WiMAX WiMAX2+

新幹線、地下鉄、電車、高速道路でWiMAX2+は使えるか?口コミを調査してみた

投稿日:2017年1月8日 更新日:

WiMAX2+は時速350kmでの高速移動中でも利用できるモバイル通信サービスです。

ただし新幹線や地下鉄・電車・高速道路では、トンネルに入ったり提供エリア外の地域を通過したりなどしてWiMAX2+の電波が届かないことがあります。

そのため、あらかじめUQコミュニケーションズのオフィシャルページやネット上の口コミなどで、対象の交通手段でWiMAX2+が使えるか否かの情報を探しておくとよいでしょう。

高速移動中のWiMAX2+利用について

WiMAX2+に限らずモバイル通信サービスを新幹線や地下鉄・電車・高速道路などの移動中に使う機会は多いことでしょう。

交通情報や路線情報をウェブで調べたり、動画鑑賞・ネットサーフィンをして時間を潰したりと、これらの交通手段での移動中に高速なモバイル通信が使えれば便利ですね。

その点WiMAX2+は、基地局を切り替えながら継続して通信が可能なハンドオーバという技術を採用しており、時速350kmの高速移動中でもデータ通信が可能です。

新幹線でも最高時速(テスト走行時を除く)は320kmですから、理論上は提供エリア内で電波状況さえよければ新幹線・地下鉄・電車・高速道路での移動中にWiMAX2+が使えることになります。

ただし移動中に提供エリア外に入ったりトンネルなど、電波状況が受信しにくい場所へ入ったりすれば通信が切断する場合があるので、必ずしも通信が途切れないとは限りません。

なお具体的にどの交通手段で使えるかは、UQコミュニケーションズのオフィシャルページや口コミで確認しておくとよいでしょう。

新幹線でWiMAX2+は利用できるか

UQコミュニケーションズのオフィシャルページ上の、「ここで使える!WiMAX2+(新幹線・JR)」では、WiMAX2+を快適に利用できる新幹線駅として以下があげられています。

  • 東北新幹線(東京駅〜新青森駅間23駅)の各駅のコンコース、ホーム
  • 上越新幹線(東京駅〜新潟間12駅)の各駅のコンコース、ホーム
  • 秋田新幹線(秋田駅)のコンコース、ホーム
  • 山形新幹線(山形駅)のコンコース、ホーム
  • 長野新幹線(東京駅〜長野駅間11駅)の各駅のコンコース、ホーム

なお対応エリア内であればWiMAX2+を利用することは可能となっており、これらの駅以外でも通信が行える対策駅をこちらで確認することができます。

また各新幹線での通信状況に関する口コミを調べましたので紹介します。

北海道新幹線(新青森駅~新函館北斗駅)

以下口コミを見る限り、移動中でのWiMAX2+での接続はできないとのことです。

実際提供エリアの判定をみても2016年12月の段階では、対象となる地域がほとんど提供エリア外でした。

東北新幹線(東京駅~新青森駅)

以下のようにトンネルが多く接続できない、宇都宮より北で接続できないとの口コミが見受けられます。

上越新幹線(大宮駅~新潟駅)

以下上越新幹線では使えるという口コミと使えないという口コミが混在しています。

北陸新幹線(高崎駅~上越妙高駅 、上越妙高駅~金沢駅)

トンネルが多くてほぼ接続できないという内容の、以下のような口コミが多く見受けられます。

東海道新幹線(東京駅~新大阪駅)

圏外になるとの口コミがある一方、区間によっては利用できるとの報告があります。

またトンネルが続くために接続が不安定になるとの口コミが見受けられます。

https://twitter.com/dwayne_ryohson/status/870783314780602368

山陽新幹線(新大阪駅~博多駅)

山陽新幹線はトンネルが多いため、事実上WiMAXの接続ができないとの口コミが多いです。

九州新幹線(博多駅~鹿児島中央駅)

以下のように電波を受信できない区間が多いとの口コミが多く見受けられます。

私鉄・地下鉄内でWiMAX2+は利用できるか

東京・大阪・名古屋・福岡での私鉄・地下鉄のWiMAX2+の接続状況を紹介します。

UQオフィシャルページでは以下にあげる路線でWiMAX2+の整備が完了もしくは拡大中と記載されています。

ちなみに私は東京に住んでいますが、私が確認する限り地上を走行中は電波状況がよく快適に通信できています。

ただし、たとえばUQコミュニケーションズのオフィシャルページで「WiMAX2+完了」とされている都営地下鉄(高島平~大手町間で確認)では、地上もしくはホームに近づくと接続できますがそれ以外の地下部分では圏外になり接続できません。

東京

全駅利用可能

  • 小田急電鉄
  • 京王電鉄
  • 京浜急行電鉄
  • つくばエクスプレス
  • 東急電鉄
  • 東京臨海高速鉄道
  • 東武鉄道
  • 都営地下鉄
  • 北総鉄道

エリア拡大中

  • 京成電鉄
  • 西武鉄道
  • 東京メトロ
  • 東京モノレール

大阪

全駅利用可能

  • 北大阪急行
  • 京阪電気鉄道
  • 近畿日本鉄道
  • 泉北高速鉄道
  • 阪神電車

名古屋

全駅利用可能

  • 名古屋市営地下鉄
  • 名古屋鉄道

福岡

全駅利用可能

  • 福岡市地下鉄

なおその他の路線や各駅での詳しい対応状況はこちらでご確認ください。

JRでWiMAX2+は利用できるか

UQコミュニケーションズのオフィシャルページによると、提供エリア内であればJR線でWiMAX2+の利用は可能とのことです。

東京の山手線走行中の車内でWiMAX2+が安定して使えることを確認しています。

東京山手線29駅でWiMAXの速度を測定してみた!各駅の速度はどれくらいなのか?

北海道

  • 新千歳空港駅(地下コンコース、地下ホーム)

埼玉県

  • 大宮駅(地下埼京線ホーム)

千葉県

  • 成田空港駅(地下コンコース、地下ホーム)
  • 成田空港第二ビル(地下コンコース、地下ホーム)

東京都

  • 東京駅(地下京葉線ホーム、地下総武線ホーム、地下銀の鈴付近、地下中央コンコース)
  • 新宿駅(地下アルプス広場、中央地下通路)
  • 池袋駅(地下中央通路、南通路、北通路)
  • 上野駅(地下新幹線ホーム、地下1Fコンコース)
  • 馬喰町駅(地下東口改札コンコース、地下西口改札コンコース、ホーム)
  • 新日本橋駅(地下コンコース改札付近、ホーム)
  • 八丁堀駅(地下コンコース改札付近、ホーム)
  • 越中島駅(地下コンコース改札付近、ホーム)

千葉県

  • 横浜駅(地下南側コンコース、北側コンコース)

高速道路でWiMAX2+は利用できるか

ここでは東名高速・新東名高速・名神高速・中国道・東北道でのWiMAX2+の接続状況について紹介します。

東名高速(東京都世田谷区~愛知県小牧市)

東名高速はほとんど提供エリア内ですが、以下のように地域よっては接続できないとの口コミがあります。

新東名高速(神奈川県海老名市~愛知県豊田市)

提供エリアを確認すると、新東名高速は東名高速と比較して提供エリア外の区間が多いです。

以下のように新東名高速で繋がりにくいという口コミや、繋がりやすい東名高速を使うといった口コミが見受けられます。

名神高速(愛知県小牧市~)

名神高速は確認する限り大部分が提供エリア内で、新東名と比較すると以下のようにつながりやすいとの口コミが見受けられます。

新名神高速</h3>

ほとんど使えないという口コミがほとんどです。

中国道(大阪府吹田市~山口県下関市)

中国道は岡山県新見市より西でWiMAX2+の提供エリアから外れる地点が多いように見受けられます。

そのためか以下のように接続できないとの口コミが多いです。

東北道(埼玉県川口市~青森県青森市)

東北道は大半が提供エリア内ですが、以下のように圏外になるとの口コミが多いです。

au 4G LTE・UQ Wi-Fiを活用できることも

WiMAXルーターの中でも一部機器(WX04・W04・W03・W02・W01・HWD15・HWD14)では、電波状況によってWiMAX2+・au 4G LTEの通信を切り替えるハイスピードプラスエリアモードが利用可能です。

また、UQコミュニケーションズでは公衆無線LANサービス(UQ Wi-Fiプレミアム)を提供しています。

これらを利用することで新幹線や地下鉄・高速道路などでもWiMAX2+機器を使用してインターネットに接続することができます。

au 4G LTEの注意点

ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+端末本体の簡単な設定だけで利用できる便利な通信モードですが、以下にあげる2点には注意が必要です。

1,005円/月の追加料金が発生

ハイスピードプラスエリアモードは月に1度でも使うと、LTEオプション利用料金として1,005円/月が発生します。

なお仮にこの通信モードを月末に使ったとしても日割にはなりません。

ただし3年以上の契約期間でWiMAX2+を申し込んだ場合やauスマートバリューmineを適用できるWiMAXプロバイダによってはこのオプション料金は無料となります。

月間7GBの速度制限がある

ハイスピードプラスエリアモードを利用して月間7GBを超える通信を行うと、月末まで全てのau 4G LTE・WiMAX2+の通信において通信速度が最大128Kbpsに制限されます。

この通信速度では動画鑑賞ができないことはもちろん、ネットサーフィンするにもホームページが開くまでに時間がかかるようになってしまい快適にデータ通信を行うことができません。

またこの速度制限は月間データ通信量の制限がないギガ放題プランの利用者も対象となるため注意が必要です。

これらの点から、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+が圏外でもau 4G LTEにて継続してインターネット接続できる便利な通信モードではあるものの、データ通信量に気を付けながら利用しなければなりません。

WiMAX2+で通信状況があまり良くない場合、同じ通信場所でもWiMAX端末の位置を少し変えるだけで電波のつながりやすさが改善されることはあるので、ハイスピードプラスエリアモードを使用する際は、どうしても通信状況が改善されず本当に必要な場合に限り利用するとよいでしょう。

UQ Wi-Fiプレミアムについて

UQ Wi-Fiプレミアムは、駅や空港な駅や空港などの「UQ Wi-Fiエリア」に加えて、レストランやホテルなど全国約40,000カ所のWi-Fiスポットを提供している株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスの「Wi2エリア」にて公衆無線LANに接続することができる無料のオプションサービスです。

たとえば、東海道新幹線のN700A・N700系の車内(東京~新大阪間)はUQ Wi-Fiエリアとなっているので、東海道新幹線を出張などでよく利用するビジネスマンには助かりますね。

ただしUQコミュニケーションズから回線を借りてWiMAXサービスを提供しているMVNOの場合、プロバイダによってはUQ Wi-Fiプレミアムを提供していないところもあるので、WiMAX2+を申し込む場合は契約先のプロバイダのWiFiサービスを事前に確認しておくとよいですね。

まとめ

WiMAX2+は時速350Kmの高速移動中でも利用可能なモバイル通信サービスですが、新幹線や地下鉄・電車・高速道路では、トンネルに入ったり提供エリア外を通過したりなどでWiMAX2+が使えないことがあります。

そのため、これら交通手段を利用する場合には、あらかじめUQコミュニケーションズのオフィシャルページや口コミで事前に情報を確認しておくとよいでしょう。

【2018年1月版】おすすめプロバイダ

BroadWiMAX

当サイト一押しは月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

GMOとくとくBB

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

 

カシモWiMAX

WiMAXの利用料を節約するなら月額1,380円からスタートできるカシモWiMAXがおすすめ。

端末の選択肢が少なくauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

カシモWiMAXで取り扱う端末は新古品ですが、完全未使用品ですので新品と同じ感覚で利用できます。

ちなみにパソコンにUSB接続できるTriprouterが購入できる数少ないプロバイダです。

WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2018 AllRights Reserved.