WiMAX WiMAXのキャッシュバック・キャンペーン

WiMAX契約者が心得ておくべきキャッシュバックの注意点

投稿日:2016年9月2日 更新日:

 

WiMAX2+の数あるキャンペーンの中で代表的なのは、キャッシュバックと月額料金割引です。

お得になる金額は一見するとキャッシュバックキャンペーンの方が大きいものの、キャッシュバックの受取手順の煩雑さや、受取りに1年近い待機期間があることから、ユーザー目線に立つと積極的にオススメできるものではありません。

キャッシュバックは受け取りそこなった際のダメージの大きさをきちんと考慮して選択するようにしましょう。

プロバイダはキャッシュバックを出来るだけ支払わなくて済むように、わざと受け取りにくい仕組みを作っていることを覚えておいて下さい。

WiMAX2+のキャッシュバックについて

WiMAX2+は月額最大4,380円と高めの価格設定がされているポケットWiFiサービスです。

しかし複数のプロバイダが展開しているキャッシュバックキャンペーンでは、キャンペーン元のプロバイダに入会することで2~3万円程度がキャッシュバックされます。

このキャンペーンを利用することで月額料金を大幅に引き下げて、ライバルのY!mobileや格安SIMに負けない月額料金を提供する仕組みになっているのです。

プロバイダの中には、他にも月額料金割引や初期費用無料・タブレットのプレゼントのキャンペーンもありますが、中でも注目され人気があるのは、キャッシュバックキャンペーンです。

その理由はユーザーにとっては2年間の総費用がその他のキャンペーンよりお得になり、プロバイダは【30,000円キャッシュバック】と言った具合にインパクトのある広告表示が可能になるからです。

他にもキャッシュバックの受取りを遅らせることで、受取りミスによる支払い義務無効化や税務的に有利になるなど、プロバイダ側のメリットはかなり大きい物になります。

ユーザーのお得に使いたい心理と、プロバイダの注目を集めつつ損失は最低限にしたい思惑がマッチするためキャッシュバックは双方から人気なのです。

キャッシュバックが100%悪いとは言いませんが、高額になるプロバイダほど受け取りまでの待機期間や手続きの手間が増えることは覚えておきましょう。

リスクよりもリターン!キャッシュバック最高額プロバイダは?

WiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンについてより具体的にイメージいただくために、以下、WiMAX2+各プロバイダが展開する主なキャッシュバックキャンペーンの比較表を記載します。

プロバイダ名 キャッシュバック額
1位 GMOとくとくBB 平均29,000円 引用元:GMOとくとくBB
2位 3WiMAX 固定28,000円 引用元:3WiMAX
3位 PEPABO WiMAX 平均23,500円 引用元:PEPABO WiMAX
4位 So-net/nifty 平均20,000円 引用元:So-netnifty

表に記載したように、キャッシュバック額が最も多いのはGMOとくとくBBです。

しかし、キャンペーン内容について疑問に思う口コミがあるのもGMOとくとくBBです。

このGMOとくとくBBのキャンペーンの口コミは、他のプロバイダのキャッシュバックキャンペーンを利用する場合でも同様に参考になります。

なお、参考までにGMOとくとくBBのWiMAXサービスのその他の特徴は以下の通りです。

初期費用

WiMAX事務手数料の3,000円のみ

※端末は無料で提供

月額料金

<通常プラン(データ通信量月間7GB)>

3,609円

<ギガ放題>

4,263円(2ヵ月間は3,609円)

契約解除料

契約は2年間、契約満了月の翌月以外は契約解除料が発生

端末を受け取った月とその翌月を1ヶ月目とし、24ヶ月以内の解約は契約解除料24,800円

26ヶ月目以降も、契約更新月の以外は9,500円

参照元:GMOとくとくBB

キャッシュバック受取りの流れ【例:GMOとくとくBB】

キャッシュバックはプロバイダごとに待機期間や受取りの手順に若干の違いがあります。

例えばGMOとくとくBBでは、契約してから約11ヵ月後に、GMOとくとくBBが発行する「基本メールアドレス」宛に振込先口座登録に関する案内メールが送られてきます。

そのメールに従って、メール本文内にリンクされた「振込口座登録専用ページ」から口座情報の登録をおこなうのです。

この手続きが厄介なところは、メールが送られてから約1ヵ月以内に行う必要があることです。忘れたり、見落としていても保証はありません。全て自己責任なのです。

登録が完了すると「ご指定口座確認通知メール」が送られます。

これをもってキャッシュバックのための手続きが完了したことが確認できるわけです。契約して12ヶ月目。

これでようやく、翌月末に指定した口座に振り込みが行われるのです。

結果、契約してからキャッシュバック金額を受け取るまでに最短1年の待機期間となりました。

 

キャッシュバック受け取りの注意点

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの申込手順は、一見するとそれ程難しくないように見えますがいくつものデメリットが潜んでいます。

さらに、申込手順を一通り説明されただけではわからないポイントもあるのでさらに注意しなければなりません。

 

まず、問題なのは口座登録の手続きをする時期です。

最初の契約時に口座登録ができればよいのですが、申込をしてから約11ヵ月もそのことを覚えている人がどれだけいるでしょうか。

契約して11ヶ月という時間がたってから、日時の予告もなく突然メールが送られてくるのは不親切です。

 

さらに問題なのは、申込に必要な情報が記載されたメールが送付される「基本メールアドレス」です。

このメールアドレスはWiMAX契約時に新たにGMOとくとくBBによって発行されるもので、日常使うことがなければ11ヶ月後には存在を忘れてしまいがち。

キャッシュバックの手続きに必要なメールが送られてきても、気付かず放置することになりかねません。

気づかなければ口座登録をしなければならない約1ヵ月間の期限を過ぎてしまい、キャッシュバックは受け取れず残るのは高額な月額使用料のみ。

当然期限が過ぎた場合の救済措置もありません。

 

 

メールアドレスを忘れたら確認方法が煩雑で時間がかかる

基本メールアドレスは入会後に郵送で届く登録証に記載されていますので、万が一基本メールアドレスを忘れても登録証が手元にあれば確認できます。

しかし、登録証自体をなくしてしまった場合は再発行をする必要があります。

 

手続きはウェブで完了できますが、登録時にした記載通りに入力する必要があります。

というのは、再発行依頼フォームにあるチェックリストの中に、

ご入力のお客さま情報が弊社の登録会員情報と1箇所でも相違した場合、ご依頼は無効となり、登録証は発行いたしません。

引用元:GMOとくとくBB

と記載されているからです。

つまり、申込時の入力と一字一句でも間違っていると再発行できないのです。

 

チェックリストにはさらに、

また、発行不可だったことは弊社からお客さまへはご連絡いたしません。

引用元:GMOとくとくBB

とも記載されています。

万が一入力内容の相違で発行できなかった場合でも連絡が来ないので、発行できたかどうかは1週間から10日後に登録証が届くかどうかでわかります。

その間には、手続きが正しかったどうかを確認するすべがありません。

仮に10日待って登録証が届かなかった場合、そこから改めて、登録証の再発行を申し込んでさらに10日程度待たなければいけなくなります。

基本メールアドレスがわからず、登録証も紛失し、申込時の入力内容を覚えていないならば、ひとまずサポートセンターに連絡をしましょう。

 

サポートに電話が繋がりづらい

GMOとくとくBBの電話サポートは、混み合って繋がりづらいことがあります。

gmosupport

引用元:GMOとくとくBB

この画像にある通り、混み合いやすい月曜を避けるか、あるいはメールや問い合わせフォームから連絡しましょう。

確実にキャッシュバックを受け取るには、早め早めの行動が必要です。

 

 

手続き完了・失敗の連絡がない

キャッシュバックキャンペーンの手続きが完了したことや、問題があって完了できなかったことの連絡はありません。

注意事項のページには、

  • (略)また、振込時期までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されません。
    1.特典対象接続サービスの変更
    2.特典対象接続サービスの解約
    3.未納によるサービス一時停止または強制解約
    4.ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座またはお受取口座情報に不備がある場合
    5.その他GMOとくとくBBが対応困難と認めるものがあった場合
  • ご指定口座確認のご案内メールにて振込先指定の連絡をいたしますが、振込日、振込の完了に関する個別のお客様への連絡は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

引用元:GMOとくとくBB
という箇所があります。

たとえば、登録する口座情報に誤りがあった場合などキャッシュバック特典は無効になりますが、その連絡もないためユーザーはずっと待っている必要があります。

入金されるべき期限が過ぎてようやく気付けるわけです。

 

これらの注意事項を事前に確認するには、申し込みフォームへ移動する前に、リンクをクリックしてそのページへ移動する必要があります。

gmowimaxcashback

引用元:GMOとくとくBB

端末を選ぶページや住所などを入力するページからは注意事項のページに移動できないので、「お申込みはコチラ」をクリックする前に確認しましょう。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは上記のように、申込手順にいくつもの問題点があります。

一方、他のプロバイダが展開するキャッシュバックキャンペーンについても、すぐにキャッシュバック特典を受け取れなかったり契約後しばらくたってから専用の手続きをしなかったりする点はだいたい同じです。

他社のキャッシュバックキャンペーンについても、差こそあれ同じデメリット・注意点が存在します。

こうやってまとめてみると、キャッシュバックはできるだけ払いたくない、という確固たる意志すら感じられますね。

まとめ

キャッシュバックキャンペーンは2年総額や実質価格を語る上では魅力的ですが、1年待機して所定の手続きを経ないとキャッシュバックは受け取れません。

その受取手続きもにフォローやサポートが得られないなど、プロバイダ側が決して損をしない仕組みとなっています。

受け取り損ねてもそれは申請者の自己責任となりますので、誰かが保証してくれることもないのです。

WiMAX2+のプロバイダ選びは、確実性のない見せかけの安さだけ見て判断せず、デメリットにもしっかり目を向けて考えるとよいでしょう。

WiMAX, WiMAXのキャッシュバック・キャンペーン

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.