BiglobeWiMAX口コミ評判を徹底リサーチ

WiMAXサービスを利用するにあたって、キャッシュバック特典や月額大幅値引き特典から好みのキャンペーン内容を選べるBIGLOBE WiMAX(ビッグローブワイマックス)で契約を検討している場合も多いでしょう。

しかしWiMAXプロバイダのなかにはサポート体制が悪かったり、キャンペーン特典が失効しやすかったりというような悪い評判を書き込まれるプロバイダも多いのが現状です。

WiMAXの契約期間は短くても2年あるので、後悔しながら使い続けないでいいように事前にどのような評判があるのか知っておきたいですよね。

BIGLOBE WiMAXのプラン内容や評判についてまとめましたので、是非WiMAX契約の参考にしてください。

BIGLOBE WiMAXのプラン詳細

WiMAXは月間データ量に上限のないギガ放題プランと、月間データ量7GB制限のあるいわゆる通常プランが選べ、BIGLOBE WiMAXではそれぞれFlatツープラスギガ放題、Flatツープラスというプラン名でサービスを提供しています。

Flatツープラスギガ放題プランは月間通信量に対して速度制限を気にせず使い放題にしたい場合に、Flatツープラスプランは月間使用通信量が少ないので料金を抑えたい場合におすすめのプランです。

ほとんどのWiMAXプロバイダは月額料金割引キャンペーンまたはキャッシュバックキャンペーンといったお得な特典を実施していて、通信料金を安く抑えられるのがメリットです。

しかしBIGLOBE WiMAXはどちらの特典も提供していて、自分の好みに合ったプランを選べます。

なお、この料金はクレジットカード払いを選んだ場合のもので、口座振替を選んだ場合は後述します。

月額料金大幅値引き特典

月々の負担を抑えられる月額料金割引の料金プランです。

プラン名Flatツープラスギガ放題Flatツープラス
月間データ容量上限無し7GB
契約期間2年/3年3年
月額料金(1・2ヶ月目)2,695円2,695円
月額料金(3~24ヶ月目)3,380円2,695円
月額料金(25ヶ月目以降)4,380円3,695円

契約から24ヶ月目まではどちらも割引が大きいのが嬉しいですね。

ただギガ放題プランで2年の契約プランを選んだ場合はハイスピードプラスエリアモード利用月だけ1,005円のオプション料がかかるので気を付けましょう。

ハイスピードプラスエリアモードとはLTE対応機種で、au 4G LTEによる通信を行えるオプションサービスで、WiMAXのエリア外や電波が届かない場所でもネット通信できるのが便利です。

なお、BIGLOBEで光ファイバーやADSLといった他の接続サービスを利用している場合は記載の料金よりも毎月200円安く利用できます。

キャッシュバック特典

月々はやや割高ですがその代わり現金キャッシュバックが受け取れる料金プランです。

プラン名Flatツープラスギガ放題Flatツープラス
月間データ容量上限無し7GB
契約期間2年/3年3年
月額料金(1・2ヶ月目)3,695円3,695円
月額料金(3ヶ月目以降)4,380円3,695円
キャッシュバック額30,000円

キャッシュバック金額はプランや契約期間に関わらずクレジットカード払いで30,000円、口座振替では15,000円となります。

月額料金大幅値引きプラン同様にハイスピードプラスエリアモード利用時のLTEオプション料は2年契約の場合のみ必要です。

こちらのプランもBIGLOBEで光ファイバーやADSLといった他の接続サービスを利用している場合は記載の料金から「ベーシック」コース料金に相当する毎月200円が割引されます。

取り扱い端末

BIGLOBE WiMAXは端末のラインナップが多いのが特徴です。

モバイルルーターではW05・WX04・W04・WX03の合計4機種があり、ホームルーターはL01sのみです。

クレジットカード払いに限定されますが、全ての端末が実質無料で手に入れることができるのも嬉しいですね。

端末のラインナップが豊富だとどれを選ぶべきか迷いますが、おすすめは最新のW05です。

引用:ファーウェイ・ジャパン公式サイト

W05は下り最大通信速度758Mbps、上り最大速度112.5Mbpsに対応したWiMAX端末最速のルーターで、快適にインターネット通信を楽しめる機種と言えます。

古い機種を選ぶと、最新技術が搭載されておらず通信速度やスペックが劣ることからせっかく無料なら最新機種を選ぶのが一番良いですよ。

バッテリー交換ができないのが玉に瑕ですが、BIGLOBEWiMAXの場合22ヶ月以上利用すればUQコミュニケーションズのページから無料で機種変更ができますし、22ヶ月未満でも有料でできますから故障をしても安心です。

ただし2年契約をする場合はWX03しか選べないことに注意してください。

WX03は型落ち機種でau 4G LTEを使うハイスピードプラスエリアモードには対応していませんが、WiMAX2+で下り440Mbpsの通信速度に対応していますから、WiMAXのエリア内において使用に特に問題はありません。

良い点・悪い点

BIGLOBE WiMAXのメリット・デメリットをそれぞれまとめました。

メリット

  • 契約期間が2年や3年から選べる

WiMAXプロバイダによっては3年の長期利用しかできない場合もありますが、BIGLOBE WiMAXのギガ放題プランなら2年契約も可能です。

2年契約はサービス利用開始月を0ヶ月目として24ヶ月目、3年契約は36ヶ月目が契約更新月となり、もし解約しなければ自動更新されます。

また3年契約を選ぶと通常は1,005円かかるLTEオプションが無料になるメリットがあるので、もしWiMAX2+のサービスエリア外でネットを使う機会が多いならば3年契約のほうがお得になります。

  • 口座振替でもキャッシュバック特典の対象

BIGLOBE WiMAX以外にもキャッシュバック特典を打ち出しているWiMAXプロバイダはありますが、BIGLOBE WiMAXは支払い方法に口座振替を選んだ場合もキャッシュバックを受け取ることができるのがメリットです。

クレジットカード払いの場合は30,000円のバックが貰える代わりに受け取りは12ヶ月目以降ですが、口座振替の場合は15,000円に減額される代わりに6ヶ月目には受け取れます。

ただし口座振替を選んだ場合は月額料金が割高になりますし、データ端末の代金もかかりますから理由がない限りクレジットカード払いのほうが有利です。

  • auスマートバリューmine適用可能

BIGLOBE WiMAXはauユーザーに嬉しい割引サービスが受けられます。

それはauスマートバリューmineというもので、auスマホや携帯電話の利用者がWiMAXを契約すると、au携帯利用料金から毎月最大1,000円の割引が受けられるのです。

なかにはauスマートバリューmineが適用できない WiMAXプロバイダもあるので、auユーザーはBIGLOBE WiMAXのように適用可能なプロバイダで契約するのがおすすめです。

ただしauスマートバリューmineはauショップまたはKDDIお客様センターにて自分で手続きする必要があることに注意しましょう。

デメリット

  • 24ヶ月以内の解約は端末代の残債を支払わなくてはいけない

BIGLOBE WiMAXではクレジットカード払いの場合、全てのWiMAX端末を実質無料で契約することができます。

しかし実は24ヶ月間の利用を前提として、毎月800円の24回払いで端末代金は発生しているのです。

ただ24ヶ月間毎月800円の月額料金値引きをしてくれるので実際には端末代金の負担はありません。

そのため24回分端末代金の支払いが完了する前に解約してしまうと、残りの返済月数に応じた端末代金を一括で支払う必要があるのです。

たとえば20ヶ月目で解約した場合は、4ヶ月分×800円の合計3,200円が残債という計算になります。

そのうえ更新月以外での解約には前述した契約違約金も発生するので、解約時の自己負担が大きくなるので気を付けましょう。

特に端末が故障した場合は、契約解除料と端末代の残債を考えれば機種変更をしたほうがお得です。

なお口座振替を選んだときは残債を払う必要はありません。

  • 口座振替は初期費用の負担が大きい

BIGLOBE WiMAXはクレジットカード決済だけでなく口座振替払いにも対応しているので、クレジットカードを作れない場合にも有り難いです。

しかし、口座振替を選択した場合には金額面の負担が大きくなる弱点があります。

クレジットカード払いの場合は初期費用で必要となるのは申し込み手数料の3,000円のみですが、口座振替の場合はそれに加えてデータ端末代4,800円と代引き手数料を端末受取時に支払わなくてはいけません。

そのかわり中途解約しても端末代の残債を請求されないというメリットはあります。

さらにキャッシュバック特典を選んだ場合は口座振替手数料を含めてもカード払いと料金差がありませんが、月額料金割引を選んだ場合は若干高く設定されています。

毎月の手数料を含めた金額で比較しました。

Flatツープラスギガ放題クレジットカード口座振替
月額料金(1・2ヶ月目)2,695円3,345円
月額料金(3~24ヶ月目)3,380円4,030円
月額料金(25ヶ月目以降)4,380円4,580円

そのため口座振替を選んだ場合は必ずキャッシュバックを選びましょう。

評判や口コミ

Twitter上でのBIGLOBE WiMAXの評判をピックアップしました。

トラブルになりやすい解約時の対応も評判が良いものが多いですね。

サポートの対応が悪いと二度とそのプロバイダで契約する気にはなりませんが、対応が良くスムーズに解約できればまたいつか契約しても良いと思うユーザーもいるでしょう。

また回線速度が遅い、繋がらないという悪い口コミについてですが、全てのWiMAXプロバイダは提供元であるUQコミュニケーションズからWiMAX回線を借りてサービスを運営しているので、プロバイダによる通信速度の差はありません。

そのためBIGLOBE WiMAXだから遅いわけではなく、利用している場所のWiMAX電波状況が良くないことが原因ではないかと考えられます。

申し込みの疑問を解決

BIGLOBE WiMAXは、光ファイバーやLTEなどの各種インターネット回線、各種クラウドサービスなどを運営する大手インターネットサービスプロバイダ・BIGLOBEのWiMAXサービスです。

大手プロバイダのサービスであることの安心感や20,000円という高額なキャッシュバックが主な特長のサービスです。

BIGLOBEのキャッシュバックは、煩雑な手続きがある他社キャッシュバックと比較して、簡単なアンケートに答えればもらえるのでその手軽さもメリットといえます。

なおキャッシュバックキャンペーン以外に、タブレットプレゼントをえらぶことも可能です。

申し込みの方法は?

BIGLOBE WiMAXの申込方法は、オンラインもしくは電話のいずれかです。

オンライン申込は、プランや利用するWi-Fiルーター・利用オプションを選択し、契約者の情報を入力すれば完了できるので手間がかかりません。

パソコンからだけでなくスマートフォンからのオンライン申込も可能です。

一方オペレーターと相談しながら契約をすすめたいのであれば、電話申し込みをえらぶとよいでしょう。

オンラインでの申込手順は以下の通りです。

1)サイトから申込画面にアクセスします。

 

希望の料金プラン・データ端末をえらび「BIGLOBE会員でない方」をクリックします。

※BIGLOBE加入済の場合は「BIGLOBE会員の方」を選びます。

料金プランについては、モバイル通信で動画を頻繁に鑑賞するなどデータ通信量の消費が多くなるようであればギガ放題プランがおすすめです。

2)オプション選択

 

オプションの選択画面になります。契約したいオプションをえらび「お客様情報入力へ」をクリックします。

使いたいオプションがない場合は未選択で先に進んでもかまいません。

3)個人情報入力

 

氏名や住所、電話番号など契約者の情報を入力します。

すべての項目の入力が終わると「未入力の必須項目があります」ボタンが「確認画面へ」にかわりますので、クリックして先にすすみます。

4)お申込み情報の確認

 

申込内容に間違いないことを確認して「次へ」をクリックします。

5)お申込情報の確認

 

契約書面の確認方法について、オンラインで書面を参照できる「電子交付」か紙の書面を郵送する「書面交付」のどちらかえらびます。

その後、規約・特約の内容を確認し「『規約・特約』『サービス内容』を確認しました。同意します。」をクリックすると「未入力の必須項目があります」ボタンが「お申し込みを確定する」かわりますので、クリックしてオンライン申し込み完了です。

端末はいつ届く?

支払い方法にクレジットカード払い・口座振替のどちらをえらぶかで、WiMAX2+端末の配送のタイミングが異なります。

WiMAX2+は光ファイバーなどの固定回線と異なり自宅での回線工事は行われないため、WiMAX2+端末が手元に届き簡単な設定さえすればすぐに使えるようになります。

その結果支払い方法により、WiMAX2+が使えるまでの期間が変わることになります。

まずクレジットカード払いをえらぶと、オンライン申込で手続きが完了し通常2日~1週間程度でWiMAX2+端末が配送されます。

(在庫や配送の状況によってはWiMAX2+機器の配送までに2週間以上かかることもあります。)

一方支払い方法に口座振替をえらんだ際はオンラインでは申込が完了せず、WiMAXの申込後に配送される支払方法登録申込書による書面での手続きを行わなければなりません。

そのため、契約した住所への書面の到着・記入・返送とその後にBIGLOBEによる内容確認(7日~10日程度)にかかる時間だけ、WiMAX2+端末の配送が遅れることになります。

支払い方法確定後に、WiMAX2+機器の配送までに2日~1週間程度かかる点はクレジットカード払いを選んだ場合と同じです。

まとめると口座振替には、支払方法登録申込書による手続きの手間・自動払込手数料200円/回の支払い・端末配送やWiMAX2+利用開始までに時間がかかるという3つのデメリットがあります。

クレジットカードを持っていない場合は仕方ありませんが、これらデメリットを考えるとクレジットカード払いの方がよいですね。

なおBIGLOBEの他の通信サービスを契約していて支払い方法がすでに確定している場合は、口座振替を利用中でもクレジットカードを選んだ際と同じくWiMAX2+機器の配送までにかかるのは2日~1週間となります。

BIGLOBE WiMAXキャッシュバック特典の受取方法

かつてBIGLOBEWiMAXは新規契約してすぐ手続きをすればキャッシュバックが受け取れる手軽さが売りでしたが、現在では他のプロバイダと同様メールで送られてくる案内に沿って手続きする形になりました。

BIGLOBEの場合、普段使っているメールアドレスを「連絡先メールアドレス」に指定しておけば気づくことができるのでまだ良心的ですが、メールに気付かなければ手続きができません。

それに口座情報の登録もメール送信の翌月末までに行わなかったり、口座情報に不備があったりすると特典の対象外となってしまうのです。

受け取りまでの流れ

キャッシュバック特典(指定口座受取)の受け取りまでの流れです。

  1. 契約後にマイページよりキャッシュバック受取対象月を確認する
  2. キャッシュバック対象月の月初1日目に特典に関するメールが届く
  3. キャッシュバック対象月の月初2日目午後以降にマイページより振込口座を指定する(特典対象月の月初2日から45日間以内が申請期限)
  4. 指定口座情報設定から数日後に振り込み

GMOとくとくBBに似ていますが、大きく異なるのは口座指定案内メールが普段使っているメールアドレスとBIGLOBEメールアドレスの両方に届くという点です。

GMOでは契約時に登録するGMOの基本アドレスのみにメールが届くのでメールの見落としが起こるリスクがありますが、BIGLOBEの場合は自分が普段から利用しているアドレスも設定できるのでメールに気付きやすいですね。

ただし2018年3月31日以前のキャッシュバック特典の対象者はBIGLOBEメールアドレスのみにメールが送信となるので気を付けましょう。

WiMAX2+→WiMAX2+で機種変更したい

手元の機種が古くなったために機種変更をしたい場合、BIGLOBE WiMAX 2+のユーザーは現在の契約を解約することなくUQコミュニケーションズの専用サイトから新しい端末を購入することができます。

料金は機種と契約期間によって異なり、最新機種かつ機種変更までの契約期間が短いほど料金が高くなり、契約期間またはその端末の利用期間が22ヶ月以上ならば機種にかかわらず料金はかかりません。

この制度は他の会社であるような解約→再契約による機種変更ではないので、契約期間が通算されます。

まとめ

ほとんどのプロバイダが月額割引かキャッシュバックのどちらかのキャンペーンを実施しているWiMAXですが、BIGLOBE WiMAXでは月額割引とキャッシュバックどちらも取り扱いしていて好みの特典を選ぶことができます。

またBIGLOBE会員なら毎月200円の割引があるのも嬉しいですね。

他のプロバイダではキャッシュバック申請がややこしく受け取れないユーザーも多数いるなか、BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックは振り込みまでの期間が他社より短く、簡単な手続きをするだけで済むのでトラブルになる場合も少ないでしょう。

ただしキャッシュバック料金はGMOとくとくBBに比べて少ないので、キャッシュバック重視の場合には物足りないかもしれません。

しかしBIGLOBE WiMAX はTwitterなどでキャッシュバック受け取りに関する悪い評判は見当たりませんし、逆に解約手続きがスムーズなどとサポートに対しての口コミは高評価でした。

おすすめのBIGLOBE WiMAX契約方法は、口座振替ではなくクレジットカード払いを選び、3年契約限定の最新WiMAXルーターW05を選ぶことです。

BIGLOBE WiMAXは手続き不要で確実に安くなる月額割引も、手続きは必要ですが他社よりも煩わしくないキャッシュバック特典もどちらを選んでも損はないプロバイダと言えるでしょう。

BIGLOBE公式サイトを見る

イチオシ!おすすめポケットWiFi

当サイト一番人気は月額料金最安級のBroad WiMAX!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円からと、他のプロバイダと比較しても安く継続しやすい価格設定です。

また、最新端末がいち早く手に入るのもおすすめポイント。

キャッシュバックを受け取る手続きのわずらわしさもなく、確実に安く使えますよ。

とにかくお得に安く使うなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがおすすめ!

キャッシュバックの受け取り手続きが煩雑なのがネックですが、無事に受け取ることができさえすれば全WiMAXプロバイダでももっとも安く使えるプロバイダの一つです。

ただ受け取りができなければただの割高なプロバイダになるので、リマインダーに登録などして確実に受け取れるよう準備しましょう。

なお確実に受け取る自信がないのならば、月額料金が安くなるコースもありますよ。

WiMAXの利用料を節約するならギガ放題プランが20,000円キャッシュバック+月額3,780円とお得なhi-hoWiMAX!

端末の選択肢がW05だけでauスマートバリューmineが利用できないのは惜しいところですが、とにかく手軽に安く使いたいのならば十分選択肢になりえます。

hi-hoWiMAXはWiMAXギガ放題と相性のいいオンラインレンタルサービスmieru-TVが無料でついてくるプランもあり、そちらはさらに安い月額3,480円です。

ちなみにwith mieru-TVプランではパソコンにUSB接続できるTriprouterが指定端末ですので、ビジネスユースやより速いPCでの通信を行いたいならこのプランもおすすめですよ。

より通信可能エリアが広いLTE回線のポケットWiFiといえばワイモバイル。
料金が高いのが玉に瑕ですが、アドバンスオプションの利用で月間データ利用量の上限をなくせます。
また海外データ定額プランを選べば国内7GB、海外7GBまでそれぞれ利用できますので、海外出張の多いビジネスマンにもいいですね。
ただ料金プランによって使える端末が異なるのと、標準の通信モードでは通信量の上限があるので★3つです。

わいMAX!