SoftBank WiMAX

WiMAXでSoftBankのスマホ料金を最安運用する方法!

投稿日:2016年7月30日 更新日:

SoftBankはdocomo・auと比較して細かな決まりや縛りが多く、格安SIMや新しいキャリアに乗り換えにくい携帯会社です。

だからこそライバル2社と比べてWiMAX2+の導入効果が大きく、違約金の掛からない更新月までの節約効果の高いキャリアでも有ります。

SoftBankでWiMAX2+を導入したら、パケットし放題を最低限の契約にする。ただそれだけなのです。

格安SIMを使えばもっと割引できるのでは?

スマートフォンを利用している方は多いと思いますが、以前はスマートフォンを利用するのならば、DocomoかauかSoftBankのいずれかの通信大手3社で契約をしなければなりませんでした。

しかし、近ごろでは格安SIMというものが沢山登場し、ユーザーが様々な通信会社を選べるようになってきています。

これにより、自分のライフスタイルに合った通信会社を選ぶことで、スマートフォンの利用料金はかなり安く抑えることも可能となりました。

例えば、あまり電話をかけることがなく、通話はほとんどLINEで済ませてしまうような人であれば、格安SIMを契約し、通話を控えることで月額料金が、月々2000円~3000円に抑えることが出来ます。

格安SIMを利用するとこのように通信費を安く抑えられますが、通話に関しては1分につき40円の通話料が発生してしまいます。

通話をたくさんしてしまうと通話料が意外と高くついてしまい、格安SIMなのに格安ではなく、かえって高い月額量金を支払うことにもなりかねません。

通話をたくさんするという方には、docomo、au、SoftBankなどの大手の通信会社から登場した、通話し放題のサービスを利用するのが得策です。

SoftBankの料金プランの種類

通信大手3社のひとつであるSoftBankのスマートフォンを利用する場合の料金体系やサービスの内容について説明します。

Docomoやauと同様にSoftBankにも音声通信に関しては、最近では通話し放題というサービスがあり、SoftBankの通話し放題サービスの名称はスマ放題といいます。

SoftBankのスマートフォンの料金プランにはこのスマ放題プラントと、従来の携帯電話の方式のホワイトプランというものがあり、ユーザーはまず、このどちらかひとつを選ばなければなりません。

SoftBankの場合はその他にも様々なプランがあるようなのですが、ほとんどのSoftBankのスマホユーザーが、スマ放題かホワイトプランを利用しているのが現状ですので今回はその他のプランは割愛し解説を進めていきます。

SoftBankのホワイトプランについて

まず、従来の携帯電話で使っている方式のホワイトプランについてですが、こちらは月額の基本料金が934円となっていて、スマ放題よりも安く設定されています。

softbank1

しかしホワイトプランでは通話に関して30秒で20円の通話料金が基本料金とは別にかかってしまいます。

またホワイトプランの利点としては、SoftBankの携帯電話、スマートフォン同士での通話に関しては午前1時~午後9時までは通話が無料となっていますので、SoftBankを利用している家族、知人が多い人にはホワイトプランはお得なプランとなっています。

それにインターネット、メール利用料としてS!ベーシックという名目で300円/月がかかります。

スマートフォンでホワイトプランでインターネット通信をする場合は、2種類のプランが用意されています。

1つはパケットし放題フラットfor 4Gというプランで、月々の通信料は5,700円で7Gまでの通信が出来るというもの。しかしデータ通信量が7Gを越えた時点で速度制限がかかってしまいます。

もう一つはパケットし放題 for 4Gというプランでこちらは月々の通信料は2,000円~6,200円となります。

しかし、このパケットし放題 for 4Gでは通信料が2,000円で収まるのは通信量が5Mまでで、通信量が5M~15.5Mの間は通信量によって2,000円~6,200円の間で変動し、15.5Mを越えた段階で6,200円の定額となるシステムです。しかしこちらも7GBを超えた時点で制限速度がかかってしまいます。

スマートフォンを利用してインターネットをすると15.5MBなんて一瞬で消費してしまいます、スマートフォンでホワイトプランを利用するのなら月々5,700円で7Gまで通信制限なく通信できる、パケットし放題フラットfor 4Gがおすすめでしょう。

ホワイトプランでスマートフォンをインターネットを受信量を気にせず利用したければ、月額料金としては、基本料の934円+インターネット利用量のS!ベーシックの300円+パケットし放題フラットfor 4Gの5,700円で合計6,934円のプランがおすすめです。

また、ホワイトプランの場合はソフトバンクSMSメール(ショートメール)の送信について1通あたり3円がかかりますので、この金額は通話は無料通話しかせずに、SoftBank以外へのショートメールを通しない場合の金額となります。

また。インターネット通信はポケットwifiやWiMAXなどを利用して、基本的にはSoftBankの通信でインターネットをしないのならパケットし放題 for 4Gを利用し、基本料934円+S!ベーシック300円+パケットし放題 for 4Gで5M以上通信しない料金の2,000円でみておけば、その合計利用金額は3,234円となり、これがホワイトプランでスマホを利用する際の最も安い料金プランとなります。

上記の場合も通話は無料通話のみ、SoftBank以外へのSMSメールの送信をしないというのが前提の金額であります。

SoftBankのスマ放題について

ほとんどのSoftBankのスマートフォンユーザーが現在利用しているのが、「スマ放題」というプランです。

softbank2

こちらのプランは基本料金2,700円で、音声通話に関しては通話を何時間してもこれ以上の料金はかからないというものです。

またスマ放題の基本料金をもう少し安くした「スマ放題ライト」というプランもありますが、こちらのプランは通話に関して無料となるのが、5分以内の通話のみとなっています。

5分以内で収まる程度の通話しかしない方には、スマ放題ライトはおすすめですが、このプランで5分を越えて通話をし続けてしまうと30秒ごとに20円の通話料が発生してしまいます。

通話に関しては5分以上でも通話し放題のスマ放題か5分以内の通話限定のスマ放題ライトのどちらかを選び、他にインターネット、メール利用料のS!ベーシックが300円/月かかります。

あとはインターネット通信費ですがこちらは、月に利用できる通信量によって料金が細かく分かれています。

例えば、インターネットの通信を月に1Gくらいしかしなければ、インターネットの通信費は2,900円/月となります。2Gまでの通信しかしなければ3,500円/月、5Gまでの通信しかしなければ5,000円/月、8Gまでの通信だと6,700円/月、10Gまでの通信だと8,000円/月、というさまざまな金額が設定されています。

これ以外にも15G、20G、30Gともっとたくさん通信する場合も設定されています。

また、1Gしか通信しないつまりで契約をしたにもかかわらず、月に1G以上通信してしまった場合には、インターネットに通信速度制限がかかってしまい、通常の速度でインターネットを見ることが出来なくなるような仕組みになっています。

速度制限がかかってしまうと、動画を見たり、ゲームをやったり、大きな画像を開いたりするのに大変時間がかかってしまいます。

しかし、文字のみのデータを受信するのでしたら、それほど通信速度制限のストレスを感じることはないでしょう。

このように契約したデータ量以上を通信しても、インターネットの通信自体が止まるわけではありません。

また月に5Gまでの通信以上の契約している場合は、その月に余った通信量を翌月の通信量に加算して利用できるという繰越特典も付いています。

スマ放題プランでは、スマ放題の基本料+S!ベーシック料金+インターネット通信費を組み合わせた合計が月の利用料金となります。

スマ放題で一番安い料金で利用すると、スマ放題ライト基本料(1,700円)+S!ベーシック料(300円)+1Gのまでのインターネット通信費(2,900円)で4900円/月となります。

また最大でシュミレーションしてみると、スマ放題にインターネット通信量30Gまでを組み合わせると、スマ放題基本料(2,700円)+S!ベーシック料(300円)+30Gのまでのインターネット通信費(22,500円)で25,500円/月となります。

WiMAX2を組み合わせた通信料金

これまでSoftBankのスマートフォンの通信費について書いてきましたが、ホワイトプラン、スマ放題(スマ放題ライト)について最も料金を安く抑えるのなら、ホワイトプランでパケットし放題 for 4Gを利用するのが最も安くなります。

softbank3

SoftBankの回線でほとんどインターネットを利用前提で、通話をAM1:00~PM9:00のSoftBank同士の電話に限定すれば、最少で3,234円/月というプランが実現します。

しかしこれでは、インターネットが5MBまでしか通信できないのでほぼインターネットは使えないですし、通話も無料通話に限定すると時間限定のSoftBankへの通話しか出来ませんので、100%スマートフォンが活用でいている状態ではないですね。

また15.5MB以上使うと6,200円とフラット4Gよりも割高な通信費を払わなくてはいけませんから、利用には注意が必要になります。

このプランに、たとえばWiMAXのインターネットがどこでもやり放題というサービスのギガ放題というプランを組み合わせてみると、SoftBankのホワイトプラン最安値(3,234円)+WiMAXのギガ放題(4,380円)で合計7,614円まで削減することが可能です。

データの管理が必要になるため初心者向きではありませんが、安さを目指すならこの方法も選択肢の一つにしてください。

同じホワイトプランのパケットし放題 for 4Gフラットにすると、SoftBankの回線で7Gまでの通信が出きますが、WiMAXと組み合わせると料金が、SoftBankのホワイトプラン+パケットし放題 for 4Gフラットで(6,934円)+WiMAX(4,380円)で合計11,314円となり10,000円を超えてしまいます。

電話もそこそこかけたいのであれば、ギガ放題ライトと1Gまでのインターネット通信にWiMAXのギガ放題を付けると、スマ放題ライト基本料(1,700円)+S!ベーシック料(300円)+1Gインターネット通信(2,900円)+WiMAXのギガ放題(4,380円)で合計9,280円というプランとなります。

これなら月に10,000円かからずに5分以内の通話はし放題、インターネットもし放題というプランが実現できます。

また5分以上も通話したい場合はプラス1,000円でスマ放題ライトをスマ放題に変更することも可能です。

インターネットで動画をたくさん見たり、ネットゲームにはまっているという方には、大変オススメなプランとなりますね。

パケットし放題for4Gのような2段階定額制のプランではないため、料金を気にせず利用できる点もWiMAX2+との組み合わせに相性に良いプランとなります。

まとめ

SoftBankのみの通信で、インターネットを利用量を気にせずに利用しようとすると、思いの外お金がかかってしまいます。

ですがWiMAXの通信プランを組み合わせることにより、SoftBank単独契約の料金よりも安い料金で、インターネットし放題が実現できます。

SoftBankの定額通話や地下鉄構内の電波の繋がりやすさを活用しつつ、普段はWiMAX2+で大容量通信を楽しむのが2台持ちが得られる最大のメリットなのです。

SoftBank, WiMAX

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.