WiMAXプロバイダ支払い方法まとめ | 口座振替対応プロバイダを紹介

WiMAX2+で個人が選択できる支払い方法はクレジットカード払いと口座振替の2種類です。

クレジットカード払いと口座振替を比較した場合、クレジットカードの方が手続きが簡単でWiMAX端末が配送されるのも早いのでおすすめです。

一方、口座振替はそもそも選択できるプロバイダが少ない上、プロバイダによって別途手数料が発生したり書面での手続きが必要になったりなどデメリットが多くおすすめできません。

クレジットカードがお手元にあれば、クレジットカードでWiMAX2+を申し込んだ方が簡単でお得ですね。

クレジットカード払いに

WiMAX2+の支払い方法の中で最も一般的なのはクレジットカード払いです。

クレジットカードによる申込手続きは、申込者側はもちろんですがプロバイダ側も処理が簡単なので最も好まれる傾向があり、クレジットカード払いしか支払い方法として採用していないプロバイダがほとんどです。

クレジットカード払いを選択することのメリットとしては以下4つが挙げられます。

すべてのプロバイダがクレジットカード払いに対応している

まず、クレジットカード払いで挙げられるメリットは全てのプロバイダがクレジットでの申込が可能ということです。

他の支払い方法の場合、プロバイダによっては取り扱っていないことがありますが、クレジットカード払いならその心配がありません。

手続きが簡単

WiMAX2+の申し込みは支払い方法としてクレジットカードが選択できるのであれば、10分程度で完了できる簡単なオンラインの手続きだけで完結できます。

一方、支払い方法として口座振替を選択する場合は、オンラインで手続した後に本人確認書類のコピーの送付や専用の申込書による追加の手続きが必要です。

そのためできるだけ手軽に手続きを済ませた無いのであればクレジットカード払いを使うのがよいですね。

端末がすぐ届く

オンラインでクレジットカード払いを選んだ場合は、ユーザーによる申込手続きはオンラインだけで完了し、その後はWiMAXプロバイダ側の確認・WiMAX端末の発送にすすみます。

一方、口座振替を選択した場合、WiMAX端末が配送されるのは、基本的にはオンラインでの申込後に書面の手続きを終えて支払い方法が確定した後です。

その分だけWiMAX端末が配送されWiMAX2+が使えるようになるまで時間がかかってしまうわけです。

そのため、できるだけ早くWiMAX2+を利用したいのであればクレジットカード払いを選択するとよいでしょう。

なお、UQコミュニケーションズ及びBroad WiMAXについては、口座振替の支払い方法が確定する前にWiMAX端末が配送されます。

中でもBroad WiMAXは申込後に最短即日でWiMAX端末が配送されるので、すぐにWiMAX2+を利用したい場合は最適ですね。

クレカ払い前提のキャンペーンがある

WiMAX2+のプロバイダは、初期費用無料やキャッシュバックなどさまざまな入会キャンペーンを行っています。

ただし、Broad WiMAXが展開している初期費用無料キャンペーンはクレジットカード払いでしか適用されないので注意が必要です。

クレジットカード払いには以上のようなメリットがあります。

一方クレジットカード払いを使うことのデメリットは、当然ですがクレジットカードを持っていない場合に新たに作る必要があることぐらいです。

クレジットカードさえあれば手続きが簡単でWiMAX端末もすぐに配送されるので、お手元に自分名義のクレジットカードがあるならクレジットカードで申し込むのがよいでしょう。

口座振替の特徴

学生などWiMAX2+を申し込みたいと考えるユーザーの中にはクレジットカードを持っていないユーザーもいるでしょう。

そういったユーザーが選択できるその他の支払い方法として挙げられるのが口座振替です。

口座振替のメリットはクレジットカードがなくてもWiMAX2+を申し込めることです。

なお、個人ユーザーがWiMAX2+のプロバイダで選択できる支払い方法はクレジットカードと口座振替のみで他はありません。

以前はデビットカードを利用できるプロバイダがありましたが今は受付をしていませんし、銀行振込(請求書払い)が選べるのは法人のみです。

ただし、口座振替の支払いには以下にあげる4つのデメリットがあり、クレジットカードが使えない場合以外はおすすめできません。

選択できるプロバイダが限られる

ほとんどのWiMAX2+プロバイダが対応している支払い方法がクレジットカードのみであり、口座振替を選べるのはほんの一部以下プロバイダのみとなってしまいます。

UQコミュニケーションズ・BIC WiMAX・ニフティ・BIGLOBE・J-COM・Broad WiMAX

さらにこのうちBIC WiMAXについては、申込時はクレジットカードが必要で申込完了後に口座振替が可能です。

そのため、クレジットカードを持っていない場合は申込ができません。

WiMAX2+を取り扱っているプロバイダは数多くありますが、このように口座振替を選択する場合は、その選択肢が少なくなってしまうわけですね。

クレジットカードに比べて審査が厳しい

クレジットカードがあればスムーズに契約ができますが、口座振替の場合は審査がクレジットカードに比べて厳しくなり人によっては入会を断られる場合があります。

具体的に口座振替の審査で落とされる可能性があるのは、携帯電話・スマートフォンなどの通信費の未納がある人です。

実際にこのような理由で過去に審査で落とされてしまったユーザーがいます。

そのため、支払い方法として口座振替を希望する場合で、もし通信費の未納分があるようであればしっかり支払いをすませてから申し込むようにしましょう。

なお、仮にこの理由で審査に落ちてしまった場合は、支払いを済ませてから再審査を依頼することで審査が通る場合もあります。

別途手数料が発生する

口座振替が可能なプロバイダのうち、ニフティ・BIGLOBE・Broad WiMAXについては口座振替を選択すると別途月額200円が手数料として発生します。

WiMAX2+のプロバイダは月額料金について月額数百円の差で価格競争しているので、200円いえど通信費を少しでも節約したい場合は馬鹿になりませんよね。

申込から利用開始までに時間がかかる

クレジットカード払いの場合はオンラインでの申込時に支払い方法が確定してその後にプロバイダの確認からWiMAX端末の配送へ手続きが進みます。

一方、支払い方法に口座振替を選んだ場合、プロバイダによってはWiMAX端末が配送されるのはユーザーから書面を受け付けて審査が終了してからです。

この場合、結果的に申し込んでからWiMAX2+が使えるまでに時間がかかることになってしまいます。

たとえばBIGLOBEの場合、申込後に「支払い方法登録申込書」をプロバイダへ配送するとその審査に7~10日程度かかり、その後WiMAX端末から配送されるのは2日~1週間後となります。

結果、申し込んでからWiMAXが使えるようになるまで2週間以上もかかってしまうことがあるわけです。

一方BIGLOBEをクレジットカード払いで申し込んだ場合は、審査の時間がなくなるので、WiMAX端末が配送されるのは申込後2日~1週間後です。

この例から考えても、少しでも早くWiMAX+を使いたい際はクレジットカード払いが適していることがわかりますね。

なおBIC WiMAXは、そもそも申込はクレジットカード払いしか受け付けていないのでその心配はありません。

またBroad WiMAXとUQコミュニケーションズは支払い方法で口座振替を選んだとしても、支払い方法確定前にWiMAX機器が配送されます。

口座振替できるWiMAXプロバイダ

UQコミュニケーションズ

WiMAX2+のモバイル・ネットワーク・オペレーター(MNO)となる、WiMAXの元締め会社です。

WiMAX2+の母体ということで、支払いもクレジットカードと口座振替の両方が選択可能となっています。

支払いの選択肢は自由な半面、月額料金の割引やキャッシュバックが最も少ないプロバイダです。

回線のスピードや安定性に主軸をおいてはいるものの、プロバイダによってその差は誤差範囲で収まっているため、UQじゃなくては絶対にダメ!という自分自身の根拠が無い限り選ぶ必要性が薄い会社となっています。
キャッシュバックが1万円、少ないと3,000円という僅かな金額なのは業界事情どうしよもない理由がありますので、いつかは安くなると思っても永遠にその日は来ませんから、割引狙いの人は他社のキャンペーンを利用することをオススメします。

口座振替の依頼手続きは全て郵送のみの対応となっています。クレジットカードなら即日に完了する申込手続きも、口座振替は郵送書類の存在によりサービス開始までに若干のタイムラグが発生することを覚えておいて下さい。

@nifty WiMAX2+

光回線やネットプロバイダを提供の老舗niftyのWiMAX2+プランは、口座振替対応でキャッシュバックを受けられます。

キャッシュバック金額も口座振替対応プロバイダとしては検討しており、平均20,000円が還元されることから、一見口座振替で最もオススメのプロバイダのように見えます。

ですが、口座振替には月額200円の手数料が発生するため、キャッシュバックの実質価格は16,400円程まで下がってしまいますから注意が必要です。

口座振替の手数料を含めてもキャッシュバックとしてはかなり頑張っている方ですが、月額料金+200円の負担は3年目以降も続くため長期契約を予定しているのなら利用するほど損をする仕組みになっているのが残念なところですね。

また光やADSLでniftyを利用している人は-250円割引が受けられるため、nifty利用者は2年で6,000円節約でるものの、口座振替にすることでその殆どを相殺してしまう事になります。

BIGLOBEWiMAX

niftyと同じくネットプロバイダ老舗のBIGLOBEもクレカ払い・口座振替両方に対応しています。

BIGLOBEWiMAXはniftyのように口座振替の手数料はかかりません。またキャッシュバックの金額を月額料金割引に充当できるポイント制度が使いやすいので、口座振替で利用するならniftyよりもこちらがオススメです。

とはいえniftyと比較して飛び抜けた特徴もないため、会社の好みで選んでもいいでしょう。
口座払いに対応しているWiMAXプロバイダはキャッシュバックや割引が低い傾向にありますからね。

法人は銀行振込も選択可能

UQWiMAXのみが対応している支払い方法で、他のプロバイダでは選択することができません。

銀行振込は法人のみが利用できる支払い方法で、残念ながら個人は選択することができません。

デメリット1:プロバイダの選択肢が少ない

WiMAX2+で銀行振込が可能なプロバイダはUQコミュニケーションズのみです。

WiMAX2+には値段やキャンペーン内容の異なるさまざまなプロバイダがありますが、その選択肢がUQコミュニケーションズのみになってしまうのは大きなデメリットですね。

デメリット2:別途料金や振込手数料が発生する

UQコミュニケーションズで銀行振込を選択した場合、請求書発行オプションの契約が必要です。このオプションの料金は月額100円です。

また振込する手間や手数料もユーザー負担となります。

まとめ

WiMAX2+の契約で個人が選択できる支払い方法はクレジットカード払いか口座振替です。

銀行振込が選択できるのは法人のみです。

このうち口座振替はオンライン申込以外に書面での手続きが必要となる上、プロバイダによっては別途手数料が発生するなどのデメリットが多くおすすめできません。

その上、口座振替を選択できるプロバイダはごく一部です。

一方クレジットカード払いなら全てのプロバイダが対応している上、手続きも簡単なので可能であればクレジットカード払いを選びたいですね。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!