ソフトバンクのポケットWiFiよりWiMAX2+がお得な理由!

ソフトバンクWi-Fiルータープランでは、スマホのデータ定額プランとデータ通信量を分け合ってモバイルWi-Fiルーターを利用することが可能です。

スマホ以外にタブレットやノートパソコンをモバイルでインターネット接続したい場合で、なおかつ契約中のデータ定額プランで通信量に余裕がある場合はおすすめです。

ソフトバンクWi-Fiルータープランとは?

ソフトバンクのWi-Fiルータープランとは、ソフトバンクモバイルのスマホ契約の子回線としてポケットWiFiを手軽に利用できるサービスで、スマホなどで契約している月間データ通信量をスマホとポケットWiFiで分け合って利用することができます。

Wi-Fiルータープランを利用する場合、ソフトバンクのスマホ契約の料金の他に追加で以下料金が発生します。

初期費用3,000円
月額料金1,900円

単体で契約することも可能

ソフトバンクのポケットWiFiは、スマートフォンのデータ定額プランを契約していなくても単体で契約できます。

その場合に利用するプラン(4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+)は、月間データ通信量7GBまでの契約で月額料金は3,696円です。

さらに7GBを超えて高速な通信を利用する場合は、1Gバイトごとに1,000円の料金追加となります。

ソフトバンクWi-Fiルータープランのメリット

ソフトバンクWi-Fiルータープランを利用するメリットとしては以下3つがあげられます。

既存のデータ定額プランの通信量を有効活用できる

ソフトバンクWi-Fiルータープランなら、スマホとは別に専用のデータ定額プランを新たに契約しなくても、現在のデータ定額プランを使ってモバイルWi-Fiルーター経由でタブレットやノートパソコンをインターネット接続することができます。

スマホを利用していて、あらかじめデータ定額で決められた月間のデータ通信量が余ってしまうこともありますよね。

大容量のデータ定額プラン「ギガモンスター」(20GB/月額6,000円・30GB/月額8,000円)の登場によって、そういった機会が増えるものと考えられます。

ソフトバンクWi-Fiルータープランなら、月額1,900円を追加するだけでその余った分を有効活用できるので便利ですね。

端末代が無料で手軽に使い始められる

月月割でモバイルWi-Fiルーターが実質無料で購入できるのも、タブレットやノートとパソコンを使ってモバイル通信を行いたいユーザーにとってはメリットです。

その結果、事務手数料3,000円の初期費用だけでソフトバンクWi-Fiルータープランを使い始めることができます。

一方、仮に格安SIMのプロバイダでモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN」を一括購入する場合、初期費用として20,000円程度の金額が加算されます。

店頭で店員の話を聞きながら契約できる

いつも使っているソフトバンクモバイルの店舗などで、店員の話を聞きながら安心して契約することができます。

またモバイルWi-Fiルーターの故障など困ったことがあった場合に、店員に直接相談できるのは心強いですね。

ソフトバンクWi-Fiルータープランのデメリット

ソフトバンクWi-Fiルータープランを利用する場合のデメリットとして以下2つがあります。

データ通信量を膨大に利用するユーザーには割高

ソフトバンクWi-Fiルータープランは、日常的にスマホでYouTubeの動画を鑑賞するなどして膨大なデータ通信量を消費するユーザーには割高です。

たとえば月間データ通信量の上限がないモバイル通信サービス・WiMAX2+は月額4,000円程度で利用できます。

一方、仮にスマホ契約中のデータ定額のプランで月間データ通信量をスマホでほぼ上限値近くまで消費しているような場合、モバイルWi-Fiルーターでも高速な通信を利用するためには1,000円/GB(550円/0.5GB)でデータ容量を追加契約することになるでしょう。

この場合4GB追加するだけで料金は4,000円となりWiMAX2+の月額料金とほぼ並ぶ上、WiMAX2+は月間データ通信量の上限がありませんから、はじめからそちらを契約する方がお得です。

またソフトバンクモバイルWi-Fiルータープラン単体で利用する場合にいたっては、月額3,696円とWiMAX2+と数百円程度しか変わらない上、月間データ通信量7GBまでしか使えません。

さらに2GB追加ごとに2,500円の追加となるので、月額4,000円程度でデータ通信量が無制限となるWiMAX2+の方が、はるかにコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

通信制御が原因で通信品質が劣化?

ソフトバンクWi-Fiルータープランに限らずですが、ソフトバンクの回線を利用する場合は以下の図にあるコンテンツ・サービスのデータについて、「通信品質およびネットワーク利用の公平性確保」を目的として品質が劣化した状態で送受信される可能性があります。

具体的にはたとえば画像や映像データの画質が劣化する可能性があります。

ソフトバンクのオフィシャルページには「通常の視聴・閲覧に影響のない範囲で」制御を行うとの記載があるものの、実際にこの制限を受けている回線、受けていない回線で比較するとその差が体感できるようです。

また以下Twitterの口コミにあるように、この通信制御の影響によってオンラインゲームのアプリの利用に不具合が生じた事例も報告されています。

そのため表にある通信の品質を重視する場合、ソフトバンクWi-Fiルータープランは使いにくいですね。

ソフトバンクWi-Fiルーターはこんな場合に意味がある

ソフトバンクWi-Fiルータープランをおすすめできるのは以下2点を満たす場合です。

  • タブレットやノートパソコンでモバイル回線を利用しインターネット接続したい場合
  • スマホで契約中のデータ定額プランで、データ通信量が余っている場合

まずモバイル回線を使ったインターネット接続をスマホでしか行わない場合はソフトバンクWi-Fiルータープランを利用する必要はありません。

スマホ以外にタブレットやノートパソコンでもモバイル通信を行う場合に契約します。

また契約中のデータ定額プランで月間データ通信量が毎月余っていて使い切れていないような場合に、ソフトバンクWi-Fiルータープランの利用を検討するとよいでしょう。

余った通信量をタブレットやノートパソコンで有効活用することができます。

ギガモンスター利用中ならWiMAX2+を使う方がお得?

毎月消費するデータ通信量によってはソフトバンクモバイルの契約単体で利用するのではなく、ソフトバンクモバイルの契約にWiMAX2+の契約を組み合わせて利用する方がお得です。

以下、WiMAX2+で月間データ通信量の制限がないギガ放題プランの料金とソフトバンクモバイルのデータ定額の料金の比較表です。

ソフトバンク 月額WiMAX2+ギガ放題 月額
1GB2,900円4,380円
2GB3,500円
5GB5,000円
20GB6,000円
30GB8,000円

ソフトバンクモバイル契約の契約では、たとえばデータ定額5GBのプランでデータ通信量5GBを超えて通信を行う場合、速度制限によって月末まで通信速度が最大128Kbpsとなります。

最大128Kbpsという低速な通信速度では動画が鑑賞できませんし、ホームページが開くのにも時間がかかるようになってしまいます。

月途中にこの制限を解除する場合は、1,000円/GB(550円/0.5GB)でデータ通信量を買い足すことが必要です。

一方のWiMAX2+には月間データ通信量の制限はありません。

そこで、ソフトバンクモバイルのデータ定額プランの中でもスマホ端末代を分割支払金の割引(「月月割」)が使える最も低価格なデータ定額ミニ2GB(月額3,500円)とWiMAX2+のギガ放題プラン(月額4,380円)を組み合わせて(合計7,880円)利用します。

一方ギガモンスター(20GB/月額6,000円)のプランに、ソフトバンクWi-Fiルータープランの月額料金(1,900円)も追加すれば月額7,900円ですから、この時点でWiMAX2+を組み合わせた場合の方が低価格です。

さらに20GBで足りなくなってデータ通信量を追加購入する場合は1,000円/GB(550円/0.5GB)が発生するので、さらにWiMAX2+の方がお得になります。

ちなみにソフトバンク単体の契約の方が安いのは、データ定額5GBのプランにデータ容量を0.5GB追加する時点までです。

この場合の料金はソフトバンクWi-Fiルータープランあわせて月額合計7,450円です。

スマホだけでなくタブレットやノートパソコンをモバイル通信でたっぷりインターネット接続したい場合は、WiMAX2+を選んで月間データ通信量を気にせず利用できる方が快適ですね。

まとめ

ソフトバンクモバイルでスマホを契約中であれば、タブレットやノートパソコンもモバイル回線でインターネット接続したい場合に、ソフトバンクWi-Fiルータープランを子回線の契約として組み合わせてすることができます。

ただし現在のソフトバンクモバイルのデータ定額プランの契約がギガモンスターであれば、WiMAX2+を組み合わせれば月間データ通信量を気にせずインターネットを楽しめる上、ソフトバンクWi-Fiルータープランを利用してデータ量をシェアするより料金の節約になります。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!