@nifty WiMAX WiMAX2+

@niftyWiMAX契約の流れと支払い方法を画像つきで全解説!

投稿日:

 

@nifty WiMAXは大手インターネットサービスプロバイダ「nifty」のWiMAX2+サービスです。

契約の前に提供エリア確認をする必要があるのは当然ですが、契約前にWiMAX2+を無料体験できるTry WiMAX・プロバイダの合意なしに解約できる初期解約制度のことを知っておくとより安心です。

また申し込みの際は選択する支払い方法によっては料金が多くかかったり、WiMAX2+端末の配送が遅れたりするので注意しましょう。

ここでは、@nifty WiMAXの申し込みの流れや注意点をまとめて紹介します。

@nifty WiMAXを契約したい!手続きの流れは?

@nifty WiMAXは富士通を親会社とする大手インターネットサービスプロバイダ「nifty」によるWiMAX2+サービスです。

大手プロバイダならではの安心感、20,000円という高額なキャッシュバックがメリットのサービスです。

事前に必ずエリアを確認しよう

@nifty WiMAXに限らず、WiMAX2+を契約する場合は自宅や外出先などが提供エリア内か必ず事前に確認するようにしましょう。

その際、自宅などWiMAX2+を利用する最も重要な場所は、具体的な住所を入力してエリア判定ができる「ピンポイントエリア判定」を行います。

より確実に提供エリアの判定ができます。

それ以外は「サービスエリアマップ」を利用し、地図を見て該当の箇所がエリア内か確認するとよいでしょう。

UQコミュニケーションズのTry WiMAXで実際の電波の入り具合を確認可能

提供エリア内であっても、必ずしもWiMAX2+が快適に使えるわけではありません。

周囲にある建物などの障害物の影響により、電波が届かなかったり不安定になったりすることがあります。

そのため提供エリア判定で提供エリア内であることが分かったとしても、必ずそこでWiAMX2+の電波がとどくことが約束されたわけではありません。

これはWiMAX2+に限らず電波でインターネットを行うモバイル通信全般にいえることで、ユーザーは不安を抱えつつ契約することになります。

ただWiMAX2+の場合は契約前にテストできるサービス「Try WiMAX」を提供しており要注目です。

Try WiMAXは15日間無料でWiMAX2+を試せるサービスであり、WiMAX2+の提供元であるUQコミュニケーションズによって運用されています。

UQコミュニケーションズのサービスだからといって、テスト後にUQコミュニケーションズのWiMAXサービス「UQ WiMAX」を申し込まないといけないわけではありません。

Try WiMAXは以下URLから申し込みます。

http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/

申し込んでから長くて2~3日程度でWiMAX2+機器が自宅にとどきます。

専用機器を実際に使いながら、使いたい場所で電波が届くことがわかれば安心して契約できますね。

せっかくTry WiMAXを申し込んだのですから、WiMAX2+機器を外に持ち出してみて、いつも行くコーヒーショップや通勤・通学の電車の中など、どういったところで使えてどこで使えないかじっくり試しておくとよいでしょう。

初期解約制度の説明が公式サイトにないので事前のチェックはマスト

初期解約制度とは、契約書面を受け取ってから8日以内なら契約先の合意なしに、無条件で通信サービスを解約できる法律のことでWiMAX2+もその対象です。

通信サービスにおけるクーリングオフに近いルールと説明すると分かりやすいでしょうか。

「自宅で電波状況が良くなくて思うような速度がでなかった」という理由でもこの制度で解約できます。

@nifty WiMAXのホームページに記載がないものの、もちろん適用が可能です。

この制度を使って解約するためには、氏名・住所・契約したサービスの内容・初期解約制度を利用する旨を記載した書面(書式は自由)を契約書面到着後8日以内に契約先へ送ります。

なお初期解約制度によって無料となるのは契約解除料のみなので注意して下さい。

3,000円の事務手数料や解約までにかかった月額料金は支払う必要があります。

そのため電波状況に不安があるのであれば、Try WiMAXを使う方がよいでしょう。

とはいえ初期解約制度のことをあらかじめ知っておけば、安心してWiMAX2+を契約できますね。

@niftyのサイトか電話で申し込み

@nifty WiMAXの申し込みは難しくありません。

公式サイトから申し込むか専用のデスクに電話で申し込むことができます。

公式サイトから申し込んだ方が手間はかからないので、オペレーターに直接聞きたいことがなければオンラインでの手続きをえらぶとよいでしょう。

公式サイトでの申込の流れ

niftyの会員でない場合は「新規お申し込み」、niftyの会員である場合は「現在@nifty IDをお持ちの方」をクリックします。

nifty会員の場合はID・パスワードを打ち込んで先へすすみます。

 

月間データ転送量の上限なしにたっぷりモバイル通信が使える「WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題」か、月間データ通信量の上限が7GBまでに設定されギガ放題プランより低価格な「WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割」のいずれかを選択して「次へ進む」をクリックします。

利用を希望するWiMAX2+機器を選択して「次へ進む」をクリックします。

表示されたオプションを申込か否かをオプション毎に選択した上で「次へ進む」をクリックします。

なお「@niftyリサーチ」では別途規約を確認して「上記すべての文章に同意しました。」にチェックをいれる必要があります。

規約や注意事項、提供エリアの確認画面です。

規約・注意事項の内容とWiMAX2+を使う場所が提供エリア内か否かを確認した上で、各項目にチェックを入れ「上記の規約と個人情報の取り扱いに同意して、次へ進む」をクリックします。

契約者情報の入力画面です。

名前や住所などの情報を入力して「次へ進む」をクリックします。

次にメールアドレスの登録画面です。

「@nifty.com」のメールアドレスを1つ発行できるため、希望のアカウント名を入力します。

また@nifty.com以外のメールアドレスをこの画面で連絡先として登録することも可能です。

最後に「@niftyからのお知らせメール受取設定」で受信したいお知らせメールの種類を選択します。

初期設定ではすべてにチェックが入っているので受け取りたくないものはチェックを外し、最後に「次へ進む」をクリックします。

支払い方法の登録をします。

初期設定ではクレジットカードをえらぶようになっていますが、「クレジットカード以外でお支払いを希望の場合」をクリックすると口座振替をえらぶこともできます。

支払方法を入力して「次へ進む」をクリックすると、サービスの概要や注意事項の確認画面に移動します。

内容を確認した上で、「上記の内容に同意して、次へ進む」をクリックします。

入力した項目の確認画面です。

内容を確認した上で「上記内容で@nifty WiMAX(ワイマックス)を申し込む」をクリックしてフォームからの申し込みが完了です。

この画面から各項目の修正画面へ移動することもできます。

機器の到着は最短4日後

申込後、機器が届けば簡単な設定をしてすぐにWiMAX2+が使えるようになります。

WiMAX2+機器が届くのは最短で申し込みから4日後です。

急ぐならクレジットカード払いが確実

WiMAX2+機器の配送は支払い方法が確定してからになります。

クレジットカードならオンラインで必要なカード情報を全て登録して確定できるため、できるだけ早くWiMAX2+を使いたいのであればクレジットカード払いがおすすめです。

支払方法はえらべる?

@nifty WiMAXはクレジットカードだけでなく、口座振替も支払い方法に選択することが可能です。

ユーザーの希望にあった方をえらべますが、口座振替は以下にあげる注意点があります。

クレジットカード払い

申し込み画面ではクレジットカード払いでの申し込みを推奨しています。

支払いに使えるカードがないといった特別な理由がなければクレジットカード払いをえらぶとよいでしょう。

口座振替

@nifty WiMAXでは口座振替での支払いも可能です。

ただし口座振替をえらぶと、口座振替決済管理費として200円/月が別途請求されるので注意して下さい。

そのためクレジットカード払いの方がお得に使えます。

早めの受け取りにはオンラインでの口座振替手続きが必須

WiMAX2+機器が発送されるのは、支払い方法が確定してからです。

クレジットカード払いならオンライン申込の際に同時に支払い方法が確定できるので、急ぐならクレジットカード払いがおすすめです。

仮に口座振替をえらぶ場合は書面、もしくは専用のオンライン画面で口座登録することになります。

できるだけ早くWiMAX2+機器を受け取りたければ、オンラインで登録手続きを行うとよいでしょう。

書面で手続きするより手間もかかりません。

まとめ

@nifty WiMAXを申し込む際は事前に必ず提供エリアの確認をします。

Try WiMAXで無料体験を申し込むとより確実です。

その後、オンラインもしくは電話で申し込むことが可能ですが、オンラインの方が簡単でおすすめです。

また支払い方法としてクレジットカード払いか口座振替をえらぶことが可能ですが、特別な理由がなければクレジットカードをえらぶとよいでしょう。

口座振替にすると200円の/月の口座振替決済管理費が発生する上にWiMAX2+端末の発送に時間がかかります。

@nifty, WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.