失敗?ネクストモバイルを契約した私の口コミを読んでほしい

ネクストモバイル(NEXTmobile)は大容量のデータ容量でありながら月額料金がおさえられておりコスパが良いと評判のプロバイダです。

しかし実際に使ってみるには月額料金だけではなく、サポート体制や通信品質も重要な要素となってきます。

今回、ネクストモバイルの通信サービスの詳細やサポート体制についてまとめました。

ネクストモバイルを契約した私の本音の口コミ

選んだ理由

WiMAXも利用していますが出張で地下鉄やビルの中で弱電波や圏外になってしまい、思うような通信ができなかったからです。

パソコンからいざメールを送信しようと思っても電波が原因で送信ミスになってることが数回あったので、WiMAXはいっそ自宅の動画専用機としLTEエリアで通信できる格安のポケットWiFiを探していたらネクストモバイルにいきつきました。

契約プラン

最安2,760円の20GBプランを選びました。

多少の動画やネットサーフィンなら20GBあれば十分ですし、ギガ数がなくなってもWiMAXも持っているのでこのプランで問題ありません。

逆にネクストモバイル1本で済ませようと思うなら、30GB以上のプランを選択すると良いと思います。

端末について

シムフリーのモバイルWiFiルーターとして、格安SIMと併売されることも多いFUJISOFTのFS030Wを選びました。

デザインも色気も設計者の脳内に置き忘れてきたような外観です。

スペックは下り最大150Mbps、上り50MbpsはWiMAXの440Mbps以上のハイスピードと比べると見劣りしますが実用速度は確保しています。コレがスペック的に物足りないと感じる人は、素直にWiMAXやクソ高いキャリアのモバイルWiFiの契約をおすすめします。

ホームタイプのHT100もありますが、自宅用の据え置き機で20GBプランでは一瞬でギガが枯渇しますw

契約した私の口コミ

つながりやすさを優先する人にとってネクストモバイルは、WiMAXのような使い放題を除いたポケットWiFi以外で最もベストな選択だと言えるでしょう。

実際に契約してみるとわかるのですが、ソフトバンクのプラチナバンドのエリア範囲と2000円台から利用できるコスパの高さはWiMAXやワイモバイル以上の機動力を発揮します。

3大キャリアの一角でもあるソフトバンクグループのエリアを利用しているのですから、特に屋内での通信は遮蔽物に弱いWiMAXやワイモバイルAXGPとは比べ物になりませんね。

欲を言えば端末がFUJIのシムフリーWiFiルーターですので、デザインや使い勝手の面で専用開発されたルーターと比べると一段劣る印象があります。

ネットの口コミと評判

ネットに溢れる口コミを包み隠さず集めました。悪い口コミも改変せずしっかり載せています!

しかし良い口コミが業者とサイトで埋め尽くされてて、胡散臭くなってる状態ですw

はい、うちも良い口コミのオンパレードでステマしますwww

悪い口コミ

トラブル抱えてる人の新しょうが最悪なのはネクストモバイルもAppleも変わりませんね。天下のトヨタ自動車でもトラブル抱えてる人の怒りっぷりは凄まじいですから。

あとは広告表示がミスリードという指摘もありました。

Twitter上のネクストモバイルの悪い口コミってあまり無くて(ネクストモバイルのツイート自体がほとんどないのは秘密)、あるのはうちも含めたネクストモバイルのステマサイトの胡散臭い広告ツイートだけですw

良い口コミ

WiMAXの制限きついし、つながりにくいからネクストモバイル良いという意見が多い印象です。

コスパの良さとソフトバンクのプラチナバンドによるつながりの良さはかなり評価されています。

申し込みしてみた

 

すっごーい、はやーい!

なにこれヤバイ。

何がヤバイってこの文章のクソ加減がヤバイw

特徴

ネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線を利用するインターネット事業者で、料金プランや通信サービスなどの点で他のプロバイダと異なる特長を有しています。

料金プラン

LTE回線やWiMAX回線を利用している他社のプロバイダでは月間データ通信量が使い放題のプランや、7GBまでと制限がある代わりに料金が抑えられているプランが主流です。

一方ネクストモバイルでは以下3つのプランが用意されていますが、そのどれもが月間データ通信量が多いものとなっています。

プラン名ギガネクスト20GBギガネクスト30ギガネクスト50GB
月額料金0~24ヶ月目まで2,760円

25ヶ月目以降3,695円

0~24ヶ月目まで3,490円

25ヶ月目以降3,695円

0~24ヶ月目まで4,880円

25ヶ月目以降5,815円

月間データ容量20GB30GB50GB
支払い方法クレジットカードクレジットカード/口座振替クレジットカード

 

ギガネクスト20は月々それほど多くインターネットを利用しない代わりに月額料金を抑えたいという場合におすすめのプランですね。

ギガネクスト30は月間データ通信量と月額料金のバランスが取れたプランですね。

ギガネクスト50は容量を気にせずたっぷりインターネットを使いたいという場合に最適なプランと言えます。

なお、どのプランでも料金の支払いにはクレジットカードが使えますが、ギガネクスト30のみ口座振替でも料金を支払うことができます。

ただし口座振替の場合には口座振替手数料が毎月200円かかりますのでご注意ください。

通信速度制限

他社の回線では直近の3日間で一定以上の通信を行うとネットワーク混雑回避のためにプロバイダ側から通信速度制限を課せられます。

例えばソフトバンクのポケットWiFiでは3日間で3GB以上通信すると通信速度が下り最大128kbpsに制限され、WiMAXでは3日間で10GB以上通信すると10GBを超えた日の翌日18:00~翌々日2:00まで下り最大1Mbpsに制限されます。

ネクストモバイルではこのような3日間の通信速度制限がないため気兼ねなくインターネットを使うことができます。

ただしプランごとに決められている月の通信量を超えて利用すると通信速度制限がかかり、下り最大128kbpsとなってしまいます。

しかもこの速度制限は追加料金を支払って解除することができませんので、使い過ぎにはご注意ください。

通信エリア

ネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線を利用しているため通信可能エリアもソフトバンクのものと同等です。

LTE回線は他のWiFi回線であるWiMAX2+通信より通信可能エリアが広く、主要都市99%のカバー率を誇っているので様々なエリアでWiFi通信を利用することができます。

WiMAXプロバイダでもLTE回線を利用することはできますが、利用月にはオプション料金として別途1,005円を支払わなくてはいけません。

端末ラインナップ

ネクストモバイルでは端末がモバイルタイプのFS030WとホームタイプのHT100LNの2つが用意されています。

FS030Wは下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsの高速通信が可能なモバイルWiFi端末です。

WiFi利用時では最大24時間連続通信が可能という大容量バッテリーを搭載しているので、外出先でもバッテリー切れの心配なく利用できますね。

また同時に15台の機器と接続可能なので自宅での据え置き型としても利用でき、家族みんなでインターネットを楽しむことができます。

HT100LNは下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsの高速通信が可能なホームタイプのWiFi端末です。

宅内工事を一切することなくコンセントにつなぐだけでインターネットを利用することができます。

同時に10台の機器と同時に接続できるので家族みんなでインターネットを利用できますね。

自宅で据え置き型として使いたいのであれば電波が届く範囲が異なるので、ホームルータータイプであるこちらの端末をおすすめします。

さらに今ならネクストモバイルの公式サイトからの新規申し込みで端末代金が無料になるキャンペーン中です。

通常であれば月額料金に加えて端末代金の分割金で割高になってしまう月々の支払いを安く済ませることができますね。

最短即日発送

ネクストモバイルでは申し込みをしてから即日に端末が発送されるので、最短で翌日にはモバイルルーターが届きます。

初期設定も簡単で宅内工事もないため、商品到着後すぐにモバイルインターネットを利用することができます。

オプションサービス

ネクストモバイルには安心サポートとMy NEXTサポートという2つのオプションサービスが用意されており、もしものときに安心です。

どちらも単体では加入できず、ネクストモバイルサービスとの同時申込みが条件となっています。

安心サポート

安心サポートは端末が故障した際に無料で修理が行えるサービスです。

月額300円と安い料金で加入できますが、全ての故障が対象となるわけではありません。

保証対象は取扱い説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で起きた故障となっており、水没や故意に故障させた場合には修理を行うことができません。

また、紛失や盗難など機器自体がない場合も保証の対象外となりますのでご注意ください。

My NEXTサポート

My NEXTサポートはネクストモバイルをより快適に使うための「設定サポート」「メールサービス」「セキュリティサービス」がセットになったお得なオプションです。

設定サポートはパソコン関連の困りごとを365日いつでも電話または遠隔操作でサポートしてくれるサービスです。

例えばパソコンの調子が悪かったりメールの設定方法がわからなかったりなど、些細なことでも相談することができ便利ですね。

メールサービスは1GBと大容量のメールボックスを利用することができ、さらにスパムフィルタやウィルスフィルタでセキュリティも万全です。

プライベートでもビジネスでも様々な用途で使用することができます。

セキュリティサービスでは世界で1億人以上のユーザーが利用する「KINGSOFT Internet Security」が使用されています。

パソコンに侵入するウィルスを常に監視して侵入を防ぎ、万一侵入した場合でも感染する前に素早く駆除します。

初心者でも安心して使えるセキュリティサービスですね。

サポート体制

ネクストモバイルでは契約後もサポート体制が充実しており、困ったことがあればメールや電話で手軽にサポートを受けることができます。

メールもしくは電話サポートが利用可能

問い合わせはEメールもしくは電話で利用可能です。

Eメールの場合はネクストモバイルお客様サポートのページから行うことができます。

お問い合わせについての「E-MAIL/電話でのお問い合わせ」をクリックすると「Eメールでのお問い合わせ」というアイコンが出てきます。

あとは専用フォームに入力して送信すれば数日後に返事が返ってきますよ。

返信までに時間がかかるため急を要しない場合には手軽で時間の制約もないのでおすすめです。

電話でのお問い合わせはネクストモバイルお客様サポートセンター(0570-015-154)で受付けています。

受付時間は年末年始を除く月曜~土曜の11:00~18:00までですが、時間帯によってはつながりにくいこともあります。

毎月1~3日、20~25日と月曜日は混雑傾向にあり電話がつながりにくいです。

また、12:00~13:00のお昼休みの時間帯や16:00~17:00の終業時間帯は混雑しやすいので避けたほうが良いでしょう。

一方、火曜~土曜の14:00~17:00は比較的電話がつながりやすいので可能であればこちらの時間帯に利用することをおすすめします。

また頻度の高いお問い合わせは「よくある質問」としてネクストモバイルの公式ホームページ内にまとめられているので、まずはこちらから検索すると手間が減りますね。

サポートの評判

ネクストモバイルのサポートに関する評判や口コミには以下のようなものがありました。

電話で問い合わせはできるのですが返答に数週間かかったり、オペレーターによっては満足のいく回答が得られなかったりすることがあります。

大手プロバイダに比べるとサポートの点では不十分さが否めません。

まとめ

ネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線を利用したインターネット事業者で、通信量をたっぷり使えて月額料金が安いというコスパの良さが魅力です。

料金プランは月々20GB、30GB、50GBとどれも大容量の月間データ通信容量で、ギガネクスト20ですと月々2,760円で利用できます。

また3日間の通信量での通信速度制限がないことや、ソフトバンクのLTE回線を利用しており対応エリアが広いこともメリットです。

オプションサービスも端末故障時に保証が効く安心サポートと、メールやセキュリティなどのサポートがセットになったMy NEXTサポートがあります。

ネクストモバイルではメールまたは電話でのサポートを行っており、手軽にサポートを受けることができます。

しかしサポートについては満足度の高い口コミはなかったので大手に比べると少々不十分な点があるかもしれません。

あまり頻繁にインターネットを利用せず月々のデータ量が20GB以下の場合は月額料金が抑えられるネクストモバイルをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

モバイルルーターなら全部3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限があるのです。でも極端な使い方を自重すれば、3日間で3GB分利用することは滅多にありませんから、そんなに危惧しなくても大丈夫だと思います。
ネクストモバイル2+も、モバイル通信エリアがステップバイステップで拡大されてきています。言うに及ばずネクストモバイルのサービス提供エリアであれば、それまで通りのモバイル契約ができるわけなので、速度に不満を持たなければ、これと言って問題はないと言ってもいいでしょう。
近い将来にネクストモバイルを買うという時は、疑う余地なくギガ放題のネクストモバイル2+にすべきです。契約速度が速いのは当たり前として、ネクストモバイルのモバイル契約可能エリア内でも使えることになっていますから、どの端末よりも優れていると思います。
ポケットWiFiと申しますのは、毎月使用が認められる契約量や電波の種類が異なっていますので、どのように使うのかによりおすすめできるモバイルWiFiルーターも違うのが普通です。
現時点で売り出されている全てのモバイルルーターの中で、中立的な立場に立って推奨できるのはどのルーターになるのかを、それほど契約関連については分かっていないという方にもご理解いただく為に、ランキング形式で提示したいと思います。

「速度制限なし」というのはネクストモバイルのみという印象をお持ちかと思いますが、ワイモバイルにも契約方式の変更により、速度制限に見舞われることなく使い続けることができる「アドバンスモード」という呼び名のプランがあるのです。
オプションで付帯することができるのですが、ネクストモバイルのエリア圏外だとしても、高速契約ができるLTE契約が使用できる機種もあるので、現実的にこのネクストモバイルの機種さえ持っていれば、全国ほとんどでモバイル契約が可能だと言えます。
LTEに匹敵する高速モバイル契約を行なうことができるネクストモバイルという契約規格も今の流行りです。一般的にノート型パソコンなどで使っているという人が多く、「時と場所を選ばずWiFi高速契約を可能にする!」というのがウリになっています。
ワイモバイルも使用可能エリアは拡大しつつあり、離島や山あいを除外した地区なら大概使えると思います。ネットに4G回線を経由して接続することができそうもない時は、3G回線で接続可能となっていますので、ほとんど不都合を感じることはないでしょう。
WIMAXの「ギガ放題プラン」を選択すれば、1ヶ月のデータ契約量には上限が設定されていませんし、キャッシュバックキャンペーンをじょうずに利用することにより、月額料金も3000円から4000円くらいに切り詰められますので、非常におすすめだと言えます。

現在使われているとされる4Gというのは正式な形での4Gの規格とは違うもので、日本ではまだマーケット投入されていないモバイル契約サービスだというわけです。その4Gの正式な公開までの臨時的な手段として始まったのがLTEと呼ばれているものです。
ネクストモバイルを進化させた形で市場投入されたネクストモバイル2+は、今までの3倍もの速さでモバイル契約が可能だと言われています。更に契約モードを変更することにより、ネクストモバイルとネクストモバイル2+の他に、au 4G LTEも使えます。
現在市場提供されているネクストモバイルモバイルルーターの中においても、W03はダントツでバッテリーの持ちが良い端末です。営業中なども、不安になることなく使用することができるのです。
「ポケットWiFi」と言いますのは、「ワイモバイルブランドのすべてのWiFiルーターを指す」というのが正しいのですが、「外出中であってもネットを行える様にしてくれる端末全部を指す」のが普通です。
「ネット使い放題プラン」で注目を浴びているネクストモバイル。高速モバイル契約量の制限が設けられていないモバイルWiFiルーターとして購入する人が増えてきており、導入も容易で、プラン内容からすれば月額料金もそれほど高くありません。

モバイルルーターを見れば多種多様な機種が販売されていますが、そうした中にあっても人気注目度ランキングで、いつも上位に入るのがネクストモバイルなのです。その他のルーターと比較してみても回線速度が速いですし、1日の多くの時間をネットと共に過ごす人にピッタリです。
ネクストモバイルは現実に料金が割安なのだろうか?利用のメリットや意識すべきポイントを把握し、評判の良い格安SIM等とも比較した上で、「実際的に買った方が良いのか?」についてレクチャーさせていただきます。
連日ネクストモバイルを活用しているわけですが、新規にモバイルWiFiルーターを比較し、「現実的にいい機種はどれになるのか?」を明確にしてみたいと考えるようになりました。
ネクストモバイルモバイルルーターに関しては、携行が簡単というコンセプトのもと作られている機器なので、ポケットの中などに簡単にしまえるサイズでありますが、利用する時は前もって充電しておかなければいけません。
現在のところネクストモバイルを売っているプロバイダーは20社余りあり、各社ごとにキャンペーン特典の中身であるとか料金が違っています。こちらのページでは、お得なプロバイダーを3社ご紹介しますので、比較してみるといいでしょう。

ネクストモバイルの後継として登場したネクストモバイル2+は、旧モデルであるネクストモバイルの3倍という速度でモバイル契約が可能となっています。更に契約モードを変えることにより、ネクストモバイルとネクストモバイル2+ばかりか、au 4G LTEも使用可能です。
ワイモバイルというのは、ドコモなどと一緒で自分のところでWiFi用回線網を所有し、個別にサービスを展開するMNO(Mobile Network Operator)で、SIMカードだけの販売も行なっております。
モバイルWiFiの毎月の料金は大体2000円から5000円の間となっていますが、プロバイダーの中にはキャッシュバックを実施しているところが複数存在します。このキャッシュバックしてもらえる金額を掛かった費用から減算すれば、実際に支払った金額がはっきりするわけです。
ワイモバイルのポケットWiFiを今回初めて利用してみましたが、今まで所持していた同じ様なサービス展開をしている同業他社のものと比べましても、契約クオリティーなどの面は遜色ないと思われました。
「ワイモバイル」「ネクストモバイル」「格安sim」の3つを購入候補において、それらの良い所と悪い所を分かった上で、利用状況に見合ったモバイルルーターをランキング一覧にしてご提示させていただいております。

ネクストモバイルモバイルルーターと呼ばれるものは、ネクストモバイルのモバイル契約網を使用して、パソコンとかタブレットなどのWiFi機能が備わっている端末とインターネット回線を繋げる為の小ぶりの契約機器になります。
ワイモバイルもそのサービスエリアは広がってきており、山あいの地区であったり離島を除くエリアならおおよそ利用できること請け合いです。インターネットに4G回線を介して接続することができそうもない時は、3G回線経由で接続可能となっていますので安心できます。
ネクストモバイル2+と申しますのは、平成25年に市場に投入されたWiFiサービスです。ネクストモバイルと比較して契約速度などがレベルアップし、著名なプロバイダーが最新鋭のネクストモバイルとして、キャッシュバックキャンペーンなどを企画しながら販売展開している状況です。
一昔前の規格と比べると、今の時代のLTEには、接続や伝送のスピード化を図るための高水準の技術が盛りだくさんに導入されています。
Y!mobileあるいはドコモにて決められている速度制限がなされることになりますと、下り速度が128kbpsに抑えられてしまいますが、この速度だと、少々画像や文字数の多いサイトのTOPページを表示させようとするだけで、25秒前後は取られるでしょう。

現在使われているとされる4Gというのは正当な4Gの規格とは似て非なるものであり、私たちの国日本においては今のところ公開されていないモバイル契約サービスなのです。その4Gの正式なセールス展開までの繋ぎとして登場してきたのがLTEと呼ばれているものです。
ネクストモバイルモバイルルーターに関しましては、何種類かありますが、それぞれの種類毎に備えられている機能に開きがあります。こちらのページでは、ルーター毎の機能とか仕様を比較することが可能となっています。
「ネット使い放題プラン」で高い評価を受けているネクストモバイル。高速モバイル契約量の上限がないモバイルWiFiルーターとして現在の一番人気を誇っており、導入も手間暇かけずに行えますし、プラン内容から見れば月額料金もリーズナブルだと言えます。
ネクストモバイルとは、モバイルWiFiルーターという端末の一種であり、屋内でも外出中でもネットに繋ぐことができ、尚且つひと月の契約量も上限なしとなっている、今流行りのWiFiルーターだと考えていいでしょう。
プロバイダーが個々に掲示しているモバイルルーターの1ヶ月の料金やキャンペーンを比較して、ランキング順に掲載してみました。ルーターを買うつもりの人は、直ぐに閲覧してほしいです。

ポケットWiFiについては、携帯と同様に端末毎に基地局と無線にて接続されるというシステムなので、面倒くさい配線などは要りませんし、ADSLとかフレッツ光を申し込んだ時みたいなネット接続工事も行なう必要がないわけです。
ネクストモバイルにつきましては、本元のUQのみならず、MVNOと呼ばれている業者がセールスしています。無論のこと契約速度や契約可能エリアが変わってくるということは一切ないのですが、料金やサービスはだいぶ違っています。
「ネクストモバイルを買うつもりだけど、契約サービスが可能なエリア内かどうか心配だ。」と思っている方は、「15日間無料トライアル」がありますから、そのお試し期間を進んで利用して、常日頃の生活圏内で使ってみて判断したらいいでしょう。
ギガ放題プラン(ネクストモバイル)というと、データ契約量が3日で3GBをオーバーしてしまうと速度制限が掛かりますが、その制限があろうともそこそこ速いので、速度制限におののく必要はないでしょう
ネクストモバイルの1か月間の料金を、なるだけ削減したいと希望しているのではないですか?そうした方に役立てていただく為に、毎月の料金を安くするための契約の仕方をご紹介いたします。

ネクストモバイルにつきましては、昔も現在もキャッシュバックキャンペーンに注目が集まりますが、ここ数年は月額料金を引き下げることができるキャンペーンも多くの支持を集めているようです。
契約サービス可能エリアを広げることや契約の安定を図ること等、解消すべき問題はいろいろありますが、LTEは軽快なモバイル契約を実現すべく、「長期の変革」を展開中です。
「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルが提供しているすべてのWiFiルーターを指す」というのが正解ではあるのですが、「何所でもネットを可能にする端末全部を指す」と考えた方が賢明です。
オプション料金は掛かりますが、ネクストモバイルのサービスエリアの外でも、高速で人気のLTE契約を使用することが可能な機種も売られていますから、現実的に言ってこのネクストモバイル1台があれば、日本の様々な地域でモバイル契約が可能だと言ってもいいでしょう。
殆どのプロバイダーが、メールにより「キャッシュバックの振り込みをいたします。」といったお知らせをしてきます。買い求めてから長い期間を経てからのメールになるわけですから、見落とす人が後を絶ちません。

「NEXTmobileを購入しようと思っているけど、契約エリア内かどうか不安がある。」と思っている方は、「15日間の無料トライアル」期間がありますから、その無料期間を率先して活用して、数日間使用してみることを推奨します。
1ヶ月のデータ契約量の上限規定がないNEXTmobileギガ放題の各料金を、すべてのプロバイダーを対象に比較して、おすすめ順にランキング一覧にしてみました。月額料金だけで選ぶと、間違いなく後で悔やむことになります。
ポケットWiFiという呼び名はソフトバンクの商標ということで登録されているのですが、ほとんどの場合「3G又は4G回線を使用してモバイル契約をやる」場合に外せないポケットにも入るくらいのWiFiルーターのことを指すと言えるでしょう。
当ホームページでは、あなたにマッチしたモバイルルーターをチョイスしていただけるように、プロバイダー各々の月額料金であったり速度等を確認して、ランキング形式にてご提示しております。
NEXTmobileモバイルルーターと称されるものは、NEXTmobileのモバイル契約網を活用することで、パソコン又はタブレットなどのWiFi機能が内蔵されている端末をインターネットに繋げる為の小さ目の契約機器になります。

 

 

 

 

 

 

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!