ブロードワイマックスの評判 ユーザーの口コミと評価

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は株式会社リンクライフが運営するWiMAX2+サービスです。

他のプロバイダのように高額なキャッシュバックは行っていないものの、月額料金が業界最安級なのが特徴です。

ブロードワイマックスの口コミには、受け取り失敗のリスクがあるキャッシュバック特典と比較して確実に節約できる点や、契約解除料なしで他ネット回線へ移行できるご満足保証、他社WiMAXからの乗り換え時に違約金を負担してくれるサービスを評価する声などがあります。

ブロードワイマックスとは?

ブロードワイマックスは、インターネット接続サービスやインターネット会員サービスを運営する株式会社リンクライフによるWiMAX2+サービスです。

「いつでも、どこでも、快適なインターネットライフ」をモットーに運営されているブロードワイマックスは、月額最安級のWiMAX2+サービスとして知られています。

ブロードワイマックスに限ったことではありませんが、WiMAX2+は回線品質や通信速度でプロバイダ毎の差をつけられないため、各社価格やキャンペーンを工夫して販売促進をはかっています。

その中で、GMOとくとくBB・nifty・So-netなどは約2万円から3万円のキャッシュバックキャンペーンを展開していますが、ブロードワイマックスはキャッシュバックを行っていません。

高額なキャッシュバックはお得な反面、契約から約11ヶ月後に行う受取口座登録の手続きが煩雑であるため以下のようなユーザーの評価が見受けられます。

その一方でブロードワイマックスはキャッシュバックがない代わりに安い月額料金で、通信費用を手軽に節約できるのが魅力です。

たとえばGMOとくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを適用すると、月間データ通信量の上限がないギガ放題プランは月額料金が4,263円(契約から2ヶ月目までは3,609円)ですが、キャッシュバックのないブロードワイマックスのギガ放題プラン(ギガ放題月額最安プラン)を契約すると月額3,411円(契約から2ヶ月目までは2,726円)と約800円安くなります。

またブロードワイマックスのメリットは月額最安級だけではありません。

ブロードワイマックスでは、WiMAXスタートキャンペーンを適用することで、初期費用18,857円が無料となるうえに、新しい技術を搭載した最新端末も含めたWiMAX2+機器の端末代が無料です。

その結果、ブロードワイマックスなら事務手数料3,000円だけで契約が可能です。

またユニークな「ご満足保証」もこのサービスのメリットとして見逃せません。

どのプロバイダをえらんでもWiMAX2+は2年や3年間の長期契約が前提となっており、2年または3年毎に訪れる契約更新月以外に解約すると、以下契約解除料が発生します。

記載したのは3年契約の場合です。

解約までの期間契約解除料
0~12ヶ月以内19,000円
13~24ヶ月以内14,000円
25ヶ月以降9,500円
37ヶ月(契約更新月)0円

しかしご満足保証を適用することで、Broad光やYAHOO!JAPAN BB、Broad LTEといったブロードワイマックスが指定する他のネット回線へ契約から何ヶ月経っていても契約解除料なしで移行が可能です。

ただしそれまでに支払った月額料金や契約事務手数料の返金はありません。

モバイル通信は、たとえ回線の提供エリア内だったとしても電波状況によって接続が不安定だったり思うような通信速度がでなかったりすることがあるものです。

そこでご満足保証を利用することで、仮にサービスに満足できなくても契約解除料を支払わず他のネット回線へ移行できるのがわかっていれば、安心して契約することができますね。

そのうえ、ブロードワイマックスは他社WiMAXからの乗り換え時に発生した違約金を上限19,000円まで負担してくれる違約金負担サービスがあるのも強みです。

他社WiMAXを更新月以外で解約すると前述した契約解除料を支払う必要がありますが、ブロードワイマックスへ乗り換えればその違約金と同金額を後日振り込んでくれるのです。

他社WiMAXの料金が高い、端末が古くて買い替えたいなどの理由で契約期間の途中で乗り換える際にも安心のサービスですね。

ブロードワイマックスの評判と口コミ

ブロードワイマックスの口コミやレビューでは、以下のようにキャッシュバックを行うサービスとの比較が見受けられます。

これらの口コミに見受けられるように、キャッシュバックのリスクや手間を避けて月額料金の安さを評価するユーザーのレビューがあります。

初期費用が無料となり月額料金が低価格なブロードワイマックスについて、以下のようにストレートに評価する口コミもあります。

また契約解除料なしで他ネット回線に移行できるご満足保証に関して、以下のように好意的な評価をするレビューも見受けられます。

提供エリア内とはいえ、モバイル通信は電波状況などで満足のいく利用ができない可能性があるので、不安を軽減できる保証サービスの評価がよいのにはうなずけますね。

そしてBroad WiMAXの違約金負担サービスを利用して、他社WiMAXから乗り換えたユーザーからも良い評価が多く見られました。

WiMAXプロバイダの乗り換えによって、実質違約金の負担もなく、お得な月額料金で利用できるのはとても嬉しいですね。

悪い評価というわけではありませんが、ブロードワイマックスのサービスプランに関して以下のような疑問をあげるレビューもありました。

ブロードワイマックスには月間データ通信量の上限がないギガ放題プランと月間データ通信量7GBまでのライトプラン(通常プラン)といった区分けの他、それぞれのプラン毎に最安プラン・ベーシックプランの2種類があり、初めてみると違いが分かりづらいかもしれません。

最安プランとは月額費用を抑えるため、18,857円の初期費用を支払う代わりに月額料金が低価格になるプランで、ギガ放題の最安プランなら月額3,411円(契約から2ヶ月目までは2,726円)です。

一方のベーシックプランは初期費用が0円である代わりに月額料金が最安プランより高く4,380円(契約から2ヶ月間は3,696円)となります。

その他、最安プラン・ベーシックプランには以下の違いがあります。

  • 最安プランは支払い方法としてクレジットカード・口座振替が選べるが、ベーシックプランではクレジットカード払いのみ
  • WiMAXスタートキャンペーンを適用すると最安プランの初期費用が無料になる
    ※キャンペーン適用するにはWeb申し込みでクレジットカード払いを選択し、指定オプションに初回のみ加入する必要がある

これら料金・支払いに関する点以外に最安プラン・ベーシックプランに違いはなく、サービス内容は同じです。

このようにまとめてみてみると、プランの違いも分かりやすいですね。

ブロードワイマックスに関しては、他に以下のような口コミもあります。

WiMAXスタートキャンペーンを適用して初期費用を無料とするには、パソコンやスマートフォン・周辺機器の困りごとを電話や遠隔操作で365日サポートする「My Broadサポートライト」(月額507円)と、水漏れにも対応した端末故障時の無料修理を提供する「安心サポートプラス」(月額550円)、宿泊施設やレジャー施設などの会員特典割引が受けられる「モバレコポイントクラブ」(月額400円)という3種類のオプションサービスへ契約時に加入することが必要です。

結果、オプション料金の月額1,457円が加算されることになるので「初期費用無料はお得でないのでは?」と言われることがありますが、契約後にこれらのオプションを解約しても初期費用無料の権利はなくなりません。

それに加え、口コミにあるようにこの2つのオプション自体の解約は簡単なので心配することはありません。

なぜ安い月額料金を確保できるの?

ブロードワイマックスは初期費用やWiMAX2+端末が無料となる上に、月額料金まで安くなるのを疑問に感じることもあるかもしれません。

しかしそれは最低利用期間として3年間の長期契約を前提とし、その分月額料金を安くすることができるからです。

この契約を履行せずに3年毎の契約更新月以外に解約すると、契約解除料が発生することになります。

ブロードワイマックスは確実に安く使いたい人におすすめ

 UQ WiMAXBroad WiMAX
月額料金4,380円(3,696円/~2ヶ月目)3,411円(2,726円/~2ヶ月目)
事務手数料3,000円3,000円
端末代2,800円0円

上記はWiMAX2+の元祖プロバイダであるUQコミュニケーションズとブロードワイマックスの2年目までの月額料金を比較した表です。

UQコミュニケーションズでは端末代金もかかるうえに、ブロードワイマックスより月額900円以上も高いため単純計算しても2年で2万円以上損することになるのです。

この結果からもブロードワイマックスを選ぶと通信料金が安くなるという理由が納得できるでしょう。

まとめ

ブロードワイマックスはユーザーの口コミやレビューにある通り、高額なキャッシュバックがない代わりに安い月額料金でランニングコストを抑えられるWiMAXサービスです。

高額なキャッシュバックを行うGMOとくとくBBの方が実質負担額ではブロードワイマックスより低価格ですが、ブロードワイマックスはGMOとくとくBBのように受け取りに失敗せず確実に通信費用を節約できるメリットがあります。

その上ブロードワイマックスには、電波状況が良くなくて接続が安定しない場合や期待したような通信速度がでない際に指定の他社回線へ無料で移行できるメリットもあり、実際これらの点を評価するユーザーの口コミが見受けられます。

他社WiMAXを契約中の場合で、料金面やサポート面などで不満が出てくる場合もあるでしょう。

そういった場合にもブロードワイマックスの違約金負担サービスを活用して乗り換えれば、他社WiMAXの違約金と同額を負担してくれるため、更新月まで我慢して使い続ける必要もありません。

実際に違約金負担を活用したユーザーからも満足という評価が多く投稿されています。

こういった様々なサービスを提供して、ユーザーからの信頼を集めているのはまさにブロードワイマックスの企業努力の結果と言えますね。

ポケットWiFiおすすめランキング

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

So-netWiMAX

毎月のようにキャッシュバックや月額料金割引が変更されるSo-netWiMAX。
機種限定で最安値級料金で契約できることもあるので、タイミングさえ合えばラッキーなプロバイダです。
ただ、おとくなキャンペーンは期間限定かつ旧機種が対象なことが多いので、最新端末が欲しい人やすぐに使いたい人には不向きな会社なので★3つ

わいMAX!