無料で使えるポケットWi-Fiはなし!より安く使う方法まとめ

モバイルインターネットを使うなら、料金はできるだけ安いに越したことはありません。

しかし結論から言って、端末も通信料も無料で使えるポケットWiFiはお試し目的のプランしかないのが現実です。

少しでも安くポケットWiFiを使うことを考えるとき、長期間できるだけ費用を抑えて使いたいのか、通信量が多いほうがいいのか、それとも短期間だけ使いたいので長期契約を避けたいのか、それによって取れる選択肢が変わってきます。

無料で使えるポケットWiFiはお試しレンタルのみ

端末代も通信料も無料で使える唯一のポケットWiFiは、UQコミュニケーションズが行う「Try WiMAX」です。

しかしTry WiMAXはあくまでもWiMAXルーターの使い心地やエリア、通信状況の確認のためのものなので、お手軽に無料で借りられるものとして使うのはやめましょう。

Try WiMAXの利用方法

Try WiMAXはUQコミュニケーションズのホームページから申し込むことができます。

ただ、試してみたいルーターの在庫が切れている場合がありますので必ず在庫確認をしましょう。

なおTry WiMAXでレンタルする際は、クレジットカード情報の登録をするか、デビットカード情報と本人確認書類を書面で提出するかのいずれかが必要です。

レンタル中に端末を壊したりなくしたりした際に端末の代金を回収するための手続きですので、クレジットカードを登録した場合には申し込みの時点で与信枠が押さえられます。

そのため限度額いっぱいまで使っているとTry WiMAXが使えないことがありますので、カードの明細を確認してから利用しましょう。

どうしても無料でWi-Fiを使いたいなら公衆無線LAN一択

ポケットWiFiを契約することもできないけれど外出の際にインターネットを使いたい場合、唯一の手段は公衆無線LANを利用することです。

カフェや鉄道、コンビニなどではその施設を利用することを前提に使えたり、観光に訪れる外国人向けに施設に自治体が設置していたりします。

また、スマホをキャリアで契約していればそのキャリアが設置したWi-Fiを利用することもできますが、スマホ以外でWi-Fiを利用したい場合は別途料金が必要です。

セキュリティ面にリスクがあることに留意

無料で使える公衆無線LANのうち、特にパスワードの入力すら必要ないものを使う際は注意が必要です。

誰でもそのWi-Fiにアクセスできるだけでなく、通信が暗号化されませんので悪意があるユーザーに情報を簡単に読み取られてしまうからです。

そのため、利用するのにパスワードの入力すら必要がないオープンアクセスのWi-Fiを使う場合は絶対に自分の個人情報を利用する行為をしないでください。

特にクレジットカードの情報を入力してオンラインショッピングをする場合、暗号化されていない通信では簡単にスキミングされてしまい、不正利用のリスクにさらされます。

オンラインショッピングをしたり個人情報を入力したりするような場合は、少なくともWPA2方式で暗号化されている公衆無線LANを利用しましょう。

短期間だけポケットWiFiを使うなら国内Wi-Fiレンタルが安い

短期間だけポケットWiFiを使いたい場合、プロバイダで長期契約前提のポケットWiFiを契約するのは契約解除料がかかるので二の足を踏みますよね。

そのような場合は、国内Wi-Fiレンタルを行う業者を探しましょう。

借りる期間は1泊2日から長い業者では1年間のレンタルが可能ですし、貸出時も返却時も宅配やゆうパケットで送ることができるなど業者によって多彩なサービスを行っています。

ただ、借りられる端末は業者によって違い、最新に近い端末を借りられる業者と古い端末しかない業者がありますので、事前によく調べておきましょう。

端末代無料で使えるポケットWiFiの例

少しでも安く長期にわたってポケットWiFiを使うには、いくら通信料が安くても端末代の割賦金が上乗せされては意味がありません。

そのため、端末が無料のプロバイダを選んで契約するのが重要です。

そして、料金を安く抑えるならキャリアに相当するMNOではなく、格安スマホに相当するMVNOを利用しましょう。

 

 BroadWiMAXNEXTmobileYahoo!Wi-Fi
回線WiMAX2+/auソフトバンクワイモバイル
端末代0円0円0円
プラン名ギガ放題プランギガネクスト30プラン月間データ容量上限なしプラン
データ通信量無制限30GB無制限
月額料金3,411円

(1・2ヶ月目は2,726円、

25ヶ月目以降は4,011円)

3,490円4,380円

(1・2ヶ月目は3,696円)

契約期間3年2年3年
公式サイト BroadWiMAXNEXTmobileYahoo! Wi-Fi

 

BroadWiMAX

BroadWiMAXはUQコミュニケーションズのMVNOで、業界最安級の月額料金割引を行うプロバイダです。

最新端末が無料で手に入るだけでなく、クレジットカード払いにすることで初期費用18,857円が免除されるため中途解約する場合でも解約月まで安い料金で使えます。

契約期間は3年と長いですが、最初の2年間の料金は3社の中で最も安く、かつ月間データ通信量の上限がないので普段から大量にデータを使うならBroadWiMAX一択でしょう。

3年目の料金もYahoo! Wi-Fiに比べて安く、かつ無制限で使える通信エリアはYahoo! Wi-Fiのワイモバイル回線より広いので、安く大量に使いたいならBroadWiMAXを選びましょう。

 

NEXTmobile

NEXTmobileはソフトバンクのMVNOであるポケットWiFiです。

LTE回線のポケットWiFiの場合、7GBを上限に設定しているプロバイダが多いのですがNEXTmobileは30GBまで使えるのでスマホ並みの通信品質を求めるならおすすめです。

WiMAX2+やYahoo! Wi-Fiの無制限プランで利用するAXGP通信は、都心部では使えても離島や山間部で整備されていない地域がありますが、LTE通信ならスマートフォンと同様ですのでどこに行っても使える安心感がありますね。

ただ、30GBまで使えるとはいえ月間データ使用量に上限が設けられていますので、いつでもどこでもたっぷり使うというわけにはいきません。

また、月間データ使用量の上限がないBroadWiMAXの初めの2年間の料金に比べやや高いのも難点です。

 

Yahoo! Wi-Fi

Yahoo! Wi-FiはワイモバイルのMVNOにあたるポケットWiFiです。

端末の標準モードのLTE通信と、データ使用量の上限がないアドバンスモードで利用するAXGP通信を併用するため、無制限に使いたい場合はLTEより若干エリアが狭くなります。

同じ無制限に使えて3年契約のBroadWiMAXに比べると、AXGP通信のエリアが狭いのに料金は高く設定されているので、たくさん使いたい場合は選ぶ余地がないでしょう。

しかしデータ量を少ししか使わずスマホの補助として利用する程度なら、Yahoo! Wi-Fiの月間データ使用量の上限5GBのプランがおすすめです。

このプランはYahoo!プレミアムに加入することによって月額料金を最初の12ヶ月間が1,980円、その後は2,480円に抑えられるのでモバイル通信のサブ、補完としてポケットWiFiを使う場合にお得です。

そしてLTE通信を利用するので全国どこでも使えます。

30GBもデータ量を使わないし、ましてや無制限である必要がないのならば少量を低価格で使えるポケットWiFiを契約しましょう。

 

まとめ

現状通信料も端末代金も無料で使えるポケットWiFiは存在しませんが、WiMAX2+の通信状況や端末の使い心地を確認するためにUQコミュニケーションズが行っているTry WiMAXを利用すれば約10日間WiMAXルーターのお試しができます。

お試し目的以外で、モバイルデータ通信に全くお金をかけたくないのならば公衆無線LANを利用するしかありませんが、この場合悪意のあるユーザーに通信を読み取られるリスクが常に付きまといますので、自分専用の通信回線を持つほうが安全です。

短期間だけ使うためにポケットWiFiを探しているなら、プロバイダよりはレンタル業者を選ぶと期間に応じて課金されるので便利ですが、扱う端末の種類は業者によって幅がありますので、自分が利用したい回線が使えるかは確認しましょう。

普段使いのためのポケットWiFiをできるだけ安く使いたいのならば、少なくとも端末無料のプロバイダを選ぶ必要があります。

通信の安定性やエリアの広さを優先するなら多少高かったりデータ容量の上限があったりしてもLTE回線のポケットWiFiを選ぶほうがいいのですが、安くたっぷり使いたいならWiMAXのほうがAXGP通信を使うYahoo! Wi-Fiよりはエリアが広くかつ安いです。

使う目的や場所によっても適した回線が違いますので、どのように使うかを考えてから契約するのがよりお得に使うポイントですよ。

ポケットWiFiおすすめランキング

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

So-netWiMAX

毎月のようにキャッシュバックや月額料金割引が変更されるSo-netWiMAX。
機種限定で最安値級料金で契約できることもあるので、タイミングさえ合えばラッキーなプロバイダです。
ただ、おとくなキャンペーンは期間限定かつ旧機種が対象なことが多いので、最新端末が欲しい人やすぐに使いたい人には不向きな会社なので★3つ

わいMAX!