ポケットWiFiの通信距離は障害物の有無で変化!

投稿日:

ポケットWiFiはパソコンやスマートフォンでインターネット回線へ接続するために利用される便利なデータ通信機器です。

サービスの対応エリアならどこでも通信できますが、通信範囲が決まっているため外出時には持ち運ぶ必要があります。

自宅でも1台あれば複数の通信機器との接続が可能ですが、壁やドアなど障害物が電波を遮ってしまい使う部屋や場所によってはスムーズな通信ができないこともあるかもしれません。

そういった場合には是非自宅でできる電波改善方法を試してみましょう。

ポケットWiFiの電波が届く距離

自宅でインターネットを利用する際に、ポケットWiFiを置いている部屋とは違う部屋でネットを使う機会もあるでしょう。

そんな場合にはポケットWiFiからどれくらいの距離まで電波が届くのか気になりますよね。

たとえばUQ WiMAXの公式サイトでは見通しの良い場所では50メートルまでが電波範囲内であると公表されていますが、障害物の有無などで通信距離が短くなることもあるのです。

それでもほとんどのポケットWiFiが大体10~20メートルの範囲は通信可能距離と言われているので、自宅でも一般的な家庭では問題なく利用できると言えます。

LTEの電波の特徴

ワイモバイルやソフトバンク、ドコモなどではLTE回線を利用したポケットWiFiを取り扱っています。

LTE通信の電波は遠くまで届きやすく、障害物を回り込むことができるため、ビル街や室内でも繋がりやすい特徴があります。

WiMAXの電波の特徴

UQ WiMAXやBroad WiMAXなどではWiMAX2+回線を利用したポケットWiFiを取り扱っています。

WiMAX2+通信の電波は、高速に真っ直ぐ飛ぶので障害物を避けることができず、ビル街や建物の奥まった部屋では電波が届きにくいという弱点があります。

UQ WiMAX公式サイトではピンポイントエリア判定で自分の使いたい場所がWiMAX2+のエリア外かどうか調べられるので契約前に確認しておくと安心ですね。

WiMAXルーターによってはLTE通信も可能

WiMAXルーターによってはWiMAX2+回線だけでなくLTE回線を利用できるものもあります。

LTE対応機種なら室内ではLTEよりも電波が届きにくいというWiMAX2+の弱点をカバーすることができます。

そして室内だけでなく外出先でもWiMAX2+エリアとLTEエリアを併用することで通信範囲を広げることもできるのでとても便利です。

電波が悪くなる原因

ポケットWiFiを利用中に通信速度が遅くなるなど電波が悪いと感じることがあります。

そういった場合には様々な原因が関係しています。

障害物の影響

ポケットWiFiを外出先で使う場合はカバンやポケットに入れることが多いため、通信機器から距離が離れることはないでしょう。

しかし、自宅ではポケットWiFiを置いている部屋とは違う部屋でネットを使う場合もありますよね。

そういった場合には壁や柱、家具などが障害物となり電波が遮られることもあります。

電波干渉している

無線の電波は他の電子機器と電波干渉を起こすこともあり得ます。

たとえば電子レンジやワイヤレスマウスなどポケットWiFiと同じ2.4GHz帯の帯域を利用しているため、こういった電子機器の近くにポケットWiFiを置いていると電波が悪くなることがあります。

基地局側の問題

ポケットWiFiは基地局からの電波を受信して無線通信を行っています。

そのため基地局側で電波障害が起きている、メンテナンス作業をしている場合はポケットWiFiが電波を受信できません。

ポケットWiFi自体に電波が届かないと、パソコンなどの通信機器もネットワーク接続ができないのです。

 

自宅で電波が悪い場合におすすめの改善方法

電波が悪い場合、屋外なら場所を移動することで改善されますが、自宅では大幅に移動することができないですよね。

そういった場合には自宅でできる改善方法を試してみましょう。

ポケットWiFiの置く場所を変える

前述したようにポケットWiFiは基地局からの電波を受信して、通信機器に無線を送っているため基地局からの電波が壁などの障害物で遮られてしまうと電波が悪くなってしまいます。

特にLTEよりもWiMAXのほうが障害物に弱いため室内での利用に影響を与えることもあるでしょう。

基地局からの電波をスムーズに受信するためにはポケットWiFiを窓際に置くのがおすすめです。

なぜかと言うと窓から離れた部屋や部屋の奥では壁やドアなど様々な障害物がありますが、窓際なら外からの電波を遮るものが少ないためです。

この方法は一番手軽なので、試してみる価値はあるでしょう。

クレードルを利用する

WiMAXには別売りでクレードルという置き型の充電器が用意されています。

クレードルはルーターを置くだけで充電ができたり、有線LANポートを搭載しているのでポケットWiFiと通信機器を有線接続できるという便利さがあります。

有線接続は無線接続よりも電波が安定しやすいというメリットがあるので、LANケーブルを利用してポケットWiFiと通信機器を有線LAN接続すると今までよりも通信速度が速くなる、電波強度が向上するという期待ができます。

 

しかしそれだけではなくクレードル自体に拡張アンテナが搭載されているものもあるのです。

たとえばWX04の専用クレードルでは、Wウイングアンテナと呼ばれる拡張アンテナがあり、これによって室内での電波強度が向上します。

さらに従来の機器では360℃均等に電波を行き渡らせていましたが、WX04のクレードルではパソコンやスマホなどの子機に向けて、集中的に電波を送信するビームフォーミング技術に対応しているため実効速度が最大で20%もアップしました

ただ注意点として、通信する側もビームフォーイング対応機器である必要があります。

クレードルは大体3,000円から4,000円ほどで購入できるので是非活用しましょう。

無線LAN中継機を利用する

無線LAN中継機とは無線LAN親機となるポケットWiFiからの電波をキャッチして、離れた場所にあるパソコンやスマホなどの子機に電波を中継してくれるものです。

中継器を利用することで今まで電波の死角となっていた場所でも、無線通信が楽しめる効果があります。

ただし無線LAN中継機を購入する際は、ポケットWiFiと同じ無線LAN規格であるものを選びましょう。

中継機自体は2,000円ほどから購入できるものもありますが、10,000円ほどする高価な機種もあるので自分の使いたい機能が備わっているかどうか確認して購入すると良いですね。

ポケットWiFiの帯域を変える

ポケットWiFiで利用されている通信規格には2.4GHz帯と5GHz帯の2種類の周波数帯があります。

2.4GHz帯は電波が遠くまで届くというメリットがありますが、電子レンジやワイヤレスマウスなど他の電子機器でも多く使われている帯域なので電波干渉しやすいというデメリットがあります

一方5GHz帯は2.4GHz帯よりも電波が届く距離が短いのがデメリットですが、安定した通信が可能で他の電子機器では利用されない帯域のため電波干渉しないのがメリットです

両方の帯域に対応しているポケットWiFiならチャンネルを切り替えることができ、電波干渉が原因で電波が悪いなら5GHz帯に変更することで電波が良くなる可能性があります。

マンションなどの集合住宅では他の部屋から電波干渉される場合もあるので、5GHz帯に対応しているポケットWiFiを選ぶと良いですね。

UQ宅内アンテナを設置する

対象の光回線を契約していてWiMAXのポケットWiFiを利用している場合には、UQ宅内アンテナを設置することができます。

UQ宅内アンテナは小型のWiMAX基地局で、自宅に基地局を置くことでWiMAX2+の電波の安定性を高めることができるのです。

工事費・初期費用などすべて無料で、利用しているWiMAXルーターの月額料金だけで設置ができるのは魅力的ですね。

まとめ

ポケットWiFiは固定回線とは違い、サービス対応エリア内ならどこでもスマートフォンやパソコンなどでデータ通信が楽しめます。

通信距離は大体10~20メートル以内なので、エリア内であっても端末からの距離が離れると通信が途切れる可能性があります。

ポケットWiFiは大きく分けてLTE系とWiMAX系があり、それぞれモバイル通信エリアや電波の特徴が異なります。

WiMAX系のポケットWiFiではLTE対応機種を選べば、WiMAX2+の対応エリア範囲外でもLTE通信によってインターネット接続が可能となるメリットがあります。

電波が悪いと感じる場合には、まず窓際に端末を移動してみて、それでも改善しないのであればクレードルや無線LAN中継機などを利用してみましょう。

【2018年6月版】おすすめプロバイダ

BroadWiMAX

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

GMOとくとくBB

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

カシモWiMAX

WiMAXの利用料を節約するなら月額1,380円からスタートできるカシモWiMAX!

端末の選択肢が少なくauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

カシモWiMAXで取り扱う端末は新古品だけでなく新品の最新機種もありますが料金プランが違います。

ちなみにパソコンにUSB接続できるTriprouterが購入できる数少ないプロバイダです。

ポケットWiFi

Copyright© わいMAX! , 2018 AllRights Reserved.