Broad WiMAXの解約に違約金はいくらかかるの?

BroadWiMAXは3年間の契約が前提となっており、3年毎の契約更新月以外に解約すると最大で19,000円の違約金が発生します。

さらにBroad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用すると、契約25ヶ月目までの解約でキャンペーン違約金9,500円が追加で請求される点にも気を付けましょう。

契約した月を把握しておくと、最も解約時の負担が少ない時期がわかるので安心です。

Broad WiMAXを解約したい!

Broad WiMAXを解約するには「Broad サポートセンター 解約専用ダイヤル」へ電話して、オペレーターに解約したい旨を申し出ます。

なお注意点としてシステム締め切りの都合上、当月中に解約できるのは25日までに連絡した場合で、26日以降から月末までは解約を受け付けてもらえず翌月1日以降に連絡する必要があります。

Broad WiMAXの契約期間と契約解除料

Broad WiMAXは3年間契約を継続することを基本としており、契約期間に応じた更新月の前に解約すると以下の通り違約金(契約解除料)が発生することになります。

3年契約の場合
契約開始からの利用月数契約解除料
0~12ヶ月目19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目~36ヶ月目9,500円
37ヶ月目(更新月)0円
38ヶ月目以降9,500円
2年契約の場合
契約開始からの利用月数契約解除料
0~12ヶ月目19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目(更新月)0円
26ヶ月目以降9,500円

更新月に解約しなければ契約は自動更新され、改めて2年または3年の契約期間が継続されます。

なお、2年契約をしているユーザーは自動的に3年プランに変更することはありません。

そのため違約金を支払わないようにするためには、2年または3年毎に1ヶ月設定されている契約更新月に解約手続きをする必要があります。

違約金は契約期間が短いほど高額で、契約から1~25ヶ月間での解約は違約金が1万円を超えています。

24ヶ月以内の解約にはキャンペーン違約金が加算

Broad WiMAXには初期費用が0円に設定されたベーシックプランの他に、ベーシックプランより月額料金が安い代わりに初期費用18,857円がかかる月額最安プランがあります。

その一方で「初期費用18,857円割引!Web割キャンペーン」キャンペーンを利用することのデメリットとして、契約開始月から2年以内(1~25ヶ月目まで)に解約すると、キャンペーン違約金として契約解除料に加えて9,500円追加されることがあげられます。

たとえば契約から10ヶ月後に解約すると通常の違約金19,000円にキャンペーン違約金9,500円が加算されて合計28,500円の違約金、契約から20ヶ月後に解約した場合は通常の違約金14,000円にキャンペーン違約金9,500円が加算されて合計23,500円の違約金が発生することになります。

このように短期間での解約では高額な違約金が発生してしまうので、BroadWiMAXを契約する際は契約期間満了を前提とするとよいですね。

いつ解約するのがいい?

契約更新月以外に解約すると違約金が発生してしまうので、Broad WiMAXを解約する際にはタイミングに気を付けましょう。

解約する前に早めに自分の契約では契約更新月がいつになるのか確認しておき、カレンダーに印をしておくといった工夫をして忘れないようにしたいものですね。

ただ契約更新月よりずっと前に、何らかの事情があって契約の意思が固まっているのであれば、違約金を支払って早めに解約した方が負担は少ないこともあるのであわせて確認しておきましょう。

具体的には初期費用割引のキャンペーンを利用して月間データ通信量の上限がないギガ放題月額最安プランを契約している場合は、契約1~13ヶ月目の違約金合計は28,500円、14~25ヶ月目までの違約金合計は23,500円で契約3~24ヶ月目までの月額料金は3,411円なので、最初の契約更新月の7ヶ月より前なら違約金を支払って解約してしまった方が安上がりです。

Broad WiMAXのギガ放題月額最安プランは25ヶ月目以降、契約解除料が9,500円に下がる一方で月額料金が3,411円から4,011円に値上がりします。

そのため違約金が安くなる25ヶ月以降なら、契約更新月から3ヶ月以上前なら先に解約した方が支払う料金が少なくなります。

仮に現在2年契約している場合、契約更新月に違約金0円の状態で解約して改めてギガ放題月額最安プランを申し込めば、あらためて契約1~2ヶ月目は2,726円から始められますからこの方法の方がお得です。

さらに改めて契約し直せば、新しい技術を搭載し最大通信速度が速い最新のWiMAX2+端末が使えます。

このように、2年契約の場合はメリットは多いので、解約や再契約の手間を惜しまずこの方法を選びたいものですね。

ご満足保証はどういうときに使う?

提供エリアの確認をしっかりしたうえでモバイル通信を申し込んでも、電波状況が悪く接続が安定しなかったり通信速度が遅かったりして後悔することも考えられますね。

それを理由にWiMAX2+を早期に解約すると、違約金が発生してしまいます。

ご満足保証はこんなときに役立つBroad WiMAXのシステムです。

同社のWiMAX2+を契約していてサービスに満足できない場合に、満足保証を使えばBroad WiMAXが指定する他社回線(Broad 光・Broad LTE・Yahoo!BB)に違約金なしで移行できます。

通信販売のクーリングオフとは違いますから、もちろんこの保証を使ったところで事務手数料や月額料金が返還されるわけではありません。

ただ万が一の際にこういったシステムが利用できることが事前にわかっていれば、新しくモバイル通信を契約するときの不安は少なくなりますね。

ご満足保証に利用期限はないので、契約後に環境が変わりWiMAX2+の電波が入りにくくなったというような場合でも、この保証を適用することができます。

オペレーターが環境にあった回線を提案してくれるので安心して乗り換えられますね。

自宅回線をWiMAXから光回線に変えたいとき

満足保証を使ってモバイル通信の回線をWiMAX2+からLTEを使った他社回線へ移行することも可能ですが、WiMAX2+を自宅用のインターネット回線として使っている場合には、より高速で安定した通信が可能な光回線に変えられることも覚えておきましょう。

WiMAX2+ギガ放題プランは月間データ通信量の制限がないため固定回線代わりに使われることもあります。

ですが建物内にWiMAX2+機器を設置することになるので、実際に使ってみたら電波が届きにくかったということがあり得ます。

またWiMAX2+にはギガ放題プランでも3日間の使用データ通信量による速度制限があるので、これによって満足できるような通信速度が得られないこともあるでしょう。

新しく使ってみた場合でこの速度制限に抵触して快適にインターネットが使えない状態であれば、ご満足保証を利用して光回線への移行を検討するのも一つの選択肢となりうるでしょう。

まとめ

Broad WiMAXでは2年または3年の契約を満了し契約更新月に解約申込をすれば、最大で19,000円の違約金が発生することはないので、解約時の費用は0円です。

また新規契約時に初期費用無料キャンペーンを利用した場合、契約してから25ヶ月目までに解約すると契約解除料とは別に9,500円のキャンペーン違約金が発生しますが、契約更新月または25ヶ月目を過ぎてからの解約ならばこの違約金もかかりません。

キャンペーン違約金を含めると違約金は最高で28,500円に上るため、契約更新月に解約するのがベストです。

しかしWiMAXが使えなくなるなどの事情があり2年たたずに解約せざるを得ないときは、Broad WiMAXが提供するご満足保証を使えば違約金が最大19,000円免除されるため、この制度を使った回線の乗り換えも一つの選択肢として検討することをおすすめします。

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!