WiMAX機器をQRコードを使って接続する方法

WiMAXを契約して使い始める際にまずやることといったら、WiMAX機器と通信端末のWi-Fi接続設定ですよね。

基本的にWi-Fi接続設定を行う場合はパスワードを入力する必要がありますが、実はもっと簡単にインターネット接続設定できる方法があります。

それが「AtermらくらくQRスタート」です。

簡単にいうと、QRコードを読み込むだけでWi-Fi接続を完了させることができます。

そこで今回は「AtermらくらくQRスタート」の詳細について紹介します。

WiMAXルーターとスマホやタブレットをQRコードで接続する方法

AtermらくらくQRスタートとは

「AtermらくらくQRスタート」とはスマートフォンやタブレットでWiMAX端末のQRコードを読み込むだけで簡単にWi-Fi接続設定を行えるサービスです。

QRコードにはSSID(ネットワーク名)や暗号化キー(パスワード)などWi-Fi接続設定に必要なWiMAX機器の情報が暗号化されているのでスムーズなWi-Fi接続が可能です。

「AtermらくらくQRスタート」を行うためには事前準備としてスマートフォンやタブレットに「AtermらくらくQRスタートfor Android」または「AtermらくらくQRスタート for iOS」どちらかの専用アプリをインストールしておく必要があります。

なおAtermらくらくQRスタートの設定手順は下記の通りです。

  1. まずスマートフォンまたはタブレットでらくらくQRスタートの専用アプリを起動させます。
  2. アプリ起動後、自動でカメラビューが表示されるのでWiMAX機器と同梱されていたシール「無線LAN設定用QRコード」を読み込みます。
  3. WiMAXのWi-Fi設定内容が表示されたら「設定適用」をタップして設定完了です。

このように専用アプリさえインストールしておけば簡単にWi-Fi設定を行えるので、わざわざパスワードを入力するのが面倒という場合におすすめです。

QRコードがない機種に注意

簡単にWi-Fi設定を行える「AtermらくらくQRスタート」ですが、WiMAX全端末が対応しているわけではないことに注意しなければなりません。

「AtermらくらくQRスタート」はNECプラットフォームズ製WXシリーズのWiMAXルーターとホームルーターのnovas-Home+CAにおいて使用することができますが、それ以外の端末では利用できないのです。

しかしHuawei製のWシリーズのWiMAXルーターとホームルーターのL01は「AtermらくらくQRスタート」の対象外であっても、Android OSのスマホまたはタブレットに限り「Huawei HiLink」アプリをインストールすることで、WiMAX本体に表示させたQRコードを読み込んでWi-Fi接続を完了させることができます。

利用するアプリケーションは違いますが、ほとんどのWiMAX製品ではQRコードを読み込んでWi-Fi接続設定を行えるので機械の操作が苦手な場合でも簡単にインターネット接続ができるのは嬉しいですね。

QRコードをなくしても設定は簡単!

「AtermらくらくQRスタート」に必要なWiMAX端末のQRコードですが、もしQRコードが表示されているシールをなくした場合どうすればいいのかと思うのではないでしょうか。

もしQRコードをなくした場合は、WiMAX本体のホーム画面から[クイックメニュー]→[らくらくQR]→[プライマリSSID]→ 確認画面[はい]の順で操作することでWiMAX本体画面にQRコードを表示させることができます。

あとは「AtermらくらくQRスタート」アプリでWiMAX本体画面に表示させたQRコードを読み込むだけでWi-Fi設定は完了です。

このようにQRコードはシールだけでなくWiMAX本体でも表示させることができるので、なくしたからといってらくらくQRスタートができないわけではないので安心して下さい。

まとめ

通常Wi-Fi設定を行う場合、パスワードを入力しなければならず文字数が長いほど入力ミスする可能性もあるため面倒に感じることもあるでしょう 。

そのような場合におすすめなのが「AtermらくらくQRスタート」や「Huawei HiLink」で のWi-Fi接続設定です。

WiMAX全端末で利用できるサービスではないという注意点がありますが、ほとんどの端末にはQRコードが割り当てられているので、スマホやタブレットに「AtermらくらくQRスタート」または「Huawei HiLink」の専用アプリさえインストールしておけば簡単にQRコードを読み取ってWi-Fi接続を完了させることができます。

またQRコードはシールに表示されていますが、そのシールをなくしたとしてもWiMAX本体画面に表示させる方法があるので心配する必要はありません。

このように「AtermらくらくQRスタート」や「Huawei HiLink」は 簡単にWi-Fi設定を行えるので、パスワードの入力方法が分からない場合や面倒な場合は試してみてください。

WiMAXを契約して使い始める際にまずやることといったら、WiMAX機器と通信端末のWi-Fi接続設定ですよね。

基本的にWi-Fi接続設定を行う場合はパスワードを入力する必要がありますが、実はもっと簡単にインターネット接続設定できる方法があります。

それが「AtermらくらくQRスタート」です。

簡単にいうと、QRコードを読み込むだけでWi-Fi接続を完了させることができます。

そこで今回は「AtermらくらくQRスタート」の詳細について紹介します。

WiMAXルーターとスマホやタブレットをQRコードで接続する方法

AtermらくらくQRスタートとは

「AtermらくらくQRスタート」とはスマートフォンやタブレットでWiMAX端末のQRコードを読み込むだけで簡単にWi-Fi接続設定を行えるサービスです。

QRコードにはSSID(ネットワーク名)や暗号化キー(パスワード)などWi-Fi接続設定に必要なWiMAX機器の情報が暗号化されているのでスムーズなWi-Fi接続が可能です。

「AtermらくらくQRスタート」を行うためには事前準備としてスマートフォンやタブレットに「AtermらくらくQRスタートfor Android」または「AtermらくらくQRスタート for iOS」どちらかの専用アプリをインストールしておく必要があります。

なおAtermらくらくQRスタートの設定手順は下記の通りです。

  1. まずスマートフォンまたはタブレットでらくらくQRスタートの専用アプリを起動させます。
  2. アプリ起動後、自動でカメラビューが表示されるのでWiMAX機器と同梱されていたシール「無線LAN設定用QRコード」を読み込みます。
  3. WiMAXのWi-Fi設定内容が表示されたら「設定適用」をタップして設定完了です。

このように専用アプリさえインストールしておけば簡単にWi-Fi設定を行えるので、わざわざパスワードを入力するのが面倒という場合におすすめです。

QRコードがない機種に注意

簡単にWi-Fi設定を行える「AtermらくらくQRスタート」ですが、WiMAX全端末が対応しているわけではないことに注意しなければなりません。

「AtermらくらくQRスタート」はNECプラットフォームズ製WXシリーズのWiMAXルーターとホームルーターのnovas-Home+CAにおいて使用することができますが、それ以外の端末では利用できないのです。

しかしHuawei製のWシリーズのWiMAXルーターとホームルーターのL01は「AtermらくらくQRスタート」の対象外であっても、Android OSのスマホまたはタブレットに限り「Huawei HiLink」アプリをインストールすることで、WiMAX本体に表示させたQRコードを読み込んでWi-Fi接続を完了させることができます。

利用するアプリケーションは違いますが、ほとんどのWiMAX製品ではQRコードを読み込んでWi-Fi接続設定を行えるので機械の操作が苦手な場合でも簡単にインターネット接続ができるのは嬉しいですね。

QRコードをなくしても設定は簡単!

「AtermらくらくQRスタート」に必要なWiMAX端末のQRコードですが、もしQRコードが表示されているシールをなくした場合どうすればいいのかと思うのではないでしょうか。

もしQRコードをなくした場合は、WiMAX本体のホーム画面から[クイックメニュー]→[らくらくQR]→[プライマリSSID]→ 確認画面[はい]の順で操作することでWiMAX本体画面にQRコードを表示させることができます。

あとは「AtermらくらくQRスタート」アプリでWiMAX本体画面に表示させたQRコードを読み込むだけでWi-Fi設定は完了です。

このようにQRコードはシールだけでなくWiMAX本体でも表示させることができるので、なくしたからといってらくらくQRスタートができないわけではないので安心して下さい。

まとめ

通常Wi-Fi設定を行う場合、パスワードを入力しなければならず文字数が長いほど入力ミスする可能性もあるため面倒に感じることもあるでしょう 。

そのような場合におすすめなのが「AtermらくらくQRスタート」や「Huawei HiLink」で のWi-Fi接続設定です。

WiMAX全端末で利用できるサービスではないという注意点がありますが、ほとんどの端末にはQRコードが割り当てられているので、スマホやタブレットに「AtermらくらくQRスタート」または「Huawei HiLink」の専用アプリさえインストールしておけば簡単にQRコードを読み取ってWi-Fi接続を完了させることができます。

またQRコードはシールに表示されていますが、そのシールをなくしたとしてもWiMAX本体画面に表示させる方法があるので心配する必要はありません。

このように「AtermらくらくQRスタート」や「Huawei HiLink」は 簡単にWi-Fi設定を行えるので、パスワードの入力方法が分からない場合や面倒な場合は試してみてください。

2018年7月のおすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

わいMAX!