ポケットWiFiを格安で使う!最安プロバイダを徹底調査

ポケットWiFiは外出先でもモバイル回線を利用してネットを楽しめる便利さがあります。

しかしインターネットを利用するうえで通信費が心配という場合も多いでしょう。

ポケットWiFiは契約先をきちんと見極めれば安い料金でネットを利用できるのです。

ただし単純に安いという理由だけで契約先を決めると、様々な条件やデメリットなどがあとからわかる可能性もあるので、各キャンペーンの内容や注意事項を把握したうえで申し込みをしましょう。

 

ポケットWiFiを安く使う方法

ポケットWiFiの通信費は毎月必ず支払わなければならないものなので、安い料金で利用できたほうが嬉しいですよね。

たくさんのポケットWiFiサービス提供事業者がありますが、契約方法や契約先によっては損してしまう可能性があります。

 

 

インターネット契約を利用する

ポケットWiFiは様々な契約方法がありますが、安さの面ではすべての手続きがインターネット上で完結するオンライン契約が一番です

家電量販店や携帯ショップでの契約はもともとの料金設定が高いためお得ではありません。

店頭契約のほうが店員の説明を聞くことができるし安心という場合もあるでしょうが、インターネットで契約しても専門的な知識を持ったスタッフへ問い合わせることができるサポートも整っているので心配する必要はありません。

そのうえインターネットで契約するほうが待ち時間もなく、夜間でも申し込みができるのが魅力的です。

安いプロバイダで契約する

インターネット上で契約できるプロバイダでも料金形態は様々で、選ぶプロバイダによっては年間で1万円以上損してしまうこともあるのです。

ほとんどのプロバイダで2年以上の契約期間が定められているため、更新月以外の解約では違約金の支払いが必要になります。

そのためポケットWiFiをプロバイダで契約する場合は長期利用が前提になるので、プロバイダを選ぶ際に重要視するのは月額料金の安さではないでしょうか。

オンライン契約できるプロバイダも数多くあるのでどこで契約すべきか迷いますが、一見安い料金を打ち出していても何か条件が必要になる場合もあるので注意事項はきちんと確認しておきましょう。

 

 

安いポケットWiFiプロバイダを徹底解説

安いと評判のポケットWiFiプロバイダの料金プランや注意点などを解説します。

 

Yahoo!Wi-Fi

Yahoo!Wi-Fiはソフトバンクの子会社で、ソフトバンク携帯と同じLTE回線を利用してネット通信ができ、プランによって端末が指定されるのが特徴です。

契約プランは2通りから選べます。

 

プラン名Y!Fi(ワイファイ)データプラン2(4G/LTE)さんねん+アシスト1080
月間データ容量7GB(アドバンスモード利用時は上限なし)5GB
月額料金3,696円(アドバンスオプション別途684円){Yahoo!プレミアム会員}

最大12ヶ月1,980円

13ヶ月目以降2480円

{Yahoo!プレミアム未加入}

3,696円

契約期間3年
端末603HW506HW
下り最大速度612Mbps112.5Mbps
特典・Yahoo!プレミアム同時入会で会員費最大3ヶ月無料

・アドバンスオプション同時申し込みでオプション料最大3ヶ月無料

Yahoo!プレミアム同時入会で会員費最大6ヶ月無料

 

 

月間データ量5GBまでのプランはYahoo!プレミアム会員ならお得になります。

Yahoo!プレミアム会員になるとYahoo!ショッピングやLOHACOというショッピングサイトでポイントが5倍になるほか、ヤフオク!で出品ができるというメリットがありますが、会員費で月額462円が必要です。

同時入会特典で会員費が無料で使える期間があるため、Yahoo!系列のサイトをよく利用する場合にはありがたいですね。

 

高額な契約解除料に注意

ほとんどの場合ポケットWiFiの契約には最低利用期間が定められているため、契約期間の途中で解約すると高額な違約金を支払う必要があります。

しかしYahoo!Wi-FiのポケットWiFiは他のポケットWiFiと比較しても、より高額な契約解除料の設定となっているため注意が必要です。

たとえば同じソフトバンクグループのワイモバイルでは一律9,500円の契約解除料ですが、Yahoo!Wi-Fiの場合は契約0ヶ月目で解約すると38,880円もの違約金が発生します。

そして1ヶ月経過するごとに800円ずつ違約金が安くなるシステムですが、契約1年後でも29,280円、2年後でも19,680円とかなり割高です。

Yahoo!Wi-FiのポケットWiFiを契約する場合は、3年間必ず使い続けることが前提となりますね。

GMOとくとくBB

WiMAX系のポケットWiFiを取り扱いしているGMOとくとくBBは高額キャッシュバック特典で人気があります。

キャッシュバックを受け取ることができれば2018年2月現在で最安値のWiMAXプロバイダです。

プラン名ギガ放題プラン通常プラン
月間データ容量上限なし7GB
月額料金2ヶ月目まで3,609円

3ヶ月目以降4,263円

3,609円
契約期間2年または3年
キャッシュバック金額最大34,000円

 

毎月の料金はやや割高ですが、最大34,000円の高額キャッシュバックが受けられるので結果的にはお得になります。

たとえば通常プランを2年契約した場合に34,000円のキャッシュバックを受け取ったとすると、34,000円を24ヶ月で割り月額料金から差し引くと、毎月実際に負担する料金は2,193円となります。

キャッシュバック特典の受取方法

キャッシュバック特典を受け取るにはいくつか条件があり、満たさないとキャッシュバックをもらえません。

受取方法の流れは以下の通りです。

  • 端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典に関するメールが届く
  • メール内容に添って口座情報を登録し送信
  • メール返信後の翌月末日に指定口座に振り込み

簡単そうに見えますがここで注意したいのが、メールが届くのはGMOとくとくBB入会時に作るアドレスであること、メール送信日の翌月末日までに返信する必要があること、口座情報に不備がないようにすることです。

まずメールが届くのは普段使っているアドレスではないため、ここでメール自体を見落としてしまうと受け取る手続きすらできません。

そしてメールに気づいても返信を忘れたり、返信した口座内容に不備があると特典の対象外となります。

キャッシュバックを受け取れないと大きな金額を損してしまうので、気を付けましょう。

カシモWiMAX

カシモWiMAXは比較的新しいWiMAXプロバイダです。

GMOとくとくBBのようなキャッシュバック特典ではなく、月額割引キャンペーンを実施しています。

プラン名ギガ放題プランライトプラン
月間データ容量上限なし7GB
月額料金初月無料

1~2ヶ月目1,380円

3~24ヶ月目3,380円

25ヶ月目以降4,079円

初月無料

1ヶ月目1,380円

2~24ヶ月目2,680円

25ヶ月目以降3,379円

契約期間2年

全体的に安い月額料金設定となっているうえに、契約時の事務手数料が必要となる初月の月額料金を無料としているのも嬉しいですね。

端末は新古品のみ

カシモWiMAXで契約すると、新品ではなく新古品の端末が届きます

新古品とは定義が曖昧ですが、一般的には展示品や再出荷品のことを指します。

しかしカシモWiMAXの場合は新古品でも完全未使用品で、ショップの展示品やユーザー利用の中古端末は一切利用していないと公式サイトでも記載しています。

ユーザーの手に渡ったものの使用することなく返品された商品などと考えられます。

さらにカシモWiMAXでは端末のラインナップが他社WiMAXプロバイダよりも少ないです。

モバイルルーターで選べるのはW04のみとなっています。

端末がW04で良く、新品にこだわらない場合は毎月の利用料金を節約できるのでありがたいですね。

 

契約期間は2年

ほとんどのWiMAXプロバイダでは契約期間を2年または3年から選択できますが、カシモWiMAXでは2年契約のみとなっています。

3年契約を選べないデメリットとして挙げられるのは、他社WiMAXプロバイダでは3年契約を選ぶとLTEオプションが無料となるのですが、2年契約ではオプション料金が発生してしまうことです。

LTEオプションとは、LTE対応端末でWiMAX2+通信だけでなくau 4G LTEを利用して通信できるサービスです。

WiMAX2+の通信エリア外や電波が届かない場所でもLTEオプションを使うことでネット通信ができるメリットがあります。

LTEオプションは端末の設定をハイスピードプラスエリアモードへ変更するだけで利用できますが、2年契約の場合はこのモードで通信を行った月だけ1,005円のオプション料金が必要です。

LTEオプションを使わない場合には問題ありませんが、毎月のようにLTE通信を利用するなら3年契約のできるプロバイダのほうがお得になります。

https://xn--max-qi4byo.com/kashimo_wimax/

 

Broad WiMAX

Broad WiMAXも月額料金割引を実施しているプロバイダです。

プラン名ギガ放題プランライトプラン
月間データ容量上限無し7GB
月額料金2ヶ月目まで2,726円

3~24ヶ月目3,411円

25ヶ月目以降4,011円

1~24ヶ月目2,726円

25ヶ月目以降3,326円

契約期間3年

 

カシモWiMAXよりは少し高いですが、それでも十分格安です。

さらにカシモWiMAXとは違い、端末も新品で最新モバイルルーターW05が選べるのも嬉しいですね。

初期費用が発生する

Broad WiMAXでは月々の料金を抑えるための頭金という名目で初期費用18,857円が必要となりますが、Web割キャンペーンを活用すると初期費用無料にすることができます。

キャンペーンを適用できる条件は以下の通りです。

  • Webフォームからの申し込み
  • 支払い方法でクレジットカード決済を選択
  • 指定オプション「安心サポートプラス」「My Broadサポート」の両方に加入

特別難しい内容ではないため、クレジットカードさえ持っていれば簡単ですね。

なお、指定オプションは有料のため不要であれば端末到着後にオプション解約しても問題ありません。

ただし初期費用無料キャンペーンを適用した場合は契約開始月から起算して24ヶ月以内にWiMAXサービスを解約すると、通常の契約解除料とは別でキャンペーン違約金9,500円が発生する点に注意してください。

こんな場合にはWiMAX系のポケットWiFiがおすすめ

比較した4社のうちYahoo!Wi-Fi以外はWiMAX系のポケットWiFiを取り扱いしています。

ポケットWiFiにはYahoo!Wi-Fiやワイモバイルの取り扱いしているLTE系もありますが、どういった場合WiMAX系のポケットWiFiを選ぶのがおすすめかまとめました。

 

Yahoo!ショッピングやヤフオク!を使わない

LTE系のポケットWiFiを取り扱いしているプロバイダのなかでもYahoo!Wi-FiはYahoo!プレミアム会員なら安く利用できますが、会員費がかかるのでYahoo!ショッピングやヤフオク!を使わないなら無駄な出費になってしまいますね。

しかしYahoo!プレミアム会員でない場合は、月額3,696円が必要となってしまうので格安とは言えません。

このためYahoo!プレミアム会員になる必要がないという場合にはWiMAX系のポケットWiFiのほうがお得になります。

 

月間データ量が5GB以上必要

WiMAXではお得な通常プランでも月間通信容量7GBまで使えますが、Yahoo!Wi-Fiでお得なプランだと5GBまでが上限になります。

Yahoo!Wi-Fiで5GB必要な場合は、もう1つの7GB制限のあるプランを選ぶことになりますが、このプランはアドバンスオプションへ加入することで月間データ量上限なしにすることもできます。

しかし、月額料金のほかにオプション料金が別途必要となるうえに、オプションで利用できるアドバンスモードで通信できるのはAXGPという非常に狭いエリアに限られるのです。

一方WiMAXはギガ放題プランでも、通常プランとサービスエリアが違うということはありませんし、Yahoo!Wi-Fiで7GBのプランを申し込むよりもWiMAXでギガ放題プランを選ぶほうが安く済むのです。

こういった点から月間データ使用量が5GBでは足りない場合はWiMAXでの契約が最適と言えます。

 

まとめ

ポケットWiFiを持つことでモバイルデータ通信ができて便利ですが、通信料金がいくらかかるのか不安で契約に踏み切れない場合も多いでしょう。

ポケットWiFiは契約先により料金も異なるので、なるべく安くなるプロバイダを選びましょう。

Yahoo!Wi-FiはYahoo!プレミアム会員で月間容量が5GB制限でも足りる場合には格安です。

一方WiMAX回線を利用しているプロバイダではデータ量に上限なしのプランがあることや、様々なキャンペーンを実施しているため格安で満足いくまでネットを楽しめます。

GMOとくとくBBでは高額キャッシュバックを受け取れないと損してしまうので、手続きに不備がないよう注意しなければいけません。

カシモWiMAXでは割引に関して特別な手続きは必要ないものの、端末が新古品になることやLTEオプション無料のプランがないことを理解したうえで契約しましょう。

Broad WiMAXも確実に安い月額料金ではありますが、初期費用がかかるためWeb割キャンペーンを活用するのがおすすめです。

各プロバイダのメリット・デメリットを把握し、自分に合った格安な契約先を選びましょう。

 

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!