Biglobe WiMAX WiMAX2+

BiglobeWiMAX速度制限と解除条件の解説!

投稿日:

BIGLOBEではWiMAXを使用するにあたって7GB制限と3日10GB制限の2つの速度制限を設定していますが、他社プロバイダの制限の内容と何か違いはあるのかと疑問に思うことがあるのではないでしょうか。

結論から言うと、WiMAXはどのプロバイダで契約してもサービス内容は同じなので、速度制限においても違いはありません。

ただし速度制限について理解しておかないと適用された場合にインターネット通信にストレスを感じる可能性があります。

そこで今回は速度制限の内容や制限を回避するための対策について説明していきます。

Biglobe WiMAXの速度制限

BIGLOBE WiMAXの速度制限は料金プランによって異なり、月に7GBのデータ通信量を超えた場合と3日で合計10GBのデータ通信量を超えた場合の2パターンがあります。

それぞれの通信制限の内容がどのように違うのか、また他社との違いについてまとめました。

他のプロバイダと内容は違う?

WiMAXを提供しているプロバイダは本家であるUQコミュニケーションズとMVNOと呼ばれる複数のプロバイダがあり、このMVNOはUQコミュニケーションズの回線を借りてWiMAX通信サービスを行っています。

BIGLOBEを含むMVNOでは集客を図るために独自でキャンペーンを行っているので料金面において他社との差を生み出していますが、WiMAXサービス自体においてはどのプロバイダもUQコミュニケーションズと同じ内容で提供しています。

そのため、料金プランをはじめ通信品質やサービスエリアなどはどのプロバイダで契約しても違いはないので、もちろん速度制限の内容も同じです。

月間総量7GB制限

7GB制限には2つのパターンがあり、1つはUQ Flatツープラス(通常プラン)で月間通算データ使用量が7GBを超えた場合、もう1つはハイスピードプラスエリアモードで通算データ使用量が7GBを超えた場合です。

通常プランを契約している場合

WiMAXを通常プランで契約した場合、月間使用可能なデータ通信量は7GBまでと決まっており、これを超えると通信速度が128kbpsへとかなり低下します。

通常プランの場合、料金を抑えてWiMAXを利用することができますが、頻繁にインターネット通信を行っていると1ヶ月も経たないうちに制限にかかってしまうので、特に動画視聴のようなデータ容量を多く使用する通信をそこまで行わない人は通常プランでも十分楽しめるでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードを利用した場合

ハイスピードプラスエリアモードとは、LTEオプション対応のWiMAX端末でau 4G LTE回線に接続する場合に使用する通信モードのことです。

通常はハイスピードモードで通信を行っていますが、電波のつながりにくい場所でストレスなく通信を行いたい場合にハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで、よりつながりやすいLTE通信で快適にインターネット通信を行うことができます。

なお、LTE通信を行う場合はオプション料金として別途1,005円が月額料金に課金されます。

LTE通信を行う際に気をつけなければいけないのが、ハイスピードプラスエリアモードの当月通信量の合計が7GBを超えた場合に制限が適用され通信速度が128kbpsへと低下するということです。

UQ Flatツープラスギガ放題で契約していたとしても、ハイスピードプラスエリアモードにて速度制限が適用された場合はハイスピードモードのWiMAX2+通信にも制限が適用されます。

ただしハイスピードプラスエリアモードの当月通信量の合計が7GBを超えていなければ、ハイスピードモードに再度切り替えることで引き続き通信量に制限なくデータ通信をおこなえますので、通信量を意識しながら使用すればそこまで制限にかかる心配は必要ありません。

直近の3日間で10GB以上使用した場合

WiMAXのギガ放題プランは通信量を気にすることなく思いきりインターネット通信を楽しめるメリットがあるので、多くの人がこのプランで契約しているでしょう。

しかしギガ放題プランはデータ通信量に上限がない分、回線が混雑する可能性があるのでそれを避けるために3日間のデータ通信量の合計が10GBを超えた際に翌日18時から翌々日2時にかけて通信制限を行う条件を設けているのです。

ただ速度制限が夕方から夜中にかけて行われる分、日中は実質無制限にデータ通信を行うことができるのはユーザーにとっても助かりますね。

また速度制限が適用されたとしても動画の標準画質レベルが視聴できる速度を目安に1Mbps程度を提供しているので、よほどデータ容量の大きい通信を行わない限りは通常通りインターネットに接続することができます。

速度制限は解除できるの?

3日10GB制限が適用された場合、制限時間帯を超えると制限が解除され通常通り高速インターネット通信を行うことができますが、7GB制限の場合は一度適用されてしまうと当月末まで解除することができません。

例えばワイモバイルのポケットWi-Fiでは速度制限が適用された際、500MBごとに500円の追加料金で制限を解除することができますが、WiMAXでは課金によって解除できるオプションがないので翌月になるのを待つしかないのです。

制限にかからない対策

WiMAXの速度制限にかかるとストレスを感じるほど速度が低下するので、できれば制限を回避してもっと快適にインターネット通信を楽しみたいですよね。

そこで7GB制限や3日10GB制限が適用されないための対策を3つ紹介します。

データ使用量を確認しながら利用する

速度制限が適用されると速度が非常に低下しますが、特に7GB制限にかかった場合は当月末までほとんど通信が行えない状態になるので、定期的に当月消費したデータ量を確認することをおすすめします。

そうすることで使いすぎた場合は通信を控えて通信量の消費を遅らせることができますし、使い過ぎと感じない場合はそのままのペースで通信を続けることができます。

固定回線や公衆無線LANと併用する

自宅でインターネット通信を行う場合は固定回線、外出先では公衆無線LANに接続するようにすることでWiMAXのデータ通信量を使用せずに済むため、WiMAX以外のWi-Fiを利用することで速度制限を回避することができます。

特にヘビーユーザーの人は制限にかかりやすいので、上手に併用するといいですね。

プラン変更をする

料金面を考えて通常プランで契約したけど毎月速度制限にかかるという人は、ギガ放題にプラン変更をすると制限を回避しやすいです。

確かに通常プランの方が安くWiMAXを利用することはできますが、ギガ放題であればデータ通信量の上限を気にすることなくインターネット通信を行えます。

ただしキャンペーン適用でWiMAXを契約している場合、プラン変更を行うと特典が無効になることもありますので注意しておきましょう。

通信制限を回避するよりうまく付き合うことを考えよう

WiMAXの速度制限とうまく付き合うには、あなたが普段どのような通信にどれくらいの通信量を消費しているのかを把握することが大切です。

項目 データ通信容量 7GB 10GB
Yahoo!トップページ(PC版) 約426KB 約16,430回 約23,470回
Yahoo!トップページ(スマホ版) 約311.8KB 約22,450回 約32,000回
メール(写真添付) 約1MB 約7,000通 約10,000通
LINEメッセージ(1 往復) 約5KB 約140万往復 約200万往復
YouTube動画(標準/5分間) 約20MB 約29時間 約41時間
YouTube動画(HD/5分間) 約50MB 約11.6時間 約16.6時間

上の表はデータ利用量の目安を表していますが、これをみて分かるようにWebサイトの閲覧、メールやLINEのやり取りを毎日行う程度であれば速度制限にかかる心配をする必要はないでしょう。

しかし通常プランを契約している人が動画を頻繁に視聴するのであれば、すぐに7GB超えして速度制限が適用される可能性があります。

ただ、ギガ放題プランで契約しているのであればHD動画の視聴を行ったとしても1日あたり約5.5時間も視聴することができるので制限にかかるまでには十分なデータ通信量だといえます。

このように通信容量の大きいデータ通信を頻繁に行わないのであれば通常プランでも十分インターネット通信を楽しむことはできますが、動画再生を長時間楽しみたいのであればギガ放題で契約しておくと速度制限にかかる可能性が低いため安心してデータ通信を行えるでしょう。

まとめ

BIGLOBE WiMAXには月に7GBのデータ通信量を超えた場合と3日で合計10GBのデータ通信量を超えた場合に速度制限が適用されます。

これはBIGLOBEに限らず、どのWiMAXプロバイダでも同じ制限内容を設けています。

特に通常プランで契約している場合、一度速度制限にかかってしまうと来月まで解除されることはありません。

そのため通信使用量を確認しながら使用したり、固定回線や公衆無線LANと併用してデータ通信を行ったりすると制限を回避しやすいです。

しかし動画視聴のような通信容量の大きい通信を行うとすぐに7GBに達してしまうので、速度制限を気にせず思いきりインターネット通信を楽しみたいのであればギガ放題で契約しておくといいですね。

Biglobe, WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.