ホームルーターとモバイルWi-Fiルーターをユーザー目線で比較!どちらがおすすめ?

パソコンやスマホなどの通信機器をインターネット接続するために利用するWiMAX端末には持ち運び可能なモバイルWi-Fiルーターと、自宅などで利用することを目的としたホームルーターがあります。

ホームルーターは自宅でしか利用出来ない一方、モバイルWi-Fiルーターは外出先だけでなく自宅で利用することもできます。

そのため、外出先でインターネットを利用することは絶対ないという限られた場合を除きホームルーターよりもモバイルWi-Fiルーターがおすすめです。

WiMAXプロバイダはほとんどの場合端末代金を無料で契約できるので、性能が良く通信速度が速い最新機種を選ぶようにしましょう。

モバイルWi-Fiルーターの特徴

モバイルWi-Fiルーターはバッテリーで駆動するため外出先に持ち出して利用するのに適しています。

パンツや上着などのポケットに入る程コンパクトで軽量なので荷物になることもありませんし、別売りのクレードルを利用すれば有線LAN接続することもできます。

モバイルWi-Fiルーターの弱点

モバイルWi-Fiルーターに付属しているWi-Fi機能(無線LAN機能)は、市販の無線LANルーターと比較すると電波が強くないというデメリットがあります。

そのためモバイルルーターと通信機器の間に障害物があったりルーターからの距離が離れたりしているとインターネット接続できない場合があり注意が必要です。

ただし、WiMAX2+の電波さえ届けば自宅のどこでもモバイルWi-Fiルーターは利用できるので、モバイル端末の設置場所を工夫する方法もあります。

クレードルのメリット

モバイルWi-Fiルーターは無線の電波が強くないものの、別売りのクレードルがあれば市販の無線LANルーターを接続して使えます。

外出先ではモバイルWi-Fiルーターの本体だけ持ち出して使い、自宅ではクレードルと市販の無線LANルーターを組み合わせて使うという方法もあり、WiMAX2+の電波が窓際などでしか拾えずルーターから離れた部屋や別の階などでインターネットをする場合に便利でしょう。

更にクレードルにはLANポートが搭載されているため、無線に対応していない古いパソコンでもLANケーブルを用いてルーターと有線接続することが可能です。

ちなみにクレードルの価格は申込時に購入すれば高くても3,000円程度、市販の無線LANルーターの価格は数千円程ですのであまり負担にならないのも嬉しいですね。

LTEオプションで弱点をカバー

WiMAX2+の電波は直線に高速で飛ぶという特徴があるため、ビル街など障害物がある場合や、窓から離れた部屋では電波が届かない可能性があります。

しかしLTE対応ルーターであれば、電波が届くエリアが広いau 4G LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードへ切り替えることができ、WiMAX2+のエリア外や電波が届かない場所でもインターネット接続できるのです。

ハイスピードプラスエリアモードは、ルーターの設定で通信モードを変更するだけで利用可能ですが、利用した月だけ1,005円のオプション料金が別途発生しますので注意しましょう。

モバイルWi-Fiルーターはこんな人におすすめ

外出先でインターネットを利用するならモバイルWi-Fiルーターを選択する必要があります。

また外出先でインターネットを使う予定がない場合でも、1人暮らしで自分しかネット回線を使わなかったり、ルーターの近くでしかインターネット接続する予定がないのであればモバイルWi-Fiルーターがおすすめです。

普段は自宅でモバイルWi-Fiルーターを利用し、旅行や出張などの際には外に持ち出して使うといったことも可能なので便利でしょう。

おすすめのモバイルルーター

おすすめルーターはタッチパネルによるスマホのような直観的な操作が可能でバッテリー駆動時間の長いW04です。

W04は縦長のスティック型で片手でも操作しやすく、手の小さい女性にも持ちやすいデザインです。

カラーはお好みでホワイト・グリーンから選ぶことができます。

LTE対応モデルなのでWiMAX2+回線を利用するハイスピードモードが全端末中最速の下り最大558Mbpsで利用できるだけでなく、必要に応じてau 4G LTEの通信が可能なハイスピードプラスエリアモードも利用可能で、これら2つの通信のキャリアアグリゲーションによって下り最大708Mbpsの高速通信を実現しています。

ホームルーターの特徴

WiMAX2+では、モバイルタイプのルーターだけでなく、固定回線の代替え利用を前提としたホームルーターを選ぶこともできます。

ホームルーターはバッテリーを搭載しておらずAC電源が必要なため、外出先での利用は向いていませんが、光回線とは違い工事不要で通信料金も安いので手軽に契約出来るメリットがあります。

市販の無線LANルーター同様にWi-Fi機能(無線LAN機能)の品質が高く、障害物や距離があっても接続しやすいので自宅での利用には適しています。

また、モバイルWi-Fiルーターは最大10台の端末まで同時に接続できる一方、最新ホームルーターL01は有線LAN2台、無線LAN40台の合計42台まで同時接続が可能です。

ちなみにモバイルWi-Fiルーターのクレードルで有線LAN接続できるのは最大で1台までです。

ホームルーターはこんな人におすすめ

ホームルーターをおすすめするのは、WiMAX2+を固定回線代わりとして自宅やオフィスのみで利用し、なおかつホームルーターと離れた部屋でもインターネット接続する必要がある場合です。

ホームルーターは同時接続数が最大42台と多いので、オフィスなど大人数で利用する場合は、ホームルーターの方がおすすめと言えます。

しかし、WiMAX2+は月間データ容量上限なしのギガ放題プランでも3日で10GBのデータ通信量を消費した場合、翌日の18時から翌々日2時まで1Mbps程度に通信速度が制限されるというデメリットがあります。

そのため、ホームルーター利用時の注意点はWiMAX2+を常に大人数で利用すると固定回線より速度がはるかに遅くなると考えられることです。

まとめ

モバイルWi-Fiルーターは外出先だけでなく自宅でも利用できます。

Wi-Fi接続の安定性が高くないデメリットはありますが、WiMAX2+の電波が届けばモバイルWi-Fiルーターを移動すればよいだけですし、クレードルと市販の無線LANルーターの併用でカバーすることもできます。

一方家でしかインターネットを使わない、家族でネットを楽しみたい場合にはモバイルWi-Fiルーターでなくホームルーターがおすすめです。

他にもホームルーターを必要とするのは、オフィスなど大人数でネットを利用する場合やクレードルや市販の無線LANルーターを購入したくないなどの限定されたケースのみです。

そういった特別な理由がない限り、モバイルルーターを選び自宅でも外出先でも高速通信を思う存分活用してください。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!