Biglobe WiMAX WiMAX2+

BiglobeWiMAX申し込み方法!端末はいつ届く?

投稿日:

 

インターネットサービスプロバイダの大手であるBIGLOBEによるWiMAX2+サービス「BIGLOBE WiMAX」はオンラインもしくは電話での申し込みが可能です。

支払い方法はクレジットカードもしくは口座振替のいずれかから選択可能ですが、どちらをえらぶかでWiMAX2+端末の発送までにかかる時間もかわるので注意しましょう。

クレジットカードなら申込後2日~1週間程度で配送されますが、口座振替では申込後に支払方法登録申込書が届くのを待った上でそれを記入・返送し、7~10日程度かかるBIGLOBE側での内容確認をへてようやく配送となります。

BIGLOBE WiMAXの申し込みの疑問を解決!

BIGLOBE WiMAXは、光ファイバーやLTEなどの各種インターネット回線、各種クラウドサービスなどを運営する大手インターネットサービスプロバイダ・BIGLOBEのWiMAXサービスです。

大手プロバイダのサービスであることの安心感や20,000円という高額なキャッシュバックが主な特長のサービスです。

BIGLOBEのキャッシュバックは、煩雑な手続きがある他社キャッシュバックと比較して、簡単なアンケートに答えればもらえるのでその手軽さもメリットといえます。

なおキャッシュバックキャンペーン以外に、タブレットプレゼントをえらぶことも可能です。

申し込みの方法は?

BIGLOBE WiMAXの申込方法は、オンラインもしくは電話のいずれかです。

オンライン申込は、プランや利用するWi-Fiルーター・利用オプションを選択し、契約者の情報を入力すれば完了できるので手間がかかりません。

パソコンからだけでなくスマートフォンからのオンライン申込も可能です。

一方オペレーターと相談しながら契約をすすめたいのであれば、電話申し込みをえらぶとよいでしょう。

オンラインでの申込手順は以下の通りです。

1)サイトから申込画面にアクセスします。

希望の料金プラン・データ端末をえらび「BIGLOBE会員でない方」をクリックします。

※BIGLOBE加入済の場合は「BIGLOBE会員の方」を選びます。

料金プランについては、モバイル通信で動画を頻繁に鑑賞するなどデータ通信量の消費が多くなるようであればギガ放題プランがおすすめです。

2)オプション選択

オプションの選択画面になります。契約したいオプションをえらび「お客様情報入力へ」をクリックします。

使いたいオプションがない場合は未選択で先に進んでもかまいません。

3)個人情報入力

氏名や住所、電話番号など契約者の情報を入力します。

すべての項目の入力が終わると「未入力の必須項目があります」ボタンが「確認画面へ」にかわりますので、クリックして先にすすみます。

4)お申込み情報の確認

申込内容に間違いないことを確認して「次へ」をクリックします。

5)お申込情報の確認

契約書面の確認方法について、オンラインで書面を参照できる「電子交付」か紙の書面を郵送する「書面交付」のどちらかえらびます。

その後、規約・特約の内容を確認し「『規約・特約』『サービス内容』を確認しました。同意します。」をクリックすると「未入力の必須項目があります」ボタンが「お申し込みを確定する」かわりますので、クリックしてオンライン申し込み完了です。

口座振替はできる?

クレジットカードを持っていないのであれば、口座振替による支払いができると便利ですね。

WiMAX2+のサービスやプロバイダによって利用可能な支払い方法が異なり、クレジットカード払いしかえらべないことが多いですが、BIGLOBEではクレジットカード以外に口座振替も選択できます。

ただし口座振替をえらんだ場合は、自動払込手数料200円/回が別途請求されるので注意して下さい。

特別な理由がないのであれば、クレジットカード払いをえらんだ方が申し込みが簡単ですしお得に利用できます。

オンラインでの手続きができないことに要注意

クレジットカードと異なり、支払い方法として口座振替をえらぶとオンラインのみで申し込みが完了しません。

オンライン申込後にBIGLOBEから郵送される「支払方法登録申込書」に必要事項を記入して返送する必要があります。

口座振替をえらんだ際は、返送された申込書をBIGLOBEが確認して支払い方法が確定して申込完了です。

端末はいつ届く?

支払い方法にクレジットカード払い・口座振替のどちらをえらぶかで、WiMAX2+端末の配送のタイミングが異なるので注意しましょう。

WiMAX2+は光ファイバーなどの固定回線と異なり自宅での回線工事は行われないため、WiMAX2+端末が手元に届き簡単な設定さえすればすぐに使えるようになります。

その結果支払い方法により、WiMAX2+が使えるまでの期間が変わることになります。

まずクレジットカード払いをえらぶと、オンライン申込で手続きが完了し通常2日~1週間程度でWiMAX2+端末が配送されます。

(在庫や配送の状況によってはWiMAX2+機器の配送までに2週間以上かかることもあります。)

一方支払い方法に口座振替をえらんだ際は、繰り返すようにオンラインでは申込が完了せず、オンライン申込後に配送される支払方法登録申込書による書面での手続きを行わなければなりません。

そのため、契約した住所への書面の到着・記入・返送とその後にBIGLOBEによる内容確認(7日~10日程度)にかかる時間だけ、WiMAX2+端末の配送が遅れることになります。

支払い方法確定後に、WiMAX2+機器の配送までに2日~1週間程度かかる点はクレジットカード払いをえらんだ場合と同じです。

まとめると口座振替には、支払方法登録申込書による手続きの手間・自動払込手数料200円/回の支払い・端末配送やWiMAX2+利用開始までに時間がかかるという3つのデメリットがあります。

クレジットカードをもってない場合は仕方ありませんが、これらデメリットを考えるとクレジットカード払いの方がよいですね。

なおBIGLOBEの他の通信サービスを契約していて支払い方法がすでに確定している場合は、口座振替を利用中でもクレジットカードをえらんだ際と同じくWiMAX2+機器の配送までにかかるのは2日~1週間となります。

実際に使えるか確かめるためにお試ししたい!

WiMAX2+に限りませんが、モバイル通信サービスを利用するにあたって心配なのは使いたい場所の電波状況ですね。

いくらオンライン上で提供エリアの確認ができたとしても、電波状況は使う場所の障害物の有無などによって変化するので安心できません。

万が一実際に契約してみたら思うように使えなかったことがわかっても、短期で解約すると違約金が請求されてしまうこともあります。

そこで、契約する前に希望するモバイル通信サービスが実際につかえるか試したいと考えるユーザーも多いのではないでしょうか。

UQコミュニケーションズの「Try WiMAX」を利用

その点、WiMAX2+回線の提供元であるUQコミュニケーションズでは、WiMAX2+を15日間無料で試せる「Try WiMAX」サービスを展開しており便利です。

申込前に電波状況を確認し、不安なく契約したいと考えているのであれば注目です。

申込方法は簡単で、以下URLからオンラインで手続きできます。

http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/

なお、Try WiMAXを利用したからといってUQコミュニケーションズのWiMAX2+を申し込まないといけないわけではないので安心して下さい。

私がTry WiMAXを利用した際は、UQコミュニケーションズの担当者から電話があり勧誘をうけましたが、一度断れば特にしつこく連絡されることもありませんでした。

ただしTry WiMAXの申し込みにあたっては以下の点に注意する必要があります。

  • 申し込みにあたっては契約者本人名義のクレジットカードが必要
  • デビットカードで申し込むか携帯電話/PHSのメールアドレスを持ってない場合は公式サイトから「Try WiMAXレンタル申込書」をダウンロードして、本人確認書類のコピーを同封の上、書面で手続きする必要がある
  • Try WiMAXの無料お試し期間(15日間)は、WiMAX2+機器が配送されてから返却完了するまでなので15日間まるまる試せるわけではない
  • 期限内にWiMAX2+機器を返送できないと、違約金としてクレードルなしの場合は20,000円、クレードルありの場合は22,750円を支払うことになる
  • 端末の選択は可能だが最新機種を含め全ての機種が試せるわけではない
    ※最新機種でなくてもWiMAX2+の電波が届くか否かは試すことはできます

このようにいくつかの注意点はあるものの、Try WiMAXはルールさえ守れば無料で使える便利なサービスなので、電波状況に不安があればおすすめです。

最悪の場合は初期契約解除を使おう

初期契約解除とは通信サービスのクーリングオフといえばわかりやすいでしょうか。

この制度を利用することにより、契約書面を受けとってから8日以内なら通信会社の合意がなくても違約金を支払うことなく解約が可能です。

BIGLOBE WiMAXではこの「8日以内」という定義を、「契約書面を受領した日かSIMカードが到着した日のいずれか遅い日を初日として8日が経過するまで」と定めています。

またBIGLOBE WiMAXでは書面の電子交付もえらべるので、その場合はBIGLOBEメール宛に電子交付のお知らせメールが届いた日を「契約書面を受領した日」としています。

解約の理由は問われないため、使いたい場所で電波が弱くて思うような通信速度がでなかったという理由でもかまいません。

こういった制度があるのがあらかじめわかっていれば、不安なく契約できますし、書面やWiMAX2+機器が届いたらできるだけ早めに希望した通り使えるかいろいろと試して初期契約解除を使うか否か判断したいものですね。

まとめ

BIGLOBE WiMAXの申込方法はオンライン・電話いずれかから好きな方を選択できます。

なお支払い方法にクレジットカードでなく口座振替を選択すると、別途書面での手続きが必要となりその分WiMAX2+機器の配送に時間がかるので注意しましょう。

その上、口座振替では自動払込手数料200円/回が別途加算されるので、特別な理由がない限りクレジットカードをえらんだ方が手間なく安く利用できておすすめです。

また契約前に無料でWiMAX2+を試せるTry WiMAXや、契約書面が届いてから8日以内なら違約金なしで解約できる初期契約解除の制度を知っておけば、安心してBIGLOBE WiMAXを契約できます。

Biglobe, WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.