auのポケットWiFiは損する!ネットからの契約が絶対オトク

au

引用:au公式サイト

スマートフォンでインターネットを利用する際、通信容量がデータ定額プランの上限を超えてしまい通信制限がかかる経験をしたことがある場合も多いのではないでしょうか。

ポケットWiFiを併用することで、スマホのデータ量を気にすることなくネットを楽しめて、さらにスマホのパケットプランをデータ量が少ないものへ変更することで通信費の節約につながるメリットがあります。

ポケットWiFiは様々な会社から発売されていますが、auスマホを利用している場合はauで取り扱いのあるポケットWiFiについて気になりますよね。

しかしauショップでポケットWiFiを契約するのはお得ではないのでおすすめできません。

他のプロバイダで契約した場合と料金比較して2年間で約3万円も損をする可能性があるからです。

 

auのポケットWiFiの特徴

ポケットWiFiには大きく分けてLTE系とWiMAX系の2種類があり、LTE系はワイモバイルやソフトバンク、WiMAX系はUQ WiMAXなどが挙げられます。

大手携帯キャリアのauで取り扱いしているポケットWiFiはWiMAX系に分類されます

そもそもWiMAXサービスを提供しているUQコミュニケーションズはauと同じKDDIグループのため、auでWiMAX系のポケットWiFiを取り扱いしているのも納得ですね。

料金プラン

auのデータ通信端末の料金プランを表にまとめました。

プラン名WiMAX2+ フラットfor DATAWiMAX2+ フラットfor DATA EXWiMAX2+ フラットfor HOME
月間データ容量7GB上限無し上限無し
月額料金

(2年契約・誰でも割シングル適用時)

最大25ヶ月間3,696円

26ヶ月目以降4,196円

最大25ヶ月間4,380円

26ヶ月目以降4,880円

最大25ヶ月間4,380円

26ヶ月目以降4,880円

オプション月額料金1,005円1,005円1,005円

 

ポケットWiFiを対象とした料金プランはWiMAX2+ フラットfor DATA、WiMAX2+ フラットfor DATA EXの2通りになり、月間データ容量に応じて料金も異なります。

オプション月額料金はWiMAX2+通信ではなくLTE通信を利用するハイスピードプラスエリアモードを使った月だけ発生するので毎月必ず必要な料金ではありません。

 

データ追加購入も可能

auのデータ通信端末では、データ量が上限に達してしまうと通信速度制限がかかり、月末まで128kbpsというサイトの閲覧もままならないほど非常に低速な通信しかできなくなります。

この速度制限を避けるためにデータの追加ができるエクストラオプションが利用できます。

エクストラオプションを申し込みしておけば月間データ容量を超過後、2GBごとを自動加算してくれるという便利なサービスです。

しかし2GB加算ごとに2,500円の追加料金が必要になり、利用料金が高額化する可能性がある点に注意しなければなりません。

 

端末のラインナップ

auのデータ通信端末はモバイルルーターでは2018年1月下旬発売予定のW05とW04、W03の取り扱いがあります。

さらに自宅専用のホームルータータイプではL01s、L01が選べます。

 

auユーザーがauのポケットWiFiを契約するメリット・デメリット

auスマホや携帯を利用している場合に、auのポケットWiFiを契約するメリットやデメリットをそれぞれまとめました。

メリット

通信費がまとめられる

auスマホ・携帯とポケットWiFiの請求を1つにまとめられます。

毎月1回で通信費の支払いが終わるので、スマホとポケットWiFiでそれぞれ引き落とし日が違ってしまうのが嫌という場合でも安心ですね。

スマホの機種変更などのついでに契約できる

スマホや携帯を利用していると機種の不具合やプランの見直し、機種変更などでauショップに出向く機会も多いでしょう。

ポケットWiFiの契約もauショップへ行く必要があるので、そういった別の用事も一緒に済ませられるのは便利ですね。

 

デメリット

料金が高い

auのポケットWiFiの一番のデメリットと言えるのは料金が高い点です。

auのポケットWiFiと全く同じ端末、サービスを提供している他のWiMAXプロバイダではもっと安い料金で利用できるうえに様々な特典があるのです。

他のプロバイダの詳しい料金については後述しますが、毎月必要となる通信費はせっかくな安く済ませたいものですね。

 

店頭に出向いて契約する必要がある

auのポケットWiFiはauショップで契約する必要があります。

営業時間内に店頭へ出向かなければなりませんし、土日などは混み合って1時間以上も待たなければいけない経験をした場合もあるのではないでしょうか。

せっかくの休日もポケットWiFiの契約をしに行くだけで疲れてしまってはもったいないですよね。

さらに店頭ではポケットWiFiの在庫が無くてその日に受け取れず、取り寄せるにも時間がかかる可能性もあります。

一方、他のWiMAXプロバイダではオンライン申し込みできるので、昼夜問わず自宅にいながらポケットWiFiの契約ができるのは嬉しいですね。

 

店員によっては満足いく説明が受けられないこともある

店頭での契約は実際に端末を触ることができるほか、わからないことは店員から直接説明を受けられます。

しかし、なかにはポケットWiFiについての知識が少ない店員もいるので、満足いくサービスを受けられない場合もあるでしょう。

せっかく店頭に出向いても納得いく接客をしてもらえないと損した気分になりますね。

 

他のWiMAXプロバイダがおすすめ

前述したようにメリットが少ないため、auユーザーでもポケットWiFiの契約はauではなく他のWiMAXプロバイダがおすすめです。

通信品質に差はない

auを含めWiMAX2+サービスを提供しているプロバイダは、WiMAXの本家であるUQ WiMAXと同じ通信回線を利用しているのです。

そのためサービスエリアや通信速度も同じで、料金面と端末のラインナップに違いがあるくらいです。

ちなみにデータ追加購入をできるのはauだけですが、この点だけではわざわざ料金が高いauのポケットWiFiを選ぶ理由にはならないでしょう。

 

料金が安くキャンペーンを選べる

オンライン契約ができるWiMAXプロバイダでは店舗運営費や人件費のコストがかからないのでその分料金設定を安くすることが可能です。

さらにWiMAXプロバイダは数多くあるため、それぞれ独自のキャンペーンを実施してユーザーを増やす努力をしています。

なかでも高額キャッシュバックのあるGMOとくとくBB、月額料金割引キャンペーンのあるBroad WiMAXがおすすめです。

この2社と本家UQ WiMAXの料金を比較しました。

プロバイダ名UQ WiMAXGMOとくとくBBBroad WiMAX
月額料金

(通常プラン:月間データ容量7GB)

3,696円3,609円

 

最大25ヶ月2,726円

25ヶ月目以降3,326円

月額料金

(ギガ放題プラン:月間データ容量上限無し)

最大3ヶ月3,696円

3ヶ月目以降4,380円

最大3ヶ月3,609円

3ヶ月目以降4,263円

最大3ヶ月2,726円

3~24ヶ月目3,411円

25ヶ月目以降4,041円

キャッシュバック無し最大31,000円無し
2年利用時総額(通常プラン)88,704円

 

55,616円

(31,000円キャッシュバック受取時)

65,424円
2年利用時総額(ギガ放題プラン)103,068円69,350円

(31,000円キャッシュバック受取時)

79,809円

 

プラン名はそれぞれ異なりますが、auショップのプランと同様の内容です。

UQ WiMAXはauで契約するのとほとんど変わらない料金ですね。

GMOとくとくBBが2年総額は一番安くなり、auショップやUQ WiMAXで契約する場合と約3万円も差があります。

ただし、キャッシュバック受取には約1年かかるほか条件がいくつかあるので、特典の対象外となった場合は割高になってしまいます。

もしキャッシュバックを受け取る手続きを忘れそうなら、Broad WiMAXが確実に安くなるのでおすすめです。

auスマートバリューでauユーザーは更にお得

auユーザーがWiMAXを契約すると2つの割引が受けられます。

これはauショップで契約した場合はもちろん、他のほとんどのWiMAXプロバイダで適用されるのです。

1つ目はauスマートバリューmineという、auスマホや携帯で対象の料金プランに加入している場合にWiMAXを契約するとスマホ・携帯料金から毎月最大1,000円割引されるサービスです。

auショップ店頭またはKDDIお客様センターにて申し込みが必要なので忘れないようにしましょう。

 

もう1つはauスマートバリューmine加入者が対象で、LTEオプション料金無料となるサービスです。

LTEオプションとはau 4G LTE回線を使い通信を行うもので、WiMAX2+回線のサービスエリア外やWiMAX2+の電波が届かない場所でも高速通信ができるメリットがあります。

LTEオプションを利用した月は通常1,005円の追加料金が必要ですが、WiMAXプロバイダで3年契約を選択した場合は無料となります。

しかし契約期間が2年の場合でもauスマートバリューmineに加入していれば無料となるのです。

WiMAX2+が圏外の場所でよくネットを使う場合にはお得なサービスですね。

 

auショップにはない端末が選べる

WiMAXプロバイダではauショップよりも選べる端末が多い場合があります。

auショップで契約できるモバイルルーターは前述したように2018年1月下旬発売予定のW05を含めWシリーズのみ3機種ですが、他のWiMAXプロバイダではWXシリーズも取り扱いをしています。

WXシリーズの最新機種WX04もGMOとくとくBBやBroad WiMAXで取り扱いがありますし、W05も発売以降順次提供されていくでしょう。

さらにほとんどのWiMAXプロバイダでは最新機種も含め端末代無料としているのも嬉しいですね。

 

まとめ

ポケットWiFiを持つことでスマホやパソコンといった通信機器を外出先でもインターネット接続できるほか、使い放題のプランを選べば毎月の通信量を気にする必要がなく、スマホ料金の節約もできるメリットがあります。

光回線のように工事が必要ないので、一人暮らしで賃貸アパートやマンションに住んでいる場合も便利ですね。

auショップでもポケットWiFiを契約できますが、同じWiMAX回線の通信サービスを提供している他のプロバイダで契約したほうが便利でお得です。

WiMAXプロバイダではauユーザーを対象とした割引を実施していたり、もともとの料金設定が安いメリットがあります。

さらにオンラインで契約可能なので、わざわざauショップに出向く手間がかからないのも魅力の1つと言えます。

こういった理由からauユーザーでもauショップでポケットWiFiを契約するより、他のWiMAXプロバイダで契約するのがおすすめです。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!