WiMAX

固定回線をWiMAX2+へ切り替えるメリットはあるのか?

投稿日:2016年9月25日 更新日:

internet

ご自宅の固定回線、外出先のモバイル回線と家計の中で通信費は増えるばかりです。

そこで、WiMAX2+を固定回線に切り替えることで通信費を節約することができます。

ギガ放題プランなら使い放題である上、固定回線より通信速度が劣るとは言え一般的なインターネット利用で困ることはありません。

WiMAX2+は固定回線の代わりに使える

WiMAX2+で提供される端末のことをモバイルWi-Fiルーターと呼ぶことなどもありWiMAX2+は外出先で利用するイメージが強いです。

しかし、WiMAX2+をご自宅で固定回線代わりに利用しているユーザーも多くいます。

スマートフォンやタブレットはもちろん、パソコンのWi-Fi機能でモバイルWi-Fiルーターと無線接続することができます。

さらに、クレードルとよばれる拡張機器があれば、モバイルWi-Fiルーターとパソコンをより通信速度が速い有線接続することも可能です。

WiMAX2+を固定回線の代わりに使うメリット

WiMAX2+を固定外線代わりに使う際の主なメリットは3つあります。

まず1つ目は宅内工事に関してです。

固定回線を利用する場合は自宅内での工事が必要です。

宅内工事は、日付を調整した上で工事事業者を自宅に入れて行われます。

宅内工事は固定回線の種類や建物の状況などによっても異なりますが1~2時間程度の時間がとられてしまいます。

その際、本人か家族の立ち合いが必要です。

さらに、工事費用として数万円程度の初期費用がかかります。

この点、WiMAX2+では、モバイルWi-Fiルーターが自宅に届いて簡単な設定さえすませばすぐに使えるので宅内工事は必要ありません。

そのため、高額になる可能性がある工事費用も発生しません。

こういった手軽さからWiMAX2+が選ばれることも多いです。

次にあげられるWiMAXのメリットは月額料金に関してです。

固定回線の種類などによっても異なりますが、たとえばNTTのフレッツ光ネクストを戸建てで利用する場合なら、月額料金が4,600円+プロバイダ料金が最低500円~になるため、合計5,100円が必要となります。

マンションタイプは戸数や契約者数の違いで料金が変わるため料金が変動しますが最小構成でも毎月3,450円です。

参照:NTT東日本 | 料金(戸建て向け) | フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ | フレッツ光

また、光回線とプロバイダの契約をまとめられる光コラボレーションタイプでは、少し安くなって戸建で月額5,000円程度に収まります。

その一方WiMAX2+についてはプロバイダによって異なりますが、最安値のラクーポンWiMAXなら月額2,112円~利用できるため契約次第で節約効果を見込めるとといえるでしょう。

 

 

フレッツ光ネクストと比較するとWiMAX2+の月額料金は1,000円~3,000円程度安くなります。

また、WiMAX2+の場合、固定回線としてだけでなく外出先で利用できることも大きなメリットです。

普段は固定回線として利用していて、外出する際はモバイルWi-Fiルーターを持ち出し、高速な通信速度でインターネット接続することもできます。

使い放題のWiMAX2+を外出先で利用できるのであれば、au/ソフトバンク/ドコモなどのキャリアは月間データ容量を小容量で低額なプランに変えることもできます。

また、スマートフォン用に格安スマホのサービスを契約している場合は、それをWiMAX2+に切り替えることを検討してもよいでしょう。

このように、単純に固定回線の代替としてだけでなく外出先で他のサービスの代替えにすることまで考えると、通信費を大きく節約することができます。

もちろん、自分以外の家族が自宅パソコンをインターネットに接続するのに必要などの理由でモバイルWi-Fiルーターを持ち出せない場合もあるので、あらかじめ利用方法については注意が必要です。

WiMAXを固定回線の代わりに使うデメリット

固定回線と比較した場合のWiMAX2+のデメリットも2つあります。

デメリットその1 通信速度と安定性

まず1つ目は通信速度や安定性についてです。

固定回線と比べると、無線の電波でインターネット通信をするWiMAXは通信速度が遅くなったり安定性が悪くなったりする傾向があります。

ただし通信速度に関しては、メール送受信やホームページ参照、YouTubeでの動画参照など多くの人が一般的にインターネットで利用する内容でWiMAX2+と固定回線の速度差を体感することはほとんどないでしょう。

そのような通信の内容では、そこまで高速な通信を求められないからです。

一方、数百MB・数GBの大容量なファイルをダウンロードする場合など、できる限り高速な通信が一定時間継続することが求められる場合では、WiMAX2+ではできないということはありませんが、固定回線との速度差を実感することはあるかもしれません。

安定性についても、あくまで固定回線と比較した場合なのでWiMAX2+が悪いということはないので安心ください。

WiMAX2+やWi-Fiの電波が安定して届く場所で利用している限りは、WiMAX2+でインターネット接続が途切れてしまうことはほとんどありません。

デメリットその2 速度制限

WiMAX2+であげられるデメリットは速度制限に関してです。

WiMAX2+では回線の混雑防止のために、3日で3GBという大容量の通信量を消費した場合に、その翌日の昼から翌々日の昼まで通信速度の制限がかかります。

この速度制限は、月間データ通信量の制限がない使い放題のギガ放題プランを利用している場合も例外ではありません。

ただし3GBの通信量とは、たとえば約300KBのホームページなら約10,000回、標準画質【360P】なら約12.5時間も鑑賞できる程で一般的な利用であればこの速度制限に抵触することはほとんどありません。

仮に速度制限に抵触した場合でも、制限後の速度は6Mbps程度と言われており、Y!mobileの速度制限128kbpsと比べれば圧倒的に高速です。

6Mbps程度の通信速度なら、ホームページ参照はもちろん、YouTubeの動画やSkypeでのビデオチャットのような通信も快適に楽しむことができます。

WiMAXを最大限活用できるのはこんな人!

一人暮らしの学生

アパートやマンションなどで1人暮らしをしていて、生活費を節約したい学生にはWiMAX2+は非常におすすめです。

宅内工事は必要なくモバイルWi-Fiルーターが届けばすぐに利用できます。

戸建てプランを使わなければならない場合なら、固定回線よりも低価格です。

さらにスマートフォン用の通信回線としても利用すれば、au/ソフトバンク/ドコモのキャリア側で小容量の低額プランに切り替えられるなどさらに月額料金を節約することができます。

一人暮らしなので、家族のためにモバイルWi-Fiルーターを部屋においたままにする必要もありません。

一人暮らしのサラリーマン

一人暮らしの学生同様に、一人暮らしのサラリーマンにもWiMAX2+はおすすめです。

自宅にいる時間の少ないサラリーマンにとっては固定回線敷設のための宅内工事の調整をすることがまず面倒でしょう。

その上、家族がいないため自宅にインターネット回線を設置しておく必要がないので、自宅でも外出先でもインターネットが使い放題のWiMAX2+ギガ放題プランは最適です。

たとえば、インターネット回線でオンラインストレージなどに接続して自宅で仕事をするような場合でも、WiMAX2+の通信速度があれば不便に感じることはありません。

スマートフォン・固定回線を1本化して節約したい人

独身の方の場合、固定回線とスマートフォン用の回線を別々に持っていてもいずれかを使っていない時間が多くて無駄に感じることも多いでしょう。

そこで、両方の通信回線をまとめるための選択肢としてWiMAX2+は最適です。

使い放題・高速・低価格と条件はそろっています。

通信費を削減したい小さいお子様のいる家庭

お子様のいる家庭にとって特に通信費は家計に響くでしょう。

戸建てプランを使わなければならない場合なら、単純に固定回線をWiMAX2+に切り替えるだけでも月額1,000円から最大で3,000円程度の節約になります。

使い放題のWiMAX2+なら固定回線と同様に、お子様にスマートフォンを持たせるような場合でも節約を考えられます。

たとえば、お子様が小さくてご自宅でしかスマートフォンを利用しない場合はWiMAX2+にWi-Fi接続すればよいでしょう。

外に持ち出す場合も外出先用には低容量の価格の安いプランを契約し、自宅ではWiMAXでWi-Fi接続するといった利用が考えられます。

また、WiMAX2+の契約があれば、仮に家族全員で旅行に出かけるような場合に、外出先の車の中などでもお子様のiPadや携帯ゲーム機にも利用できて便利です。

まとめ

戸建てプランの場合の固定回線をWiMAX2+に切り替えることで通信費の節約が期待できます。

単に固定回線をWiMAX2+に切り替えるだけでなく、スマートフォン用の回線にWiMAX2+を利用することでさらに多くの通信費を節約できるので是非ご検討ください。

宅内工事が不要で、モバイルWi-Fiルーターが手元に届けばすぐに使える手軽さも大きなメリットです。

固定回線より通信速度が遅かったり3日3GBの速度制限があったりといったデメリットはあるものの、いずれの場合でも、ホームページを参照したりYouTube動画を鑑賞したりといった利用なら気になることはありません。

WiMAX

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.