WiMAX

4×4MIMO対応のWX01の機能を解説!コンパクトで軽量だがバッテリーの持ちが少し悪い

投稿日:2016年11月28日 更新日:

wx01

 

WX01は世界で初めて4×4MIMOに対応したモバイルWi-Fiルーターで、この技術によって最大220Mbpsの通信を実現しました。

その他、Bluetoothテザリング機能に対応し軽量・コンパクトな機種というメリットがある一方、au 4G LTEの通信とタッチパネルに対応していないこと、バッテリーの持ちがハイパフォーマンスモード利用時に約40分~約170分ほど他機種と比べて短いことがデメリットとしてあげられます。

 

WX01とは

WX01の最も注目すべき特徴は、世界初の4×4MIMO技術導入による最大220Mbpsの通信速度と、WiMAX機器としては初めてのBluetoothテザリング機能導入です。

その他のWX01の仕様概要は以下の通りです。※1

WX01の仕様

wx01review1

※2

WX01の特徴

WX01の利用にあたっては以下にあげる3つのメリットと3つのデメリットがあります。

 

世界初、4×4 MIMOに対応

4×4MIMOとは端末・基地局両方に4本ずつのアンテナを搭載し、同時に同じ周波数の電波を送受信する技術です。

WX01ではこれによって通信量を増やし、下り最大220Mbpsの高速通信を実現しました。

 

また4×4MIMOは端末と基地局が搭載する4本のアンテナが電波をさまざまな角度に反射させ通信する技術であるため、WX01には建物に囲まれた場所でも快適な通信が利用しやすいというメリットもあります。

それまでの通信モードでは、建物に囲まれた場所で電波が反射してしまい通信の妨げになることがありました。※3

 

Bluetoothテザリング機能に初めて対応

Bluetoothテザリングとは消費電力の少ないBluetoothでネットワークに接続する機能です。

WX01ではスマホやタブレット・パソコンとの通信にWi-Fiの代わりにBluetoothテザリングを利用することで省電力を実現できます。

たとえばWi-FiでWiMAX 2+に接続した場合のバッテリー使用時間は約400分ですが、Bluetoothを利用した場合は約480分です。※4

 

ただしBluetoothによる通信はWi-Fiに比べて通信速度が遅いので注意しましょう。

WX01が採用する最新のWi-Fi規格「IEEE802.11ac」の通信速度は最大6.9Gbpsである一方、Bluetoothの場合は最大3Mbps。※5

Bluetoothテザリング機能がボトルネックとなり、Wi-Fiを使う場合に比べてインターネットに接続する通信速度が遅くなる可能性が高いです。

高速な通信を利用したい時はWi-Fiで、バッテリーの持ちを長くしたい場合はBluetoothでと使い分けるとよいですね。

 

コンパクトで軽量

WX01は他機種と比較してサイズが小さく重量も軽いです。

以下、他機種とのサイズ・重量の比較した表です。

wx01review2

※6

W01・W02・W03と比較するとサイズは小さく重量も軽くなっています。

重量に関してはわずか16g~30g程度の差ですが、WX01を持った後にW01・W02・W03を持つと重く感じるでしょう。

なお、後継機種のWX02と比較するとたった2gですが重いです。

 

au 4G LTEに対応していない

WiMAX機器の中でも、W03・W02・W01・HWD15・HWD14はつながりやすいau 4G LTEの通信を利用できます。※6※7

WiMAX2+の提供エリア外や電波が届かない場所でも、au 4G LTEでインターネット接続を継続できる可能性があり便利です。

しかしWX01は残念ながらau 4G LTEに対応していません。

WiMAX2+・au 4G LTE両方の通信を利用したい場合は他機種を選択する必要があります。

なおWiMAX2+の契約でau 4G LTEを利用する場合の注意点として、以下2つがあげられます。

 

1,005円/月の追加料金が発生する

au 4G LTEの通信を利用する場合、本体の通信モードをハイスピードモードからハイスピードプラスエリアモードに切り替えます。

WiMAX端末本体の設定を変えるだけで申込手続きなしにハイスピードプラスエリアモードを利用できますが、1度でもこのモードを利用した場合1,005円/月が加算されるので注意しましょう。

この料金は日割がされないので、仮に月末1日だけ利用した場合でも、1,005円/月が満額発生します。※8

 

月間7GBのデータ通信量消費で速度制限が発生する

ハイスピードプラスエリアモードを使って月間7GBのデータ通信量を消費した場合、月末まで通信速度が最大128Kbpsに制限されてしまいますので注意しましょう。

最大128Kbpsでは動画鑑賞ができないことはもちろん、ホームページの閲覧の際もページが開くのに時間がかかるようになると考えられます。

なおこの通信量制限は、au 4G LTEの通信だけでなくWiMAX2+の通信も対象です。

またギガ放題プランを使っていてもこの速度制限には抵触します。

 

ボタン式の操作で直感的でない

ボタン式と比べるとタッチパネル式はスマートフォンの操作のように直感的で簡単な本体操作が可能です。

WX01は残念ながらタッチパネル式には対応しておらず、本体の操作はボタン式です。

頻繁にモバイルWi-Fiルーターの本体操作をすることはないかもしれませんが、いざ問題が発生して操作が必要になった際には、タッチパネル式の方が簡単でストレスはないでしょう。

 

バッテリーの持ちが短い

WX01は他機種と比較すると以下の通りバッテリーの持ちが短くなっています。

WiMAX2+の通信を利用した場合のバッテリー使用時間

wx01review3

※10

W02と比較すると10分だけ長いですが、他機種と比較するとバッテリー使用時間は短いです。

モバイルバッテリーを持っていれば外出先で充電は可能ですが、持参しなかった場合や充電を忘れた場合のことを考えるとできるだけバッテリーの持ちがよい機種を選びたいですね。

 

まとめ

WX01は4×4MIMOの採用により最大220Mbpsの通信を実現しています。

他にBluetoothテザリング機能対応、コンパクト・軽量というメリットがあげられる一方、デメリットとしてはau 4G LTEの通信とタッチパネルに対応していない点と、他機種と比較するとバッテリーの持ちがハイパフォーマンスモード利用時に約40分~約170分ほど短い点があげられます。

WiMAX

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.