WiMAX

WiMAXは口座振替よりクレジットカード払い!プロバイダやキャンペーンの選択肢が広がる

投稿日:2016年11月29日 更新日:

WiMAX2+を申し込む際は支払い方法としてクレジットカード払いを選ぶのが一般的です。

何等かの理由でクレジットカードを利用できない場合は口座振替を選ぶこともできますが、対応プロバイダは少ないのでプロバイダ選びの選択肢は狭まってしまいます。

その上口座振替を選ぶ場合は必要な手続きが増えたり手数料が発生したりといったデメリットが多いので注意が必要です。

口座振替を選ぶ必要がある場合は、デメリットをよく理解してから申し込むようにしましょう。

 

口座振替での支払いが可能なプロバイダは?

WiMAX2+を申し込む場合、一般的な支払い方法はクレジットカードです。

クレジットカードがない場合は口座振替を利用することもできますが、口座振替に対応するのは以下にあげるプロバイダのみです。

UQWiMAX Broad WiMAX nifty BIGLOBE
口座振替手数料 なし 200円 200円 200円
端末発送のタイミング 申込後すぐ 申込後すぐ 支払い方法確定後 支払い方法確定後

上記表のとおりプロバイダによって口座振替手数料の有無とWiMAX機器発送のタイミングが異なります。

UQとBroadWiMAXはクレジットカード申込と同じ日数で機器がお手元に届きますが、niftyとBIGLOBEでは引き落とし口座が確認されてからの発送になるので、手元に届くまで1週間ほどかかります。

口座振替での申込方法の例

クレジットカードで申し込む場合と比較して、口座振替を選択する場合は必要な手続きや作業が増えます。

UQコミュニケーションズでオンラインからWiMAX2+を申し込む際に、支払い方法で口座振替を選ぶ場合の手続きの手順は以下の通りです。

口座振替でWiMAXを申し込む場合の参考にしてください。

1)オンラインでの申込

オンラインでWiMAX2+を申し込む際に支払い方法を選択することができます。

 

「ご利用料金のお支払方法」の欄で「口座振替」を選択します。

「口座振替」を選択した場合は、口座振替の手続き方法としてWeb申込もしくは口座振替依頼書のいずれかを選択します。

 

Web申込を選んだ場合は、サービスの申込完了後に専用サイトで口座情報を登録することが可能です。

Web申込が可能な金融機関は以下です。

  • (都市銀行)三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行
  • (ゆうちょ、その他)ゆうちょ銀行
  • (地方銀行)一部
  • (信用金庫)一部除く

「口座振替依頼書」を選んだ場合は別途申込書による手続きが必要です。

手続に必要な申込書はWiMAX端末とは別に発送されます。

その申込書に必要事項を記入して同封の返信封筒でUQお客様サポートセンターへ返送します。

2)本人確認書類のアップロード

支払い方法で口座振替を選択した場合は、以下いずれかの本人確認書類の提出が必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類

本人確認書類の提出はFAXや郵送の他にウェブからのアップロードも可能です。

スマートフォンやパソコンでアップロードができるなら、ウェブアップロードが簡単ですね。

なお、申込後30日以内に書類の提出がなされない場合は自動的にキャンセルの扱いになってしまうので注意して下さい。

3) コンビニ支払専用の請求書での支払い

銀行手続きが完了するまでは、振込用紙(「コンビニ支払専用の請求書」)が送付されるので、コンビニエンスストアで支払いを行うことになります。

コンビニ支払専用の請求書による支払いには、支払い手数料として150円がかかります。

以上で、UQコミュニケーションズでの口座振替の登録手続きは完了です。

登録した銀行口座から料金が自動で引き落とされるようになります。

口座振替を選択するメリット

クレジットカードがない場合、個人で選択できる支払い方法が口座振替です。

UQコミュニケーションズでは支払い方法として銀行振込を選択できますが対象は法人のみです。

そのため、口座振替のメリットとしてあげられるのはクレジットカードがなくてもWiMAX2+を申し込めることです。

口座振替を選択するデメリット

WiMAXを申し込む場合は、クレジットカードを利用する方が簡単で面倒がないでしょう。

仮に口座振替を選ぶ必要がある場合は以下にあげる5つのデメリットをあらかじめ把握しておきましょう。

手数料が発生する

口座振替による支払いが可能なUQコミュニケーションズ・Broad WiMAX・nifty・BIGLOBEの4つのプロバイダのうち、UQコミュニケーションズ以外は口座振替の手数料として200円/月がかかります。

クレジットカードで支払う場合はこの手数料は発生しません。

たった200円と思うかもしれませんが、月額約4,000円のサービスに対して200円加算されるなら5%も割り増しされていることになります。

できるだけお安くWiMAX2+を使いたい場合はクレジットカードが便利ですね。

申込に手間がかかる

クレジットカード払いと口座振替を比較した場合、申込手続きはクレジットカードの方が簡単で口座振替は別に手続きが必要です。

クレジットカード払いでの申込の場合はオンライン上の申込だけですみます。

一方口座振替の場合は、標準となるオンライン申込手続き以外に口座番号を登録するための手続きが必要です。

UQコミュニケーションズ・Broad WiMAX・niftyでは申込書による手続きの他にオンラインでの口座登録が可能ですが、BIGLOBEでは申込書による手続きのみとなります。

その上どのプロバイダでも、別途本人確認書類の提出も必要です。

使えるまでに時間がかかる

支払い方法として口座振替を選択できる4つのプロバイダではWiMAX機器配送のタイミングが違うため注意が必要です。

UQコミュニケーションズ・Broad WiMAXはクレジットカード払いと同じく、オンラインでの申込手続きと審査がすむと機器配送に入ります。

一方、nifty・BIGLOBEの場合は支払い方法が確定後に機器が配送されるため、その分だけWiMAX機器の配送が遅れWiMAXが使えるまで時間がかかるので注意しましょう。

WiMAXを早く使いたい場合はクレジットカードで申し込むか、UQコミュニケーションズもしくはBroad WiMAXを選択するのがおすすめです。

選択できるプロバイダが限られてしまう

WiMAX2+は多くのプロバイダによって提供されています。

WiMAXの回線品質や選択できるWiMAX機器の品質は各社ともに変わりませんが、料金やキャンペーン、オプションなどの内容は各社ともに異なります。

そのためクレジットカード払いが使えるなら、自分の希望にあったプロバイダを選びやすいでしょう。

しかし、口座振替を選択する場合は、UQコミュニケーションズ・Broad WiMAX・nifty・BIGLOBEの4つのプロバイダしか選択できず、その分だけ選択肢が少なくなってしまうわけです。

クレジットカードの利用が可能なら、クレジットカード払いで出来るだけ数多くのプロバイダの中から幅広く希望にあった会社を選びたいですね。

クレジットカード払いでないと利用できないキャンペーンがある

各社キャンペーンを展開していますが、中にはクレジットカード払いが前提になっているものがあります。

たとえばBroad WiMAXが展開している「WiMAXスタートキャンペーン」では、Web申込で初期費用18,857円が割引されますがこれはクレジットカード払いが前提です。

口座振替ではこのキャンペーンが利用できません。

このように口座振替ではキャンペーンが選べないことがあるので、お得にWiMAXを使いたいならクレジットカードの利用がおすすめですね。

WiMAX2+はクレジットカード払いがおすすめ

クレジットカードを持っていない方や何等かの理由で作ることができない方は、WiMAX2+の支払い方法として口座振替を選ぶしかないでしょう。

しかしそうでない場合は、多くのプロバイダに対応したクレジットカード払いを選択するのがおすすめです。

クレジットカード払いなら口座振替に対応した4つのプロバイダ以外も選択肢に入れることができますし、手続きも簡単で手数料もかかりません。

クレジット払いを前提としたキャンペーンの利用もできます。

支払いにクレジットカードを利用することのデメリットは特に思い当たりません。

まとめ

WiMAX2+の支払いにはクレジットカードを使うのが一般的で、デメリットも特に見当たらないのでおすすめです。

事情があってクレジットカード払いを選択できない場合は口座振替も選択することも可能ですが、対応したプロバイダは限られる上に手続きが増えたり手数料がかかったりといったデメリットも多くあります。

口座振替を選ぶ必要がある場合はあらかじめデメリットを理解した上で申し込むとよいですね。

WiMAX

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.