WiMAX WiMAXの選び方

WiMAXを比較して分かった失敗しないプロバイダ選び!

投稿日:2017年2月5日 更新日:

モバイル通信は1度契約すれば当分乗り換えることはないので、申込に失敗して後悔したくはないですね。

WiMAX2+を契約する場合はそもそも他の回線と比較してWiMAX2+を選ぶのが適しているのかということから、通常プラン・ギガ放題プランどちらを選ぶか、ルーターやプロバイダは何を選ぶかということまで選択を間違わなければ後から後悔することがないでしょう。

それぞれポイントを抑えて比較してみてください。

 

WiMAX2+と他のインターネット回線との比較

 

インターネット回線は、高価な家電製品を選ぶのと同じかそれ以上に選ぶのが難しいですね。

家電製品と同様に1度契約したら長く使うものですし、毎月の料金のことを考えると必要な費用は、家電製品を買うのと同じか場合によってはそれ以上になります。

自分の利用にあったサービスを慎重に選びたいものです。

 

そのための第一のポイントは、回線の種類に何を選ぶかです。

ここではWiMAX2+と固定回線(フレッツ光ネクスト)・ワイモバイル・大手携帯キャリアの大容量プランを比較した場合の、それぞれのメリット・デメリットを説明します。

 

固定回線(フレッツ光ネクスト)とWiMAX2+の比較

 

WiMAX2+が他のモバイル通信サービスと比べ際立つメリットは、最大440Mbpsの高速なモバイル通信の利用にあたって、月間データ通信量の上限がないことです。

その点はフレッツ光ネクストなどの固定回線と同じで、膨大なデータ通信量を消費する動画やビデオチャットなどを利用し放題です。

 

また本来モバイル通信用のサービスであるWiMAX2+を固定回線代わりに使うことで、固定回線の代金をそのまま節約することもできます。

その上WiMAX2+なら固定回線と異なり工事が不要で、Broad WiMAXやUQコミュニケーションズといった一部プロバイダなら、必要な機器が最短申込即日に発送されるので申込翌日に利用開始することも可能です。

 

これだけ聞くと、WiMAX2+の方がメリットばかりのように見えますね。

しかしフレッツ光ネクストなどの固定回線と比較すると以下デメリットがあります。

 

デメリット1:固定回線の方が通信速度・安定性が高い

最大1Gbpsにもなるフレッツ光ネクストなどの固定回線と比較すると、最大440Mbpsのモバイル通信であるWiMAX2+は通信速度や安定性が劣ります。

そのためたとえば4Kレベルの超高画質な動画を鑑賞する際や、HD画質の動画を複数端末で同時に視聴する際、FPSのように回線の安定性を厳しく問われるオンラインゲームをする際は固定回線の方が適切です。

 

デメリット2:3日間10GBの速度制限がある

WiMAX2+ギガ放題プランは月間のデータ通信量に上限はありませんが、回線混雑回避のため3日間で10GBという大容量のデータ通信量を消費した場合、その翌日の18時~翌々日の2時頃まで概ね1Mbpsの通信速度制限がかかります。

この速度であれば標準画質動画の視聴には問題ありませんが、それより高画質な動画を鑑賞することはできません。

ただ、10GBのデータ通信量といえば、高画質(HD画質)のYouTube動画を約13時間視聴できるので、毎日平均4時間の動画鑑賞であれば、制限を気にする必要がない数値でもあります。

加えて制限期間中でも18時から2時以外では速度制限が発生しないことから、デイタイム利用者は速度・データ量が実質無制限で利用できるともいえます。

 

デメリット3:WiMAX2+は2人以上の回線共有が難しい

これは当然のことですがWiMAX2+を外出先で利用する場合、モバイルWi-Fiルーターを外へ持ち出すと、自宅でWiMAX2+を利用したインターネットができません。

家族のうちで2人以上頻繁にインターネットを使うのであれば、WiMAX2+を固定回線代わりに使うのに注意が必要です。

 

これら3つの注意点を検討して問題がないようであれば、WiMAX2+を固定回線代わりに使って通信費用を節約するのもおすすめです。

たとえば学生の一人暮らしや単身赴任などで、FPS・4K動画など固定回線レベルの利用をする予定がなく、さらに3日10GBの通信量制限に抵触しない程度のインターネット利用であれば、WiMAX2+なら通信料金を節約できますし1度契約を検討してもよいですね。

 

ワイモバイルとWiMAX2+の比較

 

ソフトバンクが運営するポケットWiFiサービス「ワイモバイル」では、通信方式にAXGPを利用するアドバンスモードを使うと、WiMAX2+と同じく月間データ通信量による制限なしで高速なモバイル通信サービスを利用することが可能です。

月額料金はたとえばアドバンスモードが利用可能な「Pocket WiFiプランL」なら4,380円となり、WiMAX2+の代表的なプロバイダUQコミュニケーションズでギガ放題プランを契約するのと同じです。

さらにワイモバイルはWiMAX2+より屋内や地下で繋がりやすいLTEを通信回線として利用していることもメリットと言えます。

しかし以下にあげる2つの理由から、高速なモバイル通信をたっぷり快適に楽しみたいならWiMAX2+がおすすめです。

 

理由1:アドバンスモードよりWiMAX2+の方が提供エリアは広い

ワイモバイルのアドバンスモードで利用するAXGPとWiMAX2+の提供エリアを比較した場合、以下のようにWiMAX2+の方が広いです。

 

WiMAX2+の東京近郊での提供エリア(色がついている部分が提供エリア)

 

ワイモバイルの東京近郊の提供エリア(青い部分がAXGPの提供エリア)

 

AXGP以外の回線で通信を行う場合(標準モード)、ワイモバイルでは月間データ通信量の上限が7GBまでとなります。

モバイル通信を利用するなら、提供エリアが広い方が使い勝手がよいですね。

 

理由2:WiMAX2+の方が通信量制限は緩やか

ワイモバイルの標準モードでは月間7GBのデータ通信量制限があり、それを超えると月末まで最大128Kbpsという低速な通信になります。

最大128kbpsでは動画の鑑賞はできないことはおろか、ホームページが開くのにも時間がかかるでしょう。

またそれ以外に標準モード・アドバンスモード関わらず3日間3GBの速度制限があり、この速度制限に抵触した場合、当日6時~翌日6時まで通信速度が遅くなります。(制限後の通信速度は公開されていません。)

一方のWiMAX2+の速度制限は3日間10GBと、制限に抵触するまでの容量が3倍以上緩やかです。

次に速度制限に抵触する時間は、10GBのデータ通信量を消費した翌日の18時~翌2時とワイモバイルの速度制限の3分の1の長さです。

 

大手携帯キャリアとWiMAX2+の比較

au・ドコモ・ソフトバンクは2016年9月に月間データ通信量20GB・30GBの大容量プランを提供開始しました。

たとえばドコモのウルトラパックでは5GB/月のデータパックプランが月額5,000円なのに対し、20GB/月だと月額6,000円となり1,000円追加するだけで15GB近く利用可能なデータ通信量が増えるのでお得です。

 

ただしあらかじめ契約で決められた月間データ通信量を消費しきると、それを超えて高速なモバイル通信を行うためには1,000円/GBでデータ通信量を追加購入する必要があるので、消費されるデータ通信量が増えれば増える程月額料金が高くなります。

この時、既存の契約に対してWiMAX2+を併用することで月額料金が節約できることがあります。

 

 

30GBのデータパック「ウルトラデータLLパック」を利用したパターンと比較しても、WiMAX2+を組み合わせると月額1,380円高い計算ですが、仮にデータ通信量2GB追加するとウルトラデータLLパックを使ったパターンでは月額12,000円となり、WiMAX2+を組み合わせた方が安くなります。

消費するデータ通信量がもっと増えれば、WiMAX2+の方がさらにお得です。

 

月間30GBのデータ通信量は一見多いように見えるかもしれませんが、超高画質のYouTube動画を約21時間(1日あたり約54分)鑑賞すれば30GBを消費します。

日ごろの通勤通学の行き帰りや会社の休み時間など、YouTubeの動画を鑑賞したり高画質なオンラインゲームなどをプレイしたりすれば、このくらいの時間は意外と簡単に使ってしまうのではないでしょうか。

WiMAX2+を使えば、月末に近くなって残りのデータ通信量をみて気をもんだり、節約のためにモバイル通信の利用を我慢してストレスを貯めたりすることからも解放されます。

 

通常プラン・ギガ放題プランの比較

WiMAX2+には月間データ通信量の上限がないギガ放題プランの他に、月間データ通信量7GBまでの通常プランもあります。

それぞれ月額料金はUQコミュニケーションズの場合で、ギガ放題プラン「UQ Flat ツープラスギガ放題」なら月額4,380円(契約から最大3ヶ月は3,696円)、通常プラン「UQ Flatツープラス」なら3,696円です。

 

仮に通常プランで月間7GBのデータ通信量を消費しきると、月末まで通信速度は最大128Kbpsに制限され、ネットサーフィンも快適にできない状態になります。

そのためギガ放題プラン・通常プランのどちらを利用するかは、月間7GBのデータ通信量を消費する可能性があるか否かとなり、少しでもその可能性がある場合、もしくはモバイル通信を我慢せずにたっぷり利用したい場合はギガ放題プランの利用がおすすめです。

7GBってどのくらい?

ここで気になるのは7GBというデータ通信量で一体どれくらいのことができるか、ということですね。

以下、参考までに目安となる表を記載します。

 

ネットサーフィン

メール送受信

LINEの利用

Skypeの利用

YouTubeの利用(1回5分の動画を鑑賞する場合)

 

この中で、ネットサーフィンやメール送受信、LINEでのテキスト送受信、音声通話で利用されるデータ通信量は多くないので、月間7GBのデータ通信量を消費することはないでしょう。

そのためこれらの利用がメインなら通常プランで十分です。

 

一方、YouTubeやSkypeビデオ通話のように動画に関わる利用は膨大なデータ通信量が消費されます。

たとえばYouTubeの超高画質(1080p)だと月間約5.1時間の鑑賞で7GBのデータ通信量を消費するので、利用したいなら通常プランだと物足りなくなると想定されます。

その場合はギガ放題プランがおすすめです。

 

ルーターの選び方

WiMAX2+の端末にもそれぞれ特徴があり、目的によって選ぶべき端末も違います。

WiMAX2+をどう使うかによって機種選択をする必要があるため、機種の特性を知ることも重要です。

 

ホームルータータイプとモバイルWi-Fiルータータイプの比較

WiMAX2+機器選びの最初のポイントになるのはホームルータータイプとモバイルWi-Fiルータータイプのどちらを選ぶかです。

まずホームルータータイプは、自宅など同じ場所に設置して使うことに特化したタイプで、利用するにはACアダプタが必要な上にモバイルWi-Fiルーターと比較してサイズが大きいので、外出先に持ち出すのには向いていません。

その代わりモバイルWi-Fiルーターと比較してWi-Fiの性能が高いので、自宅でしかWiMAX2+を使わないならおすすめです。

 

一方のモバイルWi-Fiルーターはバッテリーで動作する上に、ホームルータータイプと比較してコンパクト・軽量なので、外出先で使うのに適しています。

またホームルータータイプよりWi-Fiの性能が劣るとはいえ自宅などで利用することも可能です。

そのため普段は自宅でしかWiMAX2+を使わない場合でも、少しでも外に持ち出して利用する可能性があるのであればモバイルWi-Fiルーターをおすすめします。

仮にWi-Fiの電波が弱かった場合でも、市販の無線LAN中継機を別途購入することで、Wi-Fiの電波をより遠くにとばすことも可能です。

 

モバイルWi-Fiルーターの選び方

WiMAX2+でリリースされる機器のうち大半は、外出先で利用するのに適したモバイルWi-Fiルーターです。

迷うことが多いのも「モバイルWi-Fiルーターの中で何を選ぶか」でしょう。モバイルWi-Fiルーター選びの主なポイントは以下5つです。

 

通信速度

モバイルWi-Fiルーターによって最大通信速度が異なります。

現在販売中のWiMAX2+機器には最大220Mbps~最大440Mbps対応の機種までありますので、通信速度にこだわるのであれば、より最大通信速度が速い機種を選ぶとよいでしょう。

 

バッテリー時間

機種によってバッテリーの持ち時間が異なります。

WiMAX2+の機器はどれもバッテリーの持ち時間が長く、フル充電の状態で通勤通学で1日持ち出しても十分に足りる程ですが、充電を忘れた際や旅行や出張などで長く持ち出す際のことを考えるとよりバッテリー時間の長いものがおすすめです。

モバイルバッテリーがあれば外出先で充電することも可能ですが、モバイルバッテリーはスマホに利用する場合もありますから、出来るだけモバイルバッテリーの世話にならない機器の方が使い勝手がよいですね。

 

コンパクトさ

モバイルWi-Fiルーターによってサイズや重量が異なります。

どの機種もスマホの本体より同じかより小さい程度なのでコンパクトといえますが、重量が数十gほど違っても携帯性に差が出ますから、よりコンパクトな機種を選ぶのがおすすめです。

 

デザイン性

スマホと同様により新しい機種の方が都会的でシャープなデザインに進化しています。

ポケットやバックに入れて普段使いする機器なので、出来るだけ自分の好みに合うデザイン性のよい機種を使いたいものですね。

 

ハイスピードプラスエリアモードの対応可否

WiMAX2+機器の中には、通信状態によってWiMAX2+・LTEのいずれかの通信に切り替えるハイスピードプラスエリアモードに対応した機種があります。

ハイスピープラスエリアモードを使用した月は料金が1,005円加算されたり、ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBのデータ通信量を消費するとその月の通信速度が最大128Kbpsに制限されたりといったデメリットがありますが、郊外へ旅行や出張をしてLTEしか電波が届かなかった際などには便利です。

 

最新の機種を選ぶのが無難ではありますが、新しい機種の方がバッテリー時間が短かったり本体が重かったりすることもありますので、ここであげたポイントを中心に見比べて自分の希望にあった機種を選ぶとよいでしょう。

 

WiMAX2+のプロバイダの選び方

 

WiMAX2+はプロバイダ毎に回線品質で差をつけられないので、より安い料金で利用できるプロバイダが選ばれる傾向があります。

プロバイダによって行っているキャンペーンにも違いがあり、中でも契約することで最大で30,000円程度の高額なキャッシュバックが得られるタイプが注目を浴びています。

 

しかしキャッシュバックキャンペーンにはいくつかの注意点があり、期待していたキャッシュバックを受け取れずに後悔するユーザーも多いです。

ここでは参考までに高いキャッシュバック額を誇ることで知られるとくとくBBを例に、キャッシュバックキャンペーンの注意点を説明します。

なお他社のキャッシュバックキャンペーンについても注意点はほぼ同じです。

 

  1. キャッシュバックを受け取れるのが契約してから約1年後
  2. 契約してから11ヶ月後にキャッシュバックの振込先の口座登録に関する案内メールが送られてくる
  3. 案内メールの送り先はとくとくBBが発行したメールアドレスで、そのアドレスは多くのユーザーが利用していない
  4. とくとくBBが発行したメールアドレス宛にはメールマガジンが数多く送られ、重要な案内メールが埋もれてしまいやすい
  5. 申込書に記載した通りに契約者の情報を入力する必要がある上、仮に間違いがあってもその旨の連絡はない
  6. 案内メールが届いた日の翌月末日までに口座登録の手続きをする必要がある
  7. 情報の登録間違いがあったり期日までに登録手続きが終わらなかったりすると、自己責任となりキャッシュバックの権利を失う

このようにお世辞にもユーザーフレンドリーとは言いにくい仕組みなので、手続きに失敗するユーザーが続出するのも頷けます。

より安全・簡単に費用を節約するのであれば、とくとくBBがキャッシュバックとは別に行っている月額割引のキャンペーンを利用したり、月額料金が安いBroad WiMAXで契約したりすることをおすすめします。

以下、とくとくBBのキャッシュバックキャンペーン・月額割引キャンペーンを利用した場合、broad WiMAXを契約した場合のそれぞれの2年間総額の料金です。

 

とくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを適用した場合

※キャッシュバックを3万円として計算

とくとくBBで月額割引キャンペーンを適用した場合

 

 

Broad WiMAX

ご覧の通りキャッシュバックキャンペーンの方が約8,000円~9,000円お得です。

しかしキャッシュバックが受け取れるのが1年後だったり、手続きに注意点が多くキャッシュバックを受け取れない可能性が高かったりするのを考えると、月額割引のキャンペーンや月額料金の安いプロバイダを検討することをおすすめします。

 

まとめ

WiMAX2+を契約する際は、まず他の回線と比較してWiMAX2+があなたにあっているのかという点から、ポイントを抑えて選択すれば後で後悔することはありません。

他のサービスと比較して、月間数十GB超のデータ通信量を超えて思う存分高速なモバイル通信を利用しつつ、節約もしたいのであればWiMAX2+はおすすめのモバイル通信サービスです。

またWiMAX2+のプロバイダ契約については、キャッシュバックキャンペーンと比較すると、手軽に節約できる月額割引のキャンペーンを選ぶか月額料金が安いプランを選ぶのが安心で手間がないでしょう。

 

WiMAX, WiMAXの選び方

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.