WiMAXと格安SIM無制限プラン どちらがオススメ?損をしないために知っておきたいこと!

mobilewifi

格安SIM無制限プラン及びWiMAXギガ放題は、いずれも月間のデータ通信量に制限がなく利用できるという点で、一見似たサービス内容に見えます。

しかし、サービスの内容を詳細にみると、実際には通信速度などの面でWiMAXの方が優れています。

この記事ではWiMAXの優位性について詳しく説明しますので、どちらのサービスを契約するか迷われているならぜひご覧ください。

格安SIMの無制限プランについて

格安SIMの無制限プランとは、LTEによるモバイル通信が月間データ通信量の制限なしに利用できるプランです。

格安SIMを提供する複数のプロバイダが提供しています。

ただし、月間データ通信量に制限があるプランとは別の制限があり、無条件にデータ通信を無制限で利用できるわけではありません。

制限の内容はプロバイダごとに異なりますが、多くのプロバイダの場合月間データ通信量の制限があるプランと違って最初から通信速度が抑えられています。

例えば、UQコミュニケーションが提供するUQ mobileの無制限プランでは最大速度が500Kbpsです。

このような制限が最初から設定されているため、通常は月間データ通信量に制限が定められたプランの方が、高速で快適な通信が利用できると考えてよいでしょう。

どうして格安SIMの無制限プランは遅いのか?

格安SIMの会社はレンタル料を支払いドコモやau、Softbankといった携帯キャリアから通信設備の一部を借りてサービスを運営しています。

元々キャリアよりも保有している回線の量が少ないので、ユーザーが増えるほど回線が混雑しやすくなり通信速度が遅くなってしまうのです。

高いレンタル料や設備への投資費用を支払えば借りれる回線の量も増えたり通信品質が向上したりするでしょうが、そうすると格安SIMの会社は利用料金を上げざるを得なくなってしまいます。

格安SIMの会社ごとにレンタルしている回線の量や帯域は異なりますが、各社ともに利用料金を抑えつつ多くのユーザーへ通信サービスを提供できるよう、バランスを取って運営をしていると把握しておきましょう。

多くの格安SIMで特に無制限プランの速度を抑えている理由は、データ量を無制限で使えるうえ高速な通信速度でサービスを提供していては回線がパンク状態になってしまいますからそれを防ぐためというわけですね。

WiMAXと格安SIM無制限プランの実測値の差

月間データ通信量に制限がないサービスにはWiMAXのギガ放題プランがありますが、格安SIMとどの程度の速度差があるか気になるところです。

そこで実測値を比較すると、格安SIMの無制限プランの通信速度が遅いと感じる理由がわかります。

ここでは、WiMAXのギガ放題と、LTE使い放題プランのあるU-mobileの実測値を比較するので参考にしてください。

まずWiMAXはBroad WiMAXが以下のように各地域の実測マップを公開していました。

東京駅:121Mbps/名古屋駅周辺:78.5Mbps/大阪城周辺:94.0Mbps/博多駅周辺:40.7Mbps
参照(https://wimax-broad.jp/area/speedmap.php)

続いてU-mobileはTwitter上で挙げられているユーザーからの実測値の情報を参照します。

WiMAXの実測値が40~120Mbps程度なのに対し、U-mobileは1Mbpsにも満たない速度しか出ていないケースも多く、速くても5Mbps程度という口コミがあります。

このようにU-mobileとWiMAXの実測値を比較した場合、はるかにWiMAXの方が高速であることがわかります。

U-mobileのように数百Kbpsの速度では、添付なしのメールやLINEのメッセージ送受信・音声通話程度なら問題ありませんが、YouTubeなどでの高画質な動画参照はできません。

ホームページの参照に関しても、最近はスマートフォン用でも高画質な画像が多く掲載された容量の重いページが多いので、WiMAXの速度に比べるとかなり動作が重いと感じるでしょう。

WiMAXとの料金差は?

次に、格安SIMの無制限プランとWiMAXギガ放題の料金について比較します。

格安SIM無制限プランの例として、U-mobile データ専用LTE使い放題プラン、WiMAXの料金としてWiMAXプロバイダの中でも月額料金が最安値級のBroad WiMAXのギガ放題プランを挙げました。

U-mobile LTE使い放題プラン
(データ専用)
Broad WiMAXギガ放題プラン
事務手数料3,000円3,000円
初期費用SIM発行手数料394円通常18,857円だがキャンペーン適用により無料
端末代金有料無料
月額費用2,480円最大3ヵ月間:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円

U-mobileではモバイルルーターを販売しておらずSIMフリーの端末を自身で購入する必要があるため、発売されて間もない機種なら大体20,000円前後の購入費用がかかるでしょう。

また、U-mobile格安SIMのサイズに合った端末を選ぶ必要があったり、利用開始時にAPN設定を行う必要があったりなど手間がかかります。

一方のBroad WiMAXはSIMだけでなく端末も同時購入可能ですし、最新機種でも端末代金が無料となるので、Broad WiMAXの方が圧倒的に契約しやすいといってよいでしょう。

月額料金はBroad WiMAXの方が900円程高いため3年間の総額は約38,000円差が開きますが、U-mobileのような格安SIMは端末を自分で購入しなくてはいけないため20,000円程度の初期費用が必須なので、実際には月500円の差に留まります。

低価格の端末を選ぶことでトータルコストを削減する方法もありますが、機体性能や端末の使い勝手、バッテリーライフが犠牲になるため注意が必要です。

さらに速度面では実測で最大でも5Mbps程度のU-mobileと、120MbpsのWiMAXでは比較するまでもなくWiMAXのほうが有利です。

月500円前後の価格差で20倍もの高速な速度が楽しめるなら、逆にお買い得とも言えるでしょう。

WiMAXと格安SIMの違い

WiMAXと格安SIMの違いを表にしてまとめます。

WiMAX格安SIM(LTE)
最大速度下り最大1.2Gbps最大300Mbps
実効速度約40Mbps~100Mbps程度約0.5Mbps~20Mbps
人口カバー率99%99%
実際の提供エリア郊外などで一部利用できない地域あり

※au 4G LTEオプションでLTE通信の利用も可

WiMAXに比べると郊外でも繋がりやすい
初期費用契約事務手数料:3,000円新規契約手数料:3,000円
通信端末の料金キャンペーンで0円になることが多い時価・実費購入
キャンペーン端末無料・キャッシュバック・月額割引・タブレットプレゼントなどプロバイダにより異なる少ない
通信制限・通常プランで月間データ通信量の合計が7GBを超えた場合
・3日間で10GBのデータ通信量を利用した場合
・3日間で一定の通信量を超えた場合
(各社異なる)
・あらかじめ契約で決められた月間のデータ通信容量を消費しきった場合
通信制限後の速度・通常プランで月間7GBのデータ容量を使った場合は128Kbps

・ギガ放題プランで3日間に10GBのデータ通信容量を使い切った場合は約1Mbps

主に200Kbps
違約金契約更新月以外の解約は9,500円~19,000円の違約金が発生データSIMなら違約金がないことが多い

結論:WiMAXと格安SIM、無制限ならどっちを選ぶべき?

格安スマホの方が月間データ通信量によってプランも豊富で、あまりモバイルWi-Fiルーターを使った通信を使わない場合であれば料金的にもお得な場合が多いです。

その一方で、通信速度はWiMAXの方がはるかに速いですし、通信制限後の速度に関してもWiMAXギガ放題プランは1Mbpsと動画視聴が可能なほどです。

提供エリアは格安SIMの方が広いですが都市部において差はあまりありません。

さらにWiMAXではオプションでLTE通信を行えるため、WiMAXのエリア外ではau 4G LTEによる通信ができます。

ただLTEオプション利用時に使えるデータ量が月7GBまでなので、上限を超えてしまうと最大128kbpsに通信制限されることと、2年契約かつauスマートバリューmineに加入していない場合はオプション料の1,005円が追加されることに気を付けてください。

逆に言うと、WiMAXのギガ放題プランならLTE通信で7GBを超えないようにし、3年契約プランを選べば無料で高速通信を思う存分楽しめるというわけです。

年々利用するデータ容量が増えてきているインターネットサービスをより快適に満喫したいのであれば格安SIMの無制限プランを遅い速度で我慢しながら利用するより、WiMAXギガ放題プランを選択するほうが理にかなっていると言えるでしょう。

まとめ

WiMAXと無制限プランを含んだ格安SIMは似たようなサービスに見えますが、詳しく見ると料金や速度などの面で大きな差があります。

キャンペーンで端末費用を無料にできる手軽さや通信速度の面で優れるWiMAXは、データ通信においては格安SIMよりおすすめです。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するなら月額1,380円から始められてお得なカシモWiMAX!

auスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

ちなみに2年プランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!
タイトルとURLをコピーしました