WiMAX WiMAX2+

WiMAX2+を月額料金で比較!本当に安いプロバイダはこれだ!

投稿日:2017年1月18日 更新日:

WiMAX2+を扱うプロバイダは多く、契約の際にどこを選べばよいか迷ってしまいがち。

回線品質はどこも変わらないので、価格がプロバイダ選びの重要なポイントになります。

ただしサポート品質や購入できるWiMAX2+機器、オプションなどそれ以外にも選択のポイントがあり、価格を比較しつつそれぞれのプロバイダの特徴を一通り知った上で、自分の希望にあった会社を選択すれば失敗しないでしょう。

 

WiMAX2+の価格比較

 

WiMAX2+を提供するプロバイダは数多くありますが、回線品質に差はありません。

そのため価格による比較が有効となるのです。

以下、主なWiMAX2+プロバイダの価格比較表です。

※1

月額料金最安はラクーポンWiMAX2+!

同じWiMAX2+の回線を扱っているとはいえ、上記のように月額料金には大きな差があります。

キャッシュバックを含めない月額料金最安値は、楽天のラクーポンWiMAX2+!

選べる端末が少ない、契約後のサポートが期待できない、解約に一手間かかると安いなりの理由もありますが、徹底した安さを求めるならラクーポンが優位です。

今回は月額料金のみで比較しているため、キャッシュバックを含めていませんが人によって受取り損なうことのあるキャッシュバックよりは確実に得られる月額料金割引をおすすめしています。

https://xn--max-qi4byo.com/wimax-cacheback/

 

各プロバイダの特徴

 

価格だけでなくサポート体制やオプションなどWiMAX2+を取り扱うプロバイダ毎に特徴があります。

価格とあわせてその特徴も把握した上で、自分にあったプロバイダを選択するのがおすすめです。

 

 RaCoupon – 価格重視

 

RaCouponを選ぶメリットは何より料金が安いことです。

月額料金が2,000円台(2,883円)と、他プロバイダと比較してとびぬけて低価格。

そのため、通信費用をとにかく節約したいという場合には適しているでしょう。

 

一方以下の口コミにあるように、サポートに対する評判が良くない面もあります。

WiMAX2+の設定は簡単で、1度接続できてしまえばその後に設定面で困ることはほとんどありませんが、いざ問題が起こった際にサポートと連絡が取れないのは困りますね。

そのためネットワークのトラブルシューティングに不慣れであれば、RaCouponではなく他のプロバイダを検討することをおすすめします。

逆にモバイル通信を使い慣れている場合でも、問題が起こればサポートへ問い合わせなくてはいけません。

そんな時にサポートと連絡が取れないと余計にストレスを感じることから、サポートは重要なサービスであることを忘れないようにしましょう。

RaCouponはこのサポートの手薄さをどれだけ我慢できるかで、価値が決まるサービスなのです。

またRaCouponでは取り扱っているWiMAX2+機器が少ない点も注意が必要です。

2017年1月11日時点では最大440Mbpsの通信が可能なWX03やホームルータータイプの「novas Home+CA」などの機種は利用できません。

RaCouponで購入できるのは、W03のみです。※2

端末を絞り徹底してコストを削減することで、この低料金を実現しているのでしょう。

これらの点を割り切った上で、とにかく通信費用の節約を重視する場合にRaCouponはおすすめです。

 

とくとくBB – 月額割引の鬼安プランあり

 

とくとくBBでよく注目されるのが平均29,000円の高額なキャッシュバックが貰えるキャンペーンが利用できることです。

しかしキャッシュバックを貰えるのが契約してから約1年先の上、振込先の口座番号を登録する手続きに煩雑な点があり、以下のレビューにあるようにキャッシュバックが受け取れないユーザーもいるようです。※3

 

 

一方とくとくBBでは鬼安と呼ばれる月額割引のキャンペーンも別途行っています。

こちらのキャンペーンなら月額3,353円で利用できるので、代表的なプロバイダ「UQコミュニケーションズ」(月額4,380円)と比較すると、毎月1,000円ずつも節約できてお得です。その上キャッシュバックキャンペーンのような手間がない点もおすすめできます。

また最短申込即日でWiMAX2+機器が配送されるのも、とくとくBBを選ぶメリットです。※4

なおRaCouponと同様、とくとくBBについては以下口コミのようにサポートに関する不満を訴える口コミも散見します。

 

https://twitter.com/roron_/status/807157239513395201

 

この点も理解した上で、価格を重視する場合にとくとくBBをおすすめします。

ちなみに取り扱うWiMAX2+機器はRaCouponと違って充実しており、2017年1月11日時点で最新のWX03やホームルータータイプのnovas Home+CAも選択可能です。※5

 

Broad WiMAX – サポートや乗換え無料の付加価値が高い

 

Broad WiMAXのギガ放題月額最安プランは月額3,411円と低価格な上に、キャッシュバックキャンペーンのように煩雑な手続きが不要なので簡単に通信料金が節約できるのがメリットです。

またBroad WiMAXはオンラインで申し込むと最短即日でWiMAX2+機器が配送されるので、早く使いたい場合は便利ですね。※6

ちなみに私はBroad WiMAXのプランを契約しており、サポートへ何度かメール問い合わせをしたことがありますが、1~2営業日以内に全て回答が返ってきているのでサポートに不満はありません。

問い合わせた範囲では回答内容も丁寧でした。

 

接続設定やパソコン・スマホの操作に自信がない場合はBroad WiMAX の有料オプション「My Broadサポート」(月額907円)の契約がおすすめです。

ネットワークの設定やトラブルシューティングだけでなく、その他のパソコンやスマホの困りごと(プリンタの設定やメールの設定など)まで電話もしくは遠隔操作で365日(9:00~21:00)サポートしてもらえます。※7

 

また「My Broadサポート」は、ウィルスフィルタ・スパムフィルタにも対応したメールサービス「Broadメール」、PC・Andrid端末向けのセキュリティソフト「KINGSOFT Internet Securit」もついているので、あれこれ別会社と契約しなくてよいのも魅力です。

My Broadサポートをつけても月額料金は4,318円とUQコミュニケーションズ(月額4,380円)より低価格です。

このように節約したい場合から、PCやスマホの操作に不安がありサポートを重視したいユーザーまで幅広くおすすめできるのが、Broad WiMAXのメリットといえるでしょう。

 

BIGLOBE – 月割とキャッシュバックが選択可能

 

BIGLOBEは1996年にサービス開始したインターネットサービスプロバイダの老舗です。

WiMAX2+だけでなく光ファイバーや格安SIMなどのサービスも展開する大手であり、それだけに安心して契約できるのがBIGLOBEを選ぶメリットの1つです。

以下のようにサポートについても好意的な口コミが目立ちます。

 

BIGLOBEはキャッシュバックを毎月の支払いに振り当てることで月額割引タイプの契約に変更することができるなどキャッシュバック派、月額割引派どちらのニーズにも対応している点がユニークです。

キャッシュバックを選んだ場合もとくとくBBのCBと違い、アンケート回答だけで受取可能である点がユニークな長所です。※8

その代わり値引き額も低めで、さらにBIGLOBE会員以外は+200円料金が上乗せされます。

BIGLOBE会員ならメリットの多いのですが、非会員は他プロバイダのほうが結果的に安上がりになるので選択には注意が必要です。

 

So-net – SONYが手がけるネットプロバイダ

 

So-netもBIGLOBEと同様に1996年からサービスを続ける老舗のインターネットサービスプロバイダです。

日本のインターネット黎明期の頃、ピンク色のクマ「モモ」が登場するCMが放映されていたのでSo-netを知るユーザーも多いでしょう。

このSo-netのWiMAX2+を契約するメリットの1つは、大手が運用することの安心感にあります。

またSo-netでは月額300円(相談1回につき別途1,200円)の有料オプション「So-net 安心サポート」を提供しています。

このオプションでは年中無休(9:00~21:00※1月1日と2日及びメンテナンス日を除く)で、電話及び遠隔操作でパソコン・スマホのインターネット設定はじめ、プリンタ・デジタルカメラ・Microsoft Officeなどもサポートしてくれます。

そのためパソコンやスマホの操作に自信がない場合はおすすめしたいですね。

電話やリモートで解決しない場合、「So-net 訪問サポート」を特別価格で利用することも可能です。※9

その上So-netのWiMAX2+では、月額割引以外にも平均20,000円のキャッシュバックキャンペーンが選べるようになっています。

 

3WiMAX – 割引額は低いが高額キャッシュバックあり

 

本来WiMAXはUQコミュニケーションズのMVNOとして提供されていることが多いのですが、3WiMAXはUQの母体であるKDDIから提供されています。

そのため一部選べる端末が限られますが、auから提要される回線とサポートの手厚さは他のプロバイダに引けを取りません。

月額料金の割引額は微々たるものですが、とくとくBBに次ぐ28,000円の高額キャッシュバックもあるためサポートとキャッシュバックを両立したい人はとくとくBBよりオススメのプロバイダです。

また3WiMAXの特徴としてオプションが充実している点があります。※10

スパムフィルタ・ウィルスフィルタに対応した容量1GBのメールアドレスが無料で取得できる上、自然故障や水漏れでWiMAX2+端末が故障した場合に無料で修理してもらえる「安心サポートプラス」を月額550円で提供しています。

その他、WiMAX2+の設定からWiMAX2+とは関係ないOfficeや年賀状ソフトなどのソフトウェアやプリンタ・個人向けウェブカメラなどの接続機器の設定まで幅広くサポートしてもらえる「My SSサポート」(月額800円)も利用可能とWiMAX初心者に関わらず、PCやスマホの操作が不安な人の手助けをしてくれる、意欲的なオプションです。

サポートは電話もしくは遠隔操作で365日(9:00~21:00)行っているので、パソコンやスマホの操作に不慣れな場合はぜひ活用したいですね。

My SSサポートでは、パソコン・Android端末に対応したセキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」をセットで提供しています。※11

 

また3WiMAXのその他の魅力として、オンラインで申し込むと最短でWiMAX2+端末が即日発送される点もあげられます。

モバイル通信サービスをすぐに使いたい場合は便利です。

3WiMAXはキャッシュバックでお得をしたいユーザー、充実のサポートを利用したいユーザーにおすすめできるプロバイダです。

 

ただし2017年1月時点で取り扱うWiMAX2+機器がW03・W01・U01の3種類で、WX03やホームルータータイプが提供されていません。※12

 

nifty – 3ヶ月無料+キャッシュバックでかなりお得!

 

niftyは富士通の子会社で1987年にサービス開始されたニフティサーブを前身とするインターネットサービスプロバイダ会社です。

プロバイダ事業を手広く手がけているため、WiMAX2+他、光ファイバー、ADSL、格安SIMのNifMoと一通りの回線事業を展開しています。※13

 

niftyのWiMAX2+の特徴は平均20,000円のキャッシュバックを受け取れる上に最大3カ月間無料の2本立てのキャンペーンです。

安心感の高い大手を利用したい場合だけでなく、キャッシュバックと3ヶ月無料を組み合わせることで約27,000円のキャッシュバックに匹敵する割引率で利用可能なWiMAXです。※14

 

他にもWindows・Mac OS・Androidに対応した総合セキュリティ対策「常時安全セキュリティ24」(月額500円)、約100万件の優待が受けられる「@nifty 優待サービス」(月額500円、別途WiMAX2+月額費用を200円割引)、アンケート回答で月額料金が割引される「@niftyリサーチ」を提供しています。※15

なお2017年1月31日をもって、カフェや飲食店、駅などで使える公衆無線LANサービス「@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービス」が無料提供を停止します。

この無料オプションは地味にメリットのあるサービスでしたので、サービス停止はマイナス点ですね。

総額で比べるなら上位に食い込めるnifty WiMAX2+ですが、デメリットとしてWiMAX2+機器の選択肢が少ないことがあげられます。

2017年1月11日時点で最新のWX03・W03のみとなっておりホームルータータイプなどは取り扱っていません。

とはいえ機能性の高い最新の2機種は選べるので、この点に不満を持つユーザーはあまりいないでしょう。

もう一つ不満を言うとすれば端末の発送が最短4日と、BroadWiMAXや3WiMAXの即日発送と比べると待機期間が長い点が気になります。

発送が4日営業日ということは、申込みから起算すると手元に端末が届くのが1週間以上になる計算です。

とくとくBBやブロードワイマックスが当日出荷に対応しているところを見ると、かなり待たされることがわかります。

 

UQコミュニケーションズ – WiMAX本家

 

UQコミュニケーションズはKDDIグループの通信事業者で、WiMAX2+の通信網をプロバイダに提供する移動体通信事業者(MNO)でもあります。

UQコミュニケーションズはWiMAX2+だけでなく、au 4G LTEの回線を利用したスマホサービス「UQモバイル」も提供しており頻繁にCMが放映されているので、こちらのサービスで名前を知っている人もいるかとおもいます。

UQコミュニケーションズが提供するWiMAX2+に関しては、タブレット・iPad・iPod touchの同時購入で商品券1万円をプレゼントするキャンペーンがあるものの、とくとくBBのような高額なキャッシュバックはありませんし、RaCoupon・Broad WiMAXをはじめとした他社のように月額料金が安いわけでもありません。※16

ただし価格以外の面でみると、UQコミュニケーションズのWiMAX2+には注目に値するメリットがいくつかあります。

まず1つ目はサポートセンターの対応時間の長さ。9:00~21:00(年中無休)で電話対応をしており、会社帰りのビジネスマンや部活帰りの学生が家に帰ってからゆっくり問い合わせすることもできますね。※17

2つ目はオプションが充実しており、WiMAX2+機器の故障修理が発生した場合に最大3万円まで見舞金を支払う「端末あんしん補償」(月額500円)や公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」(無料)、カスペルスキー・マカフィー・WEBROOTのセキュリティソフト月額500円で利用できるオプションの存在です。

またWiMAX2+の設定だけでなくプリンタなどの周辺機器やOffice・ウイルス対策ソフトの設定、スマートフォンの初期設定などを電話もしくは遠隔操作でサポートするオプション「おまかせサポート」は月額350円と、Broad WiMAXやSo-net同様のオプションと比較して低価格で利用可能となっています。※18

 

余談ですが本家WiMAXだから回線が最も安定しているという意見があります。

しかしMVNO向けの資料によれば、UQがインターネット接続も含めて直接提供するプランAの提供形態がMVNO業者利用の過半数を締めいることが明記されています。

直接提供するプランAとは、契約窓口だけ用意すれば回線の接続から回線品質まで全てUQが対応してくれるオールインワンプランです。

WiMAX2+MVNOの半数以上がプランAを利用していることを鑑みると、UQだけが優位に速くて速度が安定しているという意見は半分正解、半分間違いであることがわかります。

UQWiMAX

 

UQWiMAXは価格的なメリットがない反面、本家の安心感やオプション・サポートの充実度の高さが特徴と言えますが、肝心の回線については、他社と比較して有利というわけではありません。

コストとサポートのどちらに重点を置くかで契約を判断する会社といえるでしょう。

 

まとめ

 

WiMAX2+はサービスの提供形態からプロバイダ毎に回線品質が大きく変わりにくく、価格がサービス比較する際の重要なポイントであることは事実です。

しかし低価格な料金プランを提供するプロバイダが、必ずしも自分の希望にあっているとは限らないので、価格と合わせてそれぞれのプロバイダの大まかな特徴を知っておくことが大切。

特に割引やキャッシュバックを限界まで突き詰めると、契約しないと善し悪しの分からないサポート面がまっさきに削られる印象があります。

最安のRaCouponは問い合わせサービスもないくらい徹底してアフターのコストを削っています。

ただし安さを求めるとトラブル時の対応や解約手続きに手間取るなど、不要なストレスを抱える可能性もあるのです。

価格の安さを重視するか、価格が多少高くてもサポート品質の良いプロバイダを選ぶか、安心な大手を選ぶか、プロバイダ毎の特徴を理解した上で一番良いと思うところを選ぶようにしましょう。

 

WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.