Biglobe WiMAX WiMAX2+

BiglobeWiMAXの解約の流れと注意点!

投稿日:2017年4月21日 更新日:

BIGLOBE WiMAX2+は、大手インターネットサービスプロバイダー「ビッグローブ株式会社」によるWiMAX2+サービスです。

解約はオンラインもしくは電話で申し込むことができますが、気を付ける必要があるのはタイミングです。

タイミングを間違えると、キャッシュバックの受け取り漏れと違約金の支払いにより最大で45,000円の損をしてしまうことになります。

損をしないためには、キャッシュバックを受け取れる時期、違約金を支払わないですむ方法をあらかじめ確認しておくことが必要です。

BIGLOBE WiMAX2+を解約したい

BIGLOBE WiMAX2+はKDDI子会社である老舗インターネットサービスプロバイダー「ビッグローブ株式会社」によるWiMAX2+を使った通信サービスです。

3年契約の場合は最大30,000円の高額キャッシュバック、2年契約の場合はキャッシュバックと月額大幅割引を組み合わせた特典が受けられるキャンペーンを展開しているのが主な特長です。

退会と解約の違い

BIGLOBE WiMAXの利用をやめるには、BIGLOBE自体を退会するか接続サービスだけを解約するか2通りの方法があります。

退会すると会員登録も抹消されBIGLOBEのサービス全てを利用出来なくなりますが、解約の場合はWiMAXなど一部のサービスだけをやめることができます。

WiMAXを解約してもコース基本料金の200円が毎月発生するので、BIGLOBEで他のサービスを利用しないのであれば退会するのがおすすめです。

実際の解約手続きは?

BIGLOBE WiMAX2+の解約はオンラインもしくは以下「BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク」に電話で申し込みます。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
0120-86-0962
※携帯電話などでつながらないときは「03-6385-0962」
(10:00~19:00 365日受付)

なおインフォメーションデスクは混みあっていてつながらないことがあるので、オンラインで手続きした方が簡単で手間がないでしょう。

オペレーターに質問しながら手続きしたいといった希望がないのであれば、オンラインでの手続きがおすすめです。

解約を申し込むとその月の末日に回線が停止されるので、それまではBIGLOBE WiMAX2+を利用できます。

また解約月の料金は日割りとならずに満額請求されます。

もう使わない契約に対して日割が行われないのは残念ですが、逆に月初に解約しても料金は変わらないので慌てて解約する必要もないですね。

解約手続き上の注意点

オンライン・電話いずれの場合でも、1点注意すべきなのは解約の手続きが毎月25日受付分までが、当月解約の扱いになるということです。

26日以降に解約を申し込むと翌月末日が解約日となるため、余計に料金が発生してしまうことになります。

さらにWiMAX契約後24ヶ月以内に解約する場合は、データ端末代金の残債を一括で支払わなければなりません。

BIGLOBE WiMAXでは毎月の利用料金に端末代として800円上乗せしており、24回払いを前提に毎月800円割り引く形でWiMAXルーター代金を実質無料としています。

そのため24ヶ月以内の解約では、残りの契約月数×800円の残債を支払う必要があるので注意しましょう。

キャッシュバック受け取り後の解約がおすすめ

BIGLOBE WiMAX2+でキャッシュバックをもらうためには、サービス開始後にBIGLOBE会員専用ページ(マイページ)から、マイページに記載された回答期限内にアンケートに答えることが必要です。

その上でサービス開始から12ヶ月目までに継続利用されていることが確認された後で、振替払出証書が郵送されます。

なお振替払出証書が到着するには1ヶ月以上かかることがあるので注意してください。

手元に振替払出証書が届いたら、郵便局もしくはゆうちょ銀行で換金可能です。

証書の有効期限も6ヶ月間なので換金し忘れるとそのまま紙くずになってしまいますから、忘れないうちに換金を済ませてしまいましょう。

特別な理由がなければ、証書の換金を済ませてから解約した方がよいですね。

手数料がかからないタイミングは

WiMAX2+は2年間の長期契約を前提として設計されたサービスです。

これは申込時の説明や契約書などにも記載があり、仮に2年毎の契約が更新されるタイミング(契約更新月)以外に解約すると、以下の契約解除料(違約金)が発生することになります。

2年契約の場合

サービス開始月を0ヶ月目とした利用期間 契約解除料
0ヶ月目~12カ月目 19,000円
13ヶ月目~23ヶ月目 14,000円
24ヶ月目(契約更新月) 0円
25ヶ月目以降 9,500円

 

3年契約の場合

サービス開始月を0ヶ月目とした利用期間 契約解除料
0ヶ月目~12カ月目 19,000円
13ヶ月目~23ヶ月目 14,000円
24ヶ月目~35ヶ月目 9,500円
36ヶ月目(契約更新月) 0円
37ヶ月目以降 9,500円

 

違約金を支払いたくないのであれば契約更新月に解約する必要がありますので、契約更新月まで待って手続きするのがおすすめです。

なお繰り返しになりますが、解約の受け付けは毎月25日までなので、仮に契約更新月の26日以降に手続きをすると翌月末での解約扱いとなり、違約金の対象になってしまうので遅れないようにしましょう。

契約更新月の解約は必ず25日までにすませるか、前もって前月の26日以降に手続きしてもいいですね。

キャンペーン適用時の違約金に注意

BIGLOBE WiMAX2+の展開するキャンペーンでは、それぞれ最低利用期間が設定されています。

その期間内に解約すると、WiMAX2+標準の違約金とは別にキャンペーン違約金が追加で発生するので注意してください。

月額大幅割引き特典の場合

月額料金大幅値引き特典は特別な手続きも必要なく契約するだけで月額料金を大幅に割り引く特典です。

BIGLOBE WiMAX2+の場合月間データ量使い放題であるギガ放題プランの月額料金は通常4,880円ですが、この特典を適用することで以下の通り割引されます。

  • 契約1ヶ月目~2ヶ月目:3,695円
  • 契約3ヶ月目~24ヶ月目:4,030円
  • 契約25ヶ月目以降:4,380円

この月額大幅値引き特典だけはキャンペーン違約金が発生しないので安心です。

月額大幅値引き+キャッシュバック特典の場合

月額大幅値引きと合わせてキャッシュバックが最大15,000円もらえる特典です。

キャッシュバック特典の最低利用期間はサービス開始月の翌月を1ヶ月目とし23ヶ月目の末日までで、最低利用期間中に解約した際のキャンペーン違約金は5,000円です。

つまり、キャッシュバックを受け取った後16ヶ月目に解約した場合は、14,000円+5,000円=19,000円の違約金を支払う必要があります。

30,000円キャッシュバックの場合

3年契約専用端末WX04を契約すると30,000円、口座振替で支払う場合でも10,000円のキャッシュバックがもらえます。

この場合の月額料金は4,380円(契約の翌月を1ヶ月目とした1~2ヶ月目は3,695円)になります。

この場合WiMAX事態の契約期間は3年ですが、キャッシュバックの要件を満たす最低利用期間はサービス開始月の翌月を1ヶ月目とし23ヶ月目の末日までで、その期間内に解約した際の違約金は20,000円です。

サービス標準の違約金との合計は、サービス開始月の翌月(1ヶ月目)~12カ月目の末日までの解約で39,000円、13ヶ月目~23ヶ月目までは合計34,000円です。

タブレットプレゼントを受け取った場合

契約にあたってタブレットをプレゼントしてもらえるキャンペーンで、受け取りに約1年かかるキャッシュバックと比較して、タブレットがすぐにもらえるのがメリットです。

このキャンペーンでも最低利用期間は、サービス開始月の翌月を1ヶ月目とし23ヶ月目の末日まで、最低利用期間中に解約すると違約金として12,000円が請求されます。

サービス標準の違約金とあわせ、1ヶ月目~12カ月目の末日までの解約で31,000円、3ヶ月目~23ヶ月目までは合計26,000円となります。

解約金を払ってまでBIGLOBEから乗り換える価値はある?

BIGLOBE WiMAX2+を解約して、他社プロバイダへ乗り換えることで月額料金を安くできる場合がありますが、高額な違約金を支払ってまで乗り換えるメリットはありません。

BIGLOBE WiMAX2+の月額大幅値引き+キャッシュバック特典でギガ放題プランの月額料金は2ヶ月目まで2,595円、3ヶ月以降3,880円です。

これに対してプロバイダを乗り換える際の違約金を負担するサービスのあるBroad WiMAXでギガ放題プランを新規契約すると、月額料金は2ヶ月目まで2,726円、3ヶ月以降は3,411円で3ヶ月以降はBIGLOBE WiMAX2+よりも安くなるのです。

しかし、違約金を負担してくれるからといってBroadWiMAXなら乗り換えられると考えるのは性急です。

BIGLOBE WiMAX2+でキャンペーンを適用した際の違約金は特典の種類や契約期間によっても異なりますが、キャッシュバック特典を選べば最大で39,000円の違約金が発生します。

Broad WiMAXに移行するとしても違約金負担サービスの上限は19,000円までなので、上記違約金のうち20,000円は自己負担しなければなりません。

これだけかかってしまうと、たとえ違約金を負担してくれるBroad WiMAXを利用するとしても、プロバイダの乗り換えで節約するというのは現実的ではないですね。

そのためBIGLOBE WiMAX2+を解約してプロバイダを乗り換えるのであれば、特別な理由がない限りキャンペーンの最低利用期間が終わる契約24ヶ月目まで利用を続けてからにした方がよいでしょう。

なお、契約が25ヶ月続いている場合はその後の違約金が9,500円となるので、解約の意志が決まっているなら次の更新月を待つより早めに解約した方が負担は少ないです。

まとめ

BIGLOBE WiMAX2+の解約手続き自体はオンラインか電話で申し込みが可能ですが、気を付ける必要があるのは解約のタイミングです。

WiMAX2+サービス違約金の他に、キャンペーンの条件による違約金もあるので、キャッシュバック特典の場合、その合計は最大で30,000円にもなります。

その上、キャッシュバックをもらえなければ最大45,000円もの損をすることになります。

そのため解約するのはキャッシュバックがもらえて、なおかつ違約金や端末代金も発生しない最初の契約更新月まで待つことをおすすめします。

それより先に解約する場合も契約更新月での解約がベストですが、契約更新月がまだ先なら契約25ヶ月目以降は違約金が9,500円に下がるので、月額料金の負担を考えると早めに解約してしまった方が安上がりです。

【2017年12月版】おすすめプロバイダ

BroadWiMAX

当サイト一押しは月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

3WiMAX

当サイトのおすすめ度2位は、高額キャッシュバックが特徴の3WiMAX!

端末の選択肢こそ少ないものの、どの端末を選んでも同じ額のキャッシュバックが適用される明朗さがポイントです。

モバイルルーターにもなるUSBタイプのルーターU01が手に入るのは3WiMAXだけ。

パソコンで使うのがメインなら、USB接続で電波ロスなくWiMAX2+本来の高速通信が楽しめるU01は隠れた逸品です。

 

GMOとくとくBB

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

Biglobe, WiMAX, WiMAX2+

Copyright© ワイMAX!-WiMAX&ポケットWiFi比較- , 2017 AllRights Reserved.