UQ-WiMAX WiMAX WiMAX2+

UQWiMAXの口コミと評判!プロバイダとしての評価は?

投稿日:2017年4月22日 更新日:

WiMAXの口コミをみると最大440Mbpsのモバイル通信が月間データ通信量の上限なしに、自宅でも外出先でも思う存分使える点に満足しているとのユーザーの声が見受けられます。

通信速度に関しても、ユーザーの評価は良好です。

一方で屋内では、LTE回線と比較してつながりにくいという口コミがある点は否めません。

こういった口コミを丁寧におっていくことで、よりWiMAXを深く理解して納得してこのサービスをえらぶことができるでしょう。

WiMAXの評判や口コミはどんなもの?

WiMAXの一番のメリットは、最大440Mbpsという高速なモバイル通信が月間データ通信の上限なしにたっぷり使えることです。

以下口コミにあるように、その点を好んでWiMAX2+を契約するユーザーもいます。

とはいえ、WiMAXも速度制限から無縁というわけではありません。

月間データ通信量に上限が設けられていないギガ放題プランを利用する際でも、回線の混雑を回避するために3日間で10GBのデータ通信量を消費した際の速度制限があります。

このデータ通信量を消費すると、翌日の18時頃~翌々日の2時頃まで通信速度がYouTube標準画質の動画が鑑賞できる程度(概ね1Mbps)まで制限されます。

ただ、この速度制限は以下口コミにあるように、他モバイル通信と比較してユーザーにとって優しいものです。

大手携帯キャリアが月間20GB・30GBの消費で月末まで最大200Kbpsという低速通信になる大容量プランを展開しているのと比較すると、UQ WiMAXの速度制限はその1/2~1/3のデータ通信量を3日間で消費しないと実施されないともいえます。

10GBもあればYouTubeの高画質(HD)な動画が約13時間鑑賞できるほどですから、この制限に抵触するユーザーは少ないのではないでしょうか。

ホームページの参照やLINEの利用くらいでは10GBという膨大なデータ通信量はとても3日で消費しきれないです。

また最大200KbpsではYouTube標準画質の動画は鑑賞できないので、その点でもWiMAXの速度制限は、口コミ通りゆるいといえます。

以下のように、どこでも高速通信が使えるUQ WiMAXの特長に満足しているユーザーの声もあります。

外出先でも屋内でも同じ通信回線を使い、快適にインターネットを楽しめるのは便利ですね。

この口コミのユーザーのように、固定回線かわりにWiMAXを利用するユーザーもいます。

またモバイル通信を使う際に気になるのが通信速度ですね。

電波状況によって大きく変化することはありますが、以下のようにWiMAXの通信速度に満足しているといったユーザーの口コミも多く見受けられます。

一方でWiMAXは、2.5GHzという直進性が強い高周波帯の電波を利用しており、700MHz~900MHzの低周波帯の電波を利用するLTE回線と比較すると障害物に弱いため、以下のような口コミがあるのも事実です。

私の個人的な経験でも、建物の奥まった場所や地下ではLTE回線と比べると残念ながら電波状況が悪くなることがあります。

この弱点をカバーするために、自宅では窓際にWiMAX機器を設置したり、コーヒーショップやファミリーレストランのような場所では窓際の席をえらんだりするとよいでしょう。

また電波状況が不安であれば、15日間無料でWiMAXが試せる以下「Try WiMAX」を利用するとよいです。

http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/

また月額1,005円の有料オプションとなりますが、WiMAXの一部機器はLTE回線を利用することもできます。

LTE回線を使うためには申し込みは不要で、通信モードをWiMAX回線のみ使う標準のハイスピードモードから、ネットワークの状況に応じてWiMAX回線・LTE回線に切り替えるハイスピードプラスエリアモードに切り替えるだけです。

ただしハイスピードプラスエリアモードで月間7GBのデータ通信量を消費すると、ギガ放題プランを利用していても、月末まで最大128Kbpsまで通信速度を制限されるので注意しましょう。

ハイスピードプラスエリアモードは便利ですが、本当に必要なときにだけ節約して使うとよいですね。

結局WiMAXは使えるものなのか

月間データ通信量を気にせず高速なモバイル通信を、電波の届く範囲ならどこでも使えるWiMAXは便利なサービスです。

しかしながら、利用が適さないケースもあります。

そういったケースを知ることで、自分にあっているか判断しやすくなるでしょう。

オンライントレード

オンライントレードでは専用のツール上で大量の株式データがやり取りされ、かつそれらはスピーディに確認できることが重要です。

データのチェックが遅れると大事な取引のタイミングを失ってしまうこともありえます。

WiMAXでもオンライントレードはできますが、フレッツ光のような固定回線と比較すると残念ながら通信速度や安定性に劣ります。

そこまでタイミングを気にせずたまに株の売買を行うといった程度ならよいですが、そうでなければ固定回線を利用した方が安全でしょう。

またUQ WiMAXは外出先でもインターネット接続できるのもメリットです。

高速な通信を利用してオンライントレードが行えるのは、投資家にとっては心強いですね。

しかし繰り返すように、残念ながらWiMAXはLTE回線より屋内でつながりにくい傾向があります。

重要な取引をする際に圏外だった、ということでは目も当てられません。

そのため外出先でのオンライントレード用であれば、LTE回線を使ったモバイル通信を利用するか、WiMAXを使う場合でもLTE回線に対応した機種を選えらぶとよいでしょう。

オンラインゲーム

一口にオンラインゲームといっても、パズドラやツムツムのようなパズルゲームやポケモンGOであれば、高い通信品質は求められないのでWiMAXで十分に楽しめます。

一方FPSのように通信速度・応答速度にきびしいアクションゲームであると、UQ WiMAXで遊べないことはないものの、反応に微妙な遅延が生じてストレスがたまる可能性があります。

この場合もやはりフレッツ光のような固定回線の方が適切です。

月々のデータ使用量が少ない場合

月間データ通信量の上限なしにたっぷり高速なモバイル通信を楽しめるのがWiMAXのメリットです。

逆にネットサーフィンやLINEでのテキスト送受信・音声通話程度しかモバイルでのインターネットを利用せず、1ヶ月に消費するデータ通信量が少ない場合はWiMAXは割高になります。

たとえばUQコミュニケーションズで「UQ Flatツープラス ギガ放題」を契約すると月額4,380円、高速なモバイル通信を使えるのが月間7GBまでの「UQ Flatツープラス」であれば月額3,696円です。

一方、シェアの高い格安SIMサービス「OCNモバイルONE」の3GB/月(データ通信専用SIM)を契約すると月額料金は1,100円ですみます。

モバイル環境でオンライン動画をたっぷり楽しみたいなど、データ通信量が大量に必要な時にUQ WiMAXを契約するとよいでしょう。

例に出したOCNモバイルONEで、月間データ通信量30GBのコースは月額6,050円ですが、UQ Flatツープラス ギガ放題なら月額4,380円でそれ以上のデータ通信量を消費することもできます。

速度制限がかかる時間帯を外せるならビジネスユースも可

高品質な画像を外出先で大量に送受信するケースや、モバイル環境でタブレットやノートPCなどを使って頻繁にウェブ会議・ビデオ会議を行うようなケースでは、月間データ通信量の上限なしに使えるWiMAXは一見有効にみえます。

ただし3日間10GBの速度制限に抵触するほど大量のデータ通信量を消費する可能性があると、18時頃~翌2時頃まで通信速度が概ね1Mbps程度になるので注意が必要です。

逆に速度制限の対象でないデイタイムにしかモバイル通信を利用しないなら、ビジネスユースにも適しています。

UQ WiMAXのプロバイダとしての評価

WiMAX回線を使ったサービスは、さまざまなプロバイダが取り扱っています。

そのため通信費用で比較されることが多くあります。

以下、高額なキャッシュバックキャンペーンを展開しているGMOとくとくBBと、月額料金最安級のBroad WiMAXとUQ WiMAXの料金を比較した表です。

  UQ WiMAX とくとくBB Broad WiMAX
月額料金 4,380円(3,696円/~3ヶ月目) 4,363円(3,609円/~2ヶ月目) 3,411円(2,726円/~2ヶ月目)
2年総額 103,068円 103,204円 80,494円
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
端末代 2,800円 0円 0円
キャッシュバック 0円 -29,000円 0円
合計 108,868円 75,004円 83,494円

ご覧の通り、金額ではUQ WiMAXはここで紹介した他サービスと比べて劣っています。

たいしてサポートに関しては、以下のように電話問い合わせの対応時間が他社と比較して長く、電話もつながりやすいのが特長です。

サポート品質に対する評判も悪くありません。

営業時間 サポート電話番号
UQ WiMAX 9:00~21:00(年中無休) 0120-929-818
Broad WiMAX 11:00~18:00(月~土※年末年始休) 0570-002-561
GMOとくとくBB 10:00~19:00(年中無休) 0570-045-109

料金でえらぶならGMOとくとくBBやBroad WiMAXがおすすめですが、サポート品質を重視し安心してWiMAXを使いたいならUQ WiMAXをおすすめします。

まとめ

高速なモバイル通信を、月間データ通信量を気にせず自宅・外出先に関わらずどこでもWi-Fi接続でつかるというWiMAXのメリットには、ユーザーの高い評価が集まっています。

一方、屋内の奥まった場所で電波が届きにくいというマイナスな評判があることも事実です。

また通信速度に定評があるとはいえ、固定回線と比較すると通信速度・安定性は劣るので、オンライントレード・FPSのようなオンラインゲームなど通信品質を厳しく要求される通信にはむきません。

メリットだけでなく、こういったデメリットまで把握した上で、自分の利用にWiMAXがあうか検討しましょう。

UQ-WiMAX, WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.