WiMAXとWi-Fiって具体的に何が違う?理解するべきポイントを解説!

更新日:

WiMAXやWiFi、公衆無線LANなどはどれも無線でインターネットを行うための技術なので、その違いが分かり辛くなっているのが現状です。

結論から言うと、無線でのインターネット接続に関してどのサービスを使えばよいか迷っているなら迷わずWiMAXを活用することをおすすめします。

 

WiFiとは

WiFiとはご自宅や会社などでケーブルを使うことなく無線でインターネットをする技術のことを指します。

光ファイバーなどの固定回線ではインターネットに接続するための通信機器をケーブルが届く決まった範囲でしか使えませんが、WiFiを利用すれば無線の電波が届く範囲ならどこでもインターネットを楽しめるのです。

さらにWiFiはケーブルで接続する必要がないので、ケーブルの接続口が用意されていないスマートフォンやタブレットをはじめとして、ゲーム機、デジタル家電のようなものまで無線で接続することができます。

 

WiFiのことを無線LANということもありますが、その言葉の意味は少し異なるので注意してください。

WiFiは無線LANという大きなくくりの中にある規格の1つです

無線LANの中でも相互接続が保証された商品に限って登録商標であるWiFiロゴマークを与え、WiFi対応機器を見分けることができるようにしています。

消費者はこのマークを目印としてWiFi対応機器を選ぶことができるので安心ですね。

 

WiFiには5種類の通信規格があり、規格が異なると接続できないので注意しましょう。

WiFiスポットや対応機器は以下の規格のうち1つだけでなく複数に対応している場合が多いです。

 

WiFi対応機器を購入する場合は、できるだけ多くの規格に対応して、そのうえ新しくて高速な規格に対応したものを選ぶとよいでしょう。

 

規格の名前周波数帯最大通信速度特徴
IEEE 802.11a5GHz54Mbps電波干渉を受けにくいが、電波法の関係により屋外で利用できない。
IEEE 802.11b2.4GHz11Mbps電波干渉を受けやすいが、屋外で利用可能で障害物に強い。

パソコンやスマホをはじめゲーム機など多くの機器が対応している規格。

IEEE 802.11g2.4GHz54Mbps障害物に強いが、電波干渉を受けやすい。
IEEE 802.11n2.4GHz600Mbps障害物に強いが、電波干渉を受けやすい
5GHz障害物に弱いが、電波干渉を受けにくい
IEEE 802.11ac5GHz6.9Gbps障害物に弱いが、電波干渉を受けにくい。

2018年3月時点で最新の規格。

IEEE 802.11ad60GHz6.7Gbps狭い範囲での高速通信が可能。

5GHzの代用帯域として期待されている。

 

参照:IOデータ

 

なお、WiFiの速度は上記規格のうちどれが使われているかという点とあわせて、WiFiが使われている回線によって大きく異なります。

 

高速な光回線を使っていれば速くなり、それより遅いADSL回線であれば当然遅くなるわけです。

 

公衆無線LANは自由に利用できるWiFi

昨今は、カフェやレストラン、コンビニや駅などさまざまな場所で公衆無線LANというサービスが提供されています。

 

公衆無線LANは無償で使える場合や簡単な会員登録が必要なもの、お手頃な月額料金で使えるものなど様々です。

 

利用する機会が多いファーストフードやカフェなどの大手チェーン店、コンビニエンスストアなどでは無料の公衆無線LANが使えるので便利ですね。

フリーWiFiを提供しているお店の一例を挙げました。

 

・マクドナルド

・スターバックス

・ドトールコーヒー

・ローソン

・セブンイレブン

 

なお店舗によってはサービスを提供していない場合もあるので、よく利用する店舗が対応しているかあらかじめ確認しておくと安心ですね。

 

WiMAXとは

WiMAXとは、通信事業者のUQコミュニケーションズが提供しているサービスで、自宅でも外出先でもWiMAX回線の提供エリア内ならどこでも無線によるインターネット接続を可能にする技術です。

 

WiMAXでインターネット接続するためには、WiMAXプロバイダとの契約をしたうえで、ポケットWiFiやモバイルWiFiルーターなどと呼ばれるコンパクトかつ軽量なデータ通信端末を利用する必要があります。

プロバイダとの契約は必要なものの、光回線などのように面倒な回線工事も必要ないので手軽に利用できるのもメリットの1つです。

さらにプランも月間データ量7GBの通常プランもしくは月間データ量無制限のギガ放題プランの2通りあるので、ライフスタイルに合わせた選択ができるのも便利ですね。

 

2018年現在、WiMAXルーターではおもにWiMAXの次世代規格であるWiMAX2+を利用しており、WiMAX2+通信では下り最大558Mbpsという高速な速度でインターネットを楽しめるのも魅力です。

 

WiMAXとWiFiの違い

WiMAXとWiFiは両方とも無線でインターネット接続をする技術なので、その違いが分からないという場合も多いでしょう。

技術的な最も大きな違いは、一方がWANのための技術、もう一方がLANのための技術ということです。

WANとLANの違いをまとめました。

WAN(Wide Area Network)遠く離れたネットワークをつなぐための技術で、誰でも自由に接続できる。
LAN(Local Area Network)自宅や会社内など限られた範囲内でネットワークを結ぶための技術で、インターネット回線契約者が許可した機器しか接続できない。

LANケーブルを使って構成する有線LANと、LANケーブルを使わずに無線で構成する無線LANの2種類が存在する

 

 

WiMAXのサービスに関しては、まず無線通信で地理的に離れた基地局とお手元のデータ通信端末を接続し、通信端末とパソコンやスマホなどの限られた範囲内をWiFiで接続します。

通信端末のことをポケットWiFiといったりモバイルWiFiルーターと呼ぶのはこのためです。

WiMAXサービスは、ポケットWiFiによってWANとLANのネットワークをセットにして提供しています。

 

自宅の無線LANとWiMAXの最も大きな違いは、WANの回線に何を利用しているかです。

自宅の無線LANでは、一般的にWANの回線として光ファイバーなどの固定回線を使う場合が多く、固定回線は自宅以外の場所で使うことはできません

ちなみに、この場合の無線LANではほとんどの場合でWiFiが使われています。

一方のWiMAXは、WANの部分にも無線で接続できる技術を採用しているので、自宅や会社以外でもサービスエリア内であれば外出先でも利用できます

なお、WiMAXもLANの部分にはWiFiを使っています。

 

公衆無線LANも基本的には自宅の無線LANの場合と同じで、WANの部分には光ファイバーなどの固定回線を使っています。

LANの部分は無線のWiFiを使っていますが、公衆無線LANが利用できるのはWiFiスポットを提供している店舗や構内だけです。

 

しかし公衆無線LANのWiFiと自宅の無線LANやWiMAXのWiFiでは、WiFiの設定に使うネットワーク名や暗号化のパスワードに関して大きな差があり注意しなければなりません。

自宅の無線LANやWiMAXのWiFiでは自分にしかわからないものを設定できますが、誰もが利用できる公衆無線LANではネットワーク名やパスワードが公開されているため以下のようなセキュリティーリスクが考えられます。

 

盗聴暗号化のためのパスワードが公開されているため、悪意のある第三者から通信の内容を盗聴される可能性がある。
なりすまし自分になりすました第三者にショッピングサイトなどのID/パスワードを悪用されてしまう可能性がある。
覗き見セキュリティ意識の低い管理者によって運営されている場合、同じネットワークを利用する他のパソコンにアクセスできる設定になっていることがある。

そのため悪意のある第三者によってパソコンの中身を覗き見される可能性がある。

公衆無線LANのなりすまし公衆無線LANで公開されている同じネットワーク名・パスワードを使って、正式な公衆無線LANになりすましたネットワークが存在する。

このネットワークに誤って接続した場合、通信の内容が盗聴され悪用されるなどの被害が考えられる。

 

 

このようなセキュリティーリスクを避けるために、利用者は以下のような対策を行う必要があります。

 

  • 盗聴されて困る通信は公衆無線LANでは行わない
  • SSLなど暗号化技術を使ったサイトでのみ重要な通信を行う
  • セキュリティ対策ソフトで公衆無線LAN用のセキュリティ対策を行う
  • 公衆無線LANが本来提供されている店舗などから離れた怪しいネットワークには接続しない

 

WiMAXは公衆無線LAN(WiFi)よりメリットが大きい

誰でも無料で使うことができる公衆無線LANを利用すればWiMAXは必要ないのではと思うかもしれません。

しかし、WiMAXには公衆無線LANにはない様々なメリットがあります。

 

場所や時間に縛られず通信できる

公衆無線LANは店舗やホテルなど決まった通信エリアだけでしか利用できないので、わざわざWiFiスポットを探したり、初めて利用するWiFiスポットでは接続設定をする必要があるので手間がかかります。

お店によって公衆無線LANで連続通信できるのは1時間までなどと決められている場合もあるので時間を気にしながら利用しなければいけないこともあります。

一方WiMAXは、ルーターさえ持っていれば提供エリア内ならどこでも利用でき、端末と通信機器を一度接続しておけば利用する度に設定をする必要はありません。

端末の充電さえあれば時間にとらわれずネットを楽しめるのも嬉しいですね。

通信速度が速い

公衆無線LANの場合、元々の回線速度が遅く最大速度でも20Mbpsほどしか出ない場合があり、さらに同じネットワークを多くのユーザーが同時に利用することで速度が遅くなってしまう可能性があります。

最大通信速度558Mbpsを実現していて、基本的に自分1人で利用するWiMAXには通信速度の心配をしなくて済む点も大きなメリットと言えるでしょう。

WiMAXは3日で10GBのデータ通信量を消費すると通信速度制限がかかりますが、制限後でも最大1Mbpsは出せるため、標準画質の動画視聴やネットサーフィンは支障ないほどです。

この通信制限にかかった場合でもかえって公衆無線LANより速い可能性さえあります。

 

セキュリティ面で安全

今ではWiFiスポットの多くがセキュリティ強度の高いWPAという暗号化方式に対応しているため、盗み見やデータの不正取得のリスクは格段に低下しました。

 

docomoやauが提供するフリーWiFiであればセキュリティ面でほとんど心配はないと言われていますが、未だに暗号化されていないアクセスポイントも存在しているので注意するに越したことはありません。

WiMAXであれば端末で接続台数をモニタリングでき、強力な暗号化も施してあるため、特にお仕事や、個人情報が必要なネットショッピングなどで利用する場合には公衆無線LANよりも安全です。

 

 

まとめ

WiFiとWiMAXはどちらも無線によるインターネット接続が可能な技術です。

自宅の無線LANや公衆無線LANと比較しても、WiMAXには高速な通信をどこでも利用でき、セキュリティ面でも安全などのメリットが多いです。

自宅や外出先でインターネットを頻繁に利用する場合には、WiMAXをおすすめします。

【2018年6月版】おすすめプロバイダ

BroadWiMAX

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

GMOとくとくBB

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

カシモWiMAX

WiMAXの利用料を節約するなら月額1,380円からスタートできるカシモWiMAX!

端末の選択肢が少なくauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

カシモWiMAXで取り扱う端末は新古品だけでなく新品の最新機種もありますが料金プランが違います。

ちなみにパソコンにUSB接続できるTriprouterが購入できる数少ないプロバイダです。

WiMAX, ポケットWiFi

Copyright© わいMAX! , 2018 AllRights Reserved.