WiMAX WiMAX2+

ポケットWiFiよりWiMAX2+がお得?ドコモユーザーの2台持ちコストを計算

投稿日:2016年12月16日 更新日:

docomoポケットWi-FiとWiMAX2+を比較した場合、WiMAX2+の方が料金的にお得な上に月額データ通信量を気にせず快適に利用可能です。

docomoポケットWi-Fiは、既契約のdocomoスマホ契約のデータ定額でデータ容量が余っている場合に有効活用できたり、契約時から何か困った時があった時までdocomoショップの店員に直接相談できて安心して使えるメリットがあったりします。

しかし料金を節約しつつ、データ通信量に気をもむことなく快適にインターネットを楽しみたいならWiMAX2+をおすすめします。

docomoのポケットWi-FiとWiMAX2+

docomoではスマホ向けのデータ定額プランの他にデータ通信専用のプランも提供しており、ポケットWi-Fiを単体で契約(ウルトラデータ20GBで月額7,400円)することも、スマートフォンの契約のデータ量をシェアして使う(月額1,900円+スマートフォンの契約)こともできます。

一方WiMAX2+ギガ放題プランは、月間データ通信量の上限なしに高速なモバイル通信が利用できるサービスです。

月額料金はプロバイダによって異なりますが、代表的なプロバイダ「UQコミュニケーションズ」であれば月額4,380円(契約から最大3ヶ月は3,696円)です。

docomoポケットWi-Fiのメリット

docomoのポケットWi-Fiのメリットとして以下2つがあげられます。

データ定額で余った通信量をタブレットやノートPCに回せる

docomoのプランでスマホを利用していてデータ定額の通信量に余りがあれば、docomoポケットWi-Fiを追加契約することで、タブレットやノートPCのモバイル通信用に有効活用できます。

たとえばdocomoのデータ定額でウルトラデータLパック(20GB)を契約していて、毎月10GBしか使っていなかった場合は残り10GBが余ります。

この時docomoのポケットWi-Fiを追加契約すれば、その余った容量を使ってタブレットやノートPCのモバイル通信用に使えるのです。

docomoショップで相談やサポートを受けることができる

モバイル通信を含むインターネット回線を契約する際はホームページの情報をみてサービス内容を確認したり、契約後はメールや電話でサポートを受けたりすることもできます。

一方docomoのポケットWi-Fiを契約する場合は、スマホを購入するのと同じように全国のdocomoショップで相談ができますし、困ったことがあった際は機器を持ち込んで店頭でサポートしてもらうことも可能です。

メールや電話でなくショップ店員と対面してゆっくり説明を受けたいという場合は、docomoのポケットWi-Fiは便利ですね。

特にネットワーク機器の操作に不慣れならば、ショップ店員に目の前でポケットWi-Fiの機器やスマホを見てもらいながら操作を教えてもらうのは助かるでしょう。

docomoの ポケットWi-FiよりWiMAX2+がお得!

家計やお小遣いの中でも大きな割合を占める毎月の通信料金は、できれば節約したいですね。

そこでdocomoポケットWi-FiとWiMAX2+を比較した場合、WiMAX2+の方が低価格で利用可能です。

まずdocomoのデータ定額プランの料金で比べても、月間データ通信量20GBのプランでは月額6,000円ですが、一方のWiMAX2+は月間データ通信量の上限がない上に月額4,380円(UQコミュニケーションズで契約する場合)で利用できます。

通信料金を節約するならWiMAX2+の利用をおすすめします。

docomoスマホを契約中の場合は?

すでにdocomoスマホを契約していて、タブレットやノートPC用に新たにポケットWi-Fiを用意したい場合も、消費するデータ通信量によってはdocomoのポケットWi-Fiより既存のdocomo契約にWiMAX2+を組み合わせた方がお得です。

以下docomoのスマホ契約にdocomoポケットWi-Fiを組み合わせた場合、WiMAX2+を組み合わせた場合の比較表です。

 

合計
docomoデータ定額2GB+docomoモバイルWi-Fi 8,400円
 docomoデータ定額5GB+docomoモバイルWi-Fi 9,900円
 docomoデータ定額20GB+docomoモバイルWi-Fi 10,900円
 docomoデータ定額30GB+docomoモバイルWi-Fi 12,900円
 docomoデータ定額2GB+WiMAX2+ 10,880円

docomoのスマホ契約がデータ定額5GBまでならWiMAX2+の組み合わせよりdocomo ポケットWi-Fiを組み合わせた方がお得ですが、データ定額 20GB以上ならWiMAX2+との組み合わせの方が低価格です。

さらに注意が必要なポイントは、docomo側のデータ定額プランで月間データ通信量を上限まで使い切った際です。

この場合、月末まで通信速度が最大128Kbpsに制限され、動画鑑賞はもちろんのことホームページ参照まで時間がかかる状態となり快適にインターネットを利用することはできません。

この制限に抵触した上で、月途中に高速な通信速度を改めて利用する場合、データ通信量を1,000円/GBで追加購入する必要があります。

docomo データ定額5GBでスマホとポケットWi-Fiのデータ通信を共有する場合の月額料金は9,900円とWiMAX2+を組み合わせるより安いですが、仮に1GB分データ通信量を追加購入すれば月額の合計は10,900円となり、WiMAX2+を組み合わせる場合より料金が高くなります。

このように多くの通信量を消費する場合はWiMAX2+の方がお得ですし、月額固定なので追加料金が発生しません。

料金を節約しつつデータ通信量を気にせず快適にモバイル通信を楽しみたいなら、WiMAX2+を活用したいですね。

WiMAX2+を固定回線代わりに使えばさらにお得

WiMAX2+は月間データ通信量の上限なしで高速な通信を利用できるので、固定回線の代替えとして利用することも可能です。

仮にdocomo データ定額2GBとdocomoポケットWi-Fi、さらにドコモ光(戸建)の契約を追加した場合の月額料金は合計13,100円(13か月目以降は13,600円)となります。

一方docomo データ定額2GBとWiMAX2+の契約(月額の合計は10,880円)の組み合わせなら、WiMAX2+で固定回線としての代用も可能です。

LTEの最大通信速度が37.5Mbps・75Mbps・100Mbps・150Mbps、WiMAX2+の最大通信速度が220Mbpsである一方、固定回線であるドコモ光の通信速度は1Gbpsとより高速ですが、通信速度にそこまでこだわらずコストパフォーマンス重視であれば、固定回線の代替えとしてWiMAX2+の利用を検討することをおすすめします。

WiMAX2+なら端末代も無料にできる

docomo ポケットWi-Fiを契約する場合は端末の購入が必要となり、たとえば、Wi-Fi STATION HW-01Hなら割引がきいて実質負担金9,600円(分割では400円×24回払い)がかかります。

一方のWiMAX2+は、プロバイダを選べば比較的新しい端末でも無料で入手できるので、思い立ったら気軽に利用開始することができます。

docomo回線を使ったスマモバよりWiMAX2+をオススメ

スマモバとは docomo回線を使ったモバイル通信のサービスで、中でもLTE使い放題プラン(月額3,480円)なら WiMAX2+と同様に月間データ通信量の上限なしで利用できます。

UQコミュニケーションズのWiMAX2+ ギガ放題プラン(月額4,380円)と比較すると低価格なことがメリットである一方で、動画鑑賞などでデータ通信量を消費する可能性がある場合は次にあげる理由によりWiMAX2+がおすすめです。

通信制限について

WiMAX2+は3日10GB・スマモバは3日3GBの通信量を消費した場合に速度制限が行われますが、制限の内容は下記の通り異なります。

WiMAX2+の場合

速度制限が行われるのは翌日18時から翌々日午前2時までです。

制限後の具体的な通信速度は公開されていませんが、UQコミュニケーションズのオフィシャルページでは「YouTube動画の標準画質が見られるレベルを上回る速度」と記載しています。

私はWiMAX2+の契約者で3日間の制限に抵触した経験が何度もありますが、制限中にYouTubeの動画も鑑賞できました。

また18時から翌2時以外の時間帯は通常通り最大440Mbpsで通信できるため、通信制限を気にしなくて良いのがWiMAX2+の長所だといえます。

スマモバの場合

速度制限中は通信速度が200Kbps以下となります。

この制限は毎日深夜0時に解除されます。

200Kbps以下の通信速度ではYouTubeの動画は鑑賞できませんし、ホームページを参照するのにも時間がかかります。

このようにスマモバとWiMAX2+を比較した場合、通信速度制限に関してはWiMAX2+の方がゆるいと言えるでしょう。

WiMAX2+で仮にこの制限に抵触しても、ホームページ参照やYouTubeでの標準画質までの動画鑑賞が普段通りできるので気づかないかもしれません。しかしスマモバの制限であれば動画鑑賞からホームページ参照まで制限前のようには使えないので、速度低下の際には不便を感じるでしょう。

このことから動画鑑賞やビデオ通話などデータ通信量の激しい利用を頻繁に行う場合は、WiMAX2+を使いたいですね。

まとめ

docomoポケットWi-Fiはdocomoショップ店頭またはオンラインショップで契約できるモバイル通信サービスです。

すでにdocomoのスマホがあり、余っているデータ量を有効活用したい場合はdocomoポケットWi-Fiを契約するのが便利です。

しかしデータ量を追加しつつモバイルWi-Fiルーターを契約するならば、月間データ通信量に上限がないWiMAX2+をおすすめします。

WiMAX2+なら通信料金を節約しながら、データ通信量を気にせずインターネットを楽しむことができるようになりますよ

WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.