Speed Wi-Fi NEXTW02のレビュー

更新日:

 

W02

 

W02とは?

「Speed Wi-Fi NEXT W02」(以後W02)は、2016年2月19日に発売開始されたWiMAX2+通信対応モバイルWi-Fiルーターです。

以前まで主流であったWiMAX通信に初めて対応しなかったW01の後継となるモデルで、バッテリーの残量によってキャリアアグリゲーション(CA)が自動的にオフとなる省電力モードと、過去3日間の通信量を本体に表示する機能が新たに追加されました。

W02のスペック

製品名Speed Wi-Fi NEXT W02
発売日2016年2月19日
対応ネットワークWiMAX2+/au 4G LTE
通信技術CA(キャリアアグリケーション)
Wi-Fi規格2.4GHz:IEEE802.11n/g/b
5GHz:IEEE802.11ac/n/a
サイズW121×H59×D11.1mm
重量約119g

 

W02のメリットとデメリット

W02のメリット

CA対応で最大通信速度220Mbps実現

W02は周波数の異なる複数の周波数帯の電波(キャリア)を集めて(アグリゲーション)通信の高速化を実現するキャリアアグリゲーション(CA)に対応しました。

W02ではCAによって最大110Mbpsとなる別々の周波数帯の電波を2つ束ねて最大220Mbpsの高速通信を実現しています。

ハイスピードプラスエリアモードの利用が可能

W02は提供エリアが広いau 4G LTEの通信に対応しています。

端末の設定をWiMAX2+通信を行うハイスピードモードからハイスピードプラスエリアモードへ変更することで、WiMAX2+の電波が届かない場所でもau 4G LTE回線で継続してインターネットに接続することが可能です。

WiMAX2+とau 4G LTEの通信は、ネットワークの通信状況に応じて自動的に切り替えられます。

なおハイスピードプラスエリアモードの利用にあたっては、以下2つの点に注意が必要です。

 

オプション料金が発生する

ハイスピードプラスエリアモードの利用にあたって契約は必要なく、端末の設定を変更するだけで利用可能ですが、一度でもハイスピードプラスエリアモードで通信すると、その月はLTEオプション料金として1,005円が追加されるので注意しましょう。

日割や利用したデータ通信量による割引はなく、その月は1,005円の料金が満額で加算されます。

月間データ通信量7GBの通信量制限がある

ハイスピードプラスエリアモードにて月間データ通信量が7GBを超えると、月末までのWiMAX2+及びau 4G LTEの通信速度が両方とも最大128Kbpsまで制限されます。

この通信速度制限は、データ通信量が使い放題のギガ放題プランのユーザーも対象です。

WiMAX2+には月の途中でデータ容量を追加購入するシステムはないので、仮にこの制限に抵触した場合は月末まで最大128Kbpsの通信を利用するしかありません。

最大128Kbpsの通信では動画視聴ができないことはもとより、ホームページが表示されるまでも時間がかかるようになります。

速度制限がかかると月末まで快適にインターネットを利用することができなくなってしまうので注意しましょう。

タッチパネルで操作が可能

W02は本体に約2.4インチのカラータッチパネルを搭載しているため、操作を直観的かつ簡単に行うことができます。

自宅にモバイルWi-Fiルーターが届いて接続設定をし終わった後は、操作を頻繁に行うことはないかもしれませんが、いざ設定を変更する際にタッチパネルを使って簡単に操作できるのは助かりますよね。

省電力機能の搭載

W02は前モデルのW01と比較しても省電力に関する機能に優れています。

W02で選択できるパフォーマンス設定の選択肢は以下の3つです。

モード名ハイパフォーマンスノーマルバッテリーセーブ
機能パフォーマンス重視モード/CAを使用バッテリー残量によってCAの利用を停止する省エネモード/CAは使用しない
連続通信時間6時間30分7時間8時間30分

通信モードがハイパフォーマンス・バッテリーセーブの2種類しかないと、バッテリー残量を気にしてモードを切り替えるタイミングを自分で測って操作しなければなりません。

バッテリー残量がほとんどなくなるか全くなくなった時点で気づいて「もっと前にバッテリーセーブに切り替えればよかった」と後悔することもあるでしょう。

その点ノーマルモードならバッテリーの残量によって自動的に省電力を実行してくれるので便利ですね。

WiMAX2+の通信を利用する場合なら、ハイパフォーマンスに比べノーマルモードでは約30分間バッテリーの持ちを長くすることができます。

通信量カウンターで過去3日間の統計表示が可能に

通信量カウンターはモバイルWi-Fiルーターで発生した通信量を統計・表示する機能です。

前モデルのW01では1ヶ月分の通信量の統計表示のみでしたが、W02では過去3日間の統計が表示できるようになりました。

WiMAX2+には3日間で10GBのデータ通信量を消費した場合に、回線混雑回避のための速度制限があります。

この通信制限では過去3日間の通信量が10GBを超えた場合に、翌日の午後6時から翌々日の午前2時まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

この程度の速度制限なら、You Tube動画の標準画質視聴時だけでなく、ホームページの閲覧やLINEでのメッセージ送受信・音声通話を含めて制限がかかる前と同じように利用できるため、仮に速度制限がかかっても気づかない場合もあるかもしれません。

ただし、アプリのインストールや更新をする際など、10MBを超えるような重いデータファイルを送受信するような際には、この制限が発生する前後で「速度が遅くなったな」と体感することもあるでしょう。

W02で搭載された過去3日間の統計表示によって、3日間10GBの速度制限の適用状況がユーザー側で把握しやすくなりました。

過去1ヶ月の統計から過去3日間の通信量を想定するのは難しいですよね。

特に月間データ通信量の上限が設定されていないギガ放題プランのユーザーにとっては過去3日間の統計表示は便利に感じるでしょう。

W02のデメリット

バッテリーの持ちが短い

W02は他のWiMAXルーターと比較するとバッテリーの持ちが短いです。

端末名W02W01WX02WX01
最大通信時間約8.5時間約8時間約10時間約11時間

前モデルのW01と比較するとバッテリーの持ちが長くなっていますが、最大10時間を下回るのはW02・W01だけです。

仮に8時間バッテリーが持つとすると、普段1日仕事や学校へ出かける程度ならバッテリー切れせずに使えるかもしれません。

しかしバッテリー充電を忘れてしまった際や遠出した場合などは、よりバッテリーの持ち時間が長い方が助かるでしょう。

モバイルバッテリーを持っていれば後で充電することもできますが、モバイルバッテリーはスマホやタブレットでも使うことが想定されますし、できるだけ外出先で充電をしないで済む機種の方が使いやすいですよね。

他機種と比較して重量がある

モバイルWiMAXルーターのサイズと重量は以下の通りです。

W02W01WX02WX01
サイズ(W×H×D)121×59×11.1mm120×59×10mm110×66×9.3mm109×66×9mm
重量119g113g95g97g

サイズについてはどの機種も大差はないですが、重量はWX02・WX01と他の3機種を比較すると20g程度重くなっています。

私はW03とWX02を使ったことがありますが、WX02は手に持っても気にならない程に軽かったものの、100gを超えるW03は持った時には重さを感じました。

ちょっとの差ですが日常的に利用するものですから、できるだけ重量の軽い機種の方が使いやすく感じられるでしょう。

 

まとめ

モバイルWiMAX端末のW02は前モデルのW01から進化し、バッテリー残量によってパフォーマンスを変えるノーマルモードを備え通信量カウンターで3日間のデータ通信量の合計を参照できる機能を搭載しました。

これによってW01と比較するとW02は使いやすくなっています。

【2018年6月版】おすすめプロバイダ

BroadWiMAX

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

GMOとくとくBB

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

カシモWiMAX

WiMAXの利用料を節約するなら月額1,380円からスタートできるカシモWiMAX!

端末の選択肢が少なくauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

カシモWiMAXで取り扱う端末は新古品だけでなく新品の最新機種もありますが料金プランが違います。

ちなみにパソコンにUSB接続できるTriprouterが購入できる数少ないプロバイダです。

WiMAX, ポケットWiFi

Copyright© わいMAX! , 2018 AllRights Reserved.