WiMAX2+のオプションは何をつけるべき?オプションの中身を解説!

更新日:

WiMAX2+のプロバイダ選びをする際は、オプションもチェックするのがおすすめです。

端末補償や有料サポートなど、プロバイダ毎に提供されるオプションに違いがあり、結果契約後の利便性にも差が生じます。

プロバイダを比較する際は、回線品質や通信速度で差をつけにくい分どうしても料金に注目してしまいがちですが、オプションもチェックすればより満足して使えるプロバイダが見つかる可能性があるのです。

WiMAX2+申込時はオプションの種類もチェックしよう

WiMAX2+のプロバイダを比較して選ぶ際は、月額割引キャンペーンやキャッシュバック特典などの料金面が特に注目されています。

節約という観点からするとそれは間違いではありませんが、WiMAX2+のオプションサービスは利用目的によっては契約したほうがよいこともあります。

そのため、オプションの内容にも目を向けて必要と思うものは積極的に選択するとよいでしょう。

特に端末補償関係はサービス契約時にしか加入できないので、契約および解約は十分に考えて行ってください。

またオプションサービスを豊富に提供するプロバイダ、逆に何も提供されていないプロバイダと差があります。

ただしオプションが豊富であることが、すなわちサービスの質の高さではないので、プロバイダ選びの基本を抑えつつ、そこから自分に合ったオプションを提供している会社と契約することが望ましいですね。

WiMAX2+で提供されるオプションの紹介

ここではWiMAX2+の代表的なプロバイダで回線の提供元(MNO)であるUQコミュニケーションズを例に、提供されるオプションの内容や種類を紹介します。

UQコミュニケーションズは他プロバイダと比較してもオプションが充実しているので、オプション選びの基準にしてください。

ネットセキュリティオプション

パソコンはもちろんのこと、スマホを狙ったウイルスによる被害の報告があとを絶ちません。

偽アプリやワンクリック詐欺などユーザーが注意すべきことは多く、セキュリティソフトの導入が重要です。

UQコミュニケーションズではネットセキュリティオプションとして、WEBROOT・カスペルスキー・マカフィのいずれかのセキュリティソフトを、加入者が月額500円で利用できるようになっています。

各セキュリティソフトともに1つの契約で3台の端末まで利用可能です。

WiMAX2+加入と同時にセキュリティソフトを月額制で契約できるのは便利ですね。

Broad WiMAX・3WiMAX・nifty・BIGLOBE・So-netなどの多くのプロバイダが同様のセキュリティオプションを提供しています。

端末補償サービスと端末あんしん補償

UQコミュニケーションズには端末補償に関するオプションが2種類あります。

1つ目の端末補償サービスは月額380円で、WiMAX2+機器の故障・盗難・破損が発生した際に、同一機種・同一色の交換用機器(リフレッシュ品)を契約住所へ配送するサービスです。

リフレッシュ品なので新品ではありませんが、故障修理や外側カバーの新品交換をして新品同様の品質と判断されたものが配送されます。

交換の際には自然故障かつメーカー保証期間の1年目をのぞき、3,300円(2回目は5,300円)の負担金が必要です。

 

一方の端末あんしん補償は月額500円で、WiMAX端末はもちろんノートPCやタブレット故障時の修理や交換に発生した代金と同額が、お見舞金として最大で3万円まで支払われるオプションです。

ノートPCやタブレットの通信機器までサポート対象となるのは嬉しいですね。

サポートセンターへ確認したところ、WiMAX2+端末の修理代金は最大で2万円程度とのことなので、結果的に端末あんしん補償なら自己負担0円で修理が可能とのことでした。

しかし、修理後に申請書を郵送し審査が完了してから自身の口座へ振り込まれるので手続きには少し時間がかかる点に注意しましょう。

オペレーターによると、端末補償サービスは端末あんしん補償と比較して月額料金が安い上に電話一本ですぐに交換用機器が届くので、端末あんしん補償より申し込むユーザーが多いとのことです。

故障時に最大5,300円の負担金が発生する可能性があるものの、月額費用が抑えられる上に電話で交換機器をすぐに届けてくれる利便性を考えると、端末補償サービスの方が人気が高いのも頷けますね。

なおBroad WiMAX・3WiMAX・GMOとくとくBBについても、端末の無料修理を行うオプションを展開しています。

UQ Wi-Fiプレミアム

公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」では、駅や空港などにアクセスポイントを持つUQ Wi-Fiと、ファーストフードやコーヒーショップなどにアクセスポイントを持つWi2 300のアクセスポイントが無料で利用可能です。

WiMAX2+の電波が届かない店舗の屋内や地下などでも、そこに公衆無線LANのアクセスポイントがあればインターネット接続できる可能性があります。

さらにWiMAXで月間データ量7GBが上限の通常プランを契約しているならば、公衆無線LANを使うことでWiMAXのデータ量が消費されないため、通信量を気にすることなくネットを楽しめます。

またWi2 300は株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス公式サイトで申し込むと月額料金362円(一部アクセスポイントは別途93円/時間)かかるサービスなので、これが無料で使えるのは嬉しいですね。

UQ Wi-FiプレミアムはGMOとくとくBBなど一部のプロバイダでは有料オプションとなっているので注意しましょう。

グローバルIPアドレスオプション

インターネット上で住所の役割を担うIPアドレスにはプライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの2種類ありますが、すべてのWiMAX2+機器にはプライベートIPアドレスが割り振られます。

しかし一部のオンラインゲームやリモートアクセスを利用する際は、グローバルIPアドレスが必要です。

そこでこのグローバルIPアドレスオプションを使えば、月額96円でWiMAX2+機器でもグローバルIPアドレスが利用可能になります。

グローバルIPアドレスが必要な通信を行うのであれば、このオプションが利用可能なプロバイダを選びましょう。

請求書発行オプション

口座振替で申し込んだ場合に、月額100円で毎月の請求内容を書面で配送してもらえるオプションです。

ビジネスでWiMAX2+を利用するユーザーはこのオプションがあると助かるのではないでしょうか。

おまかせサポート

WiMAX2+の設定にとどまらず、パソコンやスマホの基本的な設定、プリンタやデジカメ等の周辺機器に関する設定、Microsoft Office Word・Excelなどのアプリケーションの操作説明まで幅広く電話及び遠隔操作でサポートしてくれるオプションです。

パソコンやスマホの操作に不慣れであれば、月額350円で遠隔操作まで含めて手取り足取り教えてくれるオプションはありがたいですね。

遠隔操作で解決できないトラブルでも、希望すれば自宅へ来てくれる出張サポートサービスも有償で利用できます。

同様の有料サポートはBroad WiMAX・3WiMAX・So-net・nifty・BIGLOBEなどが提供しています。

フィルタリングソフトの特別価格提供

有害サイトへのアクセス制御やインターネット上の危険を未然にブロックするフィルタリングソフト「i-フィルター」、アダルトサイト・違法サイトの閲覧をブロックする「InterSafe Personal」を特別価格でダウンロード購入できるオプションです。

子どものいる家庭でWiMAX2+を契約する際は、利用を検討してもよいオプションですね。

music.jpオプション

音楽や電子書籍のダウンロードサイト「music.jp」のプレミアム500コースに加入できるオプションです。

500コースでは月額500円で、music.jpでダウンロード購入するためのポイント、640ポイントが毎月もらえます。

プレミアム500コースはmusic.jpオフィシャルサイトからも加入できますが、UQコミュニケーションズ経由で加入すると初回に500ポイントもらえます。

WiMAX2+契約をしなくても同じ月額料金で使えるサービスなので、このオプションをきっかけにWiMAX2+を契約するまでではないですが、1つの特典としてはうれしいですね。

以下にあげるU-NEXT・パソコンソフト使い放題・ebookjapan・ハンゲームもまた、music.jpと同様にそれぞれのオフィシャルサイトでも申し込めるものの、WiMAX2+契約と一緒に申し込むことで特典がもらえるオプションです。

U-NEXT

映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど配信本数80,000本以上で日本最大級のビデオオンデマンド「U-NEXT」が月額1,990円の定額で見放題となるオプションです。

同じコースにU-NEXTオフィシャルサイトからも加入できますが、UQコミュニケーションズ経由で加入すると最大2ヶ月分の月額料金が無料となるのに加え、1,200円分のポイントがもらえます。

WiMAX2+経由で契約すると、U-NEXTが少しだけお得に利用できるわけです。

パソコンソフト使い放題

総額20万円以上のパソコンソフト・書籍が月額500円で使い放題となるサービスです。

パソコンソフトはウイルス対策ソフト、年賀状作成ソフトなど豊富なラインナップも魅力です。

株式会社オプティムのオフィシャルサイトからも加入できますが、WiMAX2+加入者なら最大2ヶ月分が無料となる特典を利用できます。

ebookjapan

マンガの分野では世界最大級の電子書籍ダウンロードサイト「eBookjapan」のeBook図書券1,050円分が毎月762円で購入でき、さらに初月無料となるオプションです。

手塚治虫や永井豪といった人気作家の作品からモーニング・チャンピオン・ヤングマガジンなどの週刊漫画誌も取り揃えています。

マンガ好きならうれしいオプションですね。

ハンゲーム

日本最大級のオンラインゲームポータル「ハンゲーム」のスペシャルガチャチケット200円分、ハンコイン商品券200円分が月額200円で利用できるオプションです。

WiMAX2+加入で月額200円の初期費用が無料となる特典が受けられます。

その他のユニークなサービス・オプションの紹介

UQコミュニケーションズ以外でも、ユニークなサービスやオプションを展開しています。

ここではその中の4つを紹介します。

ご満足保証(Broad WiMAX)

契約更新月以外に解約する場合、WiMAX2+では最大19,000円もの違約金(契約解除料)が発生します。

しかしBroad WiMAXではご満足保証を使えば、WiMAX2+を契約したにも関わらず思ったような通信速度がでないなどサービスに満足できなかった際に、broad光やYAHOO!BB、Broad LTEといった指定の通信回線に違約金不要で乗り換えることができます。

契約前に専用サイトからWiMAX2+の提供エリア内であるか否かはわかりますが、通信速度まではわかりませんし、提供エリア内だからといって全ての場所で電波が届くとは限りませんから、こういったサービスがあると安心して契約できますね。

なお契約してから何日経っていても、ご満足保証を利用することは可能です。

20日以内キャンセル(GMOとくとくBB)

オフィシャルサイトで提供エリアの判定が「〇」だったものの、通信速度などの面でWiMAX2+に満足できなかった場合に、申し込みから20日以内なら違約金なしでキャンセルできるサービスです。

20日間もあれば使い勝手をいろいろ試すことができるのではないでしょうか。

Broad WiMAXのご満足保証と同様、こういったサービスがあれば安心して契約できますね。

So-net くらしのお守りワイド(So-net)

月額450円で水回りや鍵の紛失など自宅の身の回りのトラブルを解決する、通信プロバイダのオプションとしては珍しいサービスです。

自宅のトラブル発生時に専門業者が駆けつけて応急処置をしてくれるサポートサービスで、万が一応急処置を超える対応が必要になっても割引価格で追加作業をしてもらえます。

さらにSo-net くらしのお守りワイドには、WiMAX2+機器をはじめパソコン・スマートフォン・タブレットプリンタなどの破損・水漏れ等で損害が生じた場合に、周辺機器の修理代金・購入代金を一定の金額まで保険金として(年1回に限る)支払う「機器補償サービス」やさまざまな法律相談に対して、弁護士へ30分間電話で相談できる「弁護士相談」も特典としてついてきます。

@nifty優待サービス(nifty)

月額500円で宿泊、グルメ、レジャー&エンタメなどさまざまなサービスを会員特別価格で購入・利用できるサービスです。

初回申込の場合は500円の月額利用料金が最大2ヶ月間無料となり、さらにniftyのWiMAX2+などの接続サービス契約者の場合は、このサービスを利用することでWiMAX2+などの月額料金が200円割り引きされます。

このサービスだけでWiMAX2+契約の決め手となる程ではないかもしれませんが、割引されるサービスに興味があれば利用してみてもよいでしょう。

まとめ

端末補償や有料オプション、さらにはご満足保証といったプロバイダ独自のサービスなど、WiMAX2+では利便性の高いオプションサービスがさまざまあります。

趣味やライフスタイルに応じて、オプションをお得に活用しましょう。

選ぶべきプロバイダの基本を押さえつつ、契約後の使い勝手まで考えてプロバイダを選びたいものですね。

【2018年6月版】おすすめプロバイダ

BroadWiMAX

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

GMOとくとくBB

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

カシモWiMAX

WiMAXの利用料を節約するなら月額1,380円からスタートできるカシモWiMAX!

端末の選択肢が少なくauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

カシモWiMAXで取り扱う端末は新古品だけでなく新品の最新機種もありますが料金プランが違います。

ちなみにパソコンにUSB接続できるTriprouterが購入できる数少ないプロバイダです。

WiMAX, ポケットWiFi

Copyright© わいMAX! , 2018 AllRights Reserved.