Broad WiMAX WiMAX WiMAX2+

Broad WiMAXの解約に違約金はいくらかかるの?

投稿日:2017年4月14日 更新日:

 

Broad WiMAXは月額業界最安級で知られるWiMAX2+によるモバイル通信サービスです。

解約する際は、違約金の制度があるのでタイミングに注意して下さい。

WiMAX2+は2年間の契約が前提となっており、2年毎の契約更新月以外に解約すると最大で19,000円の違約金が発生します。

さらにBroad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用すると、契約25ヶ月目までの解約でキャンペーン違約金9,500円が追加で請求される点にも気を付けましょう。

ここでは、これらのポイントをふまえていつ解約するのがもっとも負担が少ないか解説します。

Broad WiMAXを解約したい!

Broad WiMAXは「月額業界最安級」で知られる、株式会社リンクライフのWiMAX2+サービスです。

中でも人気の高いギガ放題プラン(ギガ放題月額最安プラン)なら月額3,411円(1~2ヶ月目は2,726円、25ヶ月目以降は4,011円)で利用することができます。

Broad WiMAXを解約するには「Broad サポートセンター 解約専用ダイヤル」へ電話して、オペレーターに解約したい旨を申し出ます。

なおシステム締め切りの都合上、当月中に解約できるのは25日までに連絡した場合で、26日以降から月末までは解約を受け付けてもらえないので注意しましょう。

月額割引キャンペーン適用中は違約金にオプション解除料が加算

Broad WiMAXに限ったことではありませんがWiMAX2+は2年間契約を継続することを基本としており、2年後の契約更新月の前に解約すると以下の通り違約金(契約解除料)が発生することになります。

2年後に解約しなければ契約は自動更新され、改めて2年間の契約期間に入ります。

解約までの期間 契約解除料
1~13ヶ月 19,000円
14~25ヶ月 14,000円
26ヶ月(契約更新月) 0円
27ヶ月以降 9,500円
50ヶ月(契約更新月) 0円

そのため違約金を支払わないようにするためには、2年毎に1ヶ月設定されている契約更新月に解約手続きをする必要があります。

違約金は契約期間が短いほど高額で、契約から1~25ヶ月間での解約は違約金が1万円を超えています。

なおキャンペーンを利用して契約した際には、上記表とは別に違約金が追加されることがあるので気を付けて下さい。

Broad WiMAXの場合は「初期費用18,857円割引!Web割キャンペーン」を使って月額割引がきいた最安プランを契約した場合に、解約時の違約金が加算されます。

Broad WiMAXには初期費用が0円に設定されたベーシックプランの他に、ベーシックプランより月額料金が安い代わりに初期費用18,857円がかかる最安プランがあります。

ただし初期費用割引のキャンペーンを利用して最安プランを契約することで、この初期費用を無料とすることが可能です。

なおこのキャンペーンを利用するためには、クレジットカード払いとネット申込が条件です。

その一方でこのキャンペーンを利用することのデメリットとして、契約開始月から2年以内(1~25ヶ月目まで)に解約すると、キャンペーン違約金9,500円追加されることがあげられます。

たとえば契約から10ヶ月後に解約すると通常の違約金19,000円にキャンペーン違約金9,500円が加算されて合計28,500円の違約金、契約から20ヶ月後に解約した場合は通常の違約金14,000円にキャンペーン違約金9,500円が加算されて合計23,500円の違約金が発生することになります。

WiMAX2+を含めモバイル通信を1度契約して気に入って使っていればすぐに解約することもないと想定されますが、このように短期間での解約では違約金が発生してしまうので、Broad WiMAXを契約する際は長期契約を前提とするとよいですね。

いつ解除するのがいい?

Broad WiMAXを解約する際にはタイミングに気を付けましょう。

契約更新月以外に解約すると違約金が発生してしまいます。

解約する前に早めに自分の契約では契約更新月がいつになるのか確認しておき、カレンダーに印をしておくといった工夫をして忘れないようにしたいものですね。

ただ契約更新月よりずっと前に、何らかの事情があって契約の意思が固まっているのであれば、違約金を支払って早めに解約した方が負担は少ないこともあるのであわせて確認しておきましょう。

具体的には初期費用割引のキャンペーンを利用して月間データ通信量の上限がないギガ放題月額最安プランを契約している場合は、契約1~13ヶ月目の違約金合計は28,500円、14~25ヶ月目までの違約金合計は23,500円で契約3~24ヶ月目までの月額料金は3,411円なので、最初の契約更新月の7ヶ月より前なら違約金を支払って解約してしまった方が安上がりです。

また違約金が安くなる25ヶ月以降なら、月額料金4,011円になるので契約更新月から3ヶ月以上前なら先に解約した方が支払う料金が少なくなります。

契約を更新して使い続けるメリットはある?

Broad WiMAXのギガ放題月額最安プランを25ヶ月以上継続すると、月額料金が3,411円から4,011円に値上がりします。

一方、仮に契約更新月に違約金0円の状態で解約して改めてギガ放題月額最安プランを申し込めば契約1~2ヶ月目は2,726円、契約3~24ヶ月目は3,411円なのでこの方法の方がお得です。

さらに改めて契約し直せば、新しい技術を搭載し最大通信速度が速い最新のWiMAX2+端末が使えます。

このように自動更新をえらばない方がメリットは多いので、解約や再契約の手間を惜しまずこの方法をえらびたいものですね。

ただし、たとえば初期費用割引のキャンペーンを利用してギガ放題月額最安プランを再契約することで違約金が9,600円から28,500円(契約1~13ヶ月目)、23,500円(14~25ヶ月目)に上がるので、せっかく再契約しても2年以内に解約するのであれば自動更新をえらんだ方がお得ですし手間もありません。

再契約した後のことも考えて、契約し直すか自動更新するか決めるとよいでしょう。

ご満足保証はどういうときに使う?

提供エリアの確認をしっかりしたうえでモバイル通信を申し込んでも、電波状況が悪く接続が安定しなかったり通信速度が遅かったりして後悔することも考えられますね。

それを理由にWiMAX2+を早期に解約すると、違約金が発生してしまいます。

ご満足保証はこんなときに役立つBroad WiMAXのシステムです。

同社のWiMAX2+を契約していてサービスに満足できない場合に、満足保証を使えばBroad WiMAXが指定する他社回線(フレッツ光・ADSL・Broad LTE・ワイモバイルなど)に違約金なしで移行できます。

通信販売のクーリングオフとは違いますから、もちろんこの保証を使ったところで事務手数料や月額料金が返還されるわけではありません。

ただ万が一の際にこういったシステムが利用できることが事前にわかっていれば、新しくモバイル通信を契約するときの不安は少なくなりますね。

満足保証に利用期限はないので、契約後に環境が変わりWiMAX2+の電波が入りにくくなったというような場合でも、この保証を適用することができます。

オペレーターが環境にあった回線を提案してくれます。

自宅回線をWiMAXから光回線に変えたいとき

満足保証を使ってモバイル通信の回線をWiMAX2+からLTEを使った他社回線へ移行することも可能ですが、WiMAX2+を自宅用のインターネット回線として使っている場合には、より高速で安定した通信が可能な光回線にかえられることもおぼえておきましょう。

WiMAX2+ギガ放題プランは月間データ通信量の制限がないため固定回線替わりに使われることもあります。

ですが建物内にWiMAX2+機器を設置することになるので、実際に使ってみたら電波が届きにくかったということがありえます。

またWiMAX2+にはギガ放題プランでも3日間のデータ通信量による速度制限があるので、これによって満足できるような通信速度がえられないこともあるでしょう。

しかし速度制限については2017年2月2日に3日3GB制限から3日10GB制限へルールが変更されたことを受け、多くの人は制限を気にせず利用できるようになりました。

新しいルールでは速度制限に抵触するまでのデータ通信制限の時間も短くなって、連続動画視聴やデータ交換ソフトを利用する一部のヘビーユーザーを除き通信制限を受けずに利用できるデータ量が増えたといえます。

しかし制限後の最大通信速度に関し暫定的はいえ、YouTube HD画質の動画が視聴できるレベルだったものが標準動画が表示できるレベルに下がったことの影響を、特に固定回線代替ユーザは強く受けていると考えられます。

それは制限のかかる時間が18時頃から翌2時頃という、仕事場や学校から帰って自宅の固定回線でインターネット使うと想定されるユーザが多い時間帯だからです。

速度制限のルールが変更される以前から固定回線代わりにWiMAX2+を使っていた場合や、新しくつかってみた場合でこの速度制限に抵触して快適にインターネットが使えない状態であれば、満足保証を利用して光回線への移行を検討してもよいのではないでしょうか。

まとめ

Broad WiMAXでは2年の契約を満了し契約更新月に解約申込をすれば、最大で19,000円の違約金が発生することはないので、解約時の費用は0円です。

一方、初期費用無料キャンペーンを利用した場合、契約してから25ヶ月目までに解約すると9,500円の違約金が発生しますが、契約更新月での解約ならこの違約金もかかりません。

そのため契約更新月に解約するのがベストですが、仮に解約の意志が固まっているのであればそれより前に解約した方が安上がりです。

たとえば初期費用無料キャンペーンを利用しているなら、契約から25ヶ月目までなら契約更新月の7ヶ月より前、それ以降なら3ヶ月以上前に違約金を支払って解約した方が負担は少ないです。

Broad WiMAX, WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.