ケーズデンキでWiMAXを契約する前に知っておくべき事

ケーズデンキ

ケーズデンキは全国に店舗を展開する家電量販チェーンです。

ケーズデンキでもWiMAXの契約を店頭で受付をしており、提供するプロバイダKT-WiMAXと契約してWiMAXを利用することができます。

またWiMAXの契約とタブレットの購入を同時にすることで購入代金が割引となるキャンペーンも案内されています。

キャンペーンと聞くとお得に感じてしまいますが、注意点としてケーズデンキのWiMAXキャンペーンは金額面でのメリットは少ないものになっています。

もし金額面でのメリットがある方が良い場合は、インターネットから契約できるプロバイダの方がお得になります。

今回はケーズデンキのWiMAXキャンペーン内容とそのプロバイダKT-WiMAXについて解説します。

契約前に知っておくことで損することなく、WiMAX契約の検討が ので参考にしてみてください。

ケーズデンキでWiMAXを買うとタブレットが割引?

ケーズデンキはホームページからデジタルチラシでお買い得情報を確認できます。

家電のお買い得情報の他、WiMAXの契約についてのキャンペーンがこのような内容で案内されていました。

「最大50,000円(税込)即値引き」

指定のタブレットと指定モバイルWi-Fiルーターを新規同時申し込みでタブレットの商品代金から50,000円割引をするというものです。

デジタルチラシの内容を詳しく見ていくと

  • 指定モバイルWi-Fiルーター WiMAX WX02プラン
  • FLAT2+(2年)ギガ放題プランまとめて1670

この内容での申し込みを行い、ケーズデンキの指定タブレット端末を購入すれば商品代金から50,000円 値引きされるといったものです。

また指定タブレットについてはチラシでは確認できませんでした。

店頭での案内となるようです。

契約の注意点としては以下の点が記載されています。

  • タブレット端末の料金が割引額を下回った場合、商品やプランの変更が必要
  • 指定のプランやオプション加入に限る
  • 別途月額料金が必要
  • 契約期間中に変更または解約で契約解除料が発生

最大50,000円の値引きとなるととてもお得に感じてしまいますが、結論から言うとデメリットが3つあります。

  • 指定のWiMAX端末が「WX02」
  • プロバイダがKT-WiMAXでの契約しか選べない
  • まとめてプラン1670を選ぶことが条件

この中でWiMAX端末がWX02に指定されている点については、WX02は下り最大220Mbpsまでしか対応しておらず、現在の最新機種が下り最大440Mbpsまで対応している点と比較しても通信速度で劣ります。

残りの2つは金額面でのデメリットです。

元々月額の利用料金が安いプロバイダや、キャッシュバック特典をつけているプロバイダをネットから契約した方がお得になる場合がほとんどです。

まとめてプラン1670とは

指定されている「まとめてプラン1670」についても実質金額的なメリットは少ないので注意が必要です。

「まとめてプラン1670」とは、購入する商品代金から37,128円を値引きされますが、購入の翌月から24ヵ月までの間、月額料金に1,547円(※税抜料金の場合、税込では1,670円)を追加して支払うというものです。

最初の購入代金を抑えることはできますが、その分後から追加料金がかかってしまうという契約内容になっています。

また契約期間の途中で解約すると、契約期間までの追加料金がまとめて請求されます。

実際はどのくらいお得なのか

実際にどのくらいお得になるのかをUQ WiMAXで、UQ Flatツープラスギガ放題(2年)を2年間使用した場合と比較してみました。

 KT-WiMAX まとめてプラン1670UQ Flatツープラスギガ放題(2年)
最初の1ヶ月の月額3,696円3,696円
2~3ヶ月の月額3,696+1,547=5,243×2=10,486円3,696×2=7,392円
4~24ヶ月の月額4,380+1,547=5,927×21=124,467円4,380×21=91,980円
割引金額37,128円0円
101,521円103,068円

※まとめてプラン1670の方が1,547円お得

この場合で比較してみても1,547円分しかお得にならない計算になります。

まとめてプラン1670は金額的なメリットは少ないプランと言えます。

解約時の違約金が高額

また「まとめてプラン1670」の契約期間途中に解約する場合、違約金が高額になる点にも注意が必要です。

契約期間に残っている1,547円分の上乗せ金額をまとめて支払いしなければいけないためです。

また合わせて契約解除料もかかってしまいます。

例えば2年契約をして12ヶ月間解約をする場合は、

  • まとめてプランの解除料1,547円×12ヶ月=18,564円
  • WiMAXの解約料金=19,000円

37,564円もの解約料金がかかることになります。

解約する際には十分注意してから検討するようにした方が良いでしょう。

ケーズデンキのプロバイダKT-WiMAXの料金やオプション

KT-WiMAXとはケーズデンキが提供しているWiMAXプロバイダです。

ケーズデンキ店舗でWiMAXサービスを申し込む場合は、このKT-WiMAXを利用することになります。

紹介した「指定タブレットの購入代金の割引が適用される」WiMAXキャンペーンを利用しない場合でも、

ケーズデンキでWiMAX契約をした場合には、他のプロバイダは選べません。

WiMAX回線はどのプロバイダを選んでも通信速度や繋がりやすさ、電波がカバーするエリアなど機能面では違いがありません。

プロバイダを比較する際には、料金プランとオプションサービスの内容で比較することになります。

KT-WiMAX自体は他のプロバイダと比較しても、特に料金が安かったりオプションサービスで優れているわけでは ありません。

あくまでメリットとしては他の量販店でのWiMAX契約と同じで

・店頭で契約できるので、店員から説明を受けながら契約できる

・その日の内にWiMAXサービスを利用することができる

この2点となっています。

料金面で見れば、月額の利用料金が安いもしくはキャッシュバックがもらえるネットのプロバイダを利用した方がお得と言えます。

料金プラン

KT-WiMAXの料金プランとしてメインとなるのは以下の2つとなっています。

・月々のデータ使用量に制限がない「KT Flat2+ギガ放題プラン」

基本使用料 4,880円 おトク割 500円=4,380円(税抜)

・月々のデータ使用量が7GBまでの「KT Flat2+」

基本使用料 4,196円 おトク割500円=3,696円(税抜)

またそれぞれ3年か2年契約の契約プランがあります。

3年を選んだ場合、WiMAXが繋がりにくい場所でもau 4G LTE回線を利用してインターネットが使えるLTEオプションが無料になります。

オプションサービス

KT-WiMAXのオプションサービスのメインは 以下の5つです。

・KT安心サポート(月額300円)

説明書の注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合に、WiMAXルーター端末の修理もしくは交換が受けられるサービスです。

説明書の注意書きを守っていない場合や故意による故障等や盗難、紛失には対応していないので注意が必要です。

・KT安心サポートワイド(月額500円)

KT安心サポートの内容に加え、水漏れも補償の対象となったサービスです。

・KT遠隔サポート(月額500円)

パソコンとインターネットの接続設定についてのサポートサービスを受けられるサービスです。スマートフォンやプリンターなど外部機器も対応しています。

サポート内容は「電話でのサポート」「インターネット回線を介して行う遠隔操作サポート」「外部機器、SNSの説明」となっています。

・KT端末保証お見舞金(月額500円)

KT-WiMAXと同時契約することで申し込めます。

所有するパソコンやスマートフォンなどの故障、紛失、盗難などのトラブルが発生した場合にお見舞金を給付するサービスです。

・auスマートバリューmine

au携帯とWiMAXの同時利用で、auの携帯料金が最大934円まで割引になるサービスです。

現在はケーズデンキ店頭でのみ契約できる

KT-WiMAXを申し込む方法は現在ケーズデンキの店頭でのみとなっています。

ホームページからの申し込みには対応していません。

また支払いに関してはクレジットカードでの支払いになります。

契約を検討する際は、本人名義のクレジットカードと運転免許証などの本人確認書類を持参すると良いでしょう。

スタッフがいないと契約できないことも

また店舗によっては、WiMAX担当のスタッフが不在で契約ができない場合や最初から常駐していない場合もあるようです。

不安な場合は、一度行こうとしている店舗に電話で問い合わせてみると良いでしょう。

また他の家電量販店での申し込みを検討している場合でも、同様に来店前に確認することをおすすめします。

まとめ

ケーズデンキでWiMAXサービスを契約する際、またプロバイダKT-WiMAXの注意点としては3つです。

  • 割引の条件は指定されている購入と契約方法のみ
  • 実際のプランの内容を見ていくと金額的なメリットは少ない
  • KT-WiMAXについては料金面、サポート面において他プロバイダに劣る

機能で差が出ないWiMAXにおいて金額面は大きな検討材料になります。

例えば月額料金でいえばBroad WiMAXでは同じギガ放題プランで月々3,411円(最初の3ヶ月は2,726円)となっています。

キャッシュバック特典でいえばとくとくBBでは月額料金は4,263円(最初の3ヶ月は3,609円)ですが、最大31,000円のキャッシュバックが受けられます。

もし料金面でメリットのある契約方法が良い場合は、インターネットで契約できるプロバイダを選ぶと良いでしょう。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!