@nifty(ニフティ) WiMAXの評判と口コミを調査!

@niftyインターネットを利用するためWiMAXの契約を検討している場合に、様々なプロバイダがあるため契約先を悩んでしまうことがあります。

ニフティWiMAXは富士通の子会社である株式会社ニフティが提供しているインターネットサービスです。

インターネットが普及し始めたころからインターネットサービスを提供している老舗の会社なので、通信やサービス面でも信頼できるWiMAXプロバイダです。

実際にニフティでWiMAX契約するとどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

@niftyWiMAXの口コミや評判は?

@nifty WiMAXの口コミや評判を調べましたので、価格.comの口コミからご紹介します。

ソマリさん(40代男性・会社員)

ケーブルテレビより速い

【回線速度】

速くて20Mbps、通常9Mbps、3GB速度制限ありでも5Mbps出ているので、だいぶ快適になりました。

【ご利用料金】

ADSLと大して変わらないスピードでこの料金は高いと思いますが、お外に持ち出せる点は加点です。

【総合】

光の工事ができない物件で、ADSLよりも速そうとの期待からWiMAX2+にしました。

少しがっかりなのですが、ケーブルテレビより速くなったので良しとします。

投稿日:2016年10月19日

あかささん(20代男性・パート・アルバイト・派遣)

迅速な対応頂きました。

家にいることが無いので、固定回線ではなく持ち運べるWi-Fiが欲しかったのでWiMAXさんで契約させて頂きました。

回線速度は満足できます。

すごく早いというわけではないですが、普通に使うには問題ない速度です。

屋内では、電波は厳しい部分はありますが、妥協出来る範囲です。

投稿日:2016年 5月 7日

参照元(http://kakaku.com/bb/providerview/providerview.asp?bb_pagetype=4&bb_provider=16&bb_type=2&bb_linetypegroup=1002#searchBarLink)

続いてTwitterでの口コミです。

通信速度が速い、サポートの対応が良いという口コミが多いです。

料金面では高いという口コミがありましたが、nifty会員にはお得な面もあるようです。

@nifty WiMAXのキャンペーン

@nifty WiMAXではWiMAXを3年の料金プランで契約する人向けに、30,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

当サイトを経由してキャッシュバックキャンペーンを適用すると、通常9ヶ月目に受け取れるキャッシュバックを5ヶ月目に受け取ることができます。

なお光ファイバーやADSLなどの接続サービスと併用せずWiMAXのみ契約する場合は、月額料金とは別に毎月250円(税抜)の@nifty基本料金が発生します。

それとは別に、もし契約者がauユーザーならば、auスマートバリューmineを適用することでauの月額料金から最大1,000円が割引されるのでよりお得です。

ただし、WiMAXルーターの発送月を含めて6ヶ月目の末日までに契約解除をした場合はキャッシュバック特典の対象外となるうえ、1年目は19,000円、2年目は14,000円、3年目以降9,500円の契約解除料が発生しますので注意しましょう。

とはいえ、高額キャッシュバックがあるにもかかわらず契約解除料が他のプロバイダと同様に抑えられているのは良心的ですね。

キャッシュバックの受け取り方法

@niftyのキャッシュバックは他社プロバイダのように煩雑ではなく簡単な手続きで確実に受け取ることができます。

@niftyのキャッシュバック受け取りに必要な手続きはたった1つ、契約後に会員サポートのマイページへログインし、「お客様情報一覧」内の「お受取口座情報の参照・変更」ページにてキャッシュバックの振込先口座を登録するのみです。

WiMAX申し込み時に支払方法が確定していればマイページへログインすることができ、すぐに受取手続きを行うことができるので他社プロバイダよりも早く完了させることができます。

利用登録月を含む4ヶ月目にはキャッシュバックの案内メールが届くので、振込日までに必ず登録を済ませておきましょう。

あとは9ヶ月目に自動でキャッシュバック額が振り込まれるのを待つだけです。

ただし、手続きミスで口座の登録が間違っていた場合翌月に再度振込がありますが、2回振込に失敗するとキャッシュバックをもらえなくなりますので注意してください。

キャッシュバックを行う他プロバイダとの違い

@niftyは他社プロバイダと比較するとキャッシュバック率は低いですが、受け取り方法においては簡単で確実に受け取りやすいメリットがあります。

例えば、GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は業界最高額ではありますが手続きを行えるまでに約1年待たなければならないうえに受け取りにくい仕組みとなっているので、結局受け取ることができなかったという口コミをネット上でもよく見かけます。

その一方@niftyは、受取口座の登録が間違っていない限り5ヶ月後に受け取れます。

また他プロバイダではキャンペーンを適用した場合にキャンペーン違約金の名目で契約解除料の上乗せがあることがあります。

@niftyの場合そういった記述がないので、返金を求める可能性は低いと見ていいでしょう。

@nifty WiMAXの契約手続きの流れ

@niftyのサイトか電話で申し込み

@nifty WiMAXの申し込みは難しくありません。

公式サイトから申し込んだ方が手間はかからないので、オペレーターに直接聞きたいことがなければオンラインでの手続きを選ぶとよいでしょう。

ボタンをクリックすると別窓で@niftyWiMAXの公式サイトが開きます。

@nifty WiMAXをオンラインで申し込む

申込の流れ

niftyの会員でない場合は「新規お申し込み」、niftyの会員である場合は「現在@nifty IDをお持ちの方」をクリックします。

nifty会員の場合はID・パスワードを打ち込んで先へすすみます。

月間データ転送量の上限なしにたっぷりモバイル通信が使える「WiMAX 2+ Flat 3年 ギガ放題」か、月間データ通信量の上限が7GBまでに設定されギガ放題プランより低価格な「WiMAX 2+ Flat 3年」、あるいは「WiMAX2+ Flat 2年 ギガ放題」のいずれかを選択して「次へ進む」をクリックします。

利用を希望するWiMAX2+機器を選択すると、自動的に機器の代金と送料、そして支払い方法の欄に「クレジットカード」が入力されます。

現在は支払い方法はクレジットカードのみで変更はできません。

表示されたオプションを申込か否かをオプション毎に選択した上で「次へ進む」をクリックします。

規約や注意事項、提供エリアの確認画面です。

規約・注意事項の内容とWiMAX2+を使う場所が提供エリア内か否かを確認した上で、各項目にチェックを入れ「上記の規約と個人情報の取り扱いに同意して、次へ進む」をクリックします。

その後は名前や住所など必要な個人情報の登録ですので、画面の指示通り入力しましょう。

入力した項目の確認画面で「上記内容で@nifty WiMAX(ワイマックス)を申し込む」をクリックしてフォームからの申し込みが完了です。

この画面から各項目の修正画面へ移動することもできます。

申込後、WiMAX2+機器が届くのは最短で申し込みから4日後です。

機器が届けば簡単な設定をしてすぐにWiMAX2+が使えるようになります。

@nifty WiMAXで機種変更はできるの?

シングルサービスからWiMAX2+への機種変更は可能

@nifty WiMAX シングルサービスは、最大13.3Mbpsの旧WiMAX回線を使ったniftyの通信サービスです。

@nifty WiMAX シングルサービスは現在短期利用向けの1 Dayのみ受け付けていますが、それ以外のFlat 年間パスポート・Flat・Stepについては2016年4月26日に新規受付を停止しています。

申し込み停止しているとはいえ、@nifty WiMAX シングルサービスをそれ以前に契約していたユーザー向けには現在サービス提供中です。

ただ現在は通信速度が最大440Mbpsと格段に高速なWiMAX2+サービスが別に提供されており、シングルサービスからお得に乗り換える(機種変更)できる専用の「WiMAX2+切り替えプログラム」も展開中です。

一方旧WiMAXサービスは2020年3月31日をもってサービス終了します。

停波ギリギリに慌てるより、時間のあるときにこのプログラムを利用するなどして早めに乗り換えておいた方が安心ですね。

  • Flat年間パスポートの違約金無料

Flat年間パスポートは1年間の継続利用を前提とした料金プランで、契約更新月以外に解約すると契約解除料として5,000円が請求されます。

この解除料が足かせとなりWiMAX2+への乗り換えを足踏みしているユーザーもいるかもしれませんが、WiMAX2+切り替えプログラムがあるため契約解除料を支払うことなく乗り換えが可能なので安心してください。

結果的にこのプログラムを使うことで最初に支払うべき費用は登録手数料3,000円とルーター代1円の合計3,001円となります。

WiMAX2+→WiMAX2+の機種変更は不可

一部のWiMAX2+プロバイダやサービスでは、旧WiMAX→WiMAX2+だけではなくWiMAX2+→WiMAX2+への機種変更にも対応しており便利です。

一方@nifty WiMAXでは残念ながらWiMAX2+→WiMAX2+の機種変更には対応していません。

現在WiMAX2+を契約中で機種変更の希望があるのであれば、現在の契約をいったん解約してWiMAX2+を契約し直すしかありません。

まとめ

@nifty WiMAXは3年契約のできるプロバイダのうち最速でキャッシュバックを受け取れるプロバイダです。

受け取り方法も簡単ですし、当サイト経由ならば契約して5ヶ月後に受け取れるのが嬉しいポイントですね。

WiMAX2+端末の機種変更ができないのが玉に瑕ですが、老舗プロバイダの安定したサポートのため悪い評判が少なく安心して契約できますよ。

@nifty WiMAXをオンラインで申し込む

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!