ドコモXiのポケットWiFiのメリットとデメリット

ポケットWiFiは自宅での利用以外にも、外出時にネット環境を確保できる便利なデータ通信端末です。

ポケットWiFiがあれば、スマホはもちろんですがパソコンを外出先で使うこともできます。

大手携帯電話会社のドコモからもポケットWiFiが発売されています。

ドコモのスマートフォンを利用している場合もですが、そうでない場合も大手キャリアのポケットWiFiはどういった点で優れているのか気になりますよね。

結論から言えば、エリアの広さや高速通信は魅力的ですが、料金が他社よりもかなり高いためあえてドコモでポケットWiFiを契約するメリットは少ないでしょう。

ドコモのポケットWiFiに劣らない性能を持ち合わせていて、なおかつ料金がドコモの半分以下で利用できるWiMAXを選ぶのが一番おすすめです。

 

ポケットWiFiの種類

一般的に持ち運ぶことのできるモバイルデータ通信端末をポケットWiFiと総称していますが、ポケットWiFiは大きく分けて2種類の通信方式があります。

LTE系のポケットWiFi

LTE系に分類されるのはソフトバンクやドコモの携帯キャリアのLTE回線を利用しているポケットWiFiです。

ソフトバンクやドコモだけではなく、ワイモバイルやYahoo!WiFiからも提供されています。

LTE系の特徴は、携帯会社の幅広いサービスエリアで利用できること、データ通信量に上限が設けられていることが挙げられます。

 

WiMAX系のポケットWiFi

WiMAXに分類されるのはUQコミュニケーションズのWiMAX回線を利用しているポケットWiFiです。

本家UQ WiMAXをはじめ、同じKDDIグループのauや多くのWiMAXプロバイダでサービスを提供しています。

WiMAX系の特徴は、WiMAX2+回線とau 4G LTE回線を併用できる端末があること、月間データ容量に制限がなく使い放題にできることが挙げられます。

 

ドコモのポケットWiFiのメリット・デメリット

LTE系のポケットWiFiに分類されるドコモのポケットWiFiにはどんなメリットやデメリットがあるのかまとめました。

結論から言えば、メリットよりもデメリットが多いためおすすめできません。

ドコモスマホユーザーはもちろん、他社のスマホを使っている場合も必見ですよ。

メリット

xi(クロッシィ)のサービスエリアで利用可能

ドコモのLTEサービスはⅺという名称で呼ばれています。

ⅺのサービスエリアは広域で、他社のモバイル回線と比較しても電波が届く地域が多いのが魅力です。

ポケットWiFiもスマホと同じように外出先でも利用する機会があるので対応エリアが広いのは嬉しいですね。

最大788Mbpsの高速通信

2018年3月現在、ドコモのポケットWiFiはN-01JとHW-01Hの2機種から選べます。

そのうちN-01Jは下り最大速度788Mbpsの高速通信が楽しめます。

788Mbpsという光回線並みの通信速度なら動画再生やアプリのダウンロードもスムーズに行えて便利ですね。

ただしこの速度はあくまで規格上の最大速度なので通信環境や回線の混雑状態により変動する点と、東名阪の一部エリアに限り利用できる点に注意しましょう。

 

デメリット

料金設定が高額

ドコモのポケットWiFiは他社のポケットWiFiと比較して料金が圧倒的に高いです。

ドコモのスマホとセット利用した場合と、ポケットWiFiのみ利用する場合では料金が異なります。

まずはポケットWiFiのみの料金プランを表にしました。

 

基本プラン1,200円
インターネット接続サービス200円
シェアオプション無し
パケットパック(2GB~30GB)3,500円~8,000円
月額料金合計4,900円~9,400円

 

利用料金はパケットプランのデータ量に応じて異なりますが、一番データ量が少ない2GBのプランでも月額4,900円と割高ですね。

一方で、ドコモのスマホとセットで利用する場合はスマホの利用料金に基本プランやシェアオプションなどの料金1,900円を追加で支払うだけですが、特別な割引があるわけではありません。

さらにスマホとセット利用する場合も注意点があるので後述します。

 

ドコモユーザーならパケットはスマホとシェア

ドコモのスマホとセットでポケットWiFiを持つ場合は1,900円の追加料金が発生するだけですが、実はパケット通信量はスマホと共有することになるのです。

たとえばスマホで5GBのパケットプランを契約している場合は、この5GBをポケットWiFiとスマホで分け合って使うことになります。

そのためデータ量が少ないとすぐに通信量が上限を超えてしまい、通信速度制限がかかり128kbpsという非常に低速な速度になってしまいます。

制限後の128kbpsではWebサイトの閲覧もかなり時間がかかり、動画視聴は難しい速度で、スマホとポケットWiFi両方に影響してしまうのも辛いですよね。

 

月間通信量に制限がある

ドコモのデータ通信向けのパケットプランは容量に制限があり、たとえば容量の大きい30GBを選んだ場合はパケット料金だけでも8,000円とかなり高額です。

さらにスマホとセットで利用している場合は、もっとたくさんのデータ容量が必要な場合もあるでしょう。

データ量の上限を超えて通信制限がかかるとまともにネットを利用できず、月が変わるまで我慢することになります。

もし速度制限を解除したい場合には、追加データ容量1GBごとに1,000円でデータ購入をする必要があり、さらに利用料金が高額になるでしょう。

ドコモのポケットWiFiでは月間通信量に制限があるのもおすすめできない大きな理由です。

 

ドコモのポケットWiFiよりもWiMAXがおすすめ

ドコモのポケットWiFiをおすすめできない理由は料金が高いことや、月間通信量に上限があること、さらにスマホとセットで使うと通信制限にかかる可能性が高まることなどがありました。

ポケットWiFiを選ぶ際はそれらすべての面でドコモと正反対のWiMAXがおすすめです。

月間通信量に制限がないプランがある

WiMAXでは契約プランが2通りあります。

1つは月間データ容量7GBまでの通常プラン、もう1つは月間データ量無制限のギガ放題プランです。

通常プランだと月間データ使用量が7GBを超えるとドコモ同様に通信制限がかかりますが、ギガ放題プランならデータ通信を使い放題にできます。

どちらのプランでも定額制の料金なので、どれだけデータ量を消費しても追加料金がかかる心配はありません

そのため、ポケットWiFiをギガ放題プランにして、スマホのパケット定額プランを一番容量が少ないものへ変更すればスマホ料金の節約もできます。

動画などデータ量の大きいサービスを利用する場合にも、月間容量に制限がないのは安心ですね。

安いプロバイダを選べる

WiMAXサービスは様々なプロバイダが取り扱いしていて、すべてのプロバイダがUQコミュニケーションズの回線を借りています。

そのためどのプロバイダを選んでも通信エリアや速度などに差はありません。

では何を基準にWiMAXプロバイダを選ぶべきかというと料金面です。

多くのプロバイダがキャッシュバックやキャンペーンなどでお得なプランを打ち出しています。

なかでも安くて人気のプロバイダの料金をまとめました。

プロバイダ名Broad WiMAXGMOとくとくBB
通常プラン最大24ヶ月2,726円

25ヶ月目以降3,326円

3,609円
ギガ放題プラン最大3ヶ月2,726円

3~24ヶ月目3,411円

25ヶ月目以降4,011円

最大3ヶ月3,609円

3ヶ月目以降4,263円

キャッシュバック無し最大36,000円

 

どちらのプロバイダも月間データ量無制限のギガ放題プランでも、ドコモで最安の2GBプランを利用するより安いですね。

GMOとくとくBBは月額料金だけ見るとBroad WiMAXより高いですが、契約1年後には最大36,000円の高額キャッシュバックが受け取れるので結果お得になります。

こういったキャンペーンを活用できるのもWiMAXの魅力です。

auユーザーなら割引が受けられる

安い料金が魅力のWiMAXですが、auスマホや携帯電話の利用者ならさらにauスマートバリューmineという割引が受けられます。

内容はauユーザーでWiMAXルーターを申し込みすると、auスマホなどの利用料金から毎月最大1,000円割引してくれるというものです。

WiMAXの提供元であるUQコミュニケーションズとauは同じKDDIグループなのでこういった特典があるのですね。

ただしauスマートバリューmineは自動的に適用されるわけではなく、auショップ店頭またはKDDIお客様センターにて加入の申し込みをしなければなりません。

WiMAXプロバイダによっては加入できない場合もあるので、auユーザーは契約前にプロバイダの公式サイトなどで確認しておきましょう。

 

通信制限が厳しくない

WiMAXでもデータ量を使い過ぎると通信制限にかかることがあります。

通常プランでは月間データ量が7GBを超えると128kbpsまで低速化され、データ量追加購入のシステムがないので月が変わるまでそのまま使い続けるしかありません。

一方ギガ放題プランでは月間使用量に関しては上限がないので通信制限がかかることはありませんが、短期間で大量のデータ通信を行うと混雑回避のために制限がかかります。

この速度制限は3日で10GBのデータ量を超えた場合に最大1kbpsになるという内容で、通常プランとギガ放題プランどちらも対象となります。

しかし1kbpsまで低速化されてもWebサイトの閲覧や標準画質の動画なら視聴できる程度なので、あまり厳しい制限ではないですね。

さらに制限がかかるのも3日で10GBを超えた翌日18時から翌々日2時までという時間だけなので、長期的な通信制限ではありませんし、それ以外の時間は通常通りの速度でネットを利用できます。

ギガ放題プランを選んだ場合は短期間で大量の通信をしないようにだけに気を付けましょう。

高速通信可能な端末が豊富

WiMAXで一番速いポケットWiFiはW05とW04で、下り最大708Mbpsを実現しています。

ドコモにも負けないほどの高速通信ですね。

ただしWiMAXもドコモ同様に通信環境などによって速度が変動するベストエフォート方式のため、必ずこの速度で利用できるわけではありません。

708Mbpsの速度も東名阪の一部エリアのみで利用可能な点と、WiMAX2+通信とLTE通信を併用するハイスピードプラスエリアモード利用時の最大速度である点に注意してください。

なおWiMAX2+通信のみ利用するハイスピードモードの最大速度は558Mbpsとなっています。

xi(クロッシィ)に劣らない対応エリア

LTE対応のWiMAXルーターであればWiMAX2+通信とau 4G LTE通信を併用することができます。

WiMAX2+エリアは人口カバー率90%を達成していますが、地方などではまだLTEよりも繋がりにくいのです。

そのためLTE回線を利用することで、WiMAX2+のサービスエリア外でもLTEのエリア内ならインターネットを利用できることと、壁などの障害物に弱いというWiMAX2+の電波の弱点をLTE通信によってカバーできることがメリットとして挙げられます。

ドコモのxiサービスエリアにも劣らない広域なサービスエリアで利用できるうえに、格安な料金でインターネットを楽しめるのは嬉しいですね。

 

まとめ

ドコモから提供されているxiのポケットWiFiは、広域な対応エリアと高速通信が魅力的ですが、料金面では他社のポケットWiFiよりもかなり高額です。

さらにドコモのスマホとセットで利用した場合は、通信量をシェアすることになるので通信制限にかかるリスクが高まり、通信容量が多いプランへ変更すれば利用料金が高くなるという悪循環になってしまいます。

一方でWiMAXのポケットWiFiはギガ放題プランを選べば月間使用量による通信制限を気にする必要はないですし、混雑回避の速度制限があるとはいえあまり支障はない程度です。

通信速度も下り最大708Mbpsと動画再生もスムーズにできるほどの高速通信を実現しています。

なによりもキャッシュバックやキャンペーンを行っているWiMAXプロバイダを選べばドコモよりも格安な料金でネットを楽しめるメリットがあります。

ドコモのスマホ利用者でもそうでない場合も、ポケットWiFiを選ぶ際はドコモにも劣らないスペックを持ち合わせたWiMAXルーターをお得に契約しましょう。

ポケットWiFiおすすめランキング

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

So-netWiMAX

毎月のようにキャッシュバックや月額料金割引が変更されるSo-netWiMAX。
機種限定で最安値級料金で契約できることもあるので、タイミングさえ合えばラッキーなプロバイダです。
ただ、おとくなキャンペーンは期間限定かつ旧機種が対象なことが多いので、最新端末が欲しい人やすぐに使いたい人には不向きな会社なので★3つ

わいMAX!