BroadWiMAX(ブロードワイマックス)の評判!口コミと評価丸わかり

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は株式会社リンクライフが運営するWiMAX2+サービスです。

他のプロバイダのように高額なキャッシュバックは行っていないものの、月額料金が業界最安級なのが特徴です。

ブロードワイマックスの口コミには、受け取り失敗のリスクがあるキャッシュバック特典と比較して確実に節約できる点や、契約解除料なしで他ネット回線へ移行できるご満足保証、他社WiMAXからの乗り換え時に違約金を負担してくれるサービスを評価する声などがあります。

評判と口コミ

ブロードワイマックスの口コミやレビューでは、以下のようにキャッシュバックを行うサービスとの比較が見受けられます。

これらの口コミに見受けられるように、キャッシュバックのリスクや手間を避けて月額料金の安さを評価するレビューがあります。

また契約解除料なしで他ネット回線に移行できるご満足保証に関して、以下のように好意的な評価をするレビューも見受けられます。

提供エリア内とはいえ、モバイル通信は電波状況などで満足のいく利用ができない可能性があるので、不安を軽減できる保証サービスの評価がよいのにはうなずけますね。

そしてBroad WiMAXの違約金負担サービスを利用して、他社WiMAXから乗り換えたユーザーからも良い評価が多く見られました。

WiMAXプロバイダの乗り換えによって、実質違約金の負担もなく、お得な月額料金で利用できるのはとても嬉しいですね。

ただ回線自体の解約の際の対応については悪評が多いです。

更新月の数ヶ月前から電話がかかってきたり、料金が上がりますというメールが度々送られてきたりします。

契約解除料0で解約したいなら、そのときに圧力に負けず契約更新月まで待つことが大切です。

BroadWiMAXの魅力

WiMAX2+は回線品質や通信速度でプロバイダ毎の差をつけられないため、各社価格やキャンペーンを工夫して販売促進をはかっています。

その中でブロードワイマックスはキャッシュバックがない代わりに安い月額料金で、通信費用を手軽に節約できるのが魅力です。

たとえばGMOとくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを適用すると、月間データ通信量の上限がないギガ放題プランは月額料金が4,263円(契約から2ヶ月目までは3,609円)ですが、キャッシュバックのないブロードワイマックスのギガ放題プラン(ギガ放題月額最安プラン)を契約すると月額3,411円(契約から2ヶ月目までは2,726円)と約800円安くなります。

またブロードワイマックスのメリットは月額最安級だけではありません。

ブロードワイマックスでは、WiMAXスタートキャンペーンを適用することで、初期費用18,857円が無料となるうえに、新しい技術を搭載した最新端末も含めたWiMAX2+機器の端末代が無料です。

さらに、ユニークな「ご満足保証」もこのサービスのメリットとして見逃せません。

どのプロバイダを選んでもWiMAX2+は2年や3年間の長期契約が前提となっており、2年または3年毎に訪れる契約更新月以外に解約すると契約解除料が発生します。

しかしご満足保証を適用することで、Broad光やYAHOO!JAPAN BB、Broad LTEといったブロードワイマックスが指定する他のネット回線へ契約から何ヶ月経っていても契約解除料なしで移行が可能です。

ただしそれまでに支払った月額料金や契約事務手数料の返金はありません。

モバイル通信は、たとえ回線の提供エリア内だったとしても電波状況によって接続が不安定だったり思うような通信速度がでなかったりすることがあるものです。

そこでご満足保証を利用することで、仮にサービスに満足できなくても契約解除料を支払わず他のネット回線へ移行できるのがわかっていれば、安心して契約することができますね。

そのうえ、ブロードワイマックスは他社WiMAXからの乗り換え時に発生した違約金を上限19,000円まで負担してくれる違約金負担サービスがあるのも強みです。

WiMAXを更新月以外で解約すると契約解除料を支払う必要がありますが、ブロードワイマックスへ乗り換えればその違約金と同金額を後日振り込んでくれるのです。

他社WiMAXの料金が高い、端末が古くて買い替えたいなどの理由で契約期間の途中で乗り換える際にも安心のサービスですね。

料金プラン

データ利用量の上限がないギガ放題と上限7GBのライトプランのそれぞれの月額料金は、以下の通りです。

プラン名ギガ放題プランライトプラン
月間通信容量無制限7GB
1・2ヶ月目まで2,726円2,726円
3~24ヶ月目3,411円2,726円
25ヶ月目以降4,011円3,326円

初期費用無料キャンペーン

Broad WiMAXでは月額料金こそ最安級である一方、頭金としての初期費用が18,857円かかります。

ただし、ウェブから申し込むことでこの初期費用が無料となるWiMAXスタートキャンペーンを提供しているので是非活用してください。

お得なキャンペーンなのでおすすめですが以下4つの点に注意が必要です。

  • 支払い方法について

Broad WiMAXでは支払い方法としてクレジットカード以外に口座振替も選ぶことができます。

しかし、初期費用無料となるWeb割キャンペーンはクレジットカード払いが条件なので、口座振替を選んだ場合は適用されません。

オプションについて

初期費用無料キャンペーンを適用するためには、オプションサービスの安心サポートプラス・My Broadサポートライトへ同時加入する必要があります。

ただし、この3つのオプションは端末到着後に解約することが可能で、オプション解約した場合でも初期費用無料キャンペーンは適用されるので安心してください。

違約金について

契約開始月から24ヶ月以内にWiMAXの回線契約を解約すると通常のWiMAX契約解除料とは別に、キャンペーン違約金の9,500円が発生します。

WiMAXの違約金と合わせると2万円以上も損することになるので、初期費用無料キャンペーンを活用した際は24ヶ月を過ぎるまでは継続して使い続けるようにしましょう。

支払方法

BroadWiMAXの支払いには、クレジットカードと口座振替の2つの方法があります。

クレジットカード

他の多くの通信サービスと同様に、Broad WiMAXでもクレジットカードによる支払方法を選択可能です。

ネットからサービス申込を行う際に支払い方法としてクレジットカードを選べば手続きがスムーズで、10分程で簡単に終了でき手間がかかりません。

特に理由がなければクレジットカード払いを選ぶのがおすすめです。

なお契約者の名義とクレジットカードの名義は同じでなければ申し込めないので注意しましょう。

JCBデビットやVISAデビット、au walletは使える?

商品やサービスを購入した際に、預金口座から即時で引き落としされるデビットカードや、auが運用する電子マネー「au WALLET」は、いずれも便利な支払い方法ではあります。

しかし残念ながら、Broad WiMAXの契約には使えません。

申込画面で入力した時点で「デビットカードは使えません」という表示が出ます。

口座振替

Broad WiMAXは、クレジットカード以外に口座振替での支払いも可能です。

クレジットカードをもっていない場合は便利ですね。

なお口座振替を選ぶ場合もネットでの申し込みが可能ですが、クレジットカードでの申し込みと異なりネットでの手続きだけでは完了しません。

まずネット申込後に送られる確認メールの内容に従って身分証明書を撮影し、メールで返信することが必要です。

その上で、改めて送られてくるメールに従って今度は支払い口座の登録をします。

支払い口座の登録は、ネット上で手続きを行えるWeb口座登録もしくはライフカードの口座振替依頼書のいずれかの方法を選択可能です。

このようにクレジットカード払いをえらぶのと比較すると、手続きが増えて手間がかかります。

また万が一口座登録が行われないとコンビニ支払い専用の請求書(手数料300円追加)が届き、この請求書で支払いが必要となります。

さらに2週間以内に口座登録が行わなかったり、コンビニでの請求書払いが終了していなかったりすると回線が停止される可能性があるので注意して下さい。

口座振替では初期費用や手数料が必要

Broad WiMAXではギガ放題月額最安プランを選びたいところですが、口座振替では初期費用18,857円割引!Web割キャンペーンは残念ながら使えません。

それに加えて口座振替を選んだ際は、口座振替手数料として200円/月が追加されることになります。

200円ほどの少額でも長期契約を前提とすれば積もり積もって大きな金額になりますね。

端末がすぐには届かない

Broad WiMAXを契約するメリットとして、WiMAX2+端末の送料が無料であることに加えて最短申込即日(平日16時、土曜日12時までの受付分)で発送されることがあげられます。

ネット申込でクレジットカード払いを選ぶとそのまま最短即日発送が可能ですが、口座振替ではオンライン申込の後に、本人確認書類をBroad WiMAXへ送信する必要があり端末配送はその後になります。

そのためせっかくネット申込を完了したつもりになっていても、この手続きを落としているといつまでたっても端末が配送されず、WiMAX2+が使えるのが遅れることになります。

WiMAX2+端末を早く受け取りたいのであれば、本人確認書類の提出をネット申込の後すぐに行うようにしましょう。

初回の支払いは代金引換

口座振替の場合、初期費用(18,857円)・契約事務手数料(3,000円)・代引き手数料(400円)を代金引換で支払うことが必要です。

消費税のことも考えると結果的に玄関で2万5千円近くの料金を支払うことになるので、銀行からお金をおろしてなくて支払えないといったことがないようにしたいですね。

申込の全手順

2018年4月現在は取り扱いがないモバイルルーターW03を申し込んだ際の手順ですが、端末以外の項目は全て最新の情報です。

まず、BroadWiMAX公式サイトへ移動します。(別ウィンドウで開きます)

⇒BroadWiMAX公式サイトへ

申し込み画面【1】ご希望商品・契約プラン変更

1-1.Broad WiMAXのトップページから「WiMAXをお申込みする」をクリック

キャンペーン画面のリンク先から申し込むと確実です。

1-2.「お申し込みフォーム」が開きます

「お申し込みフォーム」には、「ご希望商品」「料金プラン」「セット商品・オプションの選択」の3つのカテゴリがあります。

ご希望商品

ご希望商品でWiMAX端末(モバイルWiFiルーターまたはホームルーター)と希望の本体カラーを選びます。

モバイルルーターを選んだ際に、ここではあわせてクレードル・充電器を追加で申し込むこともできます。

クレードルについて

クレードルがあれば、パソコンを有線LANでインターネット接続することができるほか、クレードルにモバイルWiFiルーターを設置するだけで充電ができて便利です。

クレードルの料金は3,500円程と比較的安価に購入することができます。

絶対に必要ではありませんが、持っていると便利な機器なので迷うようであれば同時購入しなくても、あとからUQコミュニケーションズが運営するUQアクセサリーショップやAmazonなどで購入できるので、必要性を感じてから追加しても良いでしょう。

料金プラン

料金プランのカテゴリでは、「プラン種別」「月額料金プラン」「支払い方法」を選択します。

プラン種別

月間データ量の上限がないギガ放題プランか、上限7GBまでのライトプランかを選びます。

支払い方法

支払い方法はクレジットカード払い・口座振替のいずれかから選択できます。

初期費用無料キャンペーンを適用されるためにはクレジットカード払いが必要なので、理由がなければクレジットカードの利用がおすすめです。

BroadWiMAX

ただ、このような案内があるのでどうしても口座振替で契約したければ連絡してみましょう。BroadWiMAX

セット商品・オプションの選択

「セット商品・オプションの選択」では、WiMAX契約と同時にノートパソコンやタブレットを購入する「セット商品」と「サポートオプション」の選択をします。

セット商品

クレジット決済を選んだ場合に限りWiMAX2+の契約と同時に、人気のノートパソコンかタブレットを同時に分割で購入することができ、頭金なしの24ヶ月払いで、セット商品の月額料金はWiMAXの通信費と一緒に引き落とされます。

セット商品を購入する場合、24ヶ月以内にWiMAX2+の契約を解約すると選んだ商品と利用期間に応じた契約解除料が発生します。

セットオプションを利用しても特別端末がお値打ちに買えるわけではないため、手続きなしに端末を分割払いで購入できるサービスくらいに考えておきましょう。

サポートオプション

以下2種類のサポートオプションを選択します。

  • 安心サポートプラス(月額550円):自然故障に対する保証
  • My Broadサポート(月額907円):PCやスマホの操作サポート、メールサービス、セキュリティソフト(KINGSOFT Internet Security)

これらのサポートオプションは申込時にしか契約できないので注意しましょう。

初期費用無料キャンペーンを適用させる場合にはサポートオプションを2つとも申し込む必要がありますので、不要であれば商品到着後にお客様サポートサイトより解約すると良いでしょう。

なお、どちらかを解約しもう一方を継続するという使い方は可能です。

申し込み画面【2】 お客様情報の入力

名前や配送先住所などのお客様情報を入力します。

申し込みはgmail・Yahoo!などのフリーメールアドレスでも可能ですが、迷惑メールに振り分けられていないかだけ注意して下さい。

クレジット情報入力

BroadWiMAXはクレジットカード払いがキャンペーン条件となっています。

 

JCB/VISA/Master/ダイナーズ/AMEXといった国内の主要カードに対応しています。

なお、国際ブランドがついていてもVISAデビットなどのデビットカードでは申し込みできません。

実際にVISAデビットの番号を入力してみましたが、先の画面に進めませんでした。

  • 口座振替の場合

口座振替を選んだ場合は、カード番号を入れる欄の代わりに支払い方法欄が次のように変わります。

BroadWiMAX

この場では口座情報を入力せず、このまま申し込みを終えましょう。

重要事項確認と申込み

必要情報を入力後「重要説明事項」をよく読み「同意する」を選んでから「この内容でお申し込みする」をクリックします。

申込後、入力したメールアドレス宛に以下申込完了のメールが届きます。

申し込み完了メールが届けば、申込み完了です。

最短申し込み当日に発送され、早ければ翌日中にはWiMAXの開通が完了します。

できるだけ早く端末を手に入れたいときにも翌日に手元に届くのは助かりますね。

BroadWiMAXで申し込む

申し込み完了から利用開始まで

申込が完了すると最短即日でWiMAX端末が発送されます。

この即日発送がBroadWiMAXのウリの一つです。

数日の差ですが、申込後端末が使えない期間のストレスはほとんどありませんので、意外と大きなメリットですよ。

端末は段ボールに入って送られてきます。

 

WiMAX端末・申し込み内容のお知らせ書類・サービス案内冊子

また、ハイスピードプラスエリアモード対応端末の場合は「au Micro IC Card(LTE)」、クレードルを申し込んだ場合はクレードルもこの中に一緒に入っています。

 

W03箱内

WiMAXルーターW03を選んだ場合には、WiMAX端末の箱にはW03本体の他、保証書、「はじめてガイド(説明書)」、「マイクロUSBケーブル」、「無線LAN初期設定シール」が入っていました。

荷物の内容を確認し、WiFiの設定をすればすぐにWiMAX2+でインターネット接続ができます。

WiMAXの設定方法は「はじめてガイド」に書いてありますので参考にしてください。

なお、ハイスピードプラスエリアモード対応端末の場合は、WiMAX端末に「au Micro IC Card(LTE)」を挿入する必要があります。

機種変更

Broad WiMAXでWiMAXやWiMAX2+を契約している場合でも、機種変更をすることが可能です。

機種変更すると最新・最速のネット通信が可能になる

WiMAX2+を契約した際に提供されたWi-Fiルーターを使い続けていると、新しい技術を搭載したさらに高速通信が可能な最新機種が登場したり、利用している端末のバッテリーの持ちが悪くなったりして新しい機種に変えたくなるものです。

契約をさらに長く続ければこの傾向は強くなると考えられます。

実際にWiMAX2+の下り最大通信速度はこれまで110Mbpsから220Mbps、440Mbpsへと増速を続けており、2017年9月には東名阪の一部エリアで下り最大558Mbps通信の提供を開始しています。

今後もさらなる増速を目指しているため、1年・2年も経過すれば、ずっと性能が高い上により高速な通信が利用できるWi-Fiルーターが登場している可能性が高いです。

せっかく利用料金を支払っていても、古くなった手元の機器を使い続けて、最新・最速のWiMAX2+の性能を利用できないのはもったいないですね。

もし最新の機種でWiMAX2+を使いたいのであれば、一般的に現在のプロバイダで機種変更の手続きをするか、現在の契約を解約して新しくWiMAX2+を契約し直す(他プロバイダへの移行を含む)ことになります。

自動更新をする場合は機種変更できない

WiMAX2+は2年または3年契約が前提となっており、解約をしなければ自動更新となります。

Broad WiMAXではキャンペーンを利用しての機種変更が可能ですが、現在の契約をそのまま更新しても機種変更はできないので注意して下さい。

自動更新する前に機種変更のキャンペーンを利用するか、契約をいったん解約して改めて契約し直すか検討しましょう。

機種変更専用のキャンペーン

Broad WiMAXでは、同社でひとつ前の通信規格しか使えないWiMAX端末を利用中またはWiMAX2+端末を20ヶ月以上利用中のユーザーを対象に、機種変更を促すキャンペーンを展開しています。

ただ、2年契約をしていてキャンペーンを利用した場合には3年契約に切り替わってしまいますので、2年契約を維持したいならプロバイダの乗り換え一択です。

機種変更キャンペーンのメリット

機種変更キャンペーンを利用すれば、最大758Mbpsに対応した最新機種が0円で入手可能です。

それに加えてWiMAX2+には2年または3年の契約期間があり、契約更新月の前に解約したり契約更新月以外に解約したりすると違約金(契約解除料)が発生しますが、機種変更キャンペーンを適用すれば違約金は免除されます。

機種変更キャンペーンの手続き方法と注意点

機種変更キャンペーンはBroad WiMAXの公式サイトからネット申し込みが可能です。

WiMAXルーターの発送準備が整い次第順次配送となりますが、混みあっている際は発送までに1ヶ月程度かかることがあるので注意しましょう。

新しい端末が手元に届いたら、現在利用中の端末からSIMカードを抜いて新しい端末に挿し直せばすぐに利用できるようになります。

なおこのキャンペーンを適用するといったん解約した上での新規契約扱いとなり、契約事務手数料3,000円が別途発生します。

またモバイルWi-FiルータータイプのWiMAX2+機器を簡単に充電できる機能を提供したり、有線接続できる機能を提供したりするクレードルを購入することもできます。

自動更新とどちらがお得?

WiMAX2+の契約は契約期間である2年または3年の間に解約をしなければ自動更新され、新しく同じ期間でのの契約が開始されることになります。

この際、BroadWiMAXで最安プランを契約している場合は自動更新で割引がなくなるので、月間データ通信量の上限がないギガ放題なら月額料金が3,411円から4,011円に、月間データ通信量7GBのライトプラン(通常プラン)なら2,726円から3,326円に変わります。

一方で機種変更キャンペーンを適用することで、契約事務手数料3,000円が必要となるものの、それから24ヶ月目まで300円の月額料金割引があるとくトク割が適用されます。

結果、ギガ放題プランが4,011円のところ3,711円で、ライトプラン(通常プラン)が3,326円のところ3,026円となります。

さらに最新機種も利用できるので、WiMAX2+の契約をBroad WiMAXで今後も継続するのであれば機種変更のキャンペーンを適用した方がお得ですね。

面倒がって何もしないでキャンペーンを利用せず契約更新をすると、高くなった月額料金で最新の技術や高速な通信速度に対応してない古いデータ端末を使い続けることになります。

ちなみに新しい月額料金は、新端末到着の翌月から適用されるため、新旧2ヶ月分の通信料金が請求されてしまうことはないので安心してください。

違約金が新規契約と同じになることに注意!

BroadWiMAXの契約を2年間続けてそのまま自動更新すれば、契約更新月以外に解約する際の違約金は14,000円から9,500円に減額されます。

ただし機種変更のキャンペーンを利用すると、新しく契約を結ぶことになるので契約期間が1ヶ月目から始まることになり違約金もそれに応じて請求されます。

たとえば自動更新した最初の月(27ヶ月目)に解約すると違約金は9,500円ですが、機種変更した最初の月に解約すると違約金は19,000円です。

いくら月額料金が300円安くなるとしても、3年後の契約更新月までに19,000円や14,000円の違約金を支払うことになるとかえって損するので、BroadWiMAXで機種変更のキャンペーンを利用するのであれば、それから3年間契約を続けることを前提にするとよいでしょう。

機種変更キャンペーンかプロバイダの乗り換え、どちらを選ぶ?

現在Broad WiMAX契約中で新しい機種を使いたいのであれば機種変更のキャンペーンを利用するか、契約更新月まで待って現在の契約を解約して新しく契約し直すかのいずれかになります。

ここでチェックすべきポイントはどの方法がお得かということですね。

 GMOとくとくBBBroad WiMAX
(新規)
Broad WiMAX
(機種変更)
月額料金4,363円(3,609円/~2ヶ月目)3,411円(2,726円/~2ヶ月目)3,741円
キャッシュバック40,000円0円0円

3年間総額で最も料金が低価格なのは、高額なキャッシュバックがあるGMOとくとくBBです。

次にBroad WiMAXで機種変更のキャンペーンを利用するパターンは、300円の月額割引があるとはいえ、Broad WiMAXを新規に契約する場合と比較すると300円以上月額料金が高いので、結果的に最も2年間総額が高くなっています。

そのためこの3パターンで最も格安に新しい機種を使いたいのであれば、現在のBroad WiMAXの契約を違約金が発生しない契約更新月に解約した上で、GMOとくとくBBを契約する方法を選ぶことになります。

ただしキャッシュバックのキャンペーンは契約から11ヶ月後に行う受け取り先の銀行口座の登録手続きなどに煩雑な注意点が多くあり、受け取りに失敗するユーザーが多いのがデメリットです。

そういったリスクを避けたければBroad WiMAXを新しく契約する方法を選ぶとよいでしょう。

そうなると、一見Broad WiMAXで機種変更キャンペーンを利用する意味がないように見えてしまいますが、この方法のメリットは契約更新月を待たなくても、20ヶ月以上契約を続けさえすれば違約金なしで新しい機種を使えるようになることです。

特に現在手元にある機器が古くなってバッテリーの持ちが悪くなったり調子が悪くなったりしていたら、一刻でも早く新しい機種を使いたくなるでしょう。

また最新機種が魅力的に感じれば、すぐにでもそれを使いたくなることもあるのではないでしょうか。

そのため、契約更新月の前に一刻も早く新しい機種を使いたければ機種変更キャンペーンを、契約更新月が直前なら少し待ってGMOとくとくBBかBroad WiMAXを新しく契約し直すのがおすすめです。

ただBroadWiMAXは3年契約しかできなくなったため、2年契約を維持したければGMOとくとくBBを始めとする2年契約を行うプロバイダへ乗り換えなければなりません。

まとめ

ブロードワイマックスはユーザーの口コミやレビューにある通り、高額なキャッシュバックがない代わりに安い月額料金でランニングコストを抑えられるWiMAXサービスです。

高額なキャッシュバックを行うGMOとくとくBBの方が実質負担額ではブロードワイマックスより低価格ですが、ブロードワイマックスはGMOとくとくBBのように受け取りに失敗せず確実に通信費用を節約できるメリットがあります。

その上ブロードワイマックスには、電波状況が良くなくて接続が安定しない場合や期待したような通信速度がでない際に指定の他社回線へ無料で移行できるメリットもあり、実際これらの点を評価するユーザーの口コミが見受けられます。

他社WiMAXを契約中の場合で、料金面やサポート面などで不満が出てくる場合もあるでしょう。

そういった場合にもブロードワイマックスの違約金負担サービスを活用して乗り換えれば、他社WiMAXの違約金と同額を負担してくれるため、更新月まで我慢して使い続ける必要もありません。

実際に違約金負担を活用したユーザーからも満足という評価が多く投稿されています。

こういった様々なサービスを提供して、ユーザーからの信頼を集めているのはまさにブロードワイマックスの企業努力の結果と言えますね。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!