GMOとくとくBB WiMAX

とくとくBBWiMAXのキャッシュバック受け取りの流れと注意点

投稿日:

とくとくBBは、業界最大級のキャッシュバックを行うWiMAX2+プロバイダです。

ただし、受取先の銀行口座登録の手続きに気を付けるべき点が多く、キャッシュバックの権利が失効してしまうユーザーが多いので注意が必要です。

たとえばこの手続きに関する指示を記載した案内メールが契約から約11ヶ月後に届き、その翌月末までに銀行口座の登録をしなかっただけでもキャッシュバックはもらえなくなります。

とくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用するか検討する際は、手続きに失敗しないためのポイントをあらかじめ確認しておきましょう。

 

とくとくBBのキャッシュバックは業界最大級!

とくとくBBのWiMAX2+は、インターネットサービスプロバイダからインターネット証券まで幅広く手掛けるGMOインターネット株式会社のサービスです。

高額なキャッシュッバックが行われることから人気のプロバイダとして、よくおすすめされています。

他プロバイダとの比較

とくとくBBのキャッシュバックはWiMAX2+の他プロバイダと比較しても業界最大級。

以下のとおり3WiMAXが28,000円(固定)と近いですが、他プロバイダと比べると5000円以上高くなっています。

WiMAX2+プロバイダとしてとくとくBBを選ぶメリットは、他社より高額なキャッシュバックで通信費用を節約できることです。

価格をメインにプロバイダ選をするなら、検討すべきWiMAX2+プロバイダの1つといえるでしょう。

キャッシュバックの受け取り方法

いつ受け取れるの?

キャッシュバックは契約してすぐにもらえるわけではありません。

契約直後に手に入ることを前提に「WiMAX2+が使えるようになったからタブレットかノートパソコンでも買おうかな」と考えていても、キャッシュバックがもらえるのは契約から約1年後となるので注意しましょう。

またキャッシュバックをもらう前にサービスを解約してしまうと、その権利が無効となります。

とくとくBBからもらったメールアドレスをチェックしよう

キャッシュバックを受け取るためには、契約してから11ヶ月目に配送される案内メールの指示に基づき、受取先の銀行口座を登録する必要があります。

この手続きが案内メール送信の翌月末までに行われないとキャッシュバックの権利が失効してしまうので注意が必要です。

また案内メールが届く宛先は任意に指定できるわけではなく、とくとくBB契約時に提供された「基本メールアドレス」です。

普段はGメールやヤフーメールのようなフリーメールなどを使っていれば、契約してから11ヶ月目には基本メールアドレスの存在自体忘れてしまっていることもあるかもしれませんが、それで案内メールの到着に気づかないと結果的にキャッシュバックはもらえません。

その結果、とくとくBBのキャッシュッバックキャンペーン利用者からは、以下のような不満が多くあがっていることは否めません。

https://twitter.com/micchammm/status/813733254436007939

メールが届かない!そんなときは

基本メールアドレス宛にはGMOからメルマガが多く届き大事な案内メールが紛れてしまいがちな点も、このキャンペーンを利用するのであれば覚えておくべきですね。

このことも案内メールを見落としてしまいやすくなる原因となっています。

メールが見つからない場合、届いていないのでなく他のメールマガジンに紛れている可能性があるので受信箱を見直してみるとよいでしょう。

その他、案内メールが迷惑メールと判定されてしまっている可能性もあります。

迷惑メール用のフォルダやゴミ箱などを確認し、間違って案内メールが振り分けられていないか確認してみて下さい。

それでも案内メールが見つからないのであれば、受け取り手続きには期限があるので早めにサポートセンターへ確認の電話を入れた方がよいでしょう。

万が一手違いなどがあって案内メールが届いておらず、それに気づいていなければキャッシュバックを受け取りそこなう結果になってしまいます。

キャッシュバックの受け取り損ねに要注意

とくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは手続きに注意すべき点が多く、結果的に期限内に手続きを正常に終了できず受け取り損ねてしまうことがあります。

せっかく高額なキャッシュバックを理由にとくとくBBを契約しても、そのキャッシュバックを受け取れなければ本末転倒ですから十分に気を付けましょう。

受け取りが近くなったらこまめにチェック

キャッシュバックの受取先の銀行口座を登録する手続き方法を記した案内メールは、契約から約11ヶ月目に配送されることになっています。
そのためその時期が近付いたら、こまめに基本メールアドレス宛のメールを確認するようにしましょう。

キャッシュバック受け取りのための手続きは、案内メールが配送された翌月末までに行う必要があるので、案内メールの見落としは避けなくてはなりません。

またとくとくBBのWiMAX2+申込時は覚えていても、ずっとキャッシュバックのことを忘れないでおくのはしんどいだろうと想定されますので、申し込み直後にカレンダーなどに印をしておくなど予防のための工夫をしておくとよいですね。

契約してから1年経過して「そういえばキャッシュバックがあったっけ」と思い出しても後の祭りです。

メールアドレスが分からない

基本メールアドレスは、契約時に送られてくる「登録証」に記載されています。

基本メールアドレスをはじめとした契約情報が分からなくなったら、この登録証を見直すようにしましょう。

万が一登録証を紛失してしまった場合は、専用のフォームから再発行を依頼することも可能です。

ただし再発行を依頼する際は、契約時に登録したとおりフォームに契約情報を一言一句間違えず正確に登録する必要があります。

仮に誤りがあると再発行できないばかりか、「再発行に失敗した」通知すらありません。

そのため再発行した登録証が届く筈の1週間~10日前後経過して、はじめて失敗したことに気づくことができるわけです。

その後、再発行を依頼すればもちろんさらに1週間~10日前後の日数が必要となります。

この作業を案内メールが届いた後にしていると期限が過ぎてしまう恐れがあるので、登録証はきちんと保管してなくさないようにしたいですね。

仮になくしてしまった場合でも、案内メールが届く前に速やかに再発行を依頼しておきましょう。

受取口座の登録不備は絶対NG

キャッシュバックを受け取るための口座登録も不備がないようにしましょう。

料金未納があった場合や受け取り前にサービス解約した場合と同じく、登録した受取口座に不備があるとキャッシュバックの権利失効の対象となってしまいます。

 

契約時にキャッシュバックを選ぶと違約金が上がる!

WiMAX2+は2年契約が基本で、2年毎の契約更新月以外に解約すると違約金(契約解除料)が発生することになります。

この違約金はほとんどのWiMAX2+プロバイダで同じですが、一部プロバイダは違約金の額が異なります。

以下とくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを適用した場合と、WiMAX2+の元祖「UQコミュニケーションズ」の違約金の比較表です。

とくとくBBでもキャッシュバックキャンペーンを適用しなければ、UQコミュニケーションズの違約金と同じです。

確実にお得にしたいなら月額割引キャンペーン適用も検討しよう

とくとくBBではキャッシュバックキャンペーン以外に、月額料金を大幅に割り引くキャンペーンを展開しています。

両者の2年間総額を比較した表が以下です。

キャッシュバック額を平均的な29,000円として計算すると、両者の2年間総額には約8,000円の開きがあります。

ただし月額割引キャンペーンには、キャッシュバックキャンペーンのような面倒な手続きはいりません。

また仮にキャッシュバックキャンペーンを適用したにも関わらず、受け取りに失敗すれば今度は逆に20,000円以上月額割引キャンペーンの方がお得です。

キャッシュバック受け取り手続きのリスクやストレスを避けたいなら、月額割引キャンペーンの方が手軽ですし確実ですね。

まとめ

とくとくBBではWiMAX2+を契約することで平均29,000円という高額なキャッシュッバックをもらえますが、手続きに煩雑な注意点が多く失敗するとキャッシュバックの権利を失ってしまいます。

このキャンペーンを利用するなら、その注意点をあらかじめ確認しておきましょう。

GMOとくとくBB, WiMAX

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.