WiMAX

WiMAX2+端末を契約当日に受け取る方法!

投稿日:

急な出張や引っ越しに関係なく、今すぐ契約して今すぐサービスを使いたい気持ちは消費者として当たり前のものかもしれません。

 

スマートフォンの即日開通、眼鏡の即日渡し、Amazonの当日出荷から見ても、買ってすぐに使えるというのはサービスを選択する一つの要素だといえます。

WiMAXでもその基準は当てはまることでしょう。

もしWiMAX2+をいますぐ契約して使いたい場合は、ビックカメラやエディオンなどの家電量販店かauショップで申し込めば、その場でWiMAX2+機器を渡してもらえ、すぐに使えるようになります。

また申し込みの翌日・翌々日まで待てるのであれば、Broad WiMAX・3WiMAXのプランをネット申込することでスグに利用することも可能です。

量販店やauショップでは、当日に利用できる代わりに待ち時間や契約に時間を取られて、1日仕事になることもあるので、契約の手間を考えると10分で完了するネット申し込みをおすすめします。

その際選ぶのが、最短当日・翌日出荷のプロバイダです。

 

いますぐWiMAX2+を使うためには?

 

インターネットやモバイル通信が好きでこだわりがあると、契約してすぐにWiMAX2+を使いたくなるのが心理ですね。

 

WiMAX2+に限らず、月々契約のサービスの多くは契約と同時に課金が開始されます。

WiMAX2+もプロバイダによっては、契約から日割り計算で料金が発生しますし、1日届くのが遅れるだけでも1日分のパケット通信量を損した気分になると思います。

UQWiMAXやとくとくBB、Broad WiMAX、3WiMAXと多くのプロバイダが契約後の短期出荷に対応している点からも、スグに利用できることが重要であることがわかります。

 

考えたら10分で申し込みが完了するネットが選べるのもWiMAX2+のよさなのです。

 

WiMAX2+ならいますぐ高速なモバイル通信が使える

 

WiMAX2+ならフレッツ光やADSL、ケーブルTVといった固定回線と違って宅内工事が必要ありません。

必要な機器さえ手元にあればインターネットに接続できます。

言い換えれば申し込み後機器が手に入りさえすれば、すぐにWiMAX2+が使えるわけです。

 

特に以下にあげる3つの方法のいずれかを使うと、契約当日すぐにWiMAX2+の最大440Mbpsの高速なモバイル通信が使えるようになり便利です。

 

いますぐモバイル通信が必要な時には、こんなサービスはうれしいですし助かりますね。

 

Broad WiMAXの店舗受取サービスを利用する

 

Broad WiMAXは数あるWiMAX2+プロバイダの中でも月額最安級で知られています。

Broad WiMAXはネット上のWebフォームから簡単に申し込みが完了できるプロバイダです。

すぐにWiMAX2+を使いたい時は、以下手順が利用できます。

  1. ネット申込の際に「店舗受取希望」にチェックを入れて申込を完了させる
  2. 営業時間(10:00~17:00※平日のみ、土日祝休み)内であれば、2時間以内に「お渡し準備完了メール」が送られてくる
  3. 東京のJR秋葉原駅徒歩1分の場所にある「Broad WiMAX受取センター」へ行って端末を受け取る

<注意点>

  • 店舗受取にはお渡し準備完了メールに記載の受取IDが必要
  • Broad WiMAX受取センターでメールやIDが確認できる状態にしておく
  • 開通作業が必要なので、店舗で15分~20分程の時間がかかる
  • 営業時間外であれば、申し込み翌日以降の受取となる

Broad WiMAX受取センターの住所詳細は以下となります。

【 住所 】〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町 2-15
秋葉原加藤ビル2階(For needs)BroadWiMAX 受取センター
JR秋葉原駅より徒歩1分
※1

 

家電量販店で申し込む

 

以下にあげる家電量販店では、WiMAX2+の店舗申込を受け付けています。

希望のWiMAX2+機器の在庫さえあれば、申し込み後すぐにWiMAX2+が使えます。

  • ビックカメラ系列
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機
  • エディオン

在庫状況は店舗によって異なるので、事前に近隣の店舗に電話で問い合わせるとよいでしょう。※2

 

auショップで申し込む

 

WiMAX2+はKDDI系のUQコミュニケーションズが提供元(MNO)となって運営・提供しているサービスであり、同じKDDI系のauショップでも申し込みが可能です。

auで申し込めるWiMAX2+サービス名は「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」といえいます。

家電量販店で申し込むのと同じく、WiMAX2+機器が店舗にありさえすれば申し込み後すぐに使えます。※2

auショップで申し込む際も、店舗によって在庫の有無が異なると考えられるのでショップへ行く前に事前に電話で問い合わせるとよいでしょう。※3

 

翌日・翌々日まで待てるなら

 

家電量販店やauショップへ行くのが面倒だったり、忙しくてその時間もなかったりということもあるでしょう。

申し込んでからすぐに使うためには各店舗へ行って端末を受け取る方法しかありませんが、Broad WiMAX・3WiMAXなら10分で簡単にネット申込が可能な上、最短即日で端末が発送され申し込み翌日にはWiMAX2+が使えるようになります。

店舗受取より時間がかかるとはいえ、自宅で申し込みから端末の受取まで全て完結できるのは、忙しい際は特に便利ですね。

 

なお即日での発送が可能なのは、Broad WiMAXでは平日16時、土曜日12時までの受付分、3WiMAXでは平日16時、土日祝日13時までの受付分となります。

それ以降なら、機器の配送は翌日以降です。※4

 

店舗申込とBroad WiMAX・3WiMAXどちらがおすすめ?

 

家電量販店・auショップ・Broad WiMAX・3WiMAXでは申し込み後すぐに(もしくは最短翌日に)WiMAX2+が利用できます。

そこで次に気になるのはそれぞれのサービスのメリットですね。

ここでは、家電量販店・auショップでの店舗申し込みとBroad WiMAX・3WiMAXどちらで申し込むのがよいかメリットを比較します。

 

店舗申し込みのメリット1:申し込み当日に利用できる

 

店舗申込ならその当日に利用できるのがメリットです。

Broad WiMAXの店舗受取を除いて、ネット申込の場合は最短でも即日発送で、利用できるのは翌日からです。

 

店舗申込のメリット2:店員の話を聞いてから契約できる

 

公式サイトの説明を読んでもサービスのイメージがつかめない時や知りたいことがサイトに載っていない時には、店舗でショップスタッフに質問しながら契約できるのは便利ですね。

納得してからサービスに契約できます。

 

ただしBroad WiMAXと3WiMAXでは、それぞれ契約前に問い合わせできるコールセンターを用意しています。

私はBroad WiMAXの契約者で、契約前にコールセンターに電話してオペレーターにいくつか質問をしましたが、自社のサービスのことだけあって詳しく丁寧に回答してもらったことを覚えています。

 

店舗申込の際に対面で対応してもらえる安心感はありますが、対面にこだわらないのであれば、Broad WiMAX・3WiMAXのコールセンターへの問い合わせもおすすめです。

 

Broad WiMAX・3WiMAXのメリット1:手間なく申し込みできる

 

Broad WiMAX・3WiMAXなら10分で終了できるネット申込だけで手続きが完了でき、手間がかからないのがメリットです。

忙しくてすぐにモバイル通信を使いたいような状況なら、店舗まで足を運ぶ時間も惜しいのではないでしょうか。

申込書に記入したり開通の時間を待っていたりすると、店舗でも手続きに時間がかかります。

 

なお両方のプロバイダともに、パソコンからだけでなくスマホでも申し込みが可能。

思い立ったら、通勤途中の電車の中でも必要な手続きを行えます。

 

Broad WiMAX・3WiMAXのメリット2:通信費用を節約できる

 

ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・エディオン・auの各店舗で、月間データ通信量の上限がないWiMAX2+のギガ放題プランを申し込むと、月額料金は一律で4,380円です。※5

一方、月額最安級のBroad WiMAXのギガ放題プラン「ギガ放題月額最安プラン」は、月額3,411円で1ヶ月あたり900円節約できます。※6

 

また3WiMAXのギガ放題プラン「ギガ放題ベーシックプラン」は月額4,330円と、店舗申込と月額料金はあまり変わりませんが、28,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンが利用できるので、結果的に店舗申込より大きな節約が可能となります。※7

 

なお電気店でWiMAX2+を申し込むと、店内商品を割り引くキャンペーンがあり目を引きますが、広告されている金額がそのままお得になるわけではないので注意しましょう。

パソコンなどの家電商品の代金を分割払いしても購入しなくてはいけない事情がないのであれば、3WiMAXやBroad WiMAXを利用し通信費の節約をして浮いたお金で購入することをおすすめします。

 

結局どちらがおすすめ?

 

店舗申込なら当日にWiMAX2+が使えますが、Broad WiMAX・3WiMAXなら1日程度使えるのが遅くなるのを我慢すれば、通信費用を節約できます。

また店舗申込だと、行き帰りの移動や店舗内での手続きにまとまった時間がかかりますが、Broad WiMAX・3WiMAXであればパソコン・スマホから10分でネット申込を完了できて手間がかかりません。

 

どちらがよいかの判断のポイントは、1日程度WiMAX2+が使えるようになるのを待てるか否かですが、待てるのであれば費用面でも手間の面でもメリットの高いBroad WiMAX・3WiMAX

を選びたいものですね。

JR秋葉原駅近くにあるBroad WiMAX受取センターが自宅や会社の近くであれば、Broad WiMAXの店舗受取を利用してもよいでしょう。

 

まとめ

 

ビックカメラやエディオンなどの家電量販店やauショップでWiMAX2+を契約すると、機器の在庫さえあれば当日から使えるようになります。

ただし翌日・翌々日まで待てるのであれば、Broad WiMAX・3WiMAXのネット申込がおすすめです。

ネット申込で手続きがすむので手間がかかりませんし、Broad WiMAXなら店舗申込と比較して月額料金が900円安くなり、3WiMAXなら28,000円のキャッシュバックが受け取れて通信費用が節約できます。

これから1年・2年と長期で利用することになるモバイル通信の契約ですから、どうしてもその日に利用しないといけない理由がない限り、1日程度使えるのが遅くなっても料金が安いサービスを選びたいものですね。

 

※1 https://wimax-broad.jp/shop/

※2 http://www.bic-ws.net/location.html

http://www.yodobashi.com/ec/support/service/wimax/index.html

http://www.yairmobile.jp/wimax2/index.html

http://www.enjoy.jp/plan/kualnet/wimax2/

※3 https://www.au.com/mobile/charge/data/plan/wimax2-flat-data-ex/

※4 https://3-wimax.jp/flow.php

https://wimax-broad.jp/shop/

※5 http://www.bic-ws.net/info/price.html

http://www.yairmobile.jp/wimax2/price.html

http://www.yodobashi.com/ec/support/service/wimax/agreement2plus/index.html

http://www.kualnet.jp/service/wimax2.html

https://www.au.com/mobile/charge/data/plan/wimax2-flat-data-ex/

※6 https://wimax-broad.jp/price.php

※7 https://3-wimax.jp/price/gigahodai.php

※8 http://www.wirelessgate.co.jp/service/wimax2.html

http://www.yairmobile.jp/service/matome1670.html

http://www.bic-ws.net/info/option.html

 

WiMAX

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.