WiMAX WiMAXのレンタル

1ヶ月の短期契約できるポケットWi-Fiを調べてみた

投稿日:2016年7月19日 更新日:

引っ越しをして新しい部屋に移った直後、インターネットはまだ開通しておりません。そんな時に短期間だけどこでも利用できるインターネット接続がない物か?調査してみました。

Y!mobile・WiMAX2+の短期契約の有無について

無線回線を利用していつでもどこでもインターネットを利用できるサービスには、様々なものがありますが、近ごろ話題になってきているメジャーなサービスが2つ挙げられ、そのひとつがY!mobile、もうひとつがWiMAX2+だといえます。

Y!mobile・WiMAX2+を利用して短期間だけ使えるインターネット接続サービス、例えば1ヶ月だけこれらの回線を利用してその後は契約を気軽に解除できるというものがあれば、引っ越しの時などに利用しやすいのですが、調べたところ、残念ながらこのようなサービスはY!mobile・WiMAX2+に限ってばありませんでした。

通信大手3社であるNTTdocomo、au、softbankなどで携帯電話やスマートフォンを契約すると、どの会社にもいわゆる2年縛りというルールがあり、これは契約後2年経過した時の月でないと契約を解除できないというもので、無理やり解約してしまうと違約金が発生するというものです。

この2年縛りのルールはY!mobile・WiMAX2+のような通信サービスにも存在していて、通信大手3社と同様に契約後2年以内に解約してしまうと違約金が発生してしまいます。

短期間解約には高額な違約金

wifi-1month1

回線解約時の違約金をまったく気にしないのであれば、契約後1ヶ月だけ通信を利用してから解約をしても一向に構わないのですが、この行為はほとんどの通信会社にとってはルール違反ということになっています。

そのため解約の際に高額な違約金を請求されてしまいます。

これらの違約金は通信大手3社の場合、おおむね10000円前後と相場は決まっているのですが、今回はY!mobile・WiMAX2+について、契約から2年以内に解約してしまった場合の違約金がどのくらいかかるのか、各通信会社のルールについて調べてみました。

まずY!mobileについてですが、こちらは契約後25か月目の月にしか解約が出来ないルールとなっており、25か月目に解約の申し出がないとそこからまた24カ月間の再契約が自動的に更新されてしまう仕組みとなっています。

また25か月目でない月に契約を解除してしまった時に発生する違約金は一律で9500円となっています。

WiMAX2+については契約した月を1ヶ月目と数え25か月目を満了期と位置付けており、26か月目に解約すると違約金が発生しないというルールが決められているようです。またWiMAX2+では解約する月によって発生する違約金にも少しだけ差があります。

例えば契約後1ヶ月目~13ヶ月目で解約してしまうと違約金は19950円、14ヶ月目~25ヶ月目で解約してしまうと違約金は14700円、26ヶ月目の解約にのみ違約金は発生せず、27ヶ月目以降の解約には一律9975円の違約金がかかるというシステムになっています。

さらにどの通信会社も契約時に初期の事務手数料として数千円がかかっているので、契約してすぐに解約するのは通信費以外の費用も掛かりすぎてしまい、ユーザーにとっては大変不利なことですので、お勧めできないと言えます。

1~3ヶ月間借りられるレンタルWiFi

自分で通信契約を行うと、解約時に違約金が発生したり、短期の利用には向かないのですが、それでも短期間Wifiを利用したいという人のために、1日からWifiを借りることが出来るレンタルWiFiというサービスがあるようですので、これについて料金などを調べてみました。

wifi-1month2

あるレンタルWifiサービスを行っている会社のwebページで調べたところ、こちらの会社では最低で1泊2日からWifiをレンタルすることが可能で、1泊2日のレンタル料金は780円でした。これは1日に換算すると390円/日になりす。

こちらの会社では1泊2日~12泊13日のレンタルに関しては1日あたり一律で390円の料金が発生するという仕組みとなっています。また13日以上レンタルしたい場合は1ヶ月レンタルにしてしまった方が安くなるということで、1か月あたりのレンタル料金が適用されます。

1ヶ月あたりのレンタル料金は5450円/月となっていて、これを1ヶ月31日として計算してみると1日あたりのレンタル料金は176円/日となります。

またWifiを1か月以上レンタルしたい場合は2か月、3ヶ月、4か月、5か月、6か月と少し長期レンタルのプランも用意されています。

例えば3ヶ月レンタルする場合は14300円/月で、これを1ヶ月に換算すると4766円/月で、1日に換算すると157円/日となり、自ら通信会社と契約した時の料金と比較してもさほど変わらないくらいでしたので、引っ越しなどの際の仮の通信として利用されている方にとっては願ってもないサービスと言えますね。

レンタル料金以外には片道486円の送料がかかりますがそれを考えても割安であると思います。

Try WiMAXは2週間無料だが本来の使い方ではない

WiMAXでは利用者拡大のために2週間だけ無料でWiMAX端末を貸し出してお試で利用してもらうというサービスを展開しています。このサービスはTry WiMAXというサービスで、インターネットなどで申し込みを行うと自宅までWiMAX端末が送られてきます。

2週間(15日)だけWiMAXを無料で体験した後に端末を郵送にて返却するというものです。

このサービスを利用して、引っ越し直後のインターネット空白状態を埋めることも可能と言えば可能なのですが、この行為はWiMAXを今後も利用する気が無いのでしたら本来のこのサービスの趣旨からが少しずれていると思われますので、そのような目的の利用方法は控えた方が良いでしょう。

解約金0円の格安SIMは短期解約向き

WiMAX2+やY!mobileについては解約できる時期に2年間の縛りがあり、契約してから2年が経過したタイミングの時に解約をしないと違約金がかかってしまうということを書きました。

しかし最近話題の格安SIMについては、WiMAX2+やY!mobileのような2年間縛りのルールは存在しないようで、音声通話を利用せずにインターネットを利用するデータ通信SIMについてであれば、ほとんどの会社では使い始めてからいつでも解約ができ、いつ解約しても違約金は発生しないというルールになっています。

ほとんどの会社でと書いたのは、中には例外の会社もあるということで、その例外の会社でも契約後2か月後には違約金を払わずに解約できるようです。いつ解約しても違約金が発生しないのであれば、格安SIMのデータ通信サービスを引っ越し時などの短期のインターネット利用に活用するのも良いかと思われますね。

しかし格安SIMを契約するのにも事務手数料として最初に3000円くらいの手数料がかかってしまうため、契約して1ヶ月で解約してしまうのは、支払った事務手数料について少しですが損した気分になるかもしれません。

また、格安SIMでは、音声通話のついていないデータ通信SIMに関してはいつ解約しても違約金は発生しませんが、電話の出来る音声通話SIMについては、違約金という名目ではなく、解除調定金という名目で1年以内に解約すると支払が発生してしまいます。

wifi-1month3

この解除調停金は契約開始から1年間適用され、例えば契約後すぐに解約してしまった場合には12000円というWiMAX2+やY!mobileの違約金並みの高い金額が発生してしまいます。

この解除調停金は(12か月―利用した月数)×1000円という計算式で計算されるため、例えば契約後6ヶ月目での解約には6000円、契約後9ヶ月目での解約には3000円となり、長く使えば使うほど解除調停金の金額は少なくなっていきますのでWiMAX2+やY!mobileの違約金よりユーザーの負担は少ないと言えるでしょう。

スマホのパケット節約を見越してWiMAX2+を契約するのもおすすめ

引越した時でも、スマートフォンに関しては常にインターネットが出来る状態にあるので、例えばスマートフォンのデザリングという機能を利用してパソコンをインターネットに繋げば、数日でしたらインターネット空白状態をしのぐことが出来るかもしれません。

しかしスマートフォンのデータ通信量には、1ケ月に利用できる上限の通信量が設けられており、一定のデータ通信量を越えてしまうと通信制限がかかってしまって、通信速度が極めて遅くなってしまうという宿命をあわせもっています。

スマホで月々に通信できるデータの量を気にせずに、インターネットを楽しみたいのなら、スマホの契約の他にWiMAX2+の無制限でデータ通信が出来るプランを契約し、スマートフォンの契約は料金の安い最低量のデータのみ受信できるプランにして、WiMAX2+とスマートフォンの2本立てで通信をするのがおすすめです。

この場合、基本的にインターネットは全てWiMAX2+の通信を利用して行うようにしましょう。

そうすれば、データ通信量を気にすることなく、いつでもどこでも、スマートフォンでも、タブレットでも、PCでも通信が出来るので快適なインターネットライフを満喫できることでしょう。

通信大手3社(docomo、au、softbank)でスマートフォンの最低料金プランを契約し、WiMAX2+を別に契約した場合の月々の利用料金について調べてみました。

wifi-1month4

WiMAX2+の通信し放題のサービスはギガ放題というサービスで、こちらは月々4380円という料金です。

通信大手3社については、データ通信は最低の通信量のものを選択し、通話については通話し放題を選択すると、docomo、auはともに、通話し放題2700円+通信最低量の料金が月に2Gまでで3500円、これをWiMAX2+の料金と合わせると月に10880円となります。softbankのみ最低通信量が他の2社よりも少ない1Gのプランが用意されているのでそちらを適用するとトータルで10,280円となり他の2社よりも600円安くなります。

いずれにしても月に10,000円ちょっと支払えば、電話はかけ放題、通信はWiMAX2+を利用して通信量を気にせずに通信し放題ということが実現します。またWiMAX2+を契約していれば、いつでもどこでも通信できるので、引っ越しなどの際もインターネットの空白時期はなくなりますね。

WiMAX, WiMAXのレンタル

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.