WiMAXのクレードルや充電器は、契約時に買ったほうがいい?

WiMAXを利用するために必要になるのがWiMAXルーターです。

ルーターには持ち運びができる小型のモバイルルーターと据え置き型のホームルーターがあり、契約の際に用途にあったWiMAX端末を選ぶことになります。

モバイルルーターで申し込む時に悩むのが、クレードルと充電器のオプション選択。

結構なお値段はしますし、「クレードルって無いとダメなの?」「専用の充電器じゃないと充電できない?」と心配になりますよね。

そんなお悩みにズバリお答えします。

クレードルの機能

クレードルとはスタンドタイプの拡張器のことで、WiMAX端末を置いて利用するものです。

クレードルにセットすることで卓上充電器として使えたり、電子機器と有線接続できたり、固定回線を無線化できるといったメリットがあります。

卓上充電器として

WiMAX端末を充電する時はUSBケーブルでパソコンなどと接続するか、ACアダプタが必要になります。

しかし、ACアダプタは無料でないことがあり、例えばW04の場合UQ WiMAXでは2,750円、Broad WiMAXでは1,800円で購入しなければなりません。

クレードルは充電スタンドとしての機能があるのでWiMAX端末をセットするだけで充電できますし、常にWiMAX端末をクレードルにセットしておけばいざ外出先に持って行こうというときにバッテリーが切れていることもありませんよ。

有線LAN接続のため

クレードルには有線LANポートがついているため、LANケーブルを用いてパソコンなどと有線LAN接続することができるようになります。

有線LAN接続は無線LAN、つまりWi-Fi接続と比べて電波干渉などによる通信ロスが少ないため、WiMAX本来の高速通信が可能です。

無線LANポイントになる

光回線やADSLなどの固定回線のLANとWiMAXクレードルを有線LAN接続することで、固定回線を無線化するアクセスポイントとして利用できます。

この方法により、

  • WiMAXの通信量が節約できる
  • WiMAX単体より多くの機器と接続できる

といったメリットがあります。

ただし光回線自体に無線のWi-Fiなどがセットされている場合があるので、その場合は意味がなくなってしまいますね。

 

またビジネスホテルなどで有線LANケーブルが設置されていれば、クレードルと接続することでWiMAXルーターを無線LAN中継器として使えます。

出張先などでの外泊が多いならば覚えておくと便利ですね。

ホテルの回線を利用しているのでWiMAX通信量は消費されず、無料でインターネットが利用できますよ。

有線LAN接続できることのメリット

クレードルを有線接続することで通信速度が安定するなどのメリットがあります。

通信速度が安定

無線通信ですとどうしても周囲の環境に影響を受け、特にモバイルルーターとパソコンなどの間に障害物があると通信が不安定になります。

機器と直接有線接続することで通信が周囲の環境の影響を受けにくくなり無線の場合より通信速度が安定しますよ。

無線非対応の機器で通信可能

型が古いパソコンなど、そもそも無線LAN対応でない機器ではWiMAXの電波を捉えることができません。

そんなときWiMAXクレードルと機器を有線接続すれば、インターネット通信を利用できるようになります。

WiMAXの接続に関するトラブルシューティング

クレードルを用いて有線LAN接続ができると、インターネット接続ができなかったり通信速度に問題があったりしたときのトラブルシューティングに役立ちます。

このような場合に考えられる原因は2つです。

  • 無線LANに問題がある
  • モバイルWi-Fiルーターに問題がある

有線LANで問題なくインターネットに接続できれば無線LAN、つまりWi-Fiの通信状況に問題があることがわかり、逆に有線LAN接続しても問題が解決しなければモバイルWi-Fiルーター本体の問題である可能性が高くなります。

このように、有線LAN接続ができれば不具合の原因究明の一助になりますね。

また、WiMAX通信が不安定になったり接続できなくなったりといった問題が発生してサポートセンターに問い合わせる場合、あらかじめ有線LANで接続した結果があればオペレーターとのやり取りが円滑に進みやすくなり解決が早くなるでしょう。

WiMAXのクレードルや充電器は無理に買わなくてもいい

ポケットにも入る大きさのモバイルルーターは、コンセントの無い外出先でも利用できるようにバッテリーが内蔵されています。

充電して使うスマホやデジタルカメラなどと同じで充電器をルーター本体に繋いで、コンセントから充電する方法も変わりありません。

充電器は家庭用コンセントの100V交流電源(AC)を、バッテリーの充電に適切な電圧の直流電源に変換するため、ACアダプターとも呼ばれます。

手持ちのUSB対応ACアダプタでOK

WiMAXルーターの充電ポートは、USBのType-B(マイクロB)またはType-Cが採用されています。

Type-B(マイクロB)はAndroidスマートフォンの充電ポートでお馴染みのタイプ、Type-Cは裏表なく挿せるコネクターが特徴で、Xperia XZなど最新のスマホやMacBookなどで採用が進んでいる新規格です。

USBの給電規格は統一されているので、コネクターがType-B(マイクロB)であれば、Androidスマホ用のACアダプタでルーターの充電を行う事ができます。

Type-CはWiMAXルーターの最新機種W05とその前の機種W04で採用されていますが、Type-B(マイクロB)とType-C変換アダプタを購入すればAndroid用ACアダプタが流用可能です。

ただしW04はType-Cだけでなく、Quick Charge 3.0という急速充電の規格を採用しています。

充電時間を短縮するには、ルーター側だけでなくQuick Charge 3.0に対応したACアダプタが必要です。

Type-CやQuick Charge 3.0は、スマホや他の端末などでも採用が増えていくはずですので、W04を申し込む際に新しく購入するのも良いでしょう。

スマホ用などのモバイルバッテリーも、WiMAXルーターの充電に流用できます。

モバイルバッテリーにUSBのType-Aを採用した給電ポートが付いていれば、ルーターに付属するUSBケーブルでつなぐだけです。

ノートパソコンで使うならUSB接続すれば充電可

WiMAXルーターの本体に付属するUSBケーブルは、ノートパソコンとの接続にも使えます。

この時もノートパソコンのUSBポートからルーターに電源が供給されるので、パソコン経由で充電が可能です。

コンセントが一つしかないカフェなどでもノートパソコンはACアダプタで使い、仕事をしながらルーターの充電ができます。

ルーターをノートパソコンに接続すると、自動的にドライバーがインストールされUSB経由でルーターと接続できるようになります。

セキュリティーキーの入力など無線LANの設定は面倒ですが、ノートパソコンの場合はケーブルで有線接続すれば簡単に使い始めることが可能です。

まとめ

ACアダプタはスマホ用に持っているものが流用できるのであれば購入は不要で、 セットは必要に応じ購入すればよいでしょう。

またWiMAXの申し込み時に慌てて購入しなくても、後から購入することもできますので、とりあえずWiMAXルーターを契約して使ってから判断する事もできます。

クレードルは純正品しかありませんがACアダプタは純正品以外にも、さまざまなメーカーから商品が出ています。

純正品よりもはるかに安いものもありますが、劣悪な粗悪品も多く出回っているので注意しましょう。

粗悪なACアダプタでルーター本体が故障する程度なら良い方で、過熱による火災や感電による死亡事故などもあります。

値段は張りますが純正品か、安全基準である電気用品安全法のPSEマークやEU品質基準のCEマークがついているACアダプタを選びましょう。

 

 

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!