ポケットWi-Fiを契約即日利用できるプロバイダ教えます!

ポケットWiFiの契約をしたらできるだけ早く無線通信を利用したい、と考えるのは当然です。

そんな中でもどうしても今すぐネットを使えるようになりたい、すぐに契約して利用したい、という特別な理由がある場合には、契約当日にポケットWiFi端末を受け取ることが必要となります。

今回は、そんな即日受け取りが可能な契約方法とその契約方法のデメリット、おすすめプロバイダについて紹介します。

ポケットWiFiをどこで契約すれば即日受け取れる?

ポケットWiFi端末を即日受け取りする方法は2つあります。

それは「家電量販店で契約する」か、「キャリアのショップで契約する」かです。

家電量販店で契約

家電量販店を訪れて、その場で契約を行えばポケットWiFi端末を直接渡してもらえるので、すぐにでも無線通信を利用することが可能になります。

ただし、お店によって端末の在庫切れや、契約書送付の手続きに時間をとられる場合もあるので、事前に確認をしておくのがよいでしょう。

キャリアのショップで契約

家電量販店以外に即日利用が可能となるのが携帯キャリアのショップでの契約です。

家電量販店同様、キャリアショップでも契約が完了したらWi-Fi端末を渡してもらえるので、すぐに無線通信を利用できます。

また、申し込んだポケットWiFiのキャリアでスマホなどの契約をしていた場合、特別な入会特典があるなど優遇されることもあります。

スマホと同じキャリアでポケットWiFiを契約すれば、データ量をスマホとポケットWiFiで共有できる料金プランを利用して契約をまとめることもできます。

ポケットWiFiを店頭で契約するデメリット

店頭へ直接行って契約をすればポケットWiFiをすぐに利用することができますが、デメリットもあります。

それはキャンペーンが適用できず価格が高くなってしまうことと、WiFi端末の選択肢が少ないことです。

キャンペーンが適用できず価格が高い

家電量販店などの店舗での契約の場合、人件費などの関係から契約料金が高くなってしまいます。

ネット契約と比べて、割引キャンペーンやキャッシュバックなどの契約特典が抑えられていますので、結果的にかかる料金が多くなってしまうのです。

疑問点などをスタッフにその場で確認することができる、というメリットもありますが価格が高くなってしまうのは大きなデメリットと言えます。

端末の選択肢が少ない

家電量販店でポケットWiFiの契約をする際、その契約を担当するスタッフは家電量販店のスタッフではないことを知っていますか?

実際の店舗に行けば分かりますが、ポケットWiFiの契約を担当しているスタッフはそれぞれの会社(WiMAXやワイモバイルなど)の制服を着ています。

ポケットWiFiのサービスを提供する会社は何社もありますから、家電量販店でのポケットWiFiの契約を担当するスタッフは各会社から派遣された人達というわけです。

派遣された人達は当然、自社の商品を契約してもらうことを求めています。

ですので、自社のポケットWiFi端末をおすすめしてくることが多く、自分が本当に欲しいポケットWiFi端末をおすすめしてくれるとは限りません。

当然、中には自社以外のポケットWiFi端末でもおすすめしてくれるような、お客さんに親身なスタッフもいます。

しかし、必ずしもそういった良心的なスタッフに巡り合えるとは言えません。

ポケットWiFiについて知識がないまま店舗に訪れて、おすすめされたものを何も考えずに契約購入してしまった、ということがないよう気をつけましょう。

また、家電量販店では欲しい端末そのものが置かれていない場合もあるので注意が必要です。

インターネットを利用したウェブ契約であれば、好きなプロバイダを選択して、欲しいポケットWiFi端末を選ぶことが可能ですが、家電量販店には自分の欲しいポケットWiFi端末が販売されていないこともあります。

特にポケットWiFiでは最新に近い端末ほど通信速度が高く、たとえばWiMAXでは下り最大758Mbpsという高速通信に対応しています。

せっかく訪ねてもお目当ての機種がないという事態を避けるためにも、店舗に訪れる際は事前の確認をしておくとよいでしょう。

一日待てるのなら即日発送してくれるプロバイダがおすすめ

ポケットWiFiを即日すぐに利用したい、という場合でなければ店舗での契約ではなく、ネットでの契約がおすすめです。

その中でも、ウェブ申し込みで即日発送をしてくれるプロバイダを紹介します。

端末を即日発送するプロバイダ

ネットによる申し込みでポケットWiFi端末を即日発送してくれるプロバイダは4社あります。

  • NEXTモバイル
  • ワイモバイル
  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX

上記の4社が即日発送をしてくれるプロバイダとなります。

ポケットWiFiの使用を特別急いでいるわけではないが、できるだけ早く利用したいという場合には、この4社のプロバイダの中から選ぶのがおすすめです。

即日発送による早期利用が可能な点や、店舗などでの直接契約よりもお得な契約料金、ポケットWiFi端末の選択肢の広さ、これら3つの大きなメリットを得ることができます。

Broad WiMAXなら最短で当日の受け取りも可

上記の4社のうちBroad WiMAXなら申し込みをしたその日に、ポケットWiFi端末を受け取ることが可能です。

なぜなら、Broad WiMAXでは店舗でポケットWiFi端末を受け取れるサービスがあるからです。

端末を受け取るまでの流れは次のようになっています。

  1. Broad WiMAXサイトの申し込みウェブフォームで希望の端末を申し込む
  2. お渡し準備完了メール受け取り後に受け取り対応している店舗(渋谷センター・秋葉原センター・大宮センター・梅田センター)に行く
  3. 受け取り完了したらすぐに利用可能に

また、東京23区限定のサービスではありますが、バイク便による当日配送サービスもあります。

こちらはウェブ申し込みではなく、電話での申し込みとなっています。

注意点として、平日12時までの申し込み限定(時間指定は申し込みの2時間後の時間から)、支払いはクレジットカード払い限定、配送料金がかかる、以上のことが挙げられます。

WiMAXなので月間データ量無制限

Broad WiMAXの特徴は最短の当日受け取り可能なことだけではありません。

WiMAXの料金プランのギガ放題プランなら月々のデータ制限もないので、インターネットでのデータ通信も使い放題です。

また、最大758Mbpsの通信速度を誇る高速通信も利用可能となります。

月額料金も最安価格な2,726円(3ヶ月目以降は3,411円)となっており、初期費用18,857円もWeb割キャンペーン(※)で0円になるのでお得です。

高速通信でかつ月々のデータ制限なし、初期費用も0円にできて月額料金も経済的なBroad WiMAXはおすすめなプロバイダです。

まとめ

ポケットWiFiを契約したその日から利用したい場合は、家電量販店などの店舗での契約が必要です。

ただ、店舗での契約をすると割引やキャッシュバックキャンペーンもなく、契約料金は高くなってしまいます。

選んだプロバイダがBroad WiMAXであれば、インターネットを利用したウェブ契約からの当日店舗受け取りサービスもあります。

何か特別な理由がない限りは、インターネットでの契約をすると料金がお得になり、経済的ですのでおすすめです。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!