so-net WiMAX WiMAX2+

So-net WiMAX2+速度制限を解説!他のWiMAXとの違いは?

投稿日:2017年2月20日 更新日:

モバイル通信を使う際に、注意すべきなのは速度制限です。

So-net モバイル WiMAX 2+は、他のWiMAX2+のプロバイダと同様の速度制限のルールがあります。

通常プラン及びハイスピードプラスエリアモードを利用した場合に抵触する、月間データ通信量7GBを消費した際の速度制限と、利用プランに関係なく実施される3日10GB利用による速度制限の2種類です。

So-net モバイル WiMAX 2+を快適に使うためには、速度制限の内容を事前に把握しておいて適切に対策することが必要です。

 

So-net WiMAXの速度制限

 

モバイル通信を使うにあたってネックになるのは速度制限ですね。

あらかじめ決められた期間で一定量のデータ通信量を消費すると低速な通信となり、動画を鑑賞したりさくさくとネットサーフィンを楽しんだりすることができなくなってしまいます。

モバイル通信を快適に使いこなすためには、サービス毎に設けられた速度制限の内容をしっかり把握しておき対策することが必要です。

So-net モバイル WiMAX 2+も例外ではありません。

仮に月間データ通信量に上限がない「Flat ツープラス ギガ放題」を契約しても、速度制限のルールがあります。

So-net モバイル WiMAX 2+を利用するのであれば、あらかじめ速度制限の詳細を確認しておきましょう。

 

他のWiMAXプロバイダとの違いはある?

 

WiMAX2+の速度制限は、プロバイダ毎に違いはありません。

So-net モバイル WiMAX 2+はもちろんのこと、どのプロバイダを契約してもWiMAXの元祖で回線の提供元であるUQコミュニケーションズと同じ速度制限が設定されています。

そのためこの点は、WiMAX2+のプロバイダ選びの判断基準にはなりません。

 

速度制限の内容

WiMAX2+の速度制限は大きく分けて月間データ通信量の総計によるものと、3日間のデータ通信量の総計によるものの2種類があります。
それぞれ大きく条件が異なるので、しっかり確認しておきましょう。

月間総量7GB制限

月間データ通信量に関する速度制限は、通常プランに関するものとハイスピードプラスエリアモードを使う場合の2種類に分類されます。

  • 通常プランを使う場合

WiMAX2+のプランには月間データ通信量に上限がないギガ放題プランの他、月間データ通信量の上限が7GBまでと定められている代わりに、ギガ放題プランよりも低価格な通称・通常プランの2種類があります。

通常プランの呼び名はWiMAX2+プロバイダによって異なっており、So-net モバイル WiMAX 2+での名称はUQコミュニケーションズと同じく「Flat ツープラス」です。

Flat ツープラスで月間7GBのデータ通信量を消費すると、月末まで最大128Kbpsに制限されます。

最大128Kbpsの通信では、動画鑑賞ができないことはもとより、ちょっとネットで検索したいような際にもホームページが開くのに時間がかかり快適に使えないでしょう

  • ハイスピードプラスエリアモードを使う場合

WiMAX2+のサービスプランでは、利用する機器によってWiMAX2+よりつながりやすく提供エリアも広いau 4G LTEによるモバイル通信が可能です。

そしてWiMAX2+の通信モードには、WiMAX2+による通信のみを行う標準の「ハイスピードモード」の他、WiMAX2+・au 4G LTEいずれかの通信を電波状況によって自動的に切り替える「ハイスピードプラスエリアモード」があります。

ハイスピードモード・ハイスピードプラスエリアモードを比較すると、一見WiMAX2+の他au 4G LTEも使えるハイスピードプラスエリアモードの方が便利にみえますが、このモードには月間データ通信量による速度制限があり注意が必要です。

具体的には、ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBのデータ通信量を消費すると、月末までWiMAX2+・au 4G LTE両方の通信速度が最大128Kbpsに制限されます。

なおこの制限は月間データ通信量による制限を設けられていないギガ放題プランを契約していても例外ではありません。

仮にハイスピードモードでWiMAX2+による通信を行おうとしても、この制限に抵触していると月末まで通信速度は最大128Kbpsです。

データ通信量を気にせずたっぷり通信を利用したいためにギガ放題プランを契約したとしても、ハイスピードプラスエリアモードを使ってこの速度制限に抵触してしまうとその長所がなくなってしまいますから十分に気を付けましょう。

その上ハイスピードプラスエリアモードを利用することで、1,005円/月の追加料金が発生することも覚えておいてください。

 

3日間のデータ通信量での通信速度制限

 

WiMAX2+ではギガ放題プランを利用していても、ネットワークが混雑して多くのユーザーが快適に使えなくなるのを回避するために速度制限が設定されています。

具体的には直近3日間で10GB以上のデータ通信量が消費されると、その翌日の18時頃から翌々日の2時頃までYouTube標準画質の動画が鑑賞できる程度に通信速度が制限されます。

ただこの速度制限は他社のモバイル通信と比較すると緩いものです。

大手携帯キャリアでは月間データ通信量20GB・30GBの大容量プランを提供していますが、それと比較して考えるとその半分・1/3の容量を3日間で使い切ってはじめて制限がかかるわけです。

またワイモバイルやスマモバなどのモバイル通信サービスでは、3日間で3GBのデータ通信量消費で速度制限が発生します。

一方のWiMAX2+ ギガ放題プランでは、仮に1日で3GBずつのデータ通信量を1ヶ月間継続して利用したとしても速度制限はかかりません。

またWiMAX2+の3日間10GBの速度制限は、制限が行われる時間や制限後の通信速度も要注目です。

まず速度制限が行われる時間帯は18時頃~翌2時頃までなので、裏を返せば多くのユーザーが通勤・通学でモバイル通信を使うと想定される朝から夕方の時間帯は速度制限に心配する必要なく使い放題といるわけです。

また18時~翌2時頃といえば、自宅の固定回線を使ってインターネットをするユーザーが多いのではないでしょうか。

ちなみにWiMAX2+ユーザーである私ものその1人なので、この速度制限については心配していません。

次に制限後の速度も緩やかです。

他社では制限後の通信速度が最大200Kbps・最大128Kbpsと非常に低速となり、テキストメールの送受信やLINEのメッセージ送受信、音声通話程度しか満足に利用できなくなります。

しかしWiMAX2+の3日間10GBの速度制限では、制限後もYouTube標準画質動画を鑑賞できる程度の速度が確保できるので、メール送受信・LINE利用はもちろんのこと、ホームページの鑑賞も制限前とほぼ同様に行えると考えられます。

 

WiMAXの速度制限と付き合うコツ

 

WiMAX2+の速度制限に抵触しないように気を付けるためには、第一にどのような通信を行った際にどのくらいのデータ通信量を消費するかイメージできるようになることです。

以下、通信の種類毎に消費するデータ通信量の参考データです。

 

ホームページ参照

データ通信量 7GBで利用できる回数
PC版Yahoo!Japanトップページ 426KB 16,400ページ
スマホ版Yahoo!Japanトップページ 311.8KB 22,400ページ
PC版インスタグラム(1分間) 10MB 716.8分
スマホ版インスタグラム(1分間) 10MB 716.8分

メール送受信

データ通信量 7GBで利用できる回数
PC版Yahoo!Japanトップページ 426KB 16,400ページ
スマホ版Yahoo!Japanトップページ 311.8KB 22,400ページ
PC版インスタグラム(1分間) 10MB 716.8分
スマホ版インスタグラム(1分間) 10MB 716.8分

LINEの利用

  データ通信量 7GBで利用できる回数
テキスト送受信 20KB 35万通
音声通話(1分) 900KB 7,700分

YouTube

  1分間のデータ通信量 7GBで利用できる回数
超高画質(1080p) 113MB 5.1時間
高画質(720p) 60MB 9.8時間
標準画質(360p) 17.5MB 33時間
低画質(240p) 10MB 58時間

この表を見て分かるように、ホームページの閲覧やメール送受信、LINEのメッセージ送受信・音声通話といった使い方では1ヶ月間で7GB、3日間で10GBのデータ通信量はとても使い切れません。

たとえば、LINEの音声通話は7GBなら1ヶ月間で約7,700分通話可能という計算になりますが、1日あたりに直すと約256分(4時間16分)になります。

LINEの音声通話を毎日これだけ使えるのであれば、十分足りるのではないでしょうか。

そのためこれらの通信に関しては、データ通信量を気にせず利用しても問題ないでしょう。

一方、注意すべきはYouTube動画鑑賞のケースです。

たとえばYouTube超高画質(1080P)の動画なら約7時間で10GBのデータ通信量を消費します。

1日あたりに直すと約2時間20分で、このくらいなら現実的に使い切れる数値といるでしょう。

このように動画にかかわる通信では膨大な通信量を消費します。

動画を長時間鑑賞した際はWiMAX2+端末本体で消費したデータ通信量を参照するなどして、注意しておきたいですね。

またハイスピードプラスエリアモードには月間7GBの速度制限があります。

これはau 4G LTEによる通信が本当に必要な時だけ使い、その他は月間データ通信量の上限なしに利用できるWiMAX2+を使うようにすることで回避するとよいでしょう。

WiMAX2+の提供エリアも広くなっているので、au 4G LTEに頼らないといけない機会は以前と比較しても少なくなっています。

 

まとめ

 

So-net モバイル WiMAX 2+には、大きく分けて月間データ通信量7GBを消費した場合と3日間で10GB消費した場合の2種類の速度制限があります。

ただしいずれの速度制限もルールの内容をきちんと把握しておき、ポイントを抑えてることで快適に利用することができます。

So-netに限らず全てのWiMAX2+プロバイダに共通ですので、プロバイダ選びの知識として覚えておいてください。

so-net, WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.