WiMAX WiMAX2+

WiMAXの途中解約を一番オトクにする方法

投稿日:

WiMAX2+の基本的な契約期間は2年ですが、契約後に回線の通信速度や料金など何かしら不満が出てきてしまうこともあるでしょう。

そんな中で不満な点を我慢して利用し続けることも苦になりますよね。

WiMAXプロバイダによっては機種変更が出来ない場合もあり、もし契約期間中に故障してしまうとやはり解約やプロバイダの乗り換えを検討せざるを得なくなります。

ここでは、解約する際に気を付けなければならない点や、出来るだけ損せず解約する方法をご紹介します。

まず始めに、解約には自分の契約しているプロバイダへの連絡が必要です。

自分がどのプロバイダで契約したかわからない場合は、UQ WiMAXで確認出来ますので安心してください。

問い合わせ方法は、

  1. WiMAX機器に記載してあるMACアドレスを調べる
  2. UQ WiMAXの公式サイト上の問い合わせフォームもしくは電話で問い合わせる

です。

WiMAXを契約の途中で解約するのはデメリットが伴う

そもそも契約期間の途中で解約することが出来るのか?という疑問はありますが、結論からいえば、WiMAXは契約の途中でも解約することは可能です。

ただし契約途中の解約はデメリットがあります。

契約解除料がかかる

スマートフォンの解約でもよく聞く契約解除料。

違約金とも呼ばれています。

WiMAXの契約途中の解約の場合、発生した契約解除料を負担しなければなりません。

契約解除料はプロバイダや契約プランによって変わってきます。

ここではBroadWiMAX の2年プランにて契約した場合の契約解除料をまとめてみました。

契約月数 0~12ヶ月間 13~24ヶ月目 25ヶ月目(24ヶ月目の末日含む) 26ヶ月目以降
契約解除料 19,000円 14,000円 0円 9,500円

※価格は税抜です。

ただし、上の表を見てわかるように契約解除料が無料の時期があります。

このように解約の時期さえ気を付ければ、契約解除料を払う必要はありません。

キャンペーンやまとめてプランの適用で解約金が上がることも

契約時にキャンペーンで割引やキャッシュバックを適用した場合、プロバイダによってはキャンペーンに対しての違約金が追加で発生します。

追加請求がない場合は契約解除料が他のプロバイダより高いことがあり、たとえばGMOとくとくBBでキャッシュバックを適用した場合は24ヶ月間のどこで解約しても24,800円です。

あとは家電量販店でもよく実施している、まとめてプランにも注意が必要です。

まとめてプランとはWiMAXの契約時に、パソコンやタブレット等を同時購入すると通常の価格よりもお得に購入出来るプランで、WiMAXの月額料金に上乗せする形で適用されます。

この場合も違約金が追加で発生し、「まとめてプラン月額料金+残存月数」がWiMAXの違約金に上乗せされます。

特に契約してすぐの解約では非常に大きな金額になりますので、慎重に行いましょう。

WiMAXプロバイダによっては、キャッシュバックが受けられる特典を実施していることもあります。

このキャッシュバック特典は、契約後1年前後に振り込まれることが多く、付与時期にすでに解約している場合は特典の対象外となり受け取ることができません。

WiMAXプラン変更にも注意

契約解除料は解約時だけではなく、更新月以外での料金プラン変更時にも発生する場合があります。

例えばUQ WiMAXの場合「UQフラットツープラス3年契約」から「UQフラットツープラス2年契約」へといった最低利用期間が短くなるプランに変更した際に、契約解除料を支払わなければなりません。

「UQフラットツープラス2年契約」から「UQフラットツープラスギガ放題2年契約」という契約年数が同じまたは長くなるプランの場合は契約解除料は必要ありません。

変更月にも気を付けましょう。

契約更新月の確認方法

契約解除料を支払わなくてもいい時期は、満了月の末日と更新月です。

この時期に解約すれば、契約解除料が無料で解約出来ます。

例えば2年契約の場合の更新月は、サービス開始月を0ヶ月目として24ヶ月目が満了月、25ヶ月目が更新月です。

24ヶ月目の末日と25ヶ月目であれば、契約解除料を支払わなくてもいいのです。

しかし、自分の契約した月や更新月がいつなのか、最初は把握していても忘れてしまうこともありますよね。

そんな時は次の方法で確認できます。

プロバイダのマイページで確認する

契約しているプロバイダの公式サイトにプラン変更や契約情報などを確認できる「マイページ」があれば、そちらから更新月を確認しましょう。

夜間でも時間を気にせず思い立った時に確認し、すぐに手続きに移れるのが便利ですね。

サポートに連絡する

マイページがないプロバイダ(ケーズデンキのKT- WiMAXなど)の場合はメールや電話でのサポートサービスがあり、公式サイトでフォームから問い合わせたりお客様サポートの電話番号を確認したりすることが可能です。

マイページがあるプロバイダでも、ログインに手間取ってしまう場合もサポートでしたら迅速に対応してくれます。

話でのサポートの場合は受付時間が決まっていることが多いので確認しましょう。

解約手続きの締め日に注意

プロバイダによって解約手続きの締め日が違い、当月20日までに手続きが必要な場合と、末日までに手続きをすればいいところがあります。

この解約手続きの締め日を過ぎてしまうと契約期間が自動更新されて、違約金を支払わなければならなくなるリスクが出てきます。

締め日までに手続きが出来たとしても、もし不備があった場合は不備の修正が締め日に間に合わず違約金が発生することにもなりかねません。

20日締めのプロバイダで契約しているのに、末日締めだと勘違いして15日頃手続きしたら不備があり20日に間に合わないというケースもありますので、契約先のプロバイダがいつを締め日に設定しているのか必ず確認しましょう。

WiMAXプロバイダの途中解約時にできるだけ損をしない方法

では、どうしても契約途中に解約したいという場合はどうしたらいいのでしょうか。

契約解除料を払う必要があるので、出来るだけ損しないほうがいいですよね。

キャッシュバックを受け取ってから解約する

先ほどご紹介したキャッシュバック特典は、契約後1年前後のキャッシュバック付与時期にWiMAXを解約しているとキャッシュバックが受けられません。

ということは、キャッシュバックの付与時期まで解約するのを我慢していれば、キャッシュバックを受け取ることが出来るのです。

契約解除料を払っても、キャッシュバックを受け取ることが出来れば負担は少なく済みますし、逆に相殺することも可能です。

なおキャッシュバックがあるプロバイダは、月額料金割引を行うプロバイダに比べ利用料金が高い傾向があります。

キャッシュバックを受け取る前に解約してしまうと、高い月額料金を払っていたにも関わらず違約金も高いうえに、キャッシュバックは受け取れないしでいいことがありません。

乗り換え時の違約金を負担するプロバイダを契約する

WiMAX自体は使い続けたいけれどプロバイダを違うところに変えたいという場合や光回線からの乗り換えでWiMAX契約をする場合におすすめなのが、乗り換え時の契約解除料を負担してくれるプロバイダを選ぶことです。

BroadWiMAXには、他プロバイダからの乗り換えの際に違約金相当額をキャッシュバックするキャンペーンがあります。

Broad WiMAXの申し込みの際に乗り換え元のWiMAXプロバイダの契約書をメールで送れば、上限19,000円の範囲でキャッシュバックを受けられる仕組みです。

前のプロバイダをうっかり自動更新してしまったとき、端末を新しくするついでに乗り換えるなど活用できる場面は多いでしょう。

 

解約方法

解約の方法はプロバイダにより異なり、電話で解約可能なプロバイダもあれば、公式サイトや郵送で解約可能な場合もあります。

そして解約手続きを月の途中でした際、解約が月末になるか当日になるかの判断もプロバイダによりまちまちです。

解約を検討した際には契約したプロバイダに確認しておきましょう。

まとめ

WiMAXの契約は通常2年縛りですから、可能であれば契約更新月まで使い続けたほうがいいでしょう。

しかしサービスエリア外に引っ越したり、端末が壊れてしまったけれども補償サービスに入っていないし機種変更もできない場合は契約期間中でも解約せざるを得ません。

解約する時点でどれくらいの期間契約しているかを把握するのは、契約解除料を知るためにも重要です。

まずはマイページやサポートで契約期間と違約金の額を確認しましょう。

解約するタイミングにしても、たとえば契約更新月が近い場合、残りの月数で払うべき月額利用料のほうが違約金より安くなる場合があります。

あるいはキャッシュバックをまだ受け取ってないのなら、受け取ってから解約する方が違約金とキャッシュバックが相殺になることもあり得ますよね。

契約期間内の途中解約は契約解除料がかかり、決して安いとは言えない額です。

どうしても高い契約解除料を払わなければならない、タイミング的に違約金が安く済むところがないのならば、Broad WiMAXのような違約金を負担してくれるプロバイダへ乗り換えるのも一つの手ですよ。

WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.