WiMAX WiMAX2+

WiMAX2+でよく使われる用語を解説!ハイスピード・CA・LTEってなに?

投稿日:2016年10月15日 更新日:

WiMAX2+を利用するにあたって知っておいた方がよい用語としてハイスピードモード・CA・LTEがあります。

ハイスピードモードとはWiMAX2+を使う通信モードで、CAはモバイル通信を高速化する技術の1つです。

また、LTEはau/ドコモ/ソフトバンクで使われる通信方式ですが、WiMAX2+の契約でも利用することができます。

ただし、WiMAX2+でLTEを利用した場合は厳しい速度制限があるので頻繁な利用はできません。

そのため、通常はハイスピードモードを利用することになるでしょう。

CAとは?CAの提供エリアの確認方法は?

CAとはキャリアアグリゲーションの略で、周波数の異なる複数の電波(キャリア)を束ねて(アグリゲーション)通信の高速化をはかる技術のことです。

たとえばWiMAX2+では、下り最大110Mbpsの電波を2つ束ねて下り最大220Mbpsの通信速度を実現しています。CAのような高速化技術が登場するまで、WiMAX2+の最大速度は110Mbpsでした。

CAでは仮に片方の電波を拾えなくても、もう片方の電波を取得して通信できるため通信の安定化も実現できます。

CAとよく比較される4×4 MIMOとは?

CAとよく比較される通信技術として4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)があります。

現在、WiMAXを契約して提供されるWiMAX端末ではCAもしくは4×4MIMOのいずれかが採用されていますが、その違いを意識されている方は少ないでしょう。

いずれも最大220Mbpsの通信を実現できる技術ではありますが全く別の技術です。

4×4MIMOでは、基地局・WiMAX端末側の両方に4つずつのアンテナがあり、それらが同時に同じ周波数の電波を取得して通信することで通信の高速化をはかります。

CAと4×4MIMOの違いは?

CAは仕組みが簡単で安定的に高速な通信を利用できるメリットがある一方、基地局側がこの記述に対応している必要があり、使えるのが提供エリア内でのみであるデメリットがあります。

一方、4×4MIMOは電波の反射を利用した技術であり建物に囲まれたエリアでも安定した通信が利用しやすい、基地局側の対応が必要ないというメリットがある一方、建物などに囲まれていない開けたエリアではあまり高速化を見込めないというデメリットがあります。

このようにどちらの技術にも一長一短があるので、端末選択をする際の決め手にはならないでしょう。

なお、より新しい機種であるW03・W02はCAに対応しています。

CAの提供エリアの確認方法は?

CAの提供エリアは広がっており、現在はWiMAX2+の提供エリアであれば一部例外を除いてCAによる最大220Mbpsの通信が可能です。ただし、郊外・市街地に関わらず全ての場所がCAに対応しているわけでもありません。

WiMAX2+提供エリア内でもCAに対応していないエリアはUQコミュニケーションズの以下オフィシャルサイトからご確認いただけます。WiMAX2+を契約する場合でなおかつCA対応のWiMAX端末を選択する予定の場合は、ご利用の場所が市街地だとしても油断せず念のためにあらかじめエリア確認をした方がよいですね。契約して使ってみたら、実はそこがCAに対応していなかった、ということもありえます。

UQ公式:CA提供エリア

LTEとは?LTEの提供エリアの確認方法は?

LTEとはLTE登場以前に普及していた3G(第3世代携帯電話)を進化させた規格です。

3Gの通信速度はauの場合が最大9.2Mbps、ドコモ・ソフトバンクの場合が最大14.4Mbpsでした。それが、LTEの登場によって機種やエリア、プロバイダなどによって最大速度は37.5Mbps / 75Mbps / 100Mbps / 150Mbpsとなりました。

LTEは3Gに対して4Gと呼ばれることもあります。

なお、LTEは現在まだ発展し続けている技術です。

次世代のLTEである「LTE-Advanced」に対応した端末であれば最大200Mbps~最大300Mbpsの通信が可能です。

WiMAX端末で利用できるLTE通信とは?

WiMAX端末の中でもauのLTEであるau 4G LTE(LTEオプション)が可能な機種があります。

対応の端末では面倒な契約手続きなしに簡単なWiMAX本体の操作だけでLTE通信を利用することが可能です。

ただし、その月に1度でもLTEオプションを利用すると1,005円/月が発生するので注意しましょう。

LTEの提供エリアの確認方法は?

WiMAX端末が使えるau 4G LTEの提供エリアの場合はUQコミュニケーションズの以下オフィシャルサイトで確認いただけます。

UQ公式:LTE提供エリア

マップから確認したい地域を選ぶ方法とピンポイントで住所を指定して確認する方法の2つがあります。

WiMAX2+ハイスピードの概要

ハイスピードモードとはWiMAX2+の通信が利用できる通信モードのことです。

機種によってWiMAX2+の最大通速度は220Mbpsもしくは110Mbpとなります。

WiMAX2+には他の通信モードもありますが、WiMAX2+を契約した場合にもっともよく使うのはこのモードになるでしょう。

3日3GBの通信量制限について

ハイスピードモードによる通信では、混雑回避のために3日で3GBの通信量を消費した場合に翌日の昼から翌々日の昼まで速度規制がかかります。

この速度規制は、月間データ通信量の制限がないギガ放題も例外ではありません。

ただし制限後の通信速度も6Mbps程度と高速です。

そのため、ホームページ参照はもちろん、YouTubeでの動画参照やビデオチャットのような高速な通信速度が必要な処理も問題なく利用できるのでそれ程気にする必要はないです。

なお、数十~数百MBの大容量のデータをダウンロードするような際には、速度規制がかかっていると若干いつもより時間がかかると感じることはあるでしょう。

よく比較されるノーリミットモードについて

ノーリミットモードとはWiMAX(最大13.3Mbps)の通信が利用できる通信モードのことです。

ハイスピードモードのような3日3GBの速度制限がないため好まれる場合があります。

ただ、ノーリミットモードはもともと最大13.3MbpsとWiMAX2+と比較して低速です。

さらに、実測値はハイスピードモードで速度制限がかかった場合の6Mbps程度と同じぐらいなので現時点でノーリミットモードをあえて利用するメリットはありません。

WiMAX2+の登場当時はWiMAX2+よりWiMAXの提供エリアの方が広かったのでノーリミットモードの利用価値がありました。しかし、既に提供エリアの広さは同じです。

以上のことから、今からノーリミットモードに対応した機種を希望する必要はないですね。

実際、最新のW03やW02はノーリミットモードには対応していません。

ハイスピードモードの提供エリアの確認方法は?

ハイスピードモードの提供エリアを確認する場合は、WiMAX2+の提供エリアを確認します。

WiMAX2+の提供エリアはau 4G LTEの提供エリアと同じく以下ページで確認が可能です。

UQ公式:WiMAX2+提供エリア

表示されたマップから該当の地域を選択するか住所をピンポイントで指定して提供エリアを確認します。

有料オプション・ハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードモードでは、CAもしくは4×4MIMOを使って最大220Mbpsの通信を実現します。

一方、WiMAXにはノーリミットモードとハイスピードモードの他に、WiMAX2+の通信に加えてau 4G LTEの通信が利用できるハイスピードエリアモードがあります。

ハイスピードエリアモードとは、WiMAX2+に加えてより提供エリアの広いLTE(LTEオプション)の通信が利用できる通信モードのことです。

ハイスピードモードの利用にあたってはLTEオプションを契約する必要がありますが、その対応は本体の設定だけで完了するため電話などで契約手続きをする必要はありません。ただし、1度でも利用した月は1,005円の追加料金が発生します。

WiMAX2+とLTEのどちらの通信を使うかは、その場所で最適な方を端末が自動的に選んで切り替えます。

また、ハイスピードプラスエリアモードでは対応端末に限り、WiMAX2+とLTEの電波を束ねる(CA)ことで最大370Mbpsの通信が可能です。

ただし、最大370Mbpsの通信は東京都渋谷駅周辺エリアから提供開始され、愛知県名古屋駅周辺、大阪府梅田駅周辺、山手線 主要駅周辺などへ拡大予定となっており、現時点で広くはないので活用される機会は少ないでしょう。

今後の提供エリア拡大が待たれますね。

月間7GBの通信量制限に注意

ハイスピードプラスエリアモードの利用にあたって注意が必要なのは月間7GBの通信データ量を消費した場合に発生する速度制限です。

この速度制限は、月間データ通信量の上限がないギガ放題プランも対象です。

この速度制限に抵触すると月末まで最大速度が128Kbpsと非常に低速になってしまいます。

最大128Kbpsでは、添付のないメールの送受信やLINEでのメッセージのやり取りくらいは問題ありませんが、昨今の画像が多いホームページの参照は時間がかかって動作が遅くなりますし、YouTubeの動画鑑賞はできません。

またWiMAXでは、au/ドコモ/ソフトバンクのようなキャリアのように、月間データ通信量の上限に達した場合の追加データ容量の追加ができません。

そのため、ハイスピードプラスエリアモードの速度制限に抵触した場合、月末まで最大128Kbpsの低速な通信で我慢する必要があります。

WiMAX2+を契約する理由は、高速な通信を月間データ通信量を気にせず思う存分使いたいからなので、ハイスピードプラスエリアモードでこんなに遅い速度制限がされてしまっては意味がないですね。

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードのメリット・デメリット

両モードの主なメリット・デメリットを表にしてまとめると以下のようになります。

ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
メリット 月間データ通信量の上限がない au 4G LTEが使える
デメリット LTEが使えない
  • 月7GBで速度制限が発生し128Kbpsまで制限
  • 使った月は1,005円追加

WiMAX2+で接続できる限りLTEを使う必要はないので普段はハイスピードモードを利用すればよいです。

一方、WiMAX2+の電波が届かない郊外や屋内などでau 4G LTEを使う意味はありますが、ハイスピードプラスエリアモードの大きな難点は月間7GBまでの通信量制限ですね。

WiMAX2のギガ放題プランを契約する目的は高速なモバイル通信を、通信量を気にせず利用することですから、この制限に抵触してしまうと本末転倒となります。

さらに、LTEオプションの利用によってその月の月額料金が1,005円追加されるので、まさに泣きっ面に蜂の状態とですね。

そのため、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+による通信が行えない郊外などでどうしてもインターネット接続が必要な時だけにするのがよいでしょう。

市街地や屋内であれば、少し移動するなどしてWiMAX2+の電波をつかめる場所でWiMAX2+でインターネット接続するのがおおすめです。

まとめ

WiMAXを契約するにあたってハイスピードモード・CA・LTEは知っておいた方がよい用語です。

ハイスピードモードはWiMAX2+が使える通信モードでWiMAXを契約した場合は通常このモードを利用します。

CAとはWiMAX+の通信を高速化する技術の1つで、CAに対応しているとWiMAX2+で最大220Mbpsの通信が可能です。

また、LTEはau/ドコモ/ソフトバンクでも使われる通信技術ですが、WiMAXの契約でも利用することができます。

ただし、WiMAXでLTEによる通信を行った場合、厳しい速度制限に抵触する可能性があり、なおかつ月額が1,005円加算されるので、通常はハイスピードモードでWiMAX2+の通信を利用するのがよいですね。

WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.