAXまとめてプランL8」に加入していて残存月数が5ヶ月あった場合、まとめてプラン解除料は1,547円×5=7,735円となり、契約解除料と合わせると合計21,735円もの違約金を支払うことになります。

WiMAXまとめてプランに加入してWiMAX2+を契約している場合、WiMAX2+の使用期間が短いほど解約した際の違約金は高額になりますので注意しておきましょう。

WiMAX契約から8日以内の解約であれば違約金なし

ヨドバシカメラでは、WiMAXサービスが利用可能となった日または契約内容詳細を受領した日のいずれか遅い日から8日以内に、契約を解除できる初期契約解除制度を設けています。

初期契約解除制度は、いわゆるクーリングオフ制度のようなものです。

この制度を利用する場合は「ユーザーID」「契約者名」「契約プラン名」を記載した書面とWiMAX端末をあわせて、初期契約解除期日付けでの消印までに下記の宛先へ郵送しなければなりません。

〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-20 天王洲郵船ビル5F

株式会社ワイヤレスゲート「WiMAXクーリングオフ受付係」宛

ヨドバシカメラのWiMAX2+サービスの違約金の負担を減らす方法

違約金を支払わないですむのは、契約更新月に解約する場合のみです。

解約する意志がある場合は、契約更新月を忘れないようにカレンダーに印をしておくなどの工夫をしておくとよいでしょう。

なお契約更新月がまだ先の場合は、解約するのを保留しているとその分月額料金が発生しかえって負担が増してしまいます。

たとえば月額4,380円のギガ放題プランを27ヶ月目以降に解約する場合、契約更新月まで契約期間が3ヶ月以上残っていると、契約解除料よりその分の月額料金のほうが高くなるので速やかに解約する方がいいです。

このようにWiMAX2+の違約金は解約するタイミングによって負担額が異なるので、解約を検討している場合は現在の利用期間で解約すべきかもう一度確認するようにしましょう。

再契約先はBroad WiMAXがおすすめ

WiMAX2+の通信サービスは気に入っているけど、通信費用の節約のためにワイヤレスゲートWi-Fi + WiMAX2+を解約する場合には、再契約先として月額最安級のBroad WiMAXをおすすめします。

Broad WiMAXの「ギガ放題月額最安プラン」であれば月額料金3,411円(1~2ヶ月目は2,726円、25ヶ月目以降は4,041円)で、月額4,380円のWi-Fi+ WIMAXツープラス ギガ放題より約900円安いです。

またBroad WiMAXの場合、キャンペーンを利用すればお得にWiMAX2+を契約することができます。

新規契約であれば「WiMAXスタートキャンペーン」にて端末代を含む18,857円の初期費用が無料となりますし、現在使用中のWiMAX2+を中途解約してBroad WiMAXへの乗り換えを検討しているのであれば「お乗換キャンペーン」にて契約中のプロバイダの解約違約金を最大19,000円まで負担してくれるだけでなく、乗り換え後の初期費用も無料となります。

つまり契約事務手数料3,000円だけでBroad WiMAXに乗り換えることが可能なのです。

WiMAX2+を使って今後も高速モバイル通信を楽しみたいのであれば、お得な乗り換え先を選びたいものですね。

⇒BroadWiMAX公式サイトへ

まとめ

ヨドバシカメラの「ワイヤレスゲートWi-Fi + WiMAX2+」を解約する場合は、契約時のように店頭ではなく、ワイヤレスゲートの会員ページから手続きを行わなければなりません。

なお新しいWiMAX2+端末が欲しい場合やもっと月額料金が安いプロバイダを利用したい場合は、乗り換え先としてBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXのキャンペーンを適用すればお得に乗り換えることができるうえ、ギガ放題プランを月額4,380円の「ワイヤレスゲートWi-Fi + WiMAX2+」より約900円安い月額3,411円で利用することができます。

どのプロバイダで契約してもWiMAX2+の通信品質が同じなら、なるべくお得に利用できるWiMAXプロバイダを選んだ方がいいですね。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!