WiMAX

WiMAXでドコモのスマホ料金を節約する方法!

投稿日:2016年7月12日 更新日:

スマートフォンでデータ通信をやりすぎると通信速度制限がかかってしまい通信速度が遅くなるといった経験を持つ人もいるでしょう。

できればこのようなことになるのは避けて、データ-量などは気にせずに思う存分インターネットを楽しみたいものですね。 

1か月のスマホのデータ通信量と利用料金

 

ある調査機関が1ヶ月にスマートフォンで利用するデータ通信量をアンケート調査したところ最も多かったのは1G未満の18.8%、2G未満の18.2%でした。

次いで3G未満の18.2%となり、3つを合わせるとスマホ利用者の半分以上の54.7%の調査結果となります。

このアンケート調査では、半分以上の人は通信量が3G未満のであるということがわかったのです。

このようなライトユーザーの方でしたら、格安SIMを契約してスマホの月額利用料を抑えたほうが良いという結論になりがちです。

しかし、格安SIMは音声通話料金が割高となり、通話をたくさんするのかどうかが選択の分かれ目となります。

単純なパケット節約では格安SIMの良し悪しは計りづらいのが現在の格安SIM業界です。電話の利用の有無が格安SIMを利用するかどうかの目安になるといえるでしょう。

5人に1人が大容量通信ユーザー

3GBのユーザー数が半数近いスマホ利用動向ですが、6~7GB以上のデータを利用するヘビーユーザーも決して少なくありません。

先の調査では、7G未満で10.6%、5G未満9.9%、4G未満9.3%とデータ通信量が3G~7G位利用している人も比較的多いという利用実態が浮き彫りになっています。

なにより、10G以上使っているヘビーユーザーが5.6%もいるのです。

この結果から半分以上のユーザーはデータ通信量3G未満のライトユーザーである反面、6G以上利用するヘビーユーザーは全体の21.7%存在することがわかりました。

近年スマホでは、動画見放題や音楽聴き放題のコンテンツが充実してきました。それと逆行するように、パケット通信の制限は厳しくなり追加のパケット料金を支払うユーザーは増えてきています。

ドコモの追加パケット料金は2GB/2,500円となっています。ポケットWi-Fiが7GBから無制限まで使えて3,000円前後の料金ですので、どれだけ割高な価格設定であるか、ひと目でわかりますね。

月の通信費を節約するために、モバイル端末2台持ち戦略は今でもなお有効な戦略なのです。

毎月のスマホ支払い料金の平均は?

スマートフォンの利用者は、月々どれくらいの月額料金をはらっているのでしょうか?

月々のスマホ料金
6,000~7,000円 17.4%
7,000~8,000円 15.8%
8,000~9,000円 12.7%
9,000~10,000円 6.5%
その他 47.6%

2年前の2014年に実施されたスマートフォンの月額料金を調べたアンケート結果によると、スマートフォンの月額料金で一番多かったのは6,000円~7,000円で全体の17.4%という結果でした。

また6,000円以上~10,000円未満のデータを合わせると全体の52.4%となり、ほぼ半数以上の人が10,000円ゾーンにあてはまる事もわかります。

別の調査によると、ユーザーはスマホの適正料金を3,500円と考えているため、利用金額とユーザーの相場観に大きなズレが発生していることも見えてきます。

昨今ではSIMフリースマートフォンの台頭により、NVMOと呼ばれる格安の通信プランを提供してくれる業者が認知されてきました。通話をあまりしないのであれば、月額料金2000円~3000円におさえられる格安SIMは魅力的に見えます。

しかしdocomoなどの大手通信会社と格安SIMの通信業者は料金体系も回線の安定感も全く違います。

また格安SIM業者は一般の人には馴染みのない会社も多く、業者に対する不安が大きいこともまた事実です。

例えばdocomoでしたら音声通話はかけ放題のプランもありますが、格安SIMでは通話をすれば1分40円も料金がかかってしまいます。

またSIMフリー端末の設定や端末不具合は自己解決が基本ですので、機械操作に自信のない人はたとえ高くてもキャリアのスマホを利用したいはず。

極端に月額料金が安くなる=自己責任の範囲が増える

このことを覚えておいてください。

ドコモのスマホの利用料金体系について

通信会社の通信料金の内訳はかなりの難解で、通信会社のホームページをよく読んでもピンと来なくてわからないことだらけです。

スマホは便利なツールではありますが、その月額料金が大きな経済的負担になっている方は多いでしょう。

スマホを使って動画視聴をしたりデータ量の多いオンラインゲームをしたりされる方はなおさらです。これは、通信事業者大手のドコモのスマホを使っている場合も例外ではありません。

ドコモでスマホを利用する場合の月額料金を簡単に説明させていただきます。まずドコモの月額料金は、基本通話プラン・パケットパック・プロバイダ料金の3つから構成されます。

基本料金 料金
カケホーダイ 2,700円
カケホーダイライト 1,700円
シンプルプラン 980円
パケホーダイ・シェアパック 料金
ウルトラシェア/100GB 25,000円
ウルトラシェア/50GB 15,000円
ウルトラシェア/30GB 13,500円
シェアパック/15GB 12,500円
シェアパック/10GB 9,500円
シェアパック/5GB 6,500円
パケホーダイ・データパック 料金
ウルトラデータLLパック/30GB 8,000円
ウルトラデータLパック/20GB 6,000円
データM/5GB 5,000円
データS/2GB 3,500円
プロバイダ 料金
SPモード 300円
mopera・U 500円

通話プランは、国内宛の通話が24時間定額となるカケホーダイと、1通話あたり5分以内の通話が無料となるカケホーダイライト、シェアパック契約者が契約できるシンプルプランの合計3種類です。

2年間の定期契約ありの場合で、カケホーダイプランは月額2,700円、カケホーダイライトプランは月額1,700円、シンプルプランが980円になります。

次に、パケットパックとは高速でデータ通信を行える容量契約のことで、この容量を超えるとリミットモードとなります。

リミットモードでは、月末まで送受信最大128Kbpsとなる通信速度制限が発生します。制限が行われている間は、快適なインターネット通信が行えません。

シェアプランが6種類、データシェアができないデータパックが4種類の合計10種類です。

プロバイダ料金は、インターネット接続に必要なプロバイダ料金でSPモードの月額300円とmoperaUの月額500円の2種類。moperaはSIMフリースマホでdocomoを契約するなど、特殊な目的のためのプロバイダとなりますのでここでは紹介だけにとどめておきます。

docomoスマホの料金計算

docomoで最も安い料金プランを組むと以下の表となります。

docomoカケホーダイライト/2GBプラン 料金
カケホーダイライト 1,700円
ウルトラデータL/2GB 3,500円
SPモード 300円
合計 5,500円

カケホーダイプラン 1,700円+ パケットパック 3,500円+ プロバイダ料金 300円=5,500円です。

我々消費者がイメージするスマホの適正料金が3,500円という調査結果から考えて、2,000円も高い料金を支払わされていることがわかります。

しかもこのプランでは普通にスマホを利用していても通信量に不足を感じるレベルです。

これでは使いものにならないので、キャリアが推奨している大容量プランで組むと以下の表のようになります。

docomoカケホーダイ/30GB 料金
カケホーダイ 1,700円
ウルトラデータLL/20GB 6,000円
SPモード 300円
合計 8,000円

カケホーダイプラン  1,700円+ パケットパック 6,000円+ プロバイダ料金 300円=8,000円

ここに端末料金が上乗せされ月額料金は約1万円ほどになるため、一般家庭ではかなり大きな負担といえるでしょう。

大卒初任給が約20万円、手取りで17万円を下回る時代に毎月収入の5.88%がスマホの通信費に消えている計算となります。

しかし今やスマホは生活必需品で、仕事もプライベートもこれ無しでは成り立ちません。

そこで月額料金を、WiMAXと併用することでパケット代金を節約しつつ、使えば使うほどお得なネット環境を作ることをおすすめするのです。

WiMAXとは?

簡単に言うと、WiMAXとはPCやスマホを自宅や外出先で高速にインターネット接続するポケットWi-Fiのサービスの1つ。

ポケットWi-Fiでは、専用の通信機器を利用することで、PCやスマホなどで高速な無線のインターネット接続ができます。

提供会社やエリア、利用機器によっても異なりますが、WiMAX2+の通信速度は公称440Mbps。

機種によっては、FDDLTEの1波(150Mbps)の3波キャリアアグリゲーションによりLTE通信を最大370Mbpsで利用できます。

しかも、WiMAXの契約は簡単。

ドコモなどのキャリアでスマホを契約する時のように店舗へ赴く必要はありません。インターネットで申込をすれば数日後にはポケットWi-Fi端末が自宅に届きます。

この端末を使って簡単な設定をすることですぐにインターネットが使えます。もちろん工事はありません。この手軽さもWiMAXに人気が集まる理由なのです。

WiMAX2+の料金プラン

ここで気になるのは、インターネット接続にかかる月額料金。

WiMAXの料金プランは大きくわけて2つ。

月間7GBまで制限なしに利用できる月額3,696円のFlatツープラス、通称ライトプラン。

そして月間通信量無制限で利用できる月額4,380円のギガ放題プランです。

月額料金4,380円は一見高額ですが、月200GB使っても同じ料金なのでたくさん使う人ほど1GBあたりの料金が安くなるメリットがあります。

さらにWiMAXは、提供するプロバイダや会社によって月額3,000円台で利用できる強みもあります。

キャッシュバックや割引キャンペーンを利用することで、パケット通信量を大幅に割引できるのもWiMAXの特徴なのです。

ドコモとWiMAX2+の組み合わせ

WiMAX2+を活用したドコモ節約方法として最も効果的な手段は、通話のみの契約とし、インターネット接続はWiMAX2+で代用することです。

ドコモのメールなどがどうしても必要な場合は、パケットプランを最小プランに変更し、WiMAXを利用するという手段もあります。

ドコモの月額料金の体系を思い出してください。ドコモでスマホを利用する場合、基本的には基本プラン・パケットパック・プロバイダ料金の3つが月額料金として発生します。

このうち、パケットパックおよびプロバイダ料金は、ドコモでインターネット接続をしないのであれば必要ありません。

たとえば、ドコモの基本プランとしてカケホーダイプランを選択しWiMAXの通常プランを組み合わせた場合の月額料金は以下の通りです。

カケホーダイプラン 1,700円 +  WiMAX2+通常プラン3,696円=5,396円

上述したように、同じ条件で2GBのパケットパックを選択した場合の月額料金は6,500円ですから、WiMAXと組み合わせた方が約100円安くなるだけでなく、毎月5GBも通信容量を多く使える計算となります。

ドコモとWiMAXの組み合わせで顕著に安くなるのは、通信容量が大容量で比較したケースdです。

ドコモで20GBのパケットパックを利用する場合は、上述したように月額8,000円が毎月必要になります。

WiMAX2+ギガ放題プランはデータ使い放題でありながら、カケホーダイプラン 1,700円 +  WiMAXギガ放題4,380円 = 6,080円となるため月額1,920円の節約になります。

ドコモで20GBのパケットパックを使う場合と比べて約1,920円安くなるにも関わらず、通信容量は基本的に使い放題。1年分に換算すると23,000円以上節約できる計算です。

さらにWiMAXはプロバイダによってはさらに月額料金が安くなるので、実際の節約金額はもっと大きくなります。

WiMAX月額最安値級プロバイダのBroadWiMAXでは月額3,411円で利用できるので、さらに年間11,628円安くなります。その合計節約金額は34,000円以上です。

格安スマホと組合せることでさらに大幅な節約もできますので、興味のある人はWiMAX×格安スマホもお読みください。

ソフトバンクから格安スマホ+WiMAXに乗換レビュー!年48,000円の節約に成功!

WiMAXを利用するデメリットは?

ここまで、ドコモとWiMAXを組み合わせて使うことの料金面でのメリットを説明してきましたが、デメリットももちろん存在します。というより、デメリットのないサービスなんてこの世にはありません。

まず、最も大きなデメリットとしてあげられるのは、スマホ以外にポケットWi-Fi端末を携帯しなければインターネットができない点です。

スマホという手軽な機器を使いながら、ポケットなどに常に2個の機器を持ち歩かないといけないわけです。

たいていのポケットWi-Fi端末は、スマホと同程度かそれより小さいくらいなので荷物になることは無いでしょう。非常に軽量コンパクトなため、家に置き忘れることを注意したほうが良いですね。

また、バッテリー管理も2端末分になるので、WiMAXと組み合わせるのであれば、モバイルバッテリーは必需品になるでしょう。

パケットプランを解約したスマホで運用すると、端末を忘れたりバッテリー切れを起こした場合、その日はスマホでインターネット利用ができなくなりますので注意して下さい。

次のデメリットは、WiMAXでも速度制限が行われる点です。

WiMAXの利用にあたって、直近3日間で10GB以上の通信容量が消費された場合に、速度制限が翌日の18時から翌々日2時まで速度制限が行われます。

WiMAXの提供元のUQコミュニケーションズによると、YouTube動画の標準画質が見られるレベルと言われてます。

速度制限が存在しているものの、docomoのパケホーダイの通信制限は128kbpsなので、動画が見れるレベルのスピードが確保されている点は評価できるポイントといえます。

ドコモとWiMAXの併用はこんな人におすすめ

Youtubeで動画をみたり動画・音楽ファイルなど容量の重いファイルダウンロードする方は、ドコモとWiMAX2+の2台持ちとの相性は抜群といえます。

WiMAX2+は消費する通信容量が大きい程、併用のメリットが大きくなり、1GBあたりの料金が安くなる恩恵に預かれるのです。月5GB以上通信する人なら、ギガ放題プランでさらにパケット代を安くすることが可能となります。

一方で、月間の通信量が2GBに満たない場合は、WiMAXを無理して利用する必要はありません。

BroadWiMAXを契約するのであれば料金は500円ほど安くなりますので節約効果は得られます。しかし、スマホとモバイルWi-Fi端末の2台持ちの手間があるので、節約と使いやすさどちらが優先かで契約を検討してください。

まとめ

家計の支出の1割を占めると言われるスマホの通信料金は。今回紹介したWiMAX2+との併用で大幅に削減することが可能となります。

格安SIMと組み合わせることで、もう一段階削減することもできますが、手間も多いため誰でも取り組みやすいdocomo×WiMAX2+の組み合わせで節約のシミュレーションをしました。

5,000円のデータパック・5GBと6,000円のウルトラパックL・20GBの差額が1,000円しかないので20GBプランがお得に見えるかもしれませんが、WiMAXと比較すると20GBでも割高な事がわかるかと思います。

docomoに限らずキャリアのパケット料金は割高で今でも内閣や総務省が値下げを要求しているくらいなのです。

WiMAX2+を通信に組み込むことでで、ネットを我慢せしないで賢く節約をしてください!

WiMAX

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.