WiMAX

WiMAXはファッション業界でも使えるポケットWiFi!1眼レフ写真でも気にする必要なし

投稿日:2016年12月4日 更新日:

ファッション業界のモバイル通信ユーザーは、データ容量が大きい高品質な画像ファイルを頻繁に送受信するためサービス選びに苦慮することがあるようです。

WiMAX2+なら月間データ通信量の制限なく最大220Mbpsの通信を利用できるのでおすすめです。

月額固定の料金なので消費したデータ通信量によって料金が追加されることもありません。

外出先での仕事や通信はスピードが重要ですから、データ通信量を心配することなく利用できるモバイル通信のサービスを選びたいですね。

 

ファッション業界で求められるモバイル通信の条件

私が法人向けのインターネットサービスプロバイダーの営業部署にいた際に、お客様にモバイル通信サービスの提案を求められることが多くありましたが、中でも苦戦したお客様の業種の1つがファッション業界でした。

ファッション業界のお客様に私の会社が扱っているモバイル通信サービスを提案した場合、決まって月間データ通信量の上限で渋い顔をされます。

モバイル通信を使って高画質な写真データや解像度の高い画像を何枚も載せたパワーポイントの資料を頻繁に送受信するためデータ通信量がとても足りない、とのことでした。

 

中には担当者1人にSIMカードを複数枚ずつ渡して切り替えて使わせる場合の注意点や料金について問い合わせされたお客様もいらっしゃいました。

モバイルWi-FiルーターにSIMカードを入れ替えるだけで難しい作業ではありませんが、その分契約を増やすことになるので合計の料金は高額になります。

案の定、そのお客様は契約に至りませんでした。

 

また月間のデータ通信量だけに限らず、その通信量が上限に達した場合の月末までの速度制限についても伝えると不安な表情をされます。

同様の速度制限は多くのモバイル通信で設けられていますが、たとえば、NTTコミュニケーションズの OCN モバイル ONE for Businessでは、契約ごとに決められた月間のデータ通信量(1GB・3GB・7GB)を超えた場合、その月末までの通信速度は最大300Kbpsです。

お客様によると、このように低速な通信では容量の重い画像データやパワーポイント資料をダウンロードするのに時間がかかり過ぎて仕事にならないとのことでした。

個人向けのOCNモバイル ONEであれば容量追加オプションがあり、仮に月間データ通信量の上限に達した場合、500円/0.5GBで通信量を追加することもできますが、今度は定額でなくなるため予算取りが難しいとのことでした。

 

私の会社では取り扱っていないサービスだったので提案できませんでしたが、月間データ通信量の上限なしに最大220Mbpsの通信が利用できるWiMAX2+であればお客様に満足いただけたろうと思うことが度々ありました。

 

実際にどの程度のデータ通信量が必要?

高画質の画像を頻繁にモバイル通信で送受信する場合、その分、膨大な通信量が消費されることになります。

参考までに以下画素数ごと・画質のモードごとの画像データの容量目安を記載します。

 

画質(モード) データサイズ
1,000万画素(高画質モード) 4.6MB
1,200万画素(高画質モード) 5MB
1200万画素(RAWモード) 11MB
1400万画素(高画質モード) 6MB
1400万画素(RAWモード) 13.1MB

1400万画素(RAWモード)の画像をモバイル通信で10枚ダウンロードする場合、それだけで約130MBです。

 

またプロ仕様のハイエンドな一眼レフカメラ「EOS-1D X Mark II」で撮影する場合、最も容量の大きい記録画質「RAW+L」では写真1枚あたり約30MBになります。

「RAW+L」の画像を10枚送受信する場合は合計約300MBと1回の送受信で、かなりのデータ量を消費することがわかります。プロユースであれば1回の送信枚数も増えることから、通信上限が存在するポケットWi-Fiの利用は厳しいと言わざるを得ません。

またアップロード時300MBのデータを上り10Mbpsの回線で送信するのに4分必要となることから、スムーズなデータのやり取りをするためには回線の上り速度も重要になります。

画像を多く取り扱うファッション業界ではモバイル通信の月間データ通信量や制限後の通信速度を気にしなくてはいけないのです。

 

月間データ通信量の制限がないWiMAX2+がおすすめ

私が在籍した法人向けプロバイダがWiMAX2+を扱っていれば、間違いなくファッション業界のお客様にお勧めしていたことでしょう。

WiMAX2+では最大220Mbpsの通信が月間データ通信量の制限なしに利用することができます。

 

WiMAX2+なら定額

WiMAX2+ギガ放題プランの料金は月額固定でありどんなにデータ通信量を消費しても追加料金が発生することはありません。

最近はスマートフォンのパケホーダイにも大容量プランが用意されていますが、最大100GBのプランを選ぶと25,000円の料金を毎月支払わなくてはいけません。

ところがWiMAX2+なら最も高いUQWiMAXのギガ放題プランが月額4,380円で利用でき、データ上限を気にせず月100GB以上利用することができます。

スマホのパケットだけで賄おうとするとパケホーダイだけで25,000円になることを考えれば、月4,380円で使い放題のWiMAX2+の費用対効果の高さがわかります。

データ上限やお金に気をとらわれず仕事に集中できる点も、データ使い放題のWiMAX2+の強みですね。

 

別料金でもLTEでの通信も可能

WiMAX2+対応機器のうちW03・W02・W01・HWD15・HWD14は、本体の設定を変更するだけで申込手続きなしにつながりやすいau 4G LTEの通信を行うことが可能です。

郊外や屋内の奥まった場所などでWiMAX2+の電波が仮に届かず、どうしてもそこでモバイル通信を行う必要がある場合は au 4G LTEに切り替えてインターネット接続できます。

ビジネスでモバイル通信を使う場合、外出先でインターネット接続がどうしても必要になることがあるので、そういった際にこのような代替手段が用意されていると安心ですね。

 

ただしWiMAX2+でau 4G LTEの通信を行う場合、以下にあげる2つの注意点があります。

 

月間7GBのデータ通信量制限がある

au 4G LTEの通信を行う場合は、本体設定をWiMAX2+の通信を行うハイスピードモードからハイスピードプラスエリアモードに変更します。

ハイスピードプラスエリアモードでは、WiMAX2+・au 4G LTEの通信を自動的に切り替えて通信を行います。

 

ハイスピードプラスエリアモードでWiMAX2+・au 4G LTEの月間データ通信量の合計が7GBを超えると速度制限に抵触し、月末までの通信速度が最大128Kbpsまで制限されるので注意しましょう。

この制限は、ハイスピードモード・ハイスピードプラスエリアモード両方の通信が対象となります。

また月間データ通信量に制限のないギガ放題プランのユーザーも例外ではありません。

au 4G LTEは便利な機能ですが、このように厳しい制限があるので通信量に気を付けつつ本当に必要な時だけ利用するとよいでしょう。

 

3年契約または1,005円のオプション料金がかかる

本体設定を1度でもハイスピードプラスエリアモードに切り替えた場合、その月の月額料金にLTEオプションの価格として1,005円が追加されます。

日割はないので、仮に月末にハイスピードプラスエリアモードを利用したとしても1,005円が満額発生します。

また新規契約時、3年契約を選ぶことでLTEオプションを無料で利用することができるようになります。

しかし3年契約は通信速度の向上や端末の劣化による故障リスクなどが高くなるため、十分検討して契約するようにしましょう。

このサイトでは料金面でお得な2年契約をおすすめしています。

WiMAX2+を利用する際の注意点

月間データ通信量を気にすることなく最大220Mbpsのモバイル通信が利用できるWiMAX2+ですが、以下の2点には注意が必要です。

 

データの受信に比べて送信には時間がかかる

WiMAX2+の下り通信速度は最大440Mbpsですが上りは最大30Mbpsです。

そのためデータのダウンロードや受信に比べてアップロードや送信には時間がかかります。ただし、たとえばプロ仕様の一眼レフカメラ「EOS-1D X Mark II」で「RAW+L」の画質を指定して撮った写真(約30MB)でも、受信・ダウンロードは可能なので心配する必要はないでしょう。

仮に上りの実効速度が6Mbpsの場合、30MBのデータをアップロードするのにかかる時間は約40秒です。

約30MBの写真データをまとめて送信・アップロードする場合はモバイル回線ではそれなりに時間がかかるので注意しましょう。

 

3日間10GBの速度制限がある

WiMAX2+のギガ放題プランなら月間データ通信量の心配をする必要はありませんが、回線の混雑を予防する目的で前日までの3日間で10GB以上の通信量を消費すると、翌日18時から翌日午前2時まで速度制限が行われます。

UQコミュニケーションズでは具体的な制限速度は公開していないものの、速度制限に抵触した場合の通信速度について「YouTube動画の標準画質が見られるレベルを上回る速度」という目安を示しています。

実際の速度は1Mbpsほどになるので、高画質の画像ファイルの送受信には時間がかかるかもしれません。

しかしWiMAX2+の速度制限は18時~2時以外の時間は通常速度で通信できるので、送受信を日中に行うことで通信制限に影響されず仕事をすることができます。

 

まとめ

データ容量が膨大な画像ファイルをモバイル通信で頻繁に送受信するファッション業界の方には、月間データ通信量の制限なく最大440Mbpsの高速な通信を利用できるWiMAX2+のギガ放題プランがおすすめです。

どんなにデータ通信量を消費しても月額固定の料金制なので予算の見積もりも簡単です。

ビジネスでモバイル通信を使う場合は、通信量を気にせずにさくさくとファイルの送受信をしたいものですね。

それが仕事の効率アップにもつながります。

WiMAX

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.