Broad WiMAX UQ-WiMAX WiMAX

BroadWiMAXとUQWiMAXの違いを比較

投稿日:

 

月額業界最安級のWiMAX2+サービス「Broad WiMAX」とWiMAX2+サービスの元祖「UQ WiMAX」は、WiMAX2+サービスえらびの際に必ず候補にあがります。

WiMAX2+回線の提供元(MNO)によって提供されるUQ WiMAXをドコモ・auサービスにたとえるなら、Broad WiMAXはMVNOによって提供される格安SIMサービスといえばわかりやすいでしょう。

WiMAX2+サービスは、サービス毎に通信速度に差はないものの、UQ WiMAX・Broad WiMAXはドコモ・auサービスと格安SIMサービスを比較するのと同様に、サポート品質や料金などに違いがあります。

Broad WiMAXとUQ WiMAXはどこが違う?

Broad WiMAXは月額業界最安級のWiMAX2+サービスであり、一方のUQ WiMAXはWiMAX2+の元祖でKDDIグループの「UQコミュニケーションズ」が提供するWiMAX2+サービスです。

両者共にWiMAX2+のサービスをえらぶ際に必ず見かけますが、その違いはどこにあるのでしょうか。

Broad WiMAXとUQコミュニケーションズは格安SIMとキャリアの関係

UQコミュニケーションズとBroad WiMAXを提供するリンクライフの関係性は、ドコモ・auと格安SIMサービスの提供事業者(MVNO)と似ています。

格安SIMの事業者がドコモ・auからLTE回線を借りてサービス運営しているように、リンクライフもUQコミュニケーションズからWiMAX2+の回線を借りてBroad WiMAXを展開しているわけです。

UQコミュニケーションズはドコモやauと同じ回線の提供元(MNO)であり、WiMAX2+ではリンクライフをはじめ多くの事業者がそれぞれの付加価値をつけて多彩なWiMAX2+サービスを展開しています。

なお、格安SIMサービスの通信速度はドコモ・auと直接契約するより遅いといわれることがありますが、UQ WiMAXとBroad WiMAXにはそのような差はありません。

「Broad WiMAXをえらんだから速度が遅かった」というユーザーの口コミや評判も見受けられず、通信速度によってUQ WiMAX・Broad WiMAXの差はつけられないです。

他の点で比較してどちらが自分にあっているかえらぶとよいでしょう。

サポートの厚さは違う?

サポート体制は、WiMAX2+サービスの提供元によってそれぞれ別々です。

そのためサポートの品質も提供元の事業者やサービスによって異なってくるので、比較のポイントとなります。

たとえば電話サポートの受け付け体制に関し、UQ WiMAXが年中無休(9:00~21:00)なのに対して、Broad WiMAXは年末年始を除く月~土曜日(11:00~18:00)と差があります。

会社員や学生であれば平日の9:00~18:00ぐらいまでは会社や学校にいて問い合わせは難しいですから、それ以外の時間にできる限り長く受け付けてもらえる方がありがたいですね。

Broad WiMAXはその点でみると学生・会社員がゆっくり問い合わせできそうなのは土曜日のみですが、UQ WiMAXなら平日でも21時まで受け付けているため自宅で食事をすませてからでもゆっくり問い合わせできそうです。

WiMAX2+自体は設定の簡単なサービスであり、1度接続に成功してしまえば問題が起こることは少ないものの、万が一何かの不具合が発生した際やWi-Fiルーターの使い方でわからないことがあった際には、サポート体制が充実しているか否かは重要です。

ネットワークの設定に不慣れな場合はもちろんのこと、そうでなくてもサポートセンターへの問い合わせが必要なときにすぐに問い合わせできないと解決までに時間がかかってしまいますしストレスもたまります。

いざというときのサポートセンターの体制の充実度も重視したいものです。

なおUQ WiMAX・Broad WiMAXともに、WiMAXに関する内容だけでなくパソコン・スマートフォンの一般的な困りごとやOfficeなどのアプリケーション、周辺機器の操作まで電話及び遠隔操作で手厚くサポートしてくれる有料のオプションを提供しています。

こういった操作に不慣れであれば自分ひとりで悩んで時間を潰すより、設定に慣れたオペレーターにより遠隔操作で設定してもらう方が早いです。

手厚い有料サポートのオプション有無をWiMAX2+サービスえらびのポイントの1つとするのもよいのではないでしょうか。

端末の品ぞろえ

WiMAX2+端末は新しい技術やより高速な通信速度に対応した新機種が、定期的にリリースされます。

えらぶ機種によって使い勝手が大きくかわることもありますが、WiMAX2+サービスによっては最新機種を提供していなかったり、提供機種が少なかったりするケースも少なくありません。

その点UQ WiMAX・Broad WiMAX共に最新機種を含め提供端末の種類は豊富です。

2018年3月時点で、両サービス共に最大440Mbpsの通信に対応した、モバイルWi-Fiルーター「W04」「WX03」とホームルーター「L01」を提供しています。

その他、1世代前のホームルーター「novas Home+CA」、USBタイプのWiMAX2+機器「URoad-Stick」もUQ WiMAX・Broad WiMAXのいずれも提供中です。

一方WiMAX・WiMAX2+両方の通信に対応した「WX01」はUQ WiMAXのみの提供なので、より提供端末が多いのはUQ WiMAXです。

しかし最初にあげた最大440Mbps対応機器「W04」「WX03」「L01」はどちらも提供しているので、WiMAX2+機器によって両者にほぼ差はないと言っていいでしょう。

Broad WiMAXとUQ WiMAXの料金比較

Broad WiMAX・UQ WiMAXを比較する際の最も大きなポイントは月額料金です。

UQ WiMAXのギガ放題プランの月額料金は4,380円(最大3ヶ月間は3,696円)ですが、Broad WiMAXの「ギガ放題月額最安プラン」なら月額3,411円(1~2ヶ月目は2,726円)と900円以上安くなります。

また、2年間総額で比較すると以下の通りです。

毎月の月額料金に約900円の差がある上に、Broad WiMAXではWiMAX2+端末代が無料です。

その結果、両者を比較すると2年間総額では、UQ WiMAXの方が約2万5千円高くなっています。

この差はお財布にも大きく響きますね。

このように料金を重視するのであればBroad WiMAXの方がおすすめです。

キャンペーンでえらぶならBroad WiMAX

Broad WiMAXの料金プランには初期費用18,857円を頭金として納めることで月額料金が安くなるギガ放題月額最安プランと、初期費用が0円ながら最安プランより月額料金が高いギガ放題ベーシックプランがあります。

ギガ放題月額最安プランの月額料金は月額3,411円(1~2ヶ月目は2,726円)で、ギガ放題ベーシックプランは月額4,380円(1~2ヶ月目は3,695円)です。

しかしギガ放題月額最安プランの初期費用は「初期費用18,857円割引!Web割キャンペーン」によって0円になる上に、別途「全端末0円キャンペーン」も適用されるので最新機種を含むWiMAX2+機器が無料となります。

一方UQ WiMAXでは、以前iPadなどとWiMAX2+機器のセット販売のキャンペーンを展開していましたが今は行っていません。

また法人限定でWiAMX2+機器を0円で提供するキャンペーンを展開していますが、個人向けにはありません。

これらのことからBroad WiMAXのキャンペーンの方がお得といえるでしょう。

条件から外れるとBroad WiMAXはお得にならない

Broad WiMAXの初期費用割引キャンペーンを適用するためには以下にあげる3つの条件を満たすことが必要です。

この条件から外れると、ギガ放題月額最安プランをえらんだ際の初期費用18,857円が無料とはならないので注意しましょう。

公式サイトの専用フォームから申し込むこと

Broad WiMAXの申し込み自体は電話でオペレーターに話を聞きながらでもできますが、電話申し込みだと初期費用割引キャンペーンは適用されません。

そのため電話で問い合わせた際にオペレーターにネット申し込みをする旨を伝え、その後に公式サイトから自分で申し込んだ方がお得ですね。

ネット申し込みは簡単なので、10分もあれば手続きをすべて完了できるでしょう。

クレジットカード払いで申し込むこと

ギガ放題月額最安プランの支払い方法はクレジットカード以外に口座振替も選択できます。

クレジットカードをもっていないときは便利ですが、口座振替では初期費用割引キャンペーンは申し込めません。

その上、口座振替では別途口座振替手数料として200円/月が発生するため費用負担が増えます。

口座振替をえらぶと以下の通り2年総額が増してしまうので、UQ WiMAXとほぼ同額となりお得になりません。

そのため、特別な事情がない限りクレジットカード払いをえらんだ方がよいですね。

有料オプションを加入すること ※契約後に解約可

万が一のWiMAX2+端末故障の際の無償修理オプション「安心サポートプラス」(月額550円)と、Broad WiMAXを快適に使うためのオプション「My Broadサポート」(月額907円)の加入が必要です。

My Broadサポートは、パソコン・スマホ・周辺機器の困りごとを電話と遠隔操作でサポートする「PCプレミアムサポート」、スパムフィルタ・ウイルスフィルタに対応したメールサービス「Broad メール」、パソコン・Android用のセキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」の3つがセットになったオプションです。

これだけ聞くと月額費用が増してかえって高くなってしまうようにみえますが、これらオプションはWiMAX2+端末到着後に解約することもできます。

まとめ

UQ WiMAX・Broad WiMAXの違いをたとえると、UQ WiMAXはドコモやau(MNO)によるサービスで、Broad WiMAXはMVNOの格安SIMサービスです。

ただ両者ともに回線品質や通信速度で差はつけられません。

一方、サポートの体制が整っているのはUQ WiMAXで、Broad WiMAXの電話サポート受付が平日11:00~18:00までなのに対し、UQ WiMAXは年中無休9:00~21:00と長いです。

一方お得なのはBroad WiMAXで、2年間総額では約2万5千円ほど安くなります。

それぞれメリットが違うので、自分にあった方をえらぶとよいでしょう。

Broad WiMAX, UQ-WiMAX, WiMAX

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.