ポケットWiFiの支払い方法はクレジットカードが主流!口座振替非対応のプロバイダも

更新日:

ポケットWiFi申込時には、クレジットカード決済または口座振替による支払いを選ぶことになります。

クレジットカードを持っていなくても、銀行口座さえあれば指定した金融機関の口座から自動的に利用料金を引き落としできます。

ただし口座振替よりもクレジットカード払いのほうが、どのプロバイダも選べることや手数料がかからない、お得なキャンペーンを受けられるなどメリットが多いです。

クレジットカードはパートやアルバイトなどでも一定の収入があれば作れる会社も多いため、ポケットWiFi契約を機に1枚作っておくと良いでしょう。

格安な料金を打ち出しているWiMAXプロバイダにはクレジットカード払いしか対応していない場合もあります。

 

ポケットWiFiプロバイダごとの支払い方法

ポケットWiFiの支払い方法はクレジットカードと口座振替が主流となっています。

各社利用できるクレジットカードや銀行口座は異なりますが、カードならVISA・Master Card・JCB・AMERICAN EXPRESSは全ての会社で利用可能です。

もしクレジットカードを作れない場合やどうしてもクレジットカードを使いたくない場合には口座振替契約可能なプロバイダを選ぶしかありません。

利用できる支払い方法をプロバイダごとにまとめました。

 

LTE系のポケットWiFi

LTE回線を利用してサービスを運営しているプロバイダです。

各社それぞれのモバイル回線でデータ通信サービスを提供していますが、ワイモバイルやYahoo!Wi-Fiはソフトバンクと同じ回線も使用しています。

ドコモクレジットカード/口座振替
ソフトバンククレジットカード/口座振替
ワイモバイルクレジットカード/口座振替
Yahoo!Wi-Fiクレジットカード/口座振替

記載したすべての会社でクレジットカードと口座振替両方に対応していて、一部のデビットカードも利用可能でした。

WiMAX系のポケットWiFi

WiMAX回線を利用してサービスを運営しているプロバイダの支払い方法はさまざまです。

ちなみにどのWiMAXプロバイダでも、UQコミュニケーションズの回線を借りているため通信エリアや通信速度などは変わりません。

auauクレジットカード/口座振替
UQ WiMAXUQコミュニケーションズクレジットカード/口座振替
Broad WiMAXBroadWiMAXクレジットカード/口座振替
GMOとくとくBBGMOとくとくBBクレジットカード
@nifty WiMAX@niftyクレジットカード
BIGLOBE WiMAXBIGLOBEクレジットカード/口座振替

口座振替対応のプロバイダでも、契約できるプランが限られる場合もあるので注意しましょう。

なおほとんどのWiMAXプロバイダではデビットカードも利用できません。

 

ポケットWiFiの支払い方法はクレジットカードを選ぼう

口座振替対応のプロバイダでも、クレジットカードを持っているならクレジット決済を選ぶ方がメリットは多いです。

もしクレジットカードを持っていないという場合は、今後利用する機会もあるでしょうからポケットWiFiの契約を機に1枚作っておくと良いですね。

ポイントが貯まる

クレジットカードで支払いをすると、利用した金額に応じたポイントが貯まります。

カード会社によって還元率は異なりますが、貯まったポイントで商品と交換できるのはとても魅力的ですね。

手数料が不要

口座振替では支払いのたびに口座振替手数料がかかりますが、クレジットカードでは手数料は必要ありません。

毎月数百円の手数料だとしても、それが1年や2年と続くともったいないですよね。

手続きが早い

口座振替申込の場合は口座振替依頼書の郵送などが必要ですし、さらに口座振替審査が必要だと手続きに時間がかかります。

手続きが完了するまではコンビニで利用料金を支払いに行くなど手間もかかります。

一方クレジットカードはクレジットカードを申し込みする際に審査があるため、ポケットWiFi契約時にはカード情報を入力するだけで済むのでスムーズに手続きができるのです。

すべてのプロバイダで申し込み可能

口座振替は一部対応していないプロバイダもありますが、クレジットカードが使えないプロバイダはありません。

もしもクレジットカードを作れなくて、自分が契約したいプロバイダが口座振替に対応していなければ、諦めて違うプロバイダを探すことになります。

しかしクレジットカードを持っているまたは作ることができれば、どのプロバイダでも選ぶことができるのが強みです。

 

支払い方法の選択肢はWiMAXに軍配!

ポケットWiFiはLTE系とWiMAX系に大きく分かれますが、WiMAXのポケットWiFiを提供しているプロバイダで、クレジットカード決済を選択するのが一番お得でおすすめです。

データ量上限なしの料金プランがある

WiMAXサービスの魅力の1つが、月間データ通信量に上限のない使い放題のプランがあることです。

LTE系のポケットWiFiではすべてのプランで月間容量に上限があるので、その容量を使い切ってしまうと最大速度128kbpsになる通信速度制限がかかり、まともにサイトの閲覧すらできなくなってしまいます。

一方WiMAXでデータ量上限なしのギガ放題プランを選べば、月間通信容量を気にすることなく思う存分高速通信を楽しめるのです。

WiMAXのギガ放題プランでも、3日に10GBという短期間に大量のデータ通信をした場合は通信制限がかかりますが、それでも制限後の最大速度は1Mbpsなので標準画質の動画視聴やサイトの閲覧は問題なくできます。

そしてこの速度制限がかかるのも3日で10GBを超えた日の翌日18時から翌々日2時までという短時間なのでほとんど支障はないでしょう。

オプションでLTE通信が可能

WiMAXルーターが使えるのはおもにWiMAX2+サービスエリア内ですが、LTE対応機種を選べばau 4G LTE対応エリアでも通信可能です。

たとえばWiMAX2+圏外の場所などでもLTEによる通信ができれば、そのままデータ通信を楽しめます。

なお注意点としてLTE通信を行う際はハイスピードプラスエリアモードに端末の設定を変更するだけで良いですが、このモードはオプションサービスなので利用した月だけ1,005円の追加料金が発生します。

ただしオプション料金がかかるのは2年契約時のみなので、もし頻繁にLTEオプションを利用するなら3年契約を選ぶとお得です。

クレジットカード払い対象のキャンペーンや割引がある

WiMAXプロバイダでは月額割引キャンペーンや、高額キャッシュバック特典を実施していることが多いです。

こういったキャンペーンなどがあることから、ギガ放題プランでもLTE系のポケットWiFiより安い月額料金で利用できるのです。

そしてプロバイダによっては口座振替よりもクレジットカードのほうがキャッシュバック額が大きくなる場合や、クレジットカード限定の割引を打ち出している場合もあります

たとえばBIGLOBE WiMAXでは、クレジット払いなら最大33,000円キャッシュバックを実施してるものの、口座振替だとキャッシュバック額が10,000円まで下がってしまいます。

またBroad WiMAXでは口座振替だと初期費用の18,857円が必要ですが、Web申し込みでクレジット決済を選び、申し込み時だけ指定オプションへ加入すればこの初期費用が無料となります。

このように口座振替払いではなくクレジットカード払いを選ぶだけで、10,000円以上もお得になるのです。

そのうえ口座振替決済手数料もかからないので、WiMAXプロバイダでクレジット払いをすればよりお得になると言えます。

 

おすすめのWiMAXプロバイダ

WiMAXプロバイダはどこを選んでも通信品質に差はないので、料金の安さを重視すると良いでしょう。

クレジット決済をした際に安い料金で利用できるプロバイダをまとめました。

なお記載したのはギガ放題プランです。

プロバイダ名BroadWiMAXGMOとくとくBBカシモWiMAX
BroadWiMAXGMOとくとくBBカシモWiMAX
月額料金最大3ヶ月2,726円

3~24ヶ月目3,411円

25ヶ月目以降4,011円

最大3ヶ月3,609円

3ヶ月目以降4,263円

2ヶ月目まで1,380円

2~24ヶ月目まで3,380円

25ヶ月目以降4,079円

キャッシュバック無し最大40,800円無し
契約期間3年2年または3年2年
支払い方法クレジットカード/口座振替クレジットカードクレジットカード

 

Broad WiMAXは口座振替も選べますが、前述したようにクレジット決済でないと初期費用18,857円が必要となります。

そのためクレジットカード払いにして初期費用を無料にできれば、毎月の月額料金も2,726円からと格安で利用できるお得なプロバイダです。

 

そしてGMOとくとくBBはクレジットカード払い限定のプロバイダで、月額料金はBroad WiMAXよりも割高なものの、契約1年後には高額なキャッシュバックを受け取ることができます

キャッシュバックを受け取ることができれば比較した他の2社よりも安い料金で利用できます。

そして契約期間も2年から選べるため、長期利用に不安があるという場合も嬉しいですね。

ただキャッシュバックを受け取るにはいくつか条件があり、もしキャッシュバックを受け取ることができないと損してしまうので注意しましょう。

 

カシモWiMAXもクレジットカード払い限定のプロバイダで、2ヶ月目までは業界最安の1,380円で利用できます

ただし2年契約しか選べないのでLTEオプションを利用した月は1,005円の追加料金がかかることを理解しておきましょう。

もし新品の端末にこだわる場合は、2~24ヶ月目が記載したプランより200円高い新端末プランもあるので検討してみると良いでしょう。

契約してから1年後にキャッシュバックをもらえるより、使い始めてすぐに格安な料金で使えるほうが良い、端末も最新機種でなくても良い場合にはカシモWiMAXがおすすめです。

まとめ

ポケットWiFiの支払い方法は銀行口座振替またはクレジットカード決済のどちらかを選択する必要があります。

口座振替では、銀行口座の残高を確認しておけば毎月自動的に支払いができるメリットはありますが、口座振替決済手数料がかかる、手続きに時間がかかる、一部プロバイダでは対応していないなど多くのデメリットがあります。

一方クレジットカード決済では、月額利用料金分のポイントが貯まる、どのプロバイダでも対応している、お得なキャンペーンや特典を受けられるというメリットがあり、デメリットとなる点は見当たりません。

こういったことからどうしてもクレジットカードを作れない、現金主義でカードを使いたくないという理由がない限りは、口座振替をするのはおすすめできません。

なお、ポケットWiFiを申し込む場合には月間通信容量に上限のないプランがあり、オプションでLTEによる通信ができるWiMAXがおすすめです。

WiMAXプロバイダではクレジットカード決済を対象としたキャンペーンを実施しているため、支払い方法を口座振替ではなくクレジットカードにしてお得にネット環境を手に入れましょう。

なかでも高額キャッシュバック特典のあるGMOとくとくBB、月額割引キャンペーンのあるBroadWiMAXカシモWiMAXは格安な料金で利用出来るのでおすすめです。

【2018年6月版】おすすめプロバイダ

BroadWiMAX

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

GMOとくとくBB

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

カシモWiMAX

WiMAXの利用料を節約するなら月額1,380円からスタートできるカシモWiMAX!

端末の選択肢が少なくauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

カシモWiMAXで取り扱う端末は新古品だけでなく新品の最新機種もありますが料金プランが違います。

ちなみにパソコンにUSB接続できるTriprouterが購入できる数少ないプロバイダです。

ポケットWiFi

Copyright© わいMAX! , 2018 AllRights Reserved.