WiMAX2+の料金は高い?噂が事実か計算してみた

ポケットWiFiの中でも高めの価格設定が気になるWiMAX2+。

月額4,380円の料金設定は一見高額に見えてしまう料金です。

ライバルのY!mobileは月額1,980円という定額プランもラインナップしているから、一見WiMAXが割高なだけのポケットワイファイに見えてしまいます。

ですが、WiMAX2+は長い目で見ると価格と性能のバランスが良く取れていて、その特性を知って利用することで価格以上の価値を提供してくれるポケットWiFiなのです。

たっぷり使えるデータ通信・パソコン利用でも不満を感じない通信速度・他社では実現できない速度制限後も実用通信速度。

3つのメリットを活用することで、WiMAXはその値段以上の価値を提供してくれるポケットWiFiなのです。

 WiMAX2+が他のポケットWiFiと比較してなぜ高い?

WiMAX2+の料金が他のポケットWiFiと比較して料金が高めに設定されている理由は、データ通信が一律料金で利用できる点になります。

ガラケー時代に存在していたいくら使っても定額料金のパケット使い放題の様なプランは、スマホの登場による通信量の増加により定量制へと移行しました。

ですがWiMAXはいまなお定額料金制を継続している事実上、唯一の通信サービスです。

格安SIMの中にもWiMAXと同じく通信量無制限を標榜するSIMもありますが、速度は実際の1Mbpsを大きく下回り、時間帯によってはメールすら利用できない種類もあるくらいです。

実用領域の速度を維持して、ユーザーの利用を妨げないでデータ通信が出来るポケットWiFiが欲しいならWiMAX2+しか選択肢がないと言ってもいいでしょうね。

当然定額使い放題となると、多くのユーザーがたくさん通信を利用しようとします。

もし料金を最初から安く設定していると、データ通信を受け止めるための設備や機器の増強やメンテナンスにお金がかけられなくなり、必然的に速度が低下して使いづらくなってしまいます。

WiMAX2+の月額料金がライバルと比べて割高なのは、イコール高品質な通信環境を整えるための必要コストだからです。

また、安く設定し過ぎると大量に通信を利用する一部のユーザーが雪崩れ込み、通信量(トラフィック)で回線がパンクしてしまいかねません。

なるべく多くの人が、快適にサービスを利用できるようにするため、ある程度価格を高めに設定することで契約者をふるいに掛けている部分もあるでしょう。

安さだけを目当てにして契約をするユーザーを価格で振り分けて、高めのコストでもサービスを選んでくれる質の良いユーザーに選んでもらうための価格設定と考えて下さい。

 Y!mobileにも無制限Wi-Fiがあるけど…

WiMAX2+とシェアを二分するY!mobileにも自称無制限Wi-Fiアドバンスモードが存在します。

このアドバンスモードは、WiMAX2+ギガ放題と同じく3日間で合計10GB利用で、翌日18時から翌々日1時まで速度制限が発動します。

以前は24時間もの間回線速度がガラケーの回線よりも遅い128kbpsに制限されてしまい、Wi-Fiとして全く機能しなくなるという代物でしたが、現在は制限下の通信速度は最大1Mbpsとネットサーフィン程度なら使えるところまで改善されました。

しかしアドバンスモードに利用される電波はつながりが非常に悪く、少し物陰にはいるだけで圏外になることもあります。アンテナ整備が遅れている地方なら分かりますが、都心であちこち圏外ですから、比較対象にもなりません。

また2018年3月までは端末の通信モードをアドバンスモードにすることで月間データ通信量の制限がなくなる無制限プラン「Pocket WiFiプランL」がありましたが、現在は上限7GBの「Pocket WiFiプラン2」にアドバンスオプションを付帯しない限り無制限にすることができなくなりましたので、手続き上不便になりました。

使えば使うほどお得に

料金が割高で一見不利に見えるWiMAX2+ですが、1GBあたりのコストではどのポケットWiFiよりもお得になる仕組みになっています。

これは月100GB、200GBと使っても一律料金で済む定量制の最大のメリットです。実際本当に通信量無制限なのか問い合わせたことがありますが、通信量は無制限で使い放題という回答をえました。

通常大手のスマホや格安SIMでは契約したGB数を使いきってしまった場合、1GBあたり数百円~数千円で通信量を購入しなくてはなりません。

仮に月100GBの通信量をdocomoで利用するために必要な最低料金は722,500円です。使い放題という言葉に隠れていますが、通信料金というのはとても高額で、本来たくさんネットをするためには大きな負担が必要になるのです。

巷では4,380円のWiMAX2+が高いと言われていますが、通信量100GBたっぷりつかえて定額4,380円のWiMAX2+と、72万円のスマホを比べても割高といえるでしょうか?

実際は価格とメリットを天秤にかけた時に、メリットが非常に大きいサービスなのです。

●WiMAX2+は何GB使えばお得なのか?

WiMAX2+の料金はサービス内容と比較して割安なのですが、実際数値として並べてみないとピンと来ないところもあります。

そこで、Y!mobileの代表的な7GB・2GB・アドバンスモードの3プランとWiMAX2+ギガ放題の1GBあたりの料金をグラフで比較してみます。

 

Y!mobile最安の1,980円2GBプランとWiMAX2+は5GBの時点で1GBの単価の価格が逆転します。7GBプランと比較すると、WiMAX2+は8GB以上の利用でお得に。

 

対アドバンスモードでは、23GBを超えるとWiMAX2+が優位になります。23GB到達までは同じ料金なのですが、Y!mobileは4日に1回24時間まったく使えなくなる落とし穴が用意されています。

対するWiMAX2+は3日3GB制限後も動画が視聴できるため、日常利用に影響が出ないレベルの制限です。

同じ23GBでも、使うために苦労を強いられる回線と、速度制限も気にならならず23GB以上使える回線では、同じように見えて全く使い勝手が違うサービスだということを忘れないで下さい。

これはWiMAX2+が優れているというより、Y!mobileのアドバンスモードが看板倒れのサービスで自爆している側面がありますが。

もっと値下げできるんじゃないの?

ただユーザーの立場からすると、割安なサービスと言われても、毎月支払う料金は1円でも安いほうが嬉しいですよね。

ではWiMAX2+が今後値下げの方向に向かうかといえば、提供する会社はもう少し単価を引き上げたいのが本音でしょう。

docomoでは72万円払わないと使えない通信容量を4,380円で提供するのですから、現状でもかなりのコスト削減努力をしているはずです。

端末無料やキャッシュバックキャンペーンの乱発で、客単価の低下に各社あえいでいます。これ以上の値下げは体力的に、かなり厳しいと言わざるを得ません。

それよりも、多少の顧客離れが起きても、何らかの形で値上げに踏み切るタイミングを見計らっていると予想します。

その根拠としては、格安SIMの台頭で一時期WiMAX2+が駆逐されると言われながらも、獲得数を伸ばし先日累計契約者数2,000万件を超えるなど、予想とは裏腹にWiMAX2+を支持している結果が出ました。

WiMAXの特徴でもある通信量無制限は、無制限だけど激遅の格安SIMやY!mobileアドバンスモードの登場で存在感をさらに増すこととなりました。

簡単に無制限を名乗るのは簡単ですが、実用レベルで無制限Wi-Fiを提供しているポケットWiFiサービスは事実上WiMAX2+だけです。

この独自性を推して、キャッシュバックや値引き減額という形に動くのではないか?と予想しています。

基本料金見直しは次期新世代サービスWiMAX3登場のタイミングで起こりそうですが、それはまだしばらく先の話になりそうです。

プロバイダ選びのコツ

WiMAX2+は通常月額4,380円なのですが、サービスプロバイダと呼ばれる代理店と契約することでキャッシュバックや割引が受けられます。

数万円のキャッシュバックや、月1,000円以上の割引が受けられる会社を利用することで、月額3,500円前後という割安価格でWiMAX2+を不自由なく利用することが出来るようになります。

docomo最安のデータSパック(2GB)が割引適応後のWiMAX2+とほぼ同等の3,500円ですから、WiMAX2+がいかに安く提供されているかわかりますね。

それ以上にキャリアのパケホーダイプランが高過ぎるのが問題なんですけどね。

私の経験上、キャッシュバックはデメリットが非常に大きいので、初月から確実に割引が貰えるBroadWiMAXをおすすめしています。

どうしてもキャッシュバックが欲しいなら受け取るための手続きが簡単なBIGLOBEですね。

キャッシュバックが高額で人気なGMOのGMOとくとくBBは色々と問題がありますので、私は積極的にはおすすめしません。

まとめ

一見割高に見えるWiMAX2+ですが、何百GB使っても一律という定額システムと各種プロバイダが提供する割引で価格面においてもライバルのポケットWiFiを抑えてダントツのコスパになります。

昔から固定回線代わりとしてホームルーターを用意するくらい、無制限という言葉にコダワリもっている会社ですからね。無制限に対する意気込みが違います。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!