WiMAX ペパボ

ペパボWiMAXの評判と口コミ

投稿日:2017年3月2日 更新日:

ペパボWiMAXはGMOインターネット株式会社が提供するWiMAX2+のサービスです。

契約する際に23,500円のキャッシュバックをもらえるプランと、月額料金を割り引くプランのいずれかを選択します。

月額料金の割引には、WiMAX2+の通常プラン向け・ギガ放題プラン向けの2種類があります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、プランの詳細をよく確認してから自分にあう方をえらぶようにしましょう。

ペパボWiMAXの料金プラン

ペパボWiMAXはインターネットインフラやインターネット証券などの事業を手掛けるGMOインターネット株式会社によるWiMAX2+サービスです。

電話によるサポート・問い合わせ先がない(メールでの問い合わせのみ受付)点で口コミの評価が悪くなると考えられるペパボWiMAXですが、料金プランにはキャッシュバック特典のついたプランと月額割引プラン、ギガ放題お得プランの3つがあり、希望にあわせてえらべるメリットがあります。

キャッシュバックプラン

キャッシュバックプランは、WiMAX2+の契約で23,500円のキャッシュバックをもらうことができるお得なプランです。

スマホやモバイル通信サービスの利用などで高くなる一方の通信料金を節約したいのであれば要チェックです。

なおキャッシュバックプランを利用する場合は、月間7GBのデータ通信量が決められた通常プランが月額3,609円(25ヶ月目以降は月額4,195円)、月間データ通信量の上限がないギガ放題プランにすると通常プランに月額プラス654円して4,263円(25ヶ月目以降は月額4,849円)となります。

キャッシュバックの受け取り方

キャッシュバックは銀行口座に振り込まれます。

振込先の銀行口座はダッシュボードと呼ばれるユーザー専用ページにログインの上、「キャッシュバック特典」メニューで設定します。

なおキャッシュバックが振り込まれるのは、契約してすぐではありません。

ネット申込をしてWiMAX2+機器が届いた月から数えて、12ヶ月目となるので注意しましょう。

キャッシュバックを当てにしてせっかく何か買おうと考えていても、手に入るのは約1年後です。

その他、キャッシュバックの受け取りに関しては以下の点にも注意が必要です。

・キャッシュバック受け取りの前に解約をすると特典が無効になる
・受取口座の登録を忘れるとキャッシュバックがもらえない
・料金の未払いなどでサービス提供を停止・契約解除となった場合、キャッシュバックは受け取れない
・キャッシュバックの振込日や振込完了に関する問い合わせや要望は受け付けていない

月額割引プラン

キャッシュバックはもらえませんが、月間データ通信量の上限が7GBに定められた通常プランを月額2,980円で使えるプランです。

ペパボWiMAXのプラン中で月額料金は最も低価格なプランで、キャッシュバックプランを利用した場合と比較すると、同じ通常プランなら月額600円ずつ節約できます。

なお25ヶ月目以降は月額4,195円となります。

2年間ギガ放題お得プラン

その名の通りギガ放題プランが2年間お得に使えるプランです。

このプランを利用した場合のギガ放題プランの月額料金は、キャッシュバックキャンペーンで通常プランを選択した場合と同じ3,609円(25ヶ月目以降は月額4,849円)です。

月額割引プランでもギガ放題プランを使うことはできますが、月額料金が3,634円で若干ですが2年間ギガ放題お得プランより高くなります。

そのため通常プランを利用するなら月額割引プランを、ギガ放題プランを使うなら2年間ギガ放題お得プランを選択するとよいでしょう。

次に月間データ通信量7GBまで高速なモバイル通信が使える通常プランと、その上限がないギガ放題プランのどちらをえらぶかですが、これはどの程度WiMAX2+を利用するかによります。

以下にあげるYouTube動画を例にしたデータ通信量の目安を参考にして下さい。

▽YouTube動画(5分間)を鑑賞する際のデータ通信量の目安
moviedata

ホームページの閲覧やLINEでのメッセージ送受信・メール送受信といった利用で消費されるデータ通信量は多くありません。

一方YouTubeをはじめとした動画を閲覧する場合は、上記表にあげるような膨大なデータ通信量が消費されます。

たとえばHD画質の動画だと、1ヶ月10時間足らずの視聴で7GBのデータ通信量が消費される計算です。

データ通信量を節約するためには、動画のレベルを落として低画質にしたりだとか動画視聴の時間をいちいち気にしたりする必要があるでしょう。

そういった我慢をしたくないのであればギガ放題プランをえらぶことになります。

私はWiMAX2+ギガ放題プランのユーザーですが、1度データ通信量を気にしないでよいモバイル通信の環境を手に入れると離れられなくなります。

そういった私の経験からも、WiMAX2+を使うならギガ放題プランがおすすめです。

どのプランを選ぶのが一番お得?

ペパボWiMAXのどのプランも2年契約となっています。

2年間の総額料金で比較するとどのプランがお得かが分かりやすいです。

月額割引・ギガ放題お得プランと比較すると、上記の通りキャッシュバックプランの方が低価格で、通常プラン・ギガ放題プランいずれを使った場合でも約8,000円の差があります。

そのため通信費用を節約したいのであればキャッシュバックプランがおすすめですが、キャッシュバックプランを利用するためには別途受取口座登録の手続きをしなければならなかったり、キャッシュバックの受け取りに約1年かかったりといったデメリットがあります。

8,000円の差額とキャッシュバックの受け取りのデメリットを天びんにかけてどちらを選ぶかは判断のわかれるところですね。

なおとくとくBBなどの他社でも同様のキャッシュバックキャンペーンを行っていることがありますが、手続きが煩雑でユーザーの評判が芳しくなく、以下のように手続きに失敗してキャッシュバックを受け取れなかったという口コミをたびたび目にします。

たとえばとくとくBBでは、ほとんどのユーザーが使わないと想定されるとくとくBB発行のメールアドレス宛に契約から約1年後に受取口座登録のための案内メールが他のメールマガジンに紛れるように届けられ、そのメールが送信された翌月末日までに必要な手続きをしないとキャッシュバックの権利を失ってしまいます。

一方ペパボWiMAXでは、ユーザーの専用ページで銀行口座の登録を行えばよいのでとくとくBBと比較すると手間はありませんし、とくとくBBと違ってキャッシュッバック受取に関する不満を訴える口コミや評判も見当たりません。

運営会社の移管に伴い特典がなくなった

レンタルサーバーなどの利用料が無料だった

ペパボWiMAXはもともとPEPABO株式会社のサービスで、その頃は運営するレンタルサーバーサービス「heteml」やホームページ作成サービス「Goope」、写真共有・保存サービス「30days Album」の利用料金12ヶ月分(総額40,550円分)を無料にするキャンペーンを行っていました。

しかし平成29年2月1日にペパボWiMAXの事業がGMOインターネット株式会社へ譲渡されることになり、こういったキャンペーンの提供が終了した経緯があります。

レンタルサーバー利用料が無料となるキャンペーンは、ホームページを立ち上げるユーザーにとっては便利で、以下のようにユーザーからの好意的な口コミが見受けられます。

レンタルサーバーを使うユーザーは限られていますが、ユニークなサービスだと言えるでしょう。

まとめ

ペパボWiMAXには、23,500円のキャッシュバックがもらえるプランと月額割引のプランがあり、月額割引プランはさらにWiMAX2+の通常プラン向け・ギガ放題プラン向けがあります。

他社のキャッシュバックプランは受取の手続きが難しくて評判がよくありませんが、ペパボWiMAXのキャッシュバックプランに関しては手続きが簡単で、ユーザーから不満をうったえる口コミも見当たりません。

とはいえキャッシュバックをもらえるのが契約から約1年後だったり、キャッシュバックを受け取るための手続きや条件はあったりするので、そういった点が面倒であれば2年間総額で約8,000円高くなるものの月額割引のキャンペーンをえらぶとよいでしょう。

WiMAX, ペパボ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.