@nifty WiMAX WiMAX2+

@niftyWiMAXキャッシュバックキャンペーンのメリットデメリット

投稿日:2017年4月21日 更新日:

高額キャッシュバックキャンペーンを行っているWiMAXプロバイダの1つに@niftyがあります。

最大20,000円のキャッシュバックを受け取ることができるうえにWiMAXの月額利用料金を3ヶ月間無料としている大変お得な内容となっています。

またキャッシュバック率は低いですが、受け取り方法はシンプルなので他社プロバイダのようにキャンペーン失効になりにくいという点はメリットといえます。

そこで今回は、@niftyのキャッシュバックキャンペーンの詳細や受け取り方について紹介していきます。

@nifty WiMAXのキャッシュバックキャンペーン

WiMAXサービスを提供している@niftyではWiMAXを契約する人向けに20,000円のキャッシュバック、さらに3ヶ月間(利用登録月含む)無料でWiMAXを使用できるキャンペーンを行っています。

キャンペーンを適用するにはWiMAX2+ Flat 2年ギガ放題またはWiMAX2+ Flat 2年auスマホ割りを申し込み、W04 / WX03 / HOME L01のいずれかのWiMAXルーターを選択することが条件です。

なお、3ヶ月間の月額料金は無料ですが光ファイバーやADSLなどの接続サービスと併用せずWiMAXのみ契約する場合は、月額料金とは別に毎月250円(税抜)の@nifty基本料金が発生します。

契約プラン 月額料金 @nifty基本料金 合計
ギガ放題 4,100円(3ヶ月間無料) 250円 4,350円(3ヶ月間:250円)
auスマホ割り 3420円(3ヶ月間無料) 250円 3,670円(3ヶ月間:250円)

そのためキャンペーンが適用されていても最初の3ヶ月間は250円を支払う必要があり、4ヶ月目以降は月額料金+@nifty基本料金の合計4,350円を支払うことになります。

もし契約者がauのスマートフォン/携帯電話とWiMAXを同時に利用する場合は、さらに月額料金から最大934円が割引されるのでよりお得です。

ただし、WiMAX機器発送月を含めて6ヶ月目の末日までに契約解除またはプラン変更をした場合はキャッシュバック特典の対象外となるうえ、下記の表のように高額な解約金が発生しますので注意しておきましょう。

解約までの期間 契約解除料
1~13ヶ月 19,000円
14~25ヶ月 14,000円
26ヶ月(契約更新月) 0円
27ヶ月以降 9,500円
50ヶ月(契約更新月) 0円

キャッシュバックの受け取り方法

@niftyのキャッシュバックは他社プロバイダのように煩雑ではなく簡単な手続きで確実に受け取ることができます。

@niftyのキャッシュバック受け取りに必要な手続きはたった1つ、契約後に会員サポートのマイページへログインし、「お客様情報一覧」内の「お受取口座情報の参照・変更」ページにてキャッシュバックの振込先口座を登録するのみです。

WiMAX申し込み時に支払方法が確定していればマイページへログインすることができ、すぐに受取手続きを行うことができるので他社プロバイダよりも早く完了させることができます。

利用登録月を含む8ヶ月目には@niftyメールアドレス宛てにキャッシュバックの案内メールが届くので、振込日までに必ず登録を済ませておきましょう。

あとは9ヶ月後に自動でキャッシュバック額が振り込まれるのを待つだけです。

@niftyではこのように手続きが簡単ですが、他社プロバイダでは契約後すぐに口座登録できないうえ、手続きすることを忘れた頃にプロバイダ専用のメールアドレス宛てにキャッシュバック受け取り手続きの案内メールが届くので、結局口座未登録でキャッシュバック特典が失効となる人は多いようです。

そのため契約後すぐに手続きができる@niftyはキャッシュバックが受け取りやすいプロバイダといえますね。

キャッシュバックを行う他プロバイダとの違い

@niftyは他社プロバイダと比較するとキャッシュバック率は低いですが、受け取り方法においては簡単で確実に受け取りやすいメリットがあります。

例えば、GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は業界最高額ではありますが手続きを行えるまでに約1年待たなければならいうえに受け取りにくい仕組みとなっているので、結局受け取ることができなかったという口コミをネット上でもよく見かけます。

しかし@niftyはこのような心配がないため損する可能性が低く、契約後すぐに口座登録を済ませておけば確実にキャッシュバックを受け取ることができるのです。

金額はやや低め

@niftyは他社プロバイダよりもキャッシュバック額は低いですが、WiMAXの月額基本料金を3ヶ月間無料としているので、実際お得になる金額はキャッシュバック額よりも大きいです。

また@niftyの受け取り方法がとても簡単なので受け取れないリスクが低く、他社プロバイダよりも3ヶ月程早くキャッシュバックを受け取ることができます。

そのためキャッシュバックを確実に早く受け取りたいのであれば高額キャッシュバックを行っているプロバイダよりも@niftyのキャンペーンの方がおすすめです。

受け取りの方法は厳しくない

キャッシュバックの受け取りはプロバイダによって手続きがややこしく、登録口座情報の不備によって1度でも振り込みできない場合は何の訂正依頼もないままキャンペーンが失効となりますが、@niftyはその点において他社のよりも少し甘めです。

特にキャッシュバック最高額のGMOとくとくBBの場合、契約して約1年後にキャッシュバックの受け取り手続きに関する案内メールが届きますが、それまで頻繁にメールマガジンが届くので大事なメールを見逃してしまって手続きができなかったという人は多いです。

期限までに手続きが行われなかった場合や手続きを行っても内容に不備がある場合は、キャッシュバックを振り込むことができないのでそのままキャンペーン失効となります。

しかし@niftyでは振込日までに口座登録されていない場合や登録口座情報に不備によって振り込みできなかったとしても口座の確認・修正の依頼を受けるので翌月に再振込を行ってくれます。

ただし2回とも振り込むことができなかった場合はキャッシュバック特典が無効となりますので、そのようなことがないよう契約後すぐに口座登録して不備がないか確認しておくと手続きを忘れていてもちゃんと受け取ることができるので安心ですね。

最大3ヶ月無料で実質的には他プロバイダ並のお得感

前にも述べたように、@niftyのキャッシュバック金額が他社より低いですが、WiMAX利用料金が3ヶ月間無料となるので実際にお得になる金額は大きくなります。

WiMAXを契約した当月の月額料金が無料というプロバイダは複数ありますが、キャッシュバックを行っているうえに3ヶ月間も月額料金を無料にしているプロバイダは@niftyくらいです。

そのため実際ギガ放題プランをもとに計算してみるとキャッシュバック最高額のGMOとくとくBBとあまりお得になる金額は変わりません。

  GMOとくとくBB(キャッシュバック) @nifty WiMAX
月額料金 4,363円(3,609円/~2ヶ月目) 4,350円(250円/~3ヶ月目)
2年総額 103,204円 95,101円
事務手数料 3,000円 3,000円
端末代 0円 1円
キャッシュバック 30,000円 20000円
合計 76,204円 75,101円

上の表を見ると分かるように、キャッシュバック額はGMOとくとくBBの方が1万円以上も高いですが、月額料金とキャッシュバックを差し引いた合計の金額にほとんど差はありません。

どのプロバイダでもキャッシュバック金額を大きく掲載しているため、つい金額の大きいプロバイダに魅力を感じますが、全体でお得になる金額がいくらになるのか計算してみるとキャッシュバック金額の低いプロバイダでも実質的に他社プロバイダ並のお得感を得られる場合もあるのです。

まとめ

@niftyでは対象の料金プランと端末でWiMAXを契約する人向けにキャッシュバックキャンペーンを行っており、20,000円を受け取れる他にもWiMAXを3ヶ月間無料で使用することができます。

キャッシュバック受け取りにおいては、他社プロバイダのよりも簡単な手続きで3ヶ月程早く受け取ることができるのでプロバイダの中でも確実に受け取りやすいです。

ただ@niftyのキャッシュバック率は他社プロバイダよりも低く、多くの人が高額キャッシュバックを行っているプロバイダを選びたいと思っているでしょう。

しかし実際キャンペーン適用でお得になる金額を計算してみると業界最高額のキャッシュバック額を提示しているGMOとくとくBBとあまり変わりはありません。

むしろ高額キャッシュバックを行っているプロバイダほど受け取りにくい手続き方法だったりするので、特典失効となって損してしまう人は多いのです。

@niftyであれば契約の際に支払方法さえ確定していればすぐにキャッシュバック振込先口座を登録することができ、他社プロバイダより確実に受け取れる可能性が高いのでおすすめです。

@nifty, WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.