Toppa! WiMAXの評判と口コミ

Toppa! WiMAX

Toppa! WiMAXは株式会社Hi-Bit(ハイビット)が運営していたWiMAXによるモバイル通信サービスで、2012年3月にいったん販売終了しました。

19,000円相当のWiMAX端末が無料となるキャンペーンや、パソコンとWiMAX機器をセットで預り金100円にて提供するキャンペーンを展開していました。

当時のToppa! WiMAXのユーザーのレビューをみると、問題なく利用できていて満足しているというものや、サポートなどの対応に不満があるといったものが見受けられます。

後継のToppa!モバイル(W)ノーリミットプランはWiMAX2+回線を利用していますが、Toppa! WiMAXから乗り換える前に他のWiMAXプロバイダとWiMAX2+のプランを比較するのがおすすめです。

Toppa!の提供するWiMAXサービスとは

電気通信サービスのToppa!では光回線の高速インターネットサービスやWiMAX回線を利用した高速モバイル通信サービスを扱っており、WiMAXサービスでは「Toppa!モバイル(W)ノーリミットプラン」というプランのみ提供されています。

以前は旧WiMAX回線を利用したプランがありましたが現在はサービスが終了しています。

旧WiMAX回線のToppa! WiMAXはサービス終了済み

Toppa!ではWiMAX回線が月額3,696円で使い放題の「Toppa!WiMAXデータプラン(W)フラット」というプランがありましたが2014年4月4日に販売終了となっており、それ以降の新規契約はできません。

以前から利用契約している場合は引き続き利用できますが、WiMAX回線は2020年3月31日をもって停波が決まりましたので、そちらに切り替えたほうがメリットが多いですね。

Toppa!モバイル(W)ノーリミットプランが後継のWiMAXサービス

Toppa!WiMAXデータプラン(W)フラットの代わりにToppa!モバイル(W)ノーリミットプランという後継プランが提供されています。

こちらは下り最大558MbpsのWiMAX2+高速通信が利用されており、他のプロバイダのギガ放題プランと同様月間データ容量が無制限です。

ゲームでの利用以外にも音楽や動画のストリーミングなど様々な用途でデータ容量を気にせず使うことができますよ。

ただし3日間で10GBを超えて利用した場合、ネットワーク混雑回避のため通信速度制限がかかるのでご注意ください。

対応エリアも公式サイトの情報では全国主要都市の99%をカバー、郊外部や農村部などを含めても全国94%をカバーしておりどこでもつながりますね。

また周波数帯が5GHzの無線LANに対応しているため、電波干渉が少なく安定した通信が可能です。

Toppa!モバイル(W)ノーリミットプランのポイント

Toppa!モバイル(W)ノーリミットプランは25ヶ月目以降の月額料金が高めに設定されており、契約期間も36ヶ月と長めです。

また、契約できるモバイルWiMAXルーターが1種類しかないといった点を考慮したほうが良いでしょう。

Toppa!モバイル(W)ノーリミットプランの料金

月額料金は1~24ヶ月目が4,380円、25ヶ月目以降が5,380円に設定されています。

さらに初期費用として契約事務手数料が3,000円、1電話ごとにかかるサービス利用料であるユニバーサルサービス料が月に3円かかりますがこれは他のプロバイダと同様ですね。

Toppa!モバイル(W)ノーリミットプランの契約期間

契約期間は36ヶ月で、最低利用期間内に解約した場合は契約解除料が発生します。

契約解除料はWiMAX機器代金と合わせて利用開始月に解約した場合最大の45,500円、それ以降は月に1,500円ずつ下がり25ヶ月目~36ヶ月目では9,500円となります。

このような下げ方をしている理由は、おそらく端末代を上乗せしているからと推測されます。

37ヶ月目と38ヶ月目が契約更新月となりこの間に解約すれば違約金はかかりませんが、この期間を逃すと自動で2年間更新となるのでご注意ください。

Toppa!モバイルで契約できるWiMAXルーター

Toppa!のWiMAXサービスで契約できるモバイルルーターはHUAWEIのW04のみです。

こちらは下り最大708Mbpsの高速通信と持ち運びやすいスティック型で人気の機種で、連続通信時間も高速通信のハイパフォーマンスモードで約390分と十分なバッテリー性能を持っています。

重さも約140gと軽いのでどこでも手軽に持ち運んでインターネットができますよ。

Toppa!のWiMAXサービスの評判や口コミ

Toppa!WiMAXの評判を調べると速度よりもサポートについての口コミが多く見られます。ネットユーザーからの評判はあまり良くないようですね。

現在Toppa!でWiMAX2+を利用しているユーザーの口コミは見つけられませんでしたが、料金が高くサポートの質も高いとはいいがたいプロバイダを選択する理由はないでしょう。

Toppa!でWiMAXを契約する前に知っておくべきポイント

Toppa!のWiMAXでは契約期間や契約プラン、取り扱い機種に制限があるので契約前に確認しておきましょう。

WiMAXの通信品質はどのWiMAXプロバイダも同じ

WiMAXでは各プロバイダがMNOであるUQ WiMAXの回線を借りて通信を提供しているので、通信品質はどのプロバイダでも変わりません。

つまりMNOのUQ WiMAXでもMVMOのToppa!のWiMAXでも通信速度や対応エリアは一緒というわけですね。

契約期間の選択肢は3年のみ

Toppa!ではWiMAXプランがToppa!モバイル(W)ノーリミットプランしか用意されていないので契約期間は3年のみとなります。

他のプロバイダですと2年、3年、4年から契約期間が選べるものがありますし、契約途中での解約には高額な違約金が発生するのでToppa!を3年間確実に利用するという場合以外はおすすめしません。

料金プランがギガ放題プランのみ

料金プランは月間データ容量が使い放題のギガ放題プランに該当するものしかなく、月間データ容量に7GBまでの制限がある代わりに月々の料金が抑えられるいわゆるライトプランのようなものがありません。

月にそれほどインターネットを利用しないといったライトユーザーはToppa!のWiMAXでないほうが良いでしょう。

また、他プロバイダでは可能なギガ放題⇔通常プランの行き来ができないのもデメリットです。

3年目の月額料金が他のプロバイダより高い

Toppa!の月額料金は1~24ヶ月目が4,380円、25ヶ月目以降が5,380円に設定されています。

MNOのUQ WiMAXでは月額料金が1~3ヶ月目は3,696円、それ以降はずっと4,380円なのでToppa!ですと3年目の月額料金が高くなってしまいますね。

他のMVNOのプロバイダなら1年目からもっと月額利用料が安いところもありますし、新規契約で高額キャッシュバックがもらえたり月額料金が大幅割引になったりといったキャンペーンもありますのでWiMAXを契約するならばそちらをおすすめします。

端末の選択肢が1種類しかない

MNOのUQ WiMAXや他のMVNOのプロバイダでは複数の種類の機種が用意されていますがToppa!ではWiMAX端末がW04の1種類しかありません。

他の機種が使いたい場合はもちろん、W04はほとんどのプロバイダでラインナップされているので他のプロバイダのほうが選択肢が広がりますね。

契約解除料が高額

例えばUQ WiMAXですと1~13ヶ月間の解約では19,000円、14ヶ月目~25ヶ月目は14,000円、26ヶ月目以降は9,500円の違約金がかかります。

Toppa!では1~13ヶ月間の解約では45,500~29,000円、14ヶ月目~25ヶ月目は27,500~11,000円、26ヶ月目以降は9,500円の違約金が発生するので、2年目までに解約した場合は他のプロバイダよりも高額の違約金を支払うことになりますね。

WiMAXキャンペーンがない

他のプロバイダですと新規契約時に月額料金が数か月割引きになったり高額キャッシュバックがもらえたりといったWiMAXキャンペーンが開催されていますが、Toppa!ではそのようなものは用意されていません。

WiMAXを契約するならBroadWiMAX

WiMAXを契約するなら月額料金、契約期間の自由度、端末の種類の面からBroadWiMAXがおすすめです。

月額料金がToppa!より安い

Toppa!では月額料金が1~24ヶ月目が4,380円、25ヶ月目以降が5,380円なので3年間で総額169,680円となります。

一方Broad WiMAXのギガ放題プランは月額料金が業界最安級と言われ、1~2ヶ月目が2,726円、3~24ヶ月目が3,411円、25ヶ月目以降が4,041円なので3年間総額が128,986円となります。

Broad WiMAXのほうが3年間で40,000円ほどお得になりますね。

さらにauスマホユーザーならBroad WiMAXの「ギガ放題ベーシックプラン」とauスマホの「auスマートバリューmine」に同時加入でauスマホの料金が月々最大1,000円割引になりますよ。

また支払いはクレジットカード払いと口座振替が選択でき、ポイント還元率の高いカードで月額利用料を支払えばさらにお得です。

 

端末の選択肢が多い

Toppa!では契約できる端末はW04のみですがBroad WiMAXならW05、WX04、W04、ホームルータータイプのL01sから選ぶことができます。

WX04は2017年11月に発売された最新機種で下り最大440Mbpsの高速通信とWXシリーズで初めてハイスピードプラスエリアモードに対応しているほか、W04の後継機種W05は上り通信速度が75Mbpsとそれまでの機種の約2倍にアップしていますので選ぶなら断然こちらの機種がおすすめです。

まとめ

Toppa!ではWiMAX2+のギガ放題プランに相当する「Toppa!モバイル(W)ノーリミットプラン」を取り扱っていますが、WiMAX回線のMNOであるUQ WiMAXよりも月額料金が高く設定されています。

さらに契約期間が3年しかないことや取り扱い機種がW04のみであるなど他のMVNOプロバイダに比べ選択肢が狭く限定的です。

率直に申し上げて、月額料金も契約解除料も他のWiMAXプロバイダより高いうえ、口コミによればサポートの質も不十分なプロバイダを契約する理由は見つけがたいです。

WiMAXを契約するなら月額料金が業界最安級と安くて契約期間も2年と3年から選ぶことができ、さらに最新機種のW05を含め多くの機種から選ぶことができるBroad WiMAXをおすすめします。

ポケットWiFiおすすめランキング

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

So-netWiMAX

毎月のようにキャッシュバックや月額料金割引が変更されるSo-netWiMAX。
機種限定で最安値級料金で契約できることもあるので、タイミングさえ合えばラッキーなプロバイダです。
ただ、おとくなキャンペーンは期間限定かつ旧機種が対象なことが多いので、最新端末が欲しい人やすぐに使いたい人には不向きな会社なので★3つ

わいMAX!